ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

まぁ、こんなものっスかね?(^◇^;) 

2月11日、発表会に参加してきました。

前日までの練習も、なんとな〜く微妙な感じでしたが、

手が腱鞘炎ぽくてヤバめなので、あまり無理をしないようにしていました。

心臓がバクバクすることもなく、「私、思ったよりアガってないのかな〜?」

などと思いながら弾き始めましたが、自覚がなかっただけだったようです。

音楽教室で、ヒーターを用意してくれていましたが、舞台袖は底冷え状態。

手は緊張もあって(自覚ないけど…笑)ありえないほど冷たい。

「手が冷たいから、遅めに弾き始めよう」と思っていたにもかかわらず、

自分が普段練習しているよりも若干、速めに弾き始めてしまったようです。

数ヶ所トチリましたが、まぁこんなもんじゃね?な感じですかね〜?

それにしても、普段間違えないところをミスるって何でしょうか?

曲だけに没頭できたから、ミスタッチこそあったけど、まあ良かったのではないかと(^◇^;)

後悔が全くないと言えば、ウソになるけど、舞台で弾くことはいい経験だと思うので…。


それにしても、問題は手である。

去年の年末に、最初の違和感を感じたけど、大したことないと思ってましたが、

好転するどころか、むしろ悪化しているので、医者に診ていただこうと思います。

どういう状態かと言うと、右手の親指がコキコキしてます。

幸いなことに、ピアノを弾くにはさほど支障がなかったのですが、

朝起きた時、自力で親指が曲げることが厳しくなってきてしまいました。

身支度するのに、強制的に指を曲げざるをえないので、

使っているうちに自力で曲げられるようになってきます。

「バネ指」ってやつですかねぇ…?治療のための注射が、めっぽう痛いらしいですね(泣)

腱鞘炎になるほど、ピアノも練習していないんですけどねぇ?なぜでしょう?

女性は更年期以降、こういう症状が出ることが多いみたいですね。

ピアノを愛する女性の皆さま、お気をつけ下さいませ。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。

ピアノランキングへ
スポンサーサイト

2017/02/12 Sun. 21:18  edit

Category: ピアノのある日常

tb: --  |  cm: 2

top △

3連休はダラダラ…ダラックマ状態…。 

平成28年上期の決算もどうにか終わりました。

子ども達の発表会やらで、レッスンが2週続けて休講になってしまい、

この3連休、気持ちが緩み切ってます。こんなことではいけないわ!


さて、早いもので10月も3分の1が過ぎようとしています。

個人的に、秋が1年の中で一番好きなんですね。

暑い夏も終わって、コオロギや鈴虫の声が耳に心地いい。

何はともあれ、「メシがうまい!」

天高く、kusu肥ゆる秋…ってか?(とほほ…号泣)

確かに食べてばかりいるので、体重がかなりヤバいことに…。

去年の今頃の体重が夢のようです。(病気で痩せたので、良いことではないですけどね)


年々、年齢を感じるようになってきました。

1週間働くと、土曜日はグッタリ…。何時間寝ても眠気が取れません。

おかげで?土曜日の夕方は、惰眠をむさぼるのがお約束となっております。

惰眠をむさぼっちゃ、ダミーン…………… 失礼いたしましたぁ~(バビューンと、kusu退場!爆笑)


先週のレッスンで、久しぶりにシューベルトの即興曲op.90-3をレッスンしていただきました。

音が怪しいところが、なんと!まだ2か所ほどあって(ヲイヲイ…汗)

盛大にごまかして弾いてみたり、弾きなおししたり…。

まだ時間はあるとはいえ、こんなことでいいのだろうか?

自分の家で練習するように教室のグランドで弾くと、何だかイマイチ…イマニ…イマサン…な出来。

しかも、まだまだフレーズの弾き方に迷いがある。

そこが自分の気に入らない点でもあるのだけれど…。

先生がおっしゃるには、焦って弾いているように聴こえるそうです。

まぁ、先生の前で弾くと、焦り気味になって、走り出してしまうのには違いないのですが…(^^;)

自分がこの曲を声を出して歌うとしたら、こんな感じに歌いたい、というのを

ピアノで表現出来たらいいなぁ、と思いながら練習しています。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
10月といえばハロウィン。先駆けて、こんなケーキを頂きました。もうっ可愛いすぐる!  ハロウィンケーキ、もらいますた

「おとなのぬりえ」のカレンダー、買いました。週めくりなので50数枚あるってことですね。
塗りがいがありそうです。

   これがぬりえカレンダー ← こんな表紙     塗ってみた! ← 塗ってみた(ボールペンで着色)



ピアノランキングへ

2016/10/08 Sat. 23:42  edit

Category: ピアノのある日常

tb: --  |  cm: 10

top △

ドラマ「はじめまして、愛しています。」で、Shigeru Kawaiが使用されていますよ~♪ 

3連休も早いもので、残すところあと1日になってしまいました。

夜はまだ若干涼しいので救われておりますが、毎日湿度が高くて蒸し蒸しですね。低温サウナ状態です。

暑いのが超絶ダメなワタクシ、毎朝、寝汗にまみれて目が覚めます。

起床して最初にすることが、クールタイプのボディシートでリフレッシュすること。この刺激がたまんないっす!

これからが夏本番と思うと、ドーンと気が重くなるワタクシです。

ノルウェーに避暑に行って、白夜を楽しみたーい!でも先立つものはなし…orz



さて、7月14日よりテレビ朝日系で「はじめまして、愛しています。というドラマが始まりましたね。

DSCF1600.jpg ← 画像はドラマから ピアノはSK3か、SK5かな?

子どものいない夫婦が、虐待されて心を閉ざしてしまった子どもを養子にするというお話です。

非常に重いテーマですが、江口洋介さんの困った人を見たら、助けずにはいられないという性格、

「運命を信じる」という姿勢を、時に滑稽に演じられて、息抜き的な存在になっております。

尾野真千子さんが、ピアノの先生をしながら、ピアニストを目指している妻役を演じられています。

尾野さんは、この役のためにピアノを猛練習したとか。

彼らの住む1件家の中央?に、ドーンと鎮座しているのが、Shigeru Kawaiです。

ドラマのCMをずいぶん流していましたので、

ご覧になった方も多いかと思いますが、ピアノが写ったものもありましたね。

鍵盤ふたにマーク?がちらっと見えたので、「やっぱりスタインウェイか~」と思っておりました。

次にそのCMを見たときに、「どこかで見たマークじゃないかよっ!」ということで、

かなり違う視点で(ひねくれた視点、と言っても過言じゃないですね。)このドラマを見ることにしました。

2回目以降の展開のすさまじさが想像できるので、ひねくれた視点で視るのは気が引けてしまうのですが…。

「ドラマ、見のがしてしまった!」と思われた方、7月21日の15時からテレビ朝日で再放送しますよ~。

(再放送は、もしかすると関東圏だけかもしれません。関東以外にお住まいのかた、放映しなかったらゴメンナサイ!)


7月16日のレッスンは、リズム感の悪さが露呈しきったものになってしまいました。

しかも「きちんと拍を数えていない!」と先生からビシッと言われ……。落ち込んでるんじゃねーよ、ワタシ!

17日はツェルニーで、2時間も練習しちゃったよ。

弾けない箇所の左手を和音にしてみるという、お遊び(でも本人は大まじめ…笑)をしてみる。

コードが分かれば楽勝なんだろうけど、そういうのはほとんど分からないワタクシなので、

ハノンと、楽典の基礎中の基礎の本と時々にらめっこしながら

「こうかな?ああかな?」と和音を推測するのは結構楽しかった。

メトロノームでゆーっくり弾くのもやってみた。

できないところは超絶ゆっくりで弾いて、ようやく何とかなるかな?なレベルだ。情けない!

何年ピアノ弾いてんだよ、ワタシ…(ノД`)・゜・。 もはや号泣の世界だな…。


久しぶりに過去に練習したショパンのエチュードを弾いてみた。

音は外したけれど、めっちゃ気合いが入った。 


シューベルト、まだ最初の2ページしか練習していないが、3ページ目も遊びで練習してみた。

3ページ目は、和音ばかりだけれど、見た目より弾きにくさはなさそう。

ただ、左右ともに和音なので、両手で合わせたときにどうなるか?

まだまだ、さきは長いっす!18日も頑張るぞー!



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
大人のパズルぬりえ、またまた新しいものを発見してしまい、ついつい?購入してしまいますた。
寝る前のぬりえタイム…相変わらず止め時に困ってます。


ピアノランキングへ

2016/07/17 Sun. 23:46  edit

Category: ピアノのある日常

tb: --  |  cm: 16

top △

音がクリアになって、練習が楽し~い! 

ご無沙汰しております。またまた2週間ぶりの更新です。

まず初めに、この2週間の間にしたことをざっくりと。


1.やっと美容院に行きました
  天然パーマな毛質なので、ストレート髪にあこがれて、良くストレートパーマをかけますが、
  髪が伸びてくるにしたがって、うねりが出てきまして、雨の日は髪が爆発状態になってしまうんですね。
  それでもなんとかまとめられるうちは良いのですが、手に負えなくなると美容院に駆け込みます。
  人より髪の伸びるのが速いらしいし、白髪は目立つし、頭が痛い問題です。
  髪の毛問題…「年を取ると、いろいろめんどくさー!」と思うことの筆頭です。


2.ピアノの調律をしていただきました
  調律をしていただくといつも思うのですが、使用前・使用後(変なたとえですが…)で、
  こんなにも音が変わるものなのか?音がめっちゃクリアになっていることが分かります。
  なので、練習している曲を、「こんな感じで弾きたい」と試行錯誤しながら、あれこれといじる時間が楽しい。
  なかなか思うような表現にならないのですが、弾いていて非常に気持ち良い。(
ナルシスト一歩手前?笑)
  音が良いと、練習が本当に楽しいものになりますね。モチベーション急上昇です。
  その結果、劇的に練習時間が増えます。
  崩壊寸前
(弾けなくなっているところが散見状態!)で悲鳴を上げていたバラードが、ちょっとマシになった?
  というか、「この曲、電子ピアノで長く練習しすぎた」という感じを強く持っています。
  「弾けているつもりになっていた」みたいな感じです。
  生のピアノで弾くと、曲全体が単調な感じに思えて、まだまだ全然ダメなことを思い知らされます。

  (それよりも、いたるところにちりばめられている、ゴマカシテイストを何とかせねば…(>_<))

3.女子会
  月に一度の開催。いつも通りうっぷん晴らし大会です。愚痴ネタが途切れることがありません!

4.いつものメンバーで飲み会
  恒例、6月の「さくらんぼマラソン」参加+東北旅行の打ち合わせ。
  11月に大阪で開催される「淀川市民マラソン」で走りたいというメンバーの要望で、参加ほぼ決定。
  フルマラソンと、ハーフしか種目がないので、5km走って死んでいる?私と後輩は応援です。(なさけねぇ…)


5.ピアノのムシ8巻購入
  ピアノで本当にビブラートって出来るものなのか?
  主人公の調律師、蛭田氏も言っているが、構造的には無理だよねぇ?と、私も思いますた。



調律後、ピアノの練習に熱が入っています。  DSCF15141.jpg


前より全体的に響くようになった感じなので、最初だけちょっと躊躇してしまいました。

目いっぱい気合い入れて弾いたら、ご近所から苦情が来ないかしら?なんて、ちょっと思ったりしたのでね。

今のところ苦情はないようですが
(防音室にこもると、インターホン・電話の音、一切聞えません)

実は「知らぬは本人ばかり」とか、そういうことないですよねぇ?

騒音問題は、なかなかにデリケートなものですからね。

ましてやピアノの練習なんて、同じところを5回も10回も繰り返して弾いているし、

興味がない人にとっては、うるさいだけでしょうから…。

まぁ、私だったら、どこからかピアノの音が聴こえて来たら、もう興味津々ですけど。(笑)

シューベルトがようやく通して弾けるようになりましたが
(いったい何か月かかってるんだよ!って感じですね)

「こういうイメージで弾きたい」というイメージが、ほとんど表現出来ていない。

4小節弾いては「あぁっ!気に入らない!」の繰り返しです。

タッチによる音の変化を楽しんでいますが、なんだかしっくりきませんな~(-"-)

6月の最初のレッスンは旅行のため、別の日に振り替えていただくことになりました。

先生にはいつも良くしていただいて、感謝の嵐です。もちろん旅行のお土産は欠かしませんよ~(*^^)v



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
来週は旅行です。旅行記は帰宅後かな?気長にお待ちください(って、誰も待っていない?かな?(^▽^;)


ピアノランキングへ

2016/05/30 Mon. 22:18  edit

Category: ピアノのある日常

tb: --  |  cm: 6

top △

人間ドック後のサプライズ♪ 

3月22日に人間ドックに行ってきました。

前回は、一昨年の受診でしたが、今回は予約を取ってから、2か月の待ち時間がありました。

もっと早い時期に予約を入れればよかったのですが、

思いたったら吉日とばかり、すぐ行動に移せばよいのに、

「後でいいか…」と思う → 人間ドックの予約自体を忘れる

の繰り返しで、3月の受診となってしまったわけです。


去年の10月~11月にかけて、心理的なことから食欲がほとんどなくなり、体重が4kgほど落ちたのですが、

最近はめっきり食欲旺盛になってしまい、体重が戻りつつあります。

年末に炊飯器が壊れて、買い替えたのですが、

新しい炊飯器で炊くご飯は、実に甘味があって美味しいので、ついつい食が進んでしまうのです。

ご飯が美味しいのは嬉しいですが、これはとっても危険な誘惑です。(笑)


体重が以前に戻りつつあるといっても、まだ前回人間ドックを受けたとき程には戻っていないので、

数値の改善が期待できたのですが……???

ちょっと甘かった…(笑)

年齢が上がると、どうしてもいろいろな数値が上がっていくのですが、

体重を少し落としたくらいでは、数値は好転しないようですねぇ。

ただ、脂肪肝気味だったのは改善されていましたが、

な、なんと!胆のうにポリープが!形から悪性ではないようですが、ちょっと怖いですよね~(゚Д゚;)

問題は聴力ですね~。ヘッドホンから出る音に必死で耳をすませるのですが、ほとんど聞こえません。

検査技師のかたから、日常生活に支障があるようなら、耳鼻科に行くことを薦められました。

普段の生活でも、低い声で、もそもそと話されると、ほとんど聞き取れないので、

補聴器を考えないといけないかなぁと思い始めています。(T_T)

まぁ、狭い部屋でピアノをガンガン弾いていれば、難聴にもなりますかねぇ…?


前回ほどではありませんが、今回も前日の夕食摂取時間が遅かったので、

胃のレントゲンで少し待つことになりました。

幸いなことに、罰ゲームのような、「発泡剤おかわり」はありませんでした。(それがフツー!笑)

基本的に炭酸飲料が苦手なワタクシ、この発泡剤を飲むのは、結構大変なんですよー。

前回の「発泡剤おかわり」は正直、マジにきつかったです。


ひととおり検査が終わった後、当日中にわかるものの検査結果を聞いて帰宅、となるのですが、

検査結果がわかるまで、2時間半ほどの時間があります。

前回同様、病院近く(歩いて15分~20分は近くなのか?)のショッピングモールで時間をつぶそうと考えました。

私がいつも人間ドックを受けに行っている病院は、大きなオフィスビルの中にあるのですが、

ビルの出入り口付近のラウンジ(アトリウム)に、グランドピアノが置かれている喫茶店があります。

吹き抜けのあるラウンジの中央に喫茶店があるのですが、囲いが一切ないので、解放感は抜群です。

その日は、そのグランドピアノを弾いているかたがいらっしゃったので、思わず足を止めました。

「ここのお店のピアノって、お願いすれば弾かせてもらえるの?」と思ったこともあるのですが、

弾いている曲がショパンのバラードでしたのでなおさらです。

通して弾いているわけではなく、テクニック的に難しいところをパラパラ弾いている感じでした。

ふとラウンジ内の柱に目をやると、コンサート告知のポスターが張られており、

お昼にピアノのミニ・コンサートがあることを知りました。

で、ショッピングモールへ行く計画は急遽中止。

急いで昼食を食べ、喫茶店のあるラウンジに戻りました。 お昼、これ食べたよお昼ごはんは和食

ラウンジ内には、椅子やテーブルがあちこちにあるので、

持参したお弁当を食べるために、そのビル内の企業で働いているかたが座っていたりして、結構な賑わい。

空いている席を見つけて(ピアノを弾く手があまり見える席ではありませんでしたが…)

部外者意識に引け目を感じながらも、5曲聴いてきました。


第299回 アトリウムコンサート 演奏者:野口 玲奈さん コンサート告知
・ラフマニノフ 前奏曲「鐘」
・ラフマニノフ 幻想的小曲集から「悲歌」
・ショパン ノクターン 遺作
・ショパン 幻想即興曲
・ショパン バラード1番
 
     

ちゃんとしたホールでの演奏会ではありませんから、歩いている人はいるし、

周りが何となくザワザワしていて、曲だけに集中、というわけにはなかなかいきませんでしたが、

ここでピアノが聴けるとは思ってもいなかったので、私にとって、とても嬉しいサプライズになりました。

定期的に開催されているようなので、次回の人間ドックも演奏会のある日にぶつけようと思っております。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
「ピアノのムシ」8巻が、5月16日に発売予定です。しつこいようですが、回し者ではありません。(笑)


ピアノランキングへ

2016/03/27 Sun. 03:48  edit

Category: ピアノのある日常

tb: --  |  cm: 7

top △