ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

ちまちまと塗っておりますた。 

以前、腐るほど所持している色鉛筆を使う目的で、

大人のぬりえを購入したことと、ためしに1枚塗ってみた記事を書きましたが、

時々、童心に帰って?(笑)思い出したようにぬりえを楽しんでおりました。

「ここはこの色を塗りなさい」という指示付きの、いわゆる作業系のぬりえなので、

何も考えなくていいという、一種のストレス解消にもなるようですね。

主に、翌日が休日という夜にぬりえをしてストレス発散させて?いますが、

しばしば睡魔との戦いとなります。(寝ろよ~という感じですね…笑)

眠さのあまり、線からはみ出したり、あさってな色を塗ったり…(そこまでしてやる事か?ですよね~笑)

でも、結構ハマりますよ。頭をからっぽにして楽しめること請け合いです。

こんなの塗りました。
(塗った順です)


まずは、「塗り絵パズルで大人の脳活性」です。

  DSCF15151.jpg ←グレートバリアリーフ(オーストラリア) DSCF15161.jpg ←ベネツィア(イタリア)

  DSCF15171.jpg←キンデルダイク・エルスハウトの風車群(オランダ)

これら3枚は、上がお手本(色の指示付き)、下がワタクシが塗ったものです。

それから、「名画で楽しむパズルぬりえ」
(画像向かって右側のぬりえです) 大人のぬりえ買ってみた

   DSCF15191.jpg ← アルブレヒト・デューラー「野うさぎ」

   DSCF15201.jpg ← ジョン・シンガー・サージェント「マダムX」

   DSCF15181.jpg ← ジョン・エヴァレット・ミレー「花嫁の付き添い」

「名画で楽しむパズルぬりえ」 のほうは、バックに小さい数字で色の指定があるのですが、

濃い目に塗ったほうがきれいかもしれませんね。

「野うさぎ」と「マダムX」は色ムラがあって、塗る際の鉛筆線がなんとも気になってしまう。

こちらは、なんとも微妙な色が多いので、500色の色鉛筆が大活躍してます。

枠外の色合わせのための、ためし塗りが笑えます。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
しかし、私って暇だな…、と自分で言ってみる。(笑)


ピアノランキングへ
スポンサーサイト

2016/05/30 Mon. 23:04  edit

Category: 大人のぬりえ

tb: --  |  cm: 12

top △

大人のぬりえを購入してみました~(^^♪ 

またまた2週間ぶりのご無沙汰です。

なんとか、以前の週イチペースに戻したいものですが………頑張ります?


さて、2月が「あっ!」と言う間に終わりまして、1年で一番つらい季節がやってまいりました。

去年の自分の日記をひも解いてみると、

今年は去年よりも症状が出るのが早くて、しかも症状が重い!(ここ大事!試験に出ます…嘘です…笑)

この花粉症の症状は、辛い日もあれば、そうでない日もあります。

その日の体調に左右されますね。寝不足だったりすると、てきめんに症状が出ます。

朝、起きたときに目がかゆいときは要注意!

目薬をさしてしのぎますが、やがて、くしゃみ・鼻水による花粉の総攻撃に撃沈します。

現在、心療内科にかかっていますが、

花粉症であることを先生にお話したら、アレルギーの薬まで処方していただけました。

抗アレルギー剤は眠くなるんですよね~。最近は、眠くなりにくい薬も出ているようですが…。

眠くなりにくい薬を処方していただいたはずなのですが、

帰宅してから、飲んでみたら、疲れや寝不足も手伝って、一日中眠くてたまらなかったです。

仕事のある日に飲んで大丈夫かな~?(*_*;


さて、話は変わりますが、「大人のぬりえ」ブームは、ひと段落付いたかと思っていたのですが、

本屋に行くと、実にたくさんの「大人向けのぬりえ」の本が売られていますね。

ブームだった時よりも多いのでは?と思えるくらいです。(もしかして、まだブーム中?)
腐るほど色鉛筆があるので、ぬりえの本を購入してみました。  → 大人のぬりえ買ってみた

左側の本は、「好きなように色を塗り、自分だけの?絵本をつくろう」というコンセプト。左側のぬりえ

絵がらもとっても可愛らしい感じ。
右側の本は、色の指定通りに塗って、名画を完成させるという、パズル的要素が強いもの。右側のぬりえ

こちらは絵の中に、色の指定番号が振られているのですが、それがもう異様なほど細かい。

今、塗り絵をするならともかく、将来は、虫メガネを使わないと塗るのが大変そう。
(画像を、Ctrlキー+マウスホイールで拡大してみましょう。恐るべき細かさが堪能できます。(^^;))

「大人のぬりえ」は、数年前に2冊ほど購入しておりますが、定年後の楽しみはたくさんあったほうが良いですよね?

数年前に「大人の脳活性」という本?を購入しました。内容は、パズルとぬりえという組み合わせ。

以前から塗ってみたくて仕方なかったので、今回、1枚だけですが、ぬりえをしてみました。(全部で5枚あります)

大人の脳活性ぬりえ・お手本 ← お手本  大人の脳活性ぬりえ・塗ってみました ← ぬりえ完成!

全面にわたり、塗る色が指定されており、指定通りに色を塗っていきます。

飽きっぽい私なので、途中で何度もくじけそうになりましたが、出来上がってみると、達成感半端ないですね~。

今は仕事もあるし、ピアノの練習もあるしで、なかなかまったりとぬりえをする時間を捻出できませんが、

時間的余裕ができたら、結構ハマるかも?


ところで、昔から時々経験する怖いことがあります。

階段を下りているとき限定なのですが、

途中で、脳からの命令が、一瞬途切れたみたいな感じになることがあります。

一瞬、足が止まってしまうような感じと言ったらいいでしょうか?

まだ下り階段は続いている!と、すぐに脳が気づいて、足が動くようにはなりますが、

「階段から落ちる!」という錯覚にとらわれて、ものすごくドキドキしてしまうわけです。

この間、10分の1秒も満たないような、ごく短い時間ですが、脳の血管が一瞬詰まるのか?

なんだか、ちょっと怖い現象です。これって、一体何なのでしょうね?



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
久しぶりに、バラ1を練習してみましたら、結構崩壊してしまっていて、焦りまくりです。
最近ツェルニーばかり練習してましたからねぇ。その割には上達してないですけど…(なんでだろ~?泣)


ピアノランキングへ

2016/03/06 Sun. 21:54  edit

Category: 大人のぬりえ

tb: --  |  cm: 10

top △

こんなにあって、どうするの!? 

2週間ぶりのご無沙汰です。

ここ1週間ほど、余り体調が良くありませんでした。

現在、2週間ごとに心療内科に通っていますが、前回から薬がジェネリックに変わりました。

効き目はほぼ同じと、先生からお聞きしていましたし、

金額的にも、以前の薬の7割弱位の金額で済むので、万々歳だったのですが…。

飲み始めてみると、どうも前の薬より効きが悪い?

イヤーな感じがちょっとぶり返して、精神的に落ち着かない感じでした。

「安い薬=効き目が弱い」という公式が、私の頭のどこかにあったのか?

ということで、本日心療内科に行ったときに、先生にご相談し、前の薬に戻していただきました。

人間、気の持ちよう、というのは確かにあるんですけどねぇ…。

最近の私は、余りいい方向に物事を考えられなくなっているので、困りものです。


さて、少し前ですが、

ブロ友のひさへさまのブログで、150色の色鉛筆を購入されたお話がアップされていましたね。

ワタクシ、子どもの頃は、音楽よりも、お絵かきが大好きでした。

物心つく前の話ですが、クレヨンとかを持たせると、壁とかガラス窓とか畳に落書きをするような

親からしたら、手の付けられない、しょうもない子どもだったそうです。

物心ついてからは、日曜日になると父親に「買い物行こうよ~」とおねだりして、

色とりどりのサインペンやクレヨン、色鉛筆、スケッチブックばかり買ってもらっていました。

まわりのお友達は、リカちゃん人形やカワイイぬいぐるみを買ってもらうのに、

私はお絵かき道具ばっかり。変な子ども…(^^;)


昔買ってもらった色鉛筆とか、みんな捨てずに残しております。

なので、凄い量なの!ここまでくると、「バカ」とか、「相当変な人」「狂人?」の領域ですよね~(^^;

新しい順に記載しますので、みなさま、どうか呆れてやってください(笑)

フェリシモ社から購入した500色の色鉛筆  ← 通販のフェリシモから20か月かけて購入した、500色の色鉛筆
何となく、あとさき考えずに購入してしまった色鉛筆ですが、さすがにこんなにあると持て余してしまいますね。
色鉛筆を入れておくケースも売られていましたが、購入しておけば良かったかな…。


お店で一目ぼれ!して、ついつい購入してしまった、カランダッシュの40色の色鉛筆 → カランダッシュ40色の色鉛筆
デパートでウィンドウショッピング中に見つけて、高価だったにもかかわらず、つい購入してしまいました。
いわゆる「呼ばれちゃいました!」状態でした。お気に入りなので、使えません…(なんで?)


ステッドラー24色の色鉛筆 ← 姪たちに買ってあげた時に、自分も欲しくなって購入したステッドラー24色の色鉛筆
自分が好きなので、ついつい姪たちにも色鉛筆を買ってあげたりしたのですが、
子どもって筆圧の調整がうまく出来ないので、芯が柔らかい色鉛筆で絵を描かせると、芯を折りまくってました。
「高い色鉛筆だったんだから、大事に使えよ~!」と、姪たちに叫びまくっていたワタクシです。(ケチくせぇ~)


ブルーチップ(知っているかな?)を貯めて引き換えた三菱ユニ60色の色鉛筆 → 三菱ユニ60色の色鉛筆
ブルーチップというものをご存知ない方もいらしゃるかな?今でいうポイントカードみたいなものですね。
昔、勤務先の近所にあったスーパーが、この「ブルーチップ加盟店」でして、(現在は違うお店になってます)
会社での飲み会のたびに、このスーパーでビールやおつまみを購入していました。
その時にスタンプをどっさりもらえたのですが、それをどういうわけか、みなさん私にくれるわけです。
色鉛筆以外にも、お弁当箱とか、お椀のセットとかと引き換えました。


中学時代に授業で使っていたクーピーペンシル ← 中学時代、授業で使っていたクーピーペンシル18色
クーピーペンシルが初めて発売された時、「全部が芯」ということに驚き、
「なんて画期的!」と思い、すぐに親にねだって買ってもらいました。
中学時代、地理の授業で地図を描いたりしたときに使用していました。


セットからばらけてしまったり、単独で購入した色鉛筆たち → セットからばらけた色鉛筆たち
色鉛筆って、良く使う色とあまり使わない色というのがありますよね。
ということで、良く使う色鉛筆を使い切った等で、セットからばらけた色鉛筆をまとめて袋に入れたものです。
三菱ユニの色鉛筆が欲しくて、単独購入したものも混じってます。

それにしても、こんなに色鉛筆があって、どうするんだ?

一応「大人の塗り絵」を2冊ほど持っておりますが、

実際に塗り絵をし始めるのは、会社リタイア後でしょうかねぇ?



久々のレッスン記事です

○ツェルニー50番の2番
 ・両手にアルペジオが出てくるが、片手練習は必ずすること。
  その場合、右手3:左手7の比重で練習。とにかく左手の練習をたくさんすること。
 ・アルペジオの昇りは、クレッシェンド、下りはデクレッシェンドで弾く癖をつける。
 ・手首だけでなく、腕も使って弾くこと。
 ・まずは両手奏をゆっくりで弾き、音の位置を覚え込むこと。それから速度を上げる。


○謎の曲A
 ・右手のメロディ部分(伴奏部分は弾かない)と左手を弾く。
  最後の2ページは、まだ音を探しているので、もう少しこのスタイルで練習する。
 ・次回は右手のみ。メロディと伴奏部分を弾き分けられるように。
なお、謎の曲Bは、Aがある程度弾けるようになるまで保留させていただくことにしました。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
この週末、今季最大の寒波が来ているそうですね。上空1500mの気温が氷点下6度だそうです。
「はい?」って感じしませんか?(私だけ?)北海道辺りでしたら、冬場の普通の気温という感じがしますし…?
みなさま、寒さ厳しき折、インフルエンザ、風邪にお気を付けくださいね。


ピアノランキングへ

2016/01/24 Sun. 00:37  edit

Category: 大人のぬりえ

tb: --  |  cm: 20

top △