ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

この1週間はなかなか大変でした。 

ようやくWi-Fi環境を整えることが出来ました。

お彼岸で実家に帰っていたり、その後には親戚で不幸があったりして、

なんともあわただしい日々の中、何とか時間を作ってWi-Fi設定をしました。

専門家と電話を通じて、設定のやり方を教わりながらでしたが、

順調に行くと思いきや、どうやっても私のPC側にWi-Fiマークが表示されなくて、

専門家のかたに、私のPCに入ってもらって、見ていただいたりしました。

PC、i-pad、i-phoneの3機をWi-Fi環境を設定するのに3時間近くかかってしまい、グッタリ。

専門家さんも大変だったのでは?

安いからと、安易に電話会社を変更するのは、これ限りでやめよう。

設定の大変さというツケは、みんな自分に回ってくる。時間ももったいないし…。

と、言うことで、今回よりPCからの更新でした~。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
3月ももう終わりますねぇ…。時間の経過の速さよ~!オーマイガッ!アーメン…(←?)


ピアノランキング
スポンサーサイト

2017/03/26 Sun. 21:32  edit

Category: えとせとら

tb: --  |  cm: 6

top △

PCの設定をなかなかやらない、横着者のワタクシです。 

3月も半ばになりました。

1月は長く感じたワタクシですが、2月・3月と、マァ月日の流れが早いこと!怖いくらいです。


さて、年末に電話会社を変えたのは良いのですが、手違いがあり、

家の電話は、工事会社が出入りして、すっかりX社に変わっているというのに、

ネットのプロバイダー側が旧のまま、というありえない事態になりました。

「ハァ⁉︎」な状況になったため、あちこちの関係会社に電話しまくりましたが、どうもラチがあかない。

結局、契約変更した電話会社まで出向いて、契約内容を確認するハメになりました。

私に説明したことと、違う手続きをしていたそうです。

ちゃんとやってよぉ〜!頼むよ〜(泣)

原因がわかったので、それ以降は順調にことが進み、

あとはPCの設定をすれば良いだけ、となっているにもかかわらず、

横着こきまくって、相変わらずiPadで記事を書いています(笑)

来週末こそ、設定するぞ〜と思ってカレンダーを見たら、お彼岸じゃないか‼️

ということで、実家に行かないといけないので、先延ばしになりそうです。

…って、さっさとやれば良いだけのことなのですが…(^_^;)



我が家では、お墓参りは、お墓掃除も兼ねているため、マスト事項です。

実家の場所は、絶海の孤島?いや、陸の孤島と言うべきか?

とにかくド田舎なもので、お墓は杉林の中なため、いつも落ち葉で凄いことになっている。

山の中のお墓なので、そこそこ広いし、お墓掃除がとっても大変なの!

なので、よほどの事情(インフルエンザで熱が42度あるとかね…←入院だろこれは?笑)がない限り

行かないと、家族にぶっ飛ばされます。(冗談ではなく、結構マジなのよ、これが!)

完全にお彼岸は、「お墓掃除>お墓参り」 になっております(笑)



腱鞘炎がほぼ治ったワタクシですが、最近は五十肩がキツイ!

肘を曲げた状態で腕を上に上げると、かなり痛い。

腕が痛くて、背中を掻くことが出来ない。これはツライ!

年は取りたくねぇな〜(泣)



発表会が終わり、次は同じシューベルトの即興曲を練習し始めています。

まだ、一音一音確認しながら弾いている感じですが、

この曲も、ゆっくり弾くと何の曲だか分からない部類に入るかもしれない?

今の私の弾き方では速度が出ないとのことで、

腕を先に持って行く弾き方を、ご指示いただきました。

最初の部分は、さらさらと水が流れている感じ、もしくは風がそよぐ感じ。

中間部は、かなり激しく弾く感じになるけれど、メロディを浮かび上がらせるように弾き、

伴奏(合いの手かな?)は添えもの程度の音量で。メロディと同じように弾かないこと。

メロディと同じくらいの音量で弾かない…。

うーん、これは自信を持ってやらかしてしまいそうだ。気をつけよう。

しかも、「弾いたら力を抜く」を実践しないと、手を痛めかねないなぁ。

次のレッスンまで二週間あるので、

片手練習しながら、両手奏もやってみようと思っております。




いつもお読みいただき、ありがとうございます。
早くPC設定を完了させて、Wi-Fi環境を手に入れなくては


ピアノランキング

2017/03/12 Sun. 21:31  edit

Category: えとせとら

tb: --  |  cm: 4

top △

今年も先が思いやられそう… 

さて、今年も何とかスタートを切ることが出来ましたが、どうも出だしがよろしくない?

何だか波乱含みの予感すらします。


4日が仕事始めでしたが、何がどう伝わったのか、

宅配会社に、「うちの社は4日までお休み」ということになっていたようで、

4日の午前中に届くはずの、荷物が届かない。

伝票番号を先方に聞いて、ネットで追跡してみたら、やはり搬送していない。

「すぐに持ってきて下さいっ!」と、電話でしつこく何度も催促してしまった。

荷物が届かないと、こちらは仕事にならないのよ〜!んもう〜💢

おかげで、お昼過ぎには終わるはずの仕事が、後ろ倒しになって、

スリル満点の時間との戦い、と相成りました。

でもまぁ、宅配会社も休みがなくて大変だよね〜。

仕事何とか終わったから、許す!(kusu、お前はいったい何さまだよ?)σ^_^;


幸先悪いことの筆頭は、湯沸かし器の調子がヤバイこと。

ずっと使っていたから、寿命ですと言われても仕方ないのだが、

声を大にしてボヤキたいのは、

なぜに「いきなり壊れる!?」ということなのだよ。

「ちょっと変かな?」と、思いながら使っていたのなら、

「やっぱりね〜(泣)」と諦めもつくのだが、

いきなりだと「ゲッ!うっそーん…」となるわけで…(泣)

業者の方に見ていただきましたが、「部品交換も出来るけど、気休め程度しか持ちませんよ〜」

と、いわれてしまい、本体交換せざるを得ない。

冬でなければ、そんなに困らないのだけれど、お風呂だけは、どうにもならないね〜(泣)




いつもお読みいただき、ありがとうございます。
支払いについては、またもや貯金口座のお力をお借りするしかありません。
ビンボー人に愛を!(爆)


ピアノランキングへ

2017/01/08 Sun. 21:03  edit

Category: えとせとら

tb: --  |  cm: 2

top △

2017年が始まりました〜 

あけましておめでとうございます。

今年の目標?
1.ピアノ頑張る!(皆勤賞?記録を更新し続ける)
2.多分「大人のぬり絵」にハマり続ける。
3.スマホを使いこなせるようにする。
4.激太りしたので、体重を落とす。
5.良い演奏を聴きに行く。

と書きましたが、まず最初に
「発表会を頑張る!」ですわね〜(笑)

相変わらず、くだらない内容をマイペースに更新していきたいと思っております。
生ぬる〜い目で見守って下さると嬉しいです。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


ピアノランキングへ

2017/01/01 Sun. 00:25  edit

Category: えとせとら

tb: --  |  cm: 10

top △

今年もありがとうございました。 

いよいよ、今年も2時間を切りました。

今年一年、ワタクシのしょーもないブログをお読みくださり、

まことにありがとうございました。

2016年は、皆様にとって、どんな年だったでしょうか?

ワタクシにとって、今年はダラダラな一年でありました。

年明けから気分が落ち込むことが多くて、

結構、休暇も使ってしまいましたし、

何よりも、やる気自体が超低空飛行でした。

随分と、もったいない時間の使い方をしてしまいました。

来年は、もっとシャキ!としなくては!

来年に乞うご期待?


少し早い「年越しそば」も食べ終えて、実家でまったり中です。

年末の掃除やら何やらで、もともと荒れ気味だった指先が、三箇所ほど流血寸前です(泣)


それでは、皆様も良いお年をお迎え下さい。


ピアノランキングへ

2016/12/31 Sat. 22:03  edit

Category: えとせとら

tb: --  |  cm: 0

top △

青森料理店で飲み会 

さて、11月に予定している、

いつもの飲み+旅行仲間との大阪旅行(淀川マラソン参加ツアー?)まで、あと2週間となりました。

21日に、打ち合わせと称した「飲み会」に参加しました。

最近、この仲間との「飲み会」は、県内で催すことが多かったのですが、

久しぶりの東京都内遠征です。

このお店に行ってきました。

東京都足立区北千住にある、青森料理を食べさせてくれる「炭火焼 ごっつり」さん。

以前、舞の海さんがテレビで紹介していたお店なのだそうです。
(ブログを始める数年前には、このお店にも行っています。ここは余興が楽しい!)

どの料理も美味しくて、はずれ無しな感じがしました。
   鯖鮨し ← 鯖寿し (シャリの上の鯖がトロっトロ!)
青森シャムロック(地鶏)盛り合わせ(プリプリの鶏肉に香ばしい味付け) → 青森シャモロック串焼き 

私が時に気に入ったのが、「銀鯖の串焼き」
(あっ!写真撮り忘れた…お店HPの「海の幸」メニューに写真が載ってます)

思わず「美味い!おかわりっ!」と叫びたくなりました(笑)

モツ料理系がダメだったりと、偏食気味なワタクシに、

先輩のNさんは「kusuさん、鯖は食べられるかしら~?」と心配していたそうです。

子どもの頃から、海の幸、特におさかな系は良く食べていましたので、

普通に出回っているお魚なら、好き嫌いはないかな?

今でこそお肉も大好きですが、子どもの頃は、お肉はほとんど食べず、専らおさかな派でした。

……だからやせていたのかなぁ?……


「打ち合わせ」と称していても、やはり主なる目的は「飲み会」ですので、

取っていただいた新幹線のチケットを貰ったり、超ざっくりとした予定しか決めません。

最近は、結構、行き当たりばったりな旅となっております。



22日、3週間ぶりのレッスン。……玉砕(ノД`)・゜・。

進歩なさすぎ!ひどすぎて書きたくないッス…(号泣)

ピアノなんて、嫌いだ~(自己嫌悪から一時的に嫌気がさす⇒ピアノあるある 笑)

で、先生から「コルトーの練習曲?」をお借りしてみることにしました。




いつもお読みいただき、ありがとうございます。
今期のテレビドラマ、なんだか「刑事もの」多くないですか~?気のせい?


ピアノランキングへ

2016/10/23 Sun. 18:07  edit

Category: えとせとら

tb: --  |  cm: 12

top △

ドッペルゲンガーがあらわれた!?(ドラクエ風…笑) 

九州地方で大きな地震が発生しました。

余震が続く中、不安な日々を過ごされていることを思うと、心配でなりません。

被災されたみなさま、心よりお見舞い申し上げます



「『ドッペルゲンガー』って何ぞや?」と思われたかたへ。

「自分の姿を第三者が違うところで見る、または自分で違う自分を見る現象のことである。」という定義らしいです。


「世の中には自分と似た人が3人いる」という言葉を聞いたことがありませんか?

私は、過去に3回ほど、過去に全くあったこともない他人から「○○さんでしょ?」と声をかけられたことがあります。


最初は、20歳代前半。入社して2~3年のころ。

高校時代の友人たちと、頻繁にあちこちに旅行していた頃です。

ピアノはまだ再開していませんでした。

旅行のたびに、大量に写真を撮ってきまして、カメラ屋で写真を現像していただいていました。

行きつけのカメラ屋で、最初の事件?は起こりました。

狭い店内にいた、私とさほど年が変わらないと思われる青年に

「よお、○○じゃねぇ?今、何してんの?」と声をかけられました。

もちろん、会ったことも見たこともない人です。

「はぁ?人違いじゃありません?」と答えたものの、相手の青年は「えっ?」というような顔をするばかり。

「それって、ナンパじゃないの?」と思われたそこのアナタ!

私は、公私共に認める?ブサイクなので、絶対にそんなことは考えられません。

この顔のせいで、過去にどれだけ嫌な思いをしてきたか!

生まれ変われるものなら、もう少し普通な顔立ちで生まれたいです。

それから、今度は子どもの頃からきちっとピアノを習いたい。


2回目の事件はそれから数年後。

ピアノを再開して2~3年目くらいの頃でしょうか?

レッスン後にデパ地下で、ちょっと遅い昼食を摂っていたときでした。

お隣のテーブルに座っていた中高年のご婦人が、私のテーブルにいらして、

「やっぱり○○ちゃん。似ている人がいるなぁと思っていたのよ!」と言われて、目がテンになりました。

「人違いをされていませんか?」とおずおずと答えると、

「そうなの?それにしてもよく似ているわぁ~」と、そのご婦人も首をひねっておられました。


さて、3回目の事件は去年だったか一昨年だったか?

やはりレッスンの帰りに、中高年のご婦人から「あら?○○さん?」と声をかけられました。


うむむむ…、この3人のかたが言う「○○さん」が、同一人物なのかはわからないけれど、

こういうことを3度も経験すると、

「私に似ているらしいかた」には大変失礼で申し訳ないのだが、ちょっと気味が悪くなってくる。

しかも、私に似ているかたが比較的近所にいらっしゃるらしい。

確かに「知人に感じが似ているなぁ」と思うかたと街中ですれ違ったりすることもあるので、

「私の知らない誰か」に間違われることはあり得ることではある。

実際、私の会社が入っているオフィスビルにある別会社に、上司に激似のかたがいらっしゃる。

すれ違う際に、思わず「こんにちわ」とあいさつしてしまったくらい似ていた。

その上司は本館(私が働いているのは別館)のかたなので、

「今日、何か会議の予定があったかなぁ?」と不思議に思ったが、

その激似の紳士は、本館にいる上司の「もう少し若かったころ」に似ておられることに気づき、

「別人だったんだ~!(驚愕)」と相成ったのだが、それにしてもあんなに似ている人がいるとは!


さて、最近の事件です。

芸能界には全く関係ない、いわゆる素人さんのお宅を訪ねる、という趣向のテレビ番組がありますね。

そういう類の番組を「ボーッ」と見ていた時でした。

テレビを見ながら………「…?」「うん?」「!?」「えぇっ!?」と声を上げてしまいました。

テレビに映っていたのは、20年前の自分???????

どう見ても、私なんです!他人の空似ではあるのですが、どう見ても「自分!」

「世の中には、こんなにも似ている人がいるんだ?」と、感心を通り越して、

テレビに映っておられた方にはまことに申し訳ないのですが、はっきり言って気味が悪かったです。

まさに「ドッペルゲンガーを見た気分」でした。




いつもお読みいただき、ありがとうございます。
ウォークマンを新たに購入しました。色は大好きなブルー!
前のライターのようなウォークマンも健在なのですが、今のWindows 8.1のPCから曲が取り込めないのです。
最近のミュージックプレイヤーは写真や動画も取りこめるんですね~。凄いです!


ピアノランキングへ

2016/04/17 Sun. 03:37  edit

Category: えとせとら

tb: --  |  cm: 2

top △

春のお彼岸、気分は特攻隊(笑) 

早いもので、3月も残すところ、あと10日あまりとなりました。

3月19日のレッスンが休講日でしたので、お彼岸でもありますし、実家に帰っていました。

実家は、私が今住んでいるところよりも田舎なので、

周りには緑がいっぱいあります。……当然、杉の木もたくさんあります。

お墓はまさしく、杉林のなかにあるような感じで(ホントに田舎ですよね~汗)

お墓参り(春のお彼岸)=特攻隊さながら、杉林の中に突っ込んでいくわけです。

アレルギーの薬を貰って飲んでいますが(どうやら眠くなりにくいのは確かなようです)

効く時と効かないときがありますね。疲れてくると、当然効きが悪くなります。

実家に帰った日も、朝のうちは花粉症の嫌~な症状も出ず、快適だったのですが、

時間の経過とともに、目がかゆい、鼻がむずむずして、鼻水が止まらないなど症状が出てきました。

点鼻薬を何度か点しましたが、症状がひどくなってからだと、効き目が皆無になってしまうんですよね~。

今年も花粉の攻撃は絶好調です。

おかげで私は絶不調~オーマイガッ!(T_T)



私が大好きなTVドラマの「相棒」season14が、3月16日で放映終了となりましたね。

4代目相棒役の反町隆史さん、私的にはかなり好きでした。

わざとらしくすっとぼけてみたり、ちょっとひょうきんで、オーバーなリアクションなど…。

最初は、反町さんの起用はseason14だけで、

以降は、初の女性相棒誕生(仲間由紀恵さん)か?という話もあったようですが、

season15も続投となりそうですね。嬉しいです!

ところで、kusuから見た4人の相棒は、こんな感じです。

○初代相棒:亀山 薫 … 杉下右京とは理想的な?上司と部下の関係(家族ぐるみのお付き合い)
○2代目相棒:神戸 尊 … 自由奔放に行動する上司に振り回される部下
○3代目相棒:甲斐 亨 … 上司の考えや空気を読んで行動する、優秀な部下(でも犯罪に手を染める)
○4代目相棒:冠城 亘 … 上司をも振り回しちゃう?お調子者部下

ざっくりとした感想ですが、いかがでしょう?

ちなみに脇役で好きなキャラクターは、

組織犯罪対策課の角田課長・捜査1課の伊丹刑事・鑑識課の米沢さん

角田課長を演じておられる山西惇さんが、NHKの大河ドラマ「真田丸」で

北条家の重臣である、板部岡江雪斎も演じておられますが、

つい、「ヒマか?」と合いの手を入れたくなってしまいます(笑)



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
最近、このブログ、ピアノブログではなくなってきましたねぇ…。
連休明けの22日に人間ドックを受けに行ってきます。前回のような失敗はしないぞ~(笑)


ピアノランキングへ

2016/03/21 Mon. 02:33  edit

Category: えとせとら

tb: --  |  cm: 8

top △

2016年が始まりました。今年はどんな一年になるのかな? 

あけましておめでとうございます。

今年1年の、みなさまのご多幸を、心よりお祈りしております。


あっという間に2015年が終わってしまいましたね~。

また新しい1年が始まりましたが、またまた「あっ!」という間に過ぎてしまうんだろうな。

今まで生きてきたよりも、これから生きていく時間のほうが短いですから、

1日1日を大事にして生きていきたいと思いますが……。

根性ないので、すぐに楽なほうへ流されてしまいそうな気がする…(^^;)


ただいま、陸の孤島?と化している実家より、更新をしております。

年末にかけて4kg位、病的に痩せましたが、

食欲が復活した+実家で食べっぱなしで、かなり体重がやばい感じ?

家に帰るのは1月3日の予定です。次の日から仕事かよ~(´Д`)

しかも初日から締めで忙しい~!!(*_*;


実家にいるとピアノが弾けないので、本日で既にまるまる3日ピアノを弾いていません。

実家にもアップライトピアノがあるのですが、盛大に物置になってしまって、

鍵盤のふたすら開けるのが至難の技。

年末の掃除の最中に、「音が出るのかな~?」と思って、鍵盤ふたをこじ開けて
(横着だなぁ…笑)

わずかなすき間に指を入れて音を出してみた。

まぁ、音が出て当然。ずっと調律していないから音は狂っているだろうが…。

しかし弱音ペダルのロックがかかったままだ…!?
(真ん中のペダルを踏み込んで左側に押し込んだ状態)

このペダルをロックさせたまま、長期放置してしまっても大丈夫なのかなぁ?

このアップライトピアノは、25年ほど前に、実家の改築に合わせて兄夫婦が購入したものだが、

結構高価だったと聞いたような気がする。

姪たちが子どもだった頃は弾かれていたのだが、いまは弾き手がいない。実にもったいない…。

さて、問題はもう一台のほうだ。

私が、就職後の最初のボーナスを頭金にして購入した「なんちゃってピアノ(カワイ製の電気ピアノ)」!

「ぴあの屋ドットコム」さまによると、

このピアノは、ハンマーヘッドがフェルトではなくて、コルクで出来ているらしい。

こちらは鍵盤ふたに、さらにものがたくさん乗っていて、かなり悲惨な状態。

こちらのピアノは、私が引越しした後でも、しばらくは実家に帰ってくるたびに弾いていたピアノです。

鍵盤ふたをこじ開けて
(荷物をどかせばいいじゃないか~!汗)鍵盤を何とか押してみる。

おぉッ!音がまだ出るじゃないか~。

この「なんちゃってピアノ」は、普通のピアノの2分の1から3分の1程度の音量なので、

私が引き取って、我が家の防音室に入れたら、深夜でも弾けそうだなぁ?

…と、いつも思うのだが、狭い防音室。どうやって設置するのだ?

部屋の広さを考えたら、絶対に無理なのだけれど…(T_T)

でも、ピアノ再開後にガンガン弾きまくっていたものなので、愛着がある。

とりあえず、次回の調律の時に、この電気ピアノの調律が出来るか、Hさんにお訊きしてみようか?

特殊なピアノだから無理かな?調律できないピアノだったら……するしかないんだろうなぁ?


今年はどんな1年になるのだろう?

分かるのは、今年もピアノ三昧になりそうなことだけかな?

ブログ更新サボり気味ですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
年末に20年使った炊飯器がついに壊れました。
スイッチを入れると異音がしていたので、そろそろ寿命かな?思っていました。
年末に新しい炊飯器を購入しましたので、新年から使い始めます。


ピアノランキングへ

2016/01/02 Sat. 00:45  edit

Category: えとせとら

tb: --  |  cm: 14

top △

気になった新聞記事 

先日、確か7月9日だったでしょうか?

とても7月とは思えないほど、涼しい日がありましたね。

そして、昨日(11日)と今日(12日)は、いきなりの真夏日です。

暑い~!まだ、朝・夕が涼しいので、我慢できますが、気温差があり過ぎて体が付いていきません。


ちょっと、また心理的にドンヨリ状態です。

先週は、ただでさえ就寝が遅いにも関わらず、夜中に目が覚めてしまい、明け方までついに眠れず。

こんな日が2~3日続きました。

お昼間に猛烈な睡魔が来たのが金曜日。

それまでは、あまり寝ていないはずにもかかわらず、お昼間に眠いということはなかったので、

「眠れない」と本人が思っているだけで、「うつらうつら」くらいはしていたのかもしれません。

最近、金曜日の夜になると、とにかく眠くて起きていることが出来ません。

10日の夜も、23時にはもう激しい睡魔に襲われましたが、

録りためていた番組(NHKでちょっと前に放映していた「スティーヴ・ジョブズとビル・ゲイツ」)を

なんとか最後まで見てから寝ました。まさしく瞬間爆睡でした。

最近、疲れ切ってます、ワタシ…(泣)

土曜日(7月11日)の早朝、ふと目が覚めて、「また寝られないのか~」と、うんざりしながら寝返りを打ったら、

いきなり何の前触れもなしに、ふくらはぎがつってしまった。

なんで足がつるの?うぎぎぎ…痛すぎる…(涙目)

痛みが治まったと同時に、また熟睡…。数時間後、結構スッキリと目覚めた。

早寝すると、こんなスッキリなのか~と思いましたが、私のことなので懲りずに、また夜ふかし…(笑)


さて、話は変わりますが、

現在、高い料金を払って新聞を購読しておりますが、時間がなくて斜め読みという情けない状態です。

久しぶりに、とても懐かしいかたの記事が掲載されていました。
マンガ家の田渕由美子さんの記事です。田渕由美子さんの記事

1970年代のまんが雑誌「りぼん」に、「乙女チックまんが家」の一人として、活躍されていました。

乙女チックまんが家:陸奥A子さん、太刀掛秀子さん、田渕由美子さんの3人のことだったように記憶しております。

田渕さんのイラストも掲載されていましたが、「そうそう、こういう絵を描かれていた」と、

とても懐かしくなってしまったわけです。

「フランス窓便り」という話の第一話を、結構覚えています。

シェアハウスしている3人の女性の物語を一人ずつ、3話でまとめたお話です。

陸奥A子さんは、絵よりも話の内容で勝負!と言った感じでした。

何も取り柄がなさそうな、ごく普通の女の子が恋をする、という話が多くて、共感が持てました。

太刀掛秀子さんは、とにかく絵が可愛くて緻密で、大好きなまんが家さんでした。

「花ぶらんこゆれて(上・下巻 文庫版)」と「秋への小径(りぼんコミックス)」は、いまだに持っています。

彼女のまんがは、結構読んだなぁ…。

掲載雑誌を買わなくなっても、コミックスはいくつか買っていました。

引っ越しに紛れて処分してしまったようで、上記3冊以外は手元にありません。


さらに、7月11日の新聞に、コメディアンの萩本欽一さんの記事が掲載されていました。

この記事を読んでいて、以下の3つの言葉が印象に強く残りました。


1.「人は前へ前へと進みたがるけど、人生、そう簡単に前へは進まないよ。
  偉人の伝記を読んでみればわかるけど、最初は失敗だらけ。だから、僕は言うの。
  まずは一歩下がって世界を広く見ろと。もっと遠回りしろ。人と違うことをしろと。」


人生って、障害物競争みたいなものだなぁと良く思います。

順風満帆な人生なんて、なかなかあることじゃないですよね。

私の場合は、失敗と後悔と諦めだらけの人生…。

超絶要領の悪い私のような人間には、平坦な道などあり得ないという感じすらしてきます。


2.「人生は出会いだというけど、ただ人に会うということではなくて、
  苦労をしてマイナスの経験を積んできて、初めて出会うべき人に出会える」


出会うべき人かぁ…。

私には、自分の人生のなかで、過去に大きな影響を与えてくれた人が二人います。

一人は、たまに私のブログの中に登場する、中学時代の先輩Aさん。

男の子なのに、ピアノが無茶苦茶上手だった。今の私から見ても、「天才肌」と思える人です。

この人と出会わなかったら、私は絶対に今ピアノを弾いていなかったと思うくらい、重要なかたです。

一生をかけられる生きがいを与えてくれたという意味では、大恩人とも言えますね。

それから、元号が「平成」に変わったばかりの時に出会った関連会社のプログラマさん。

仮にBさんとしましょうか。

アナログ仕事を、徐々にコンピュータ化していこうという社風にのっとり、私が窓口担当を任されました。

コンピュータ会社のかたとのやりとり中心となりましたが、

このプログラマのBさんがとても面白い方で、仕事の話で電話しても、良く脱線して雑談とかもしました。

Bさんの話についていくために、コンピュータ関連の本とかOSの本とか読みました。

ちなみに、当時のOS(オペレーション・システム)は、WINDOWSの1世代前の、MS-DOSの時代。

システム化に伴い、関連会社に提出する資料作成とか、とにかく大変な時期でしたが、

私が提出した資料を「見やすい」と、非常に高く評価してくれたのがBさんでした。

この頃は、激務で体を壊す寸前まで行ってしまったのですが、仕事が楽しくて仕方なかった時期でもありました。

認められるということが、いかに頑張る原動力になり得たか、分かろうというものです。

「自信」という文字が、自分の辞書になかった私に、この言葉を書き加えてくれた恩人です。

(今はこの「自信」という文字は、私の辞書から再び消去されてしまっていますけど…泣)

3.「運は、正面からは来ない。思ってもみないところからやってくるから、なかなか捕まえられない。
  背中をトントンするやつがいるから『なんだうるせぇなぁ』と振り向いたら、
  なんだここにいたのか、というのが運」


私は、運も決して良いほうではないです。むしろ運というものから見放されている気もする。

ただ、努力や考え方一つで、運は引き寄せられるのかな?と感じるときはあります。

前向きになっているときは、結構物事がスムーズに流れているような気がしますし、

現在の私のように、ちょっと気分的に「滅入って」いると、ろくなことが起きません。



7月11日のレッスンです。

「今日は、屋根をあけてみましょうか?」

先生がグランドの大屋根を全開にしてくださいました。

ピアノという楽器は、屋根を開けると、音の響きがとても豊かになりますね。

その割には、あまりうまく弾けなかったのが悔やまれますが…。

(たまには、今日の私は「プロみたいに弾けた~」とか言ってみたいです…。なんだよそれ…爆笑)

○エチュード op.10-9
 1.左手のアルペジオの中に隠されている追従音が、時々聴こえなくなっているので注意する。
 2.1小節ごとに変わる、フォルテとピアノの対比部分は、小節内で有効。
   こういうパターンだと、次の音を弾くために焦って最終音をぶつけがちになってしまうので、
   丁寧に弾くようにようにしたい。(by kusu)
 3.ラストの音型はスタカート気味で。全部の音を出さずに、上の音だけを響かせるように。
   1小節前をあまり弱く弾くと、この音型部分のほうが音が大きくなったりしがちなので、
   バランスを考える。


これらのご指導事項については、その場で少し練習。

1は、意識すればちゃんとできるのだが、曲に乗ると良く意識がすっ飛んでしまう。


○エチュード op.25-7
 1.イントロダクション部分を終えて、曲に入った部分。
   右手が入ると、左手のメロディがちょっと小さくなってしまうらしい。
   ここは、右手の音を聴いてしまう+デクレッシェンドが付いている、からなのですが、
   次の小節にもデクレッシェンドが付いているので、ここはフレーズ単位のデクレッシェンドで。
 2.メロディだけを取り出して(伴奏系は弾かない)の練習もしておくこと。


発表会で使用するホールは古いので(私が学生の時からあるホールだし…)

音の響きが、新しいホールと比べ、あまりよくないというか響かないらしいです。

こういう理由で、先生が「もっと全体的にボリュームを上げて!」とおっしゃるわけです。

ということで、「広い場所で弾いてみる必要があるかなぁ?」と考えています。

市の施設のホールを借りるにしても、やはり団体使用を前提としているようで、

個人で使用するには使用料が高すぎる…。

音楽教室の広い部屋も借りられるようなので、ちょっと受付のかたに聞いてみたいと思っています。

(まぁ、先生にお尋ねしても良いのだけれど…。)

個人レッスンの部屋ですら、あれだけの使用料なので、

広い部屋だと、きっとびっくりするような金額だろうな~。



いつもダラダラ記事をお読みいただき、ありがとうございます。
あぁ、嫌いな夏が来る~!今年は、猛暑の夏でないことを祈るわ~(泣)


ピアノランキングへ

2015/07/12 Sun. 21:40  edit

Category: えとせとら

tb: --  |  cm: 18

top △