ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

年度初めは比較的楽なはずなのに?why? 

3週間ぶりのご無沙汰です。

4月も早いもので後半となりました。

今年は桜の開花宣言後、気温が低い日があったため、

いつもよりも長い期間、桜を愛でることが出来ました。

しかし、土曜日の強風で、あっという間に散ってしまい、急に寂しくなってしまった感じです。


さて、どこの企業でも、年度初めの4月は、比較的気分的にラクなのではないでしょうか?

わが社も3月の決算期を終えて、ホッと一息つく時期でもあります。

フレッシュな新入社員君も入ってきましたし、気分は新学期(学校かッ!?)

2年ほど前に、「どんな仕事でも、社員全員がある程度出来るように」というコンセプトにより

仕事をチェンジしたのですが、その相方が4月で異動。

私に前の仕事を振られるかと思いきや、別のかたが後を引き継ぐことになりましたが、

その方は、どちらかというと外回り系の仕事が多かった方ですが、

私とは違って、非常にきっちりとした仕事をされる方なので、その点は安心しています。

しかし、さすがに一気に仕事を覚えることは困難なので、

しばらく私が自分の仕事をしながら、かつて担務していた仕事を教えることになりました。

しかし、こなしていかなければならない事柄は大きく変わらないものの、

仕事のやりかたの変化はあるので、私が担務していた時にはなかった事項があったりする。

さらに、締め切り時にしかやらなかったような仕事は、記憶があいまいになってきている。

そういう仕事になると、二人でPCの画面を見て「うーん…」と悩んでしまう。

教えてもらっている相手からしたら、なんとも頼りない先生(私のことね、(笑))だと思っているだろうな~。

というわけで、自分の本来の仕事に、

何となく怪しい記憶となっている、昔の仕事を人に教える、という仕事が加わって、

めちゃくちゃ忙しい毎日を送っております。

その合間に、営業さんが出先から雑用を押し付けてくるし、

あたしゃ、小間使いかっ!?(多分、頼みやすいんだろうな~)

こんな調子なので、4月に入ってから、残業なしで帰れた日がありません。

家に帰ってからの第一声が、「眠い~、ごはん食べないで寝たい~」

スタミナが少しでも残っている週初めは、そうつぶやきつつもピアノの練習がする元気が出ますが、

週後半はグッタリ。ごはん食べてボーっといると、知らない間にテーブルに突っ伏して寝ていたりします。



それから、4月の終わりに事務所の引っ越しが控えています。

引っ越し自体は、業者のかたが入ってやってくださるのですが、

その事前作業-棚に入っている書類の段ボール詰め-が大変!

一度、事務所の引っ越しを経験していますが、あれをまたやるのかと思うと、正直うんざりです。

今の場所でいいじゃないかよ~と、わがままを言ってみるkusu,でした。



と、まぁこんな調子なので、ピアノの練習がおろそかになってます。

特別レッスンをしてくださっている先生には、

毎週、練習不足でボロボロの、演奏とも言えないようなものをお聴かせしてしまい、

非常に申し訳なく思っております。

それにしても、今月末まで体がもつかしら~。

いろいろな意味で、生きてゴールデンウィークを迎えられるか、非常に不安であります。




いつもお読みいただき、ありがとうございます。
最近は疲れ切って、ピアノの練習中に寝てしまったりしています。
気疲れも加わって、週末はヘトヘトです。スタミナがあった若い時に戻りたいわぁ~。


ピアノランキング
スポンサーサイト

2017/04/17 Mon. 00:27  edit

Category: サラリーマンはつらいよ

tb: --  |  cm: 6

top △

元上司のこの悪癖、○ななきゃ治らない? 

2週間ぶりの更新、ご無沙汰しております。

さて、7月になりました。1年の半分が終わりましたが、全く半年なんて「アッ!」と言う間。

梅雨時期ですが、関東地方の水がめ地方での降水量が少なく、

早くも「節水宣言」発令!?

九州地方に停滞している雨雲を移動できると良いのに…。


わが社では、7月に大きな人事異動があります。

私の部署でも、数人入れ替わりました。

特筆すべきは、以前、そりの全く合わなかった上司のことです。

私のいる部署から、他部署に異動したのは去年の8月でしたが、

またもやパワハラ問題を引き起こして、たった1年弱で追い出されたようです。(またもや違う部署に異動)

パワハラのターゲットにされてしまった方は、以前、一緒に仕事をしたこともありますが、

非常に穏やかで、楽天的な気質の彼が、心を病んでいないことを祈るばかりです。

そういう「いじめやすい」人を、先々でターゲットにして、いびりまくっている元上司。

仕事上の小さな失敗を、「お前のせいで、会社がつぶれたらどうするつもりだ?」みたいな勢いで

朝からガミガミやられたら、たまらないですよね~。

この上司、私がいる部署にいたときには、

嫌いな私の、やることなすことすべてが気に入らなくて、何かにつけて文句ばかり言っていました。

部下の失敗のフォローや、仕事の指導をせずに、ただ怒りまくっているような上司は、正直言っていらないです。

訴えられたり、懲戒免職にならなきゃ、自分のしでかしたことの卑劣さが、わからないのかしら?

この悪い癖、○ななきゃ治らないかも?自覚なさ過ぎです。_| ̄|○ il||li


さて、今週のレッスンはお休みでしたが、

旅行のためにお休みした6月4日のレッスンを、29日に振り替えていただきました。

なんとか、ヨレヨレしながらも、シューベルトの即興曲を一つ、復活させることが出来ましたが、

まだまだミスタッチが散見するという情けなさです。

この曲は、いつに開催されるのかわからない発表会で弾く予定なので、

あとは弾きこんでいきながら、ミスタッチをへらしていくつもりです。

ということで、不本意度95%くらいなのですが、次の曲に取り掛かることになりました。

せっかくシューベルトの曲を練習し始めたので、もう少し彼の曲を勉強することにしました。

候補としては、即興曲op.90のNo.2と、No.4の2択です。

No.1も好きなんだけど、変奏曲っぽい曲は、弾いていて混乱してしまうので、ちょっと苦手なんですわ。

先生からしたら、op.90の2曲なら、No.4がお薦めとおっしゃっていました。

「No.2は、ちょっと練習したら弾けるようになるんじゃない?」とのお話でしたが、

ワタクシ、そんなに器用じゃないんですけど…。(@_@。

以前、先生に、op.142のNo.1の即興曲が好きだとお伝えしてありましたが、

「この曲でもいいですよ~」とのお言葉を頂きましたので、思い切って挑戦します。

op.90-3の即興曲と比べると、難しさが桁違いな気はしますが、

やらないで後悔するくらいなら、やってみて後悔するほうが、マシな気がしますのでね?

果たして弾けるようになるのか?乞うご期待…する人いないって!(笑)



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
暑いと眠くなる特殊体質?のワタクシ、またもや夕寝をむさぼってしまいました…。
寝ている時間があったら、練習しろよワタシ~!


ピアノランキングへ

2016/07/03 Sun. 00:17  edit

Category: サラリーマンはつらいよ

tb: --  |  cm: 4

top △

ご無沙汰です。 

このブログを読みに来てくださっている皆さま、2週間のご無沙汰でした。
(玉置宏さんの有名なセリフをパクってみました…笑)


昨日、長野県で大きな地震がありましたね。

被災されたかたへ、心よりお見舞い申し上げます。

さて、この地震があった時間、ワタクシ「リーガルハイ・スペシャル」を見ておりました。

突如「ピロピローン~」の音とともに、画面にドーンと地震速報。

同時に、何だかふわふわする妙な感じがしました。地震?めまい?

部屋を見上げると、照明器具から下がっているヒモがゆらゆら揺れていました。

ずいぶん長い時間、揺れていました。

私が住む関東地方でも、直下型地震がいつ発生してもおかしくない状況にあります。

心配なのが……防音室!!

震度7クラスの地震が来たら、我が家の防音室の床が抜けるんじゃないか?

わずか6畳程度の空間に、アビテックス+グランドピアノでトン単位の重量が床にかかっているわけです。

もし、床に亀裂が入るようなことになったら、どうなるか?

亀裂が入って、ピアノの重量に耐えられなくなった床が抜けて、

ピアノが落下して、2階と1階のかたの部屋を直撃するわけです。

自分の部屋内のことで済むのなら、諦めもつきますが、(いやいや、諦められないですけどね)

ピアノのせいで、住人が圧死!なんてことにでもなったら!

今現在感じている、天災に対する、唯一の恐怖です。


さて、更新が滞っていたのは、ちょっとした変化がありまして、ブログどころではなかったためです。

前々から、何となく言われていましたが、仕事が変わることになりました。

と言っても、転職したわけでも、異動になったわけでもありません。要するに業務チェンジです。

ただ、今までにやったことない仕事なので、ちょっとしたパニック状態になっております。

現在、仕事の引継ぎ中ですが、新しい仕事の内容については、話が外国語に聞える(笑)

月末も近づいてきて、どうなることやらと案じはじめると、気分がどんどんドンヨリしてくるわけです。

もともと、変化に弱い私なので(臨機応変と言うやつが苦手だったりします)

精神的にちょっと参ってしまっています。

さらには、仕事が変わる=そろそろ異動もあり?というわけです。

(今の職場環境を考えたら、これは私にとって、起死回生のチャンスでもあります)

という状況ですので、ブログ更新がさらにおろそかになる可能性が高くなってしまうことをお許しください。

ピアノのレッスンは継続しています。

こんなモヤモヤな心理状態で、レッスンを受けに行くのは、先生に申し訳ないですし、

ドンヨリしてくると、練習にもあまり集中できませんが、

こんな状態の私を支えてくれるのが、今のところピアノしかないわけです。

だからピアノを弾くのはやめません。レッスンにも通います。

ピアノを弾いている間だけ、時々現実逃避できるので…。

こういう状態がもっと続く、もしくは悪化するようでしたら、病院へ行ってみるつもりです

さすがの私も疲れました…って、これってやはり、鬱ですかねぇ…?

……………………………………………………

あっ、そういえば私って、子どもの頃から何かと逆境にさらされていたよなぁ…。

こういうことに耐性があるような気もする?

しばらくは頑張らないように努力します(できるかな~?)



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
banner (1)

2014/11/23 Sun. 21:29  edit

Category: サラリーマンはつらいよ

tb: --  |  cm: 2

top △

人生、一寸先は闇… 

暦は11月に入りましたが、

この1週間…というか、4日から7日までが怒涛の日々でした。

締め切りの関係で、月初はいつも忙しいのですが、それに加え、悲しい出来事がありました。

勤務先の同僚が急逝しました。

私よりも10歳近くお若い方です。

あまりに突然のことで、驚きを通り越して衝撃でした。

とにかく、仕事が大好きなかたでしたから、つい頑張ってしまったんでしょうね。


若いから、多少の無理は大丈夫、ということはない。私はそう思います。

昔、まだAEDもなかったころの話です。

知人が、マラソンの途中で倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまったことがあります。

その時代にAEDがあったら、助かっていたかもしれない…。

当時、まだ20歳代のかたでした。

この知人にも、きっと体から発する注意信号(警告)があったはず…。

体の不調に気づいたとしても、若いがゆえに、「大丈夫!」と思って無理をしてしまった結果なのか…?

人生、一寸先は闇…。そんなことを考えてしまった1週間でした。


若い時期に親を亡くしたせいなのか、こういう訃報に過敏に反応しすぎてしまいます。

(私が21歳の時に、父親を交通事故で亡くしています。
病院から、父親が無言の帰宅をした時の衝撃を、まるで昨日のように思いだすことが出来ます。)

テレビのドラマでも、演技だと分かっていても、人が死んでしまうシーンでは号泣してしまいます。

誰でも、いつかはそういう日を迎えるのだから…。理屈では分かっています。

でも、それだけでは割り切れないものが、私の中にはあるのです。


11月8日のレッスンが休講だったので、少し救われました。

この1週間、ピアノを弾こうという気持ちにあまりなれなかったので…。

社内がバタバタしていたので、

ユンディ・リさんの演奏会がある10日は、仕事を休めないかもしれないと思っていましたが、

どうにか休暇を頂きました。

気分はまだ少し沈んでいますが、演奏会へ行ってまいります。(また懲りずに?迷子になりそうですが…笑)

音楽の持つ、癒しの力を信じて…。



banner (1)

2014/11/09 Sun. 21:04  edit

Category: サラリーマンはつらいよ

tb: --  |  cm: 0

top △

現在の私の怒りの沸点は、たぶん30℃くらいかも?(低すぎ…汗) 

9月18日の午後、書類がたまりきってしまい、仕事が全く先に進まなくなってしまったので

お偉いさんのハンコをいただきに本館へ行きました。

本館までは歩いて20分くらい。

ようやく涼しくなってくれて、歩いていくのも苦になりません。

……………………………………………………

ってゆーか、なんで車を運転できる奴が行かねーんだよ!(怒)

それにしても、年を重ねるごとに、怒りの沸点が下がってきたよなぁ…。

7月に本社から異動してきた同僚に、「kusuさんって怒ることあるんですかぁ~?」と訊かれました。

穏やかな性格だと思われているようですが、とんでもありません。結構、気が短いです。

そのときは、「年中怒っているよ~(;´∀`)」と答えましたが、

あまり表に出さないので(えっ?年中出してるでしょ?)

皆さん気づかないみたいですね?(いやいや、絶対気づいてるって!)

仕事中、眉間に縦ジワ寄せて、年中ぶつぶつ文句言ってます(;´∀`)

怒りの沸点が下がっていることで、去年マジに一度ブチ切れて、上司とバトルしちゃいましたが、

もう言うだけバカだと思って、それ以降は我慢してます。はぁ…、もうストレスたまる一方…。

この時のバトルは、まさに「怒りの珍百景」だったようです…… 一部の人の語り草です…(^^;)

「怒りの珍百景」といえば、最近「ナニコレ珍百景」も見てないなぁ…って、なぜにそこに行くか?(爆)


18日の話の続きですが、そこで、いつもの飲み仲間であり、旅行仲間でもあるNさんから、

「急なんだけど、明日飲み会やろうって話が出ているんだけど、どう?」とお誘いをいただきました。

で、仕事が終わってから、19日にお江戸に行ってきました。

あまりに急なお話だったので、「お江戸に行ったら、ヤマハ銀座店を冷やかし(営業妨害?)に行く」ことも出来ず。

集合場所のお店に行けたのも、19時半を完全に回っていました。

東京駅構内のお店で飲んだ、と言ったら良いでしょうか?

それにしても、東京駅はきれいになりましたね~。しかも広くてまさしく迷路です!うかつに歩くと迷子になります。

東京駅の改札を出て、迷わず行けるのは「東京おかしランド」だけかな?

……って、八重洲中央口出て目の前じゃん…(爆)

ここに行くと、カルビーのポテトチップスの巨大袋が

やたらと私に「どーだ?食べたいだろう?私を買え~!」と呼びかけるので困ります。

定価680円?だったかな?(ちょっと自信なし)いったい何グラム入っているんだろう?

とにかく袋がデカいんです。

さすがにポテトチップスで700円近い金額を使うのは、勇気が要ります。

しかも、買ってしまったら、際限なく食べてしまいそうなので…。

人間ドックを来月にひかえ、太りそうなお菓子を食べてばかりいたら、確実に豚です。



21日は実家に帰って、お墓参りに行ってきました。

両親のお墓があります。私は親不孝な娘なので、行くのは当り前です。

親が生きていたら、私の人生も全く違うものになっていたんだろうなぁ…。

どうも、昔から人の縁と言うものに恵まれていない気がする。

…両親と早くに死別したのもそのひとつ。

……いまだに○○○○○○なのもそのひとつ。

まぁ、これについては、私自身にも多少原因がある。

20歳台後半の時ですが、とても嫌なことを年上のかた(全くの赤の他人)に言われたことがあります。

人格否定というか、存在を否定されたに近いことを言われたわけですが、

「そんなこと、アンタに言われなくたって、私がいちばんよくわかってるよ!」そう思いました。

(注:親にそういうことを言われたわけじゃありませんよ。当時、既に両親ともに鬼籍に入っていましたから)

その言葉の意味していることは、分からなくもない。親ならそう思うことが当たり前かもしれない。

しかし、当時の私は「そうか、普通そう思うよな…」と半分諦め、半分意地になってしまったわけです。

そして、意地を張ったまま現在に至ります。後悔はしていませんが、時々むなしくなりますね。

生きていくことは結構大変。悟りの境地に入れれば、どんなに楽か…。



さて、暗い話はここまでにしておいて、

鬼が大笑いしてしまう来年の話ですが、ひとつ演奏会に行く予定を入れました。

今度はピアノソロではなくて、協奏曲です。

東京オペラシティホールの轍を踏まないよう?考えてチケットを取りましたが、

初めて行くホールなので、席の善し悪しはちょっと微妙…。行ってみなければ分かりません。

有名部分以外知らない曲もあるので、少し勉強してから行くことにします。

願わくば、ここにブラームスのコンチェルトも入れてほしかったなぁ(無理言うなって…笑)


コンチェルトは今回が初めての経験かな?と思っていたら、

昔、県内のホールへ聴きに行ったことがあるような気がしてきました。

ピアノを再開してから行った演奏会は、プログラムを残してあるので、

そういうものが一切手元にないことから、学生時代か、ピアノ再開前かもしれない?

ベートーヴェンのコンチェルトとシンフォニーを聴いたと思う。

コンチェルトは「皇帝」で、シンフォニーは「運命」だったかなぁ?…自信全くなしです…(;´∀`)

ピアニストがどなただったかも、全く記憶にないんですよ~。

高校時代の友人Sさん(秋葉原まで、よく一緒にレコード買いに行った友人です)と行ったことしか記憶にない。

もしかして、寝ていたのか~?夢でも見たのか~?(爆)


9月20日のレッスンについて、ちょっとだけ書きます。

前回のレッスンから、2週間あいだが開きました。

少し早目に帰宅できた日が結構あったので、自宅のグランドで1時間程度ですが、ほぼ毎日練習もできました。

家のピアノに慣れてきたせいもあるのですが、レッスン室のピアノで家と同じように弾くと……

ところどころ「音が出ない……(;´∀`)」

ピアニッシモの部分が多いので、鍵盤を指でぶつけないよう、そっと弾くように心がけたわけですが、

それが ちょっと裏目に出てしまったような…(-_-;)

先生から、弾きだしたときにピアノがどういう状態なのか判断して、

調整するように心がけてくださいと言われました。

ピアノと言う楽器は、持ち歩きできませんから、備え付けのピアノを使って弾かなければなりませんね。

ホールのピアノだからと言って、必ずしも状態が良いものばかりとは限りません。

鍵盤の重さや、タッチ感の違い、

そういうものを弾きだしたときに瞬時にとらえ、調整していかなければならないわけです。

なので、いつも家のピアノばかりでなく、いろいろなピアノを弾いてみることも勉強になるようです。



いつもダラダラ記事をお読みいただき、ありがとうございます。m(__)m
banner (1)

2014/09/23 Tue. 04:00  edit

Category: サラリーマンはつらいよ

tb: --  |  cm: 16

top △