ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

6月29日のレッスンは拡大版でした。 

先日の記事で、事務所が移転した話を書いたと思いますが、

移転したのは私がいる「営業部」だけで、他の部署は元の事務所にあります。(以後「本館」と記載します。)

お偉いさんは元の事務所にいらっしゃるので、必要に応じて本館に出向くことになります。

本館まで歩いて15分~20分くらいなのですが、(用足しも含めて、往復1時間弱くらいですね)

仕事に余裕があれば、それくらいの移動時間は「仕事中の息抜き」でまことに良いのですが、

1分でも時間が惜しいという忙しい時だと、どうしても気持ちがささくれ立ってきます。

気が付くと「きぃぃ~(怒)」と、頭から湯気を出して走り回っている感じになってしまっています。

周りが実にゆったりと仕事をしているように見えて、それがまた更に私の怒りをかき立てる。

という感じで、少し精神的に参っています。

精神的に余裕がないので、なおさらそう見える向きもあるのかもしれませんが…。


こんな感じだったので、練習時間もあまり取れず(鍵盤にすら触れない日が2日も!)。

「TSUTAYAで借りているDVD、全然見ていないな。少し見るか…」とDVDをレコーダーにセット。

頑張って見ていられるのは、せいぜい1時間まで。猛烈な睡魔で意識が分断される。

「もうだめだ…寝る!」というような1週間でありました。(ご愁傷様…もう、自分で言っちゃうよ?)




6月29日は今月最後のレッスンでした。

しかも…しかも!通常30分のところ、1時間半の拡大版でありました。

練習時間の話をしていたら、それが防音室の話になりまして、先生のお宅の状況をお尋ねしてみました。

先生のお宅は一戸建てです。1階のリビングに隣接した防音室を作られたそうです。

お知り合いのかたから、防音に詳しい業者さんを紹介していただき、

壁から床から、全部直されたとか…。床を掘り下げ、床強度を増す工事もされたようです。

さすがにマンションではそこまではできませんねぇ。(人様の天井に穴が開くし…笑)

一戸建てを丸ごと防音室のようにされているお宅もあるようです。凄いなぁ…。

去年でしたか、TVで放映されていましたが、(モーニングバードです)

ピアニストの室井摩耶子さんのご自宅が、家ごと総防音室みたいですね。

「外から音が何も入ってこないの。もう私のお城♡」とおっしゃっておられましたが、もう、羨ましいの一言ですね。

マンションに防音室となると、やはり箱型の室内添え付けタイプのものになるのでしょうか?

「箱型の防音室も、なかなか良いですよ」ということを先生もおっしゃっていました。

私自身がチビなので、防音室の天井は低くても良いか、と思っていたのですが、どうやらそうでもないようです。

あまりに小さな防音室だと、音の響きがちょっと残念な感じになるようです。

上を見るときりがないので、適当なところで妥協しなきゃいけないのですが、難しいですね。

あ、今は先立つものがないので、防音室+もしかしたらグランドピアノ実現はかなり先ですよ~


さて、1週間ろくに練習していなかった私です。

バラ1は、ひととおり最初から最後まで弾くと、へろへろになります。

脱力がイマイチなこともあるのですが、実に体力を使う曲です。おばあちゃまになったら弾けないな…。

前半はそれなりに弾きこんでいますが、後半はまだまだな部分がたくさんあります。


1.左手の4分音符の音(「ド-シ」「ラ-シ」…)を出す。右手の音は控えめに。
問題点1 ← 左手・鉛筆で〇が付いているところがご指摘の箇所です。

2.左手が主導権を握ってしまっている。左手が右手を煽っていて、歌えていない。
  メロディの歌わせ方を考えて、主導権を右手にすること。あくまでも左手は黒子の感じで弾く。
  曲を盛り上げる箇所は、左手の力も借りる。
問題点2 ← 左手がどんどん速くなってしまって右手を煽ってます。

3.クレッシェンドしていくところの開始部分は音を弱くして弾きだすこと。
  初めから音が大きいままなので、メリハリがついていない。

問題点3 ← (f)のところ。小さく始めてクレッシェンド。このパターンで弾くところ他にもあり。

4.両手での音階は、全部をしっかり弾こうと考えない。Pからクレッシェンドしていき、
  最後のsfの音を決める感じでよい。

問題点4 ← 毎回音がずれまくって、全然両手が合いませーん!

問題は4!完全に力を抜いて、Pスタートでごにょごにょ…という感じで音階が弾けない~。

左右の音がバラバラになってしまいます。オーマイガ!

相変わらず、最後のところが弾けないなぁ…。ここが弾けるようになる日は来るのだろうか…(;´д`)トホホ…

出来ないところ ← 右手力抜けず、音外しまくり

画像がかなり酷い状態です。ピンボケ、レイアウトの悪さは申し訳なく思います。画僧はクリックすると拡大します。

楽譜って、なぜかまっすぐに写真に撮れないのですが、何かコツがあるんでしょうかねぇ?


ノクターンのほうは今回あまり練習できなかったので、とりあえず片手ずつ。

この曲の左手は音域が広くて、10度和音など、指が届かないところがてんこ盛りなので、

そこをどうするかという問題になります。


1.右手の助けを借りる。
2.アルペジオにしてしまう。
3.最低音を前打音的にするなどして、なるべく和音っぽく弾く。


しかも、このop.48-1は女性に捧げられているんですぜ?

ローラ・デュプレ嬢、どんだけ大女だったのか?(笑)*手の大きさは身長に比例しますよね。

というよりは、ショパンの時代のピアノの鍵盤の幅が、今のよりも狭かったと考えたほうが自然ですよね?  


いつもだらだら記事をお読みいただき、ありがとうございます。10度届く手が欲しいです。
banner (1)
スポンサーサイト

2013/06/30 Sun. 23:37  edit

Category: ピアノレッスン

tb: 0  |  cm: 0

top △

並行して、もう1曲練習することになりました 

6月22日のレッスンです。

今週は、次の生徒さんがいらっしゃるため、レッスンは30分でした。

しかも、次は何の曲を練習するかの話で、レッスンの70%を占めてしまいました。

バラ1もそれなりに弾けてきましたが、先生的にも自分的にも、まだまだ相当ありゃりゃ?な出来なので、

並行して違う曲もやりましょう、ということになりました。

30分で2曲もできるのかな?

通常の30分レッスンでは、2曲見ていただくのは時間的に難しいと思われるので、

「今日はこっちだけやりましょう」もしくは「部分的(出来ないところだけ)に見ましょう」で、

次の生徒さんがお休みの時とかに、「今日は両方見ましょうか」という感じになりそうです。

本当に、1時間くらいレッスンしてもらいたいなぁと最近よく思いますね。


先週、先生から弾きたいと思う楽譜を持ってきてくださいと言われました。

えぇぇぇ~?どうしよう!!?(・Д・`;三;´・Д・)アワワワ…

ラスボス曲がなくなるとこんな調子になりますね。

次に何を弾きたいのか?「うーん」と悩んでしまいました。

たまには違う作曲家の曲でも…とも思ったのですが、

結局、ショパンのノクターンとポロネーズ(いずれもパデレフスキー版)の楽譜を持っていきました。


弾きたい曲として、
〇ノクターン  op.9-1 op.27-2 op.48-1
〇ポロネーズ  op.26-2


あたりで、私がなんとか弾けそうな曲を先生にお聞きしました。

ちなみにショパンで練習したことのある曲は
〇ワルツ op.18 op.64-1,2,3 op.69-1,2(いずれもフォンタナさんが手を加えた通常version)
     BI-44 As-Dur(ヘンレ版だと14番)BI-56 e-moll(ヘンレ版だと16番・ワルツ14番と言われている曲)
〇ノクターン op.15-2 op.55-1
〇ポロネーズ op.26-1


と、まぁこんな感じ。ずいぶん偏っているなぁ(笑)

ワルツばかりやたら練習していますが、ワルツはショパンの入門として入りやすいんでしょうね。

ショパンは難しい=練習曲たくさん弾いて、テクニックがつかないと弾けない

と思っていたので、(そういう曲もたくさんありますが)そこはかなり嬉しい誤算でした。

最初に練習した、いわゆるファースト・ショパンはワルツop.69-2です。

ピアノを再開して1年8か月目。ツェルニー30番の10番あたりを弾いていた頃です。(私もまだ若かった…しみじみ…笑)

ソナチネ数曲練習したのちの、いきなりのショパンです。中間部のシャープ5個はビビりましたが…。

シャープがたくさんついている調の曲なんて、バイエル以来かも…?


そういえば、バイエルで謎がひとつ。後半に音階が出てきますが、

シャープ系の曲はG-Dur(♯1個),D-Dur(♯2個),A-Dur(♯3個),E-Dur(♯4個)と4つもあるのに、

フラット系はなぜF-Dur(♭1個)だけなんですかね?

♭2個以上だと、右手の2の指から音階を弾き始めるからなのか?(原因はおそらくこれかも?)


ワルツでもうひとつ。

いわゆるワルツ14番と一般的に言われている曲ですが、この曲に関して、笑える失敗?談があります。

先生から、「次はショパンのワルツ14番を見てきてください」と言われたときのことです。

この曲のまえに何を練習していたか記憶がないのですが、

とにかく、その場で「この曲ですね」と確認ができなかったということは、

ショパンではない作曲家の曲を練習していたということになります。(ドビュッシーの曲だったかも?)

家に帰って、ワルツ14番のページを開きました。

「…知らない曲…。聞き間違い?16番のことかな?でも確かに14番って言っていたよなぁ…」

今なら、先生に確認のメールを入れるところですが、

当時はポケベル全盛期。もちろん、ポケベルなんて私は持っていませんでした。

「何かヘン…」と違和感を覚えながら、とりあえず練習していきました。

翌週のレッスンで、私が開いたページを見て、先生自身も「あれ!?」目がテンになっていました。

私が持っているワルツの楽譜はヘンレ版でして、それだと、先生が指示した曲は16番なのでした。


ショパンワルツ・ヘンレ版14番 ← ヘンレ版ワルツ14番 BI-44 As-Dur(モアレ線が酷すぎ…汗)
ショパンワルツ・ヘンレ版16番 ← ヘンレ版ワルツ16番 BI-56 e-moll(通常ワルツ14番と言われている曲)

結局、ショパンが子どもの頃に作曲したと思われる「ヘンレ版14番」も、そのままレッスンしていただきました。

そのあと、「ヘンレ版16番(笑)」もちゃんと練習しましたよ~。


結局、並行して練習する曲はノクターンのop48-1にしました。

後半、なんだかめっちゃ難しいや…。ちゃんと脱力して弾かないと腕が疲れそうだなぁ…。

またもや「早まったか!」と思いましたが、いつも通り、体当たりの肉弾戦で行きます。

で、譜読みを始めましたが、いまひとつエンジンのかかりが悪い…。燃え尽き症候群か?



バラードは時間がかかってもいいから、全曲トライしてみようかなと思っています。

(と、言いながら楽譜を見る)………ふしゅ~っ(魂が抜ける音)

………やっぱり無謀な挑戦ですかね? (^▽^;)ゞ にゃはっ

2番は、速いところがかなり大変そうだな、と敬遠気味ですが、曲自体は嫌いではありません。

3番も良いけど、やっぱり4番を弾きたいなぁ…。4番は先生の許可がおりそうもありませんが…。

バラ4はレッスン室のドア越しですが、

先生が弾かれているのを聴いて、むちゃくちゃ惚れ直してしまったのです。(・∀・)カコイイ!!

それにしても、生演奏の影響力は絶大ですね。

と、大風呂敷を広げてみましたが、永遠にかないそうもない課題かも?って、どんだけ弱気になるんだ?



いつもありがとうございます。なんだか燃え尽きてしまっています。しかも不完全燃焼…(笑)
banner (1)

2013/06/23 Sun. 19:36  edit

Category: ピアノレッスン

tb: 0  |  cm: 6

top △

6月15日のレッスン(古くてすんまそん) 

前回の記事で掃除機が壊れたことを書いたと思いますが、

お掃除ロボット〇ンバでも買って横着しようかなと思いましたが、(私が掃除するより、いい仕事しそうだし…笑)

結局、お値段の安さとメンテナンスの楽さに負けて、紙パック式の掃除機をAmazonさんから購入しました。

おぉ~!絨毯に落ちている糸くずのようなゴミも、あっと言う間に吸いとってくれる!

こんな当たり前のことで感動するなんて、

今までの掃除機はいきなり壊れたんじゃなくて、私が気が付かなかっただけで、ずっと調子が悪かったんだな。

25年以上も働いてくれてありがとう。お疲れさんでした。



更新をさぼっていましたので、まずは先週のレッスンから。古い話ですんまそん。

何だかサボり癖がついてしまっているなぁ。



6月15日は3週間ぶりのレッスンでした。

家での練習は、結構調子が良かったのですが、

「家で調子良い→レッスンでは悲惨」が、私の傾向なのでちょっとヤバい…。

これって自己暗示かけてしまっているかも?

案の定、途中で崩れてしまってねぇ…。またもや弱い自分に負けてしまった…

うぬぬ~ヘタレな私めぇ…

逆パターン「家で調子出ず最悪→レッスンでうまくスイッチが入る」も

普通にアリだし、先生も良くおっしゃるように、

演奏はなまものですから、お早目にお召し上がりください…

じゃなくて、その日の体調や精神状態とかが、演奏に影響しまうことは普通にアリなので、

なるべく調子の善し悪しが出ないよう、

平均的に弾けるようにしなきゃいけないんですけどね。これが出来たらプロだな…。


出だしがどうもうまくいかない。

ちょっと自信なさげに弾いているのも、先生にはお見通しです。(もしかして、ホームズ先生ですか?)

この部分が決まれば、あとはその流れで曲が進んでいくので、曲全体が自然な感じになってもっと良くなるようです。

休符を短くカウントしすぎだと言われました。もっと休符に時間をたっぷり取っても大丈夫だそうです。

練習方法としては、ルバートを使わず、数えて弾いてみると、感覚がつかみやすいとのことでした。

いわゆるメトロノーム練習ですね。

実際数えながら弾いてみたら、確かに休符が適当な扱いになっていることに気付きました。

超!出来ない最後の部分は、4小節ごとに区切って練習することを薦められました。

4小節弾けるようになったら、8小節続けて練習してみる。それもできたら次は12小節…といった感じですね。

しかし、この最後の部分、なかなかできるようになりません。

Prest con fuocoに入る206小節から、216小節の頭までは何とかなってきました。

CDで聴くようには、とてもじゃないですが弾けません…。

まぁ、せいぜいCDで聴く2分の1の速さが関の山…(この辺が限界です。しかしなさけねえ~泣)

たまに混乱して、左手のバス音を外して、大でたらめに弾いたりしますが、

問題はむしろその先、216小節2拍目から!

右手の力が抜けて、パラパラ弾ければ一番いいのですが、力入りまくって音外しまくり。

1小節単位の音の上がり降りの「降りてくるほう」が出来ない。

力を抜こうとして意識しすぎて、かえって力が入ってしまっている。ダメじゃん…。


6月22日のレッスンは、次は何の曲を練習するかの話で終わってしまった感じですが、

こちらについては、次回記事で…。


いつもありがとうございます。次の曲は何にするべぇか?
banner (1)

2013/06/23 Sun. 02:57  edit

Category: ピアノレッスン

tb: 0  |  cm: 0

top △

東北旅行・その2 

先週は、ずっとすっきりしない天気が続いて、ようやく梅雨らしくなってきましたが、

こう雨ばかり続くと、いろいろな問題が生じてきます。

少し蒸し暑くなってきたので、夏用の布団に交換したいが、雨ばかりで布団干しができない。

同じ理由で、床に敷いていたマットを天日干ししてから片づけたい。

ただでさえ天パーな髪が、この湿度であり得ないくらい大爆発している。

ふえるわかめちゃんならぬ、ふえる髪の毛ちゃんになっている…(笑)

ストレートパーマをかけに行きたいが、雨の日に行くと、せっかくかけたパーマが取れて台無しになるからな~。

たまには週末、晴れてほしい!


さらには突然掃除機が壊れました。

音ばっかりやたら大きいのに、ぜんぜん吸い込んでくれない。

電化製品は、本当にいきなり壊れるので困るなぁ。

今年は電化製品取り替えラッシュなのか?

年明け早々エアコン壊れて、今度は掃除機?またもや痛い出費…



東北旅行記の続きです。全然大した内容じゃないっす…寝てばっかり(汗)


6月9日(日)

レンタカーを止める場所確保と、集合時間が7時半であることで、早めにホテルを出発。

おかげで、会場近くの駐車場にとめられましたが、 これが帰りに仇となってしまいました。


5kmはマラソンは、ぶっつけ本番には結構キツイ~!

最初は周りが結構飛ばして走るので、オーバーワーク気味になってしまいまして、

後半は、呼吸を整える程度ですが、何回か歩いてしまったりしました。

それにしても、走っている途中から、痛みが治まっていたはずの腰がだんだん痛くなってきて、

「ひぃ~!腰が痛ぇ~!!か、完走できるだろうか…?」と、不安になったり…。

大体自分と同じペースで走っている人を見つけて、その人からなるべく離れないように走ったりします。

今回は、おそろいのTシャツを着て走っていた、ご夫婦らしい二人を目標にしました。

ゴール間近では、一緒に走っていた後輩と

「それにしてもゴールまだ~?」

「疲れたぁ!足痛い、腰痛い~!」

「ゴールのゲートが見えたぁ~!あと少しだ~!前走ってる人を抜くぞ~!」(で、猛ダッシュ)

と愚痴のような、励ましのようなことを話しながら走りました。

…話しながら走ったり、ラストでダッシュできるなんて、もしかして実は体力に余裕あるのか?


結果は40分でゴール!歩くよりは早いって程度。ひどいタイムですが、完走したことに意義があるってことで。

お昼は参加者に配られる、「つや姫」のおにぎりとさくらんぼ。これがおいしい~。

実は、これが密かな楽しみだったりします。


で、問題は帰りでした。いくつもある駐車場から出る車で、なかなか会場外に出られない。

会場に近い駐車場=一般道路から一番奥なので、会場から出るのに実に30分もかかってしまいました。

会場が陸上自衛隊駐屯地の中なため、メイン通り以外は道路を舗装していません。

なので、大量の車が走ることで砂がまきあげられて、車体が真っ白になるほどでした。

「来年は少し歩いてもいいから、帰りに早く出られるよう、もっとゆっくり来ようね」

来年も皆さん参加する気満々です。


鳥海山に行くには、国道13号線を北上、一度秋田県に入り、

さらに108号線を抜けて、山の北側から入ります。

まぁ、この間ほとんど車中で眠りこけていたのですが…(笑)


この日は、「フォレスタ鳥海」というホテルに泊まりました。

部屋の窓から鳥海山が見え、それは見事な眺めでした。

食事をする場所が総ガラス貼りで、とてもムードがあります。森の中のレストランの趣き。

大好きな人と愛を語らうのにいいかも? ← いい年したオバサンな私にはあまり関係ないですが…(笑)

夕食中から、もうとにかく眠くて、9時過ぎには寝てしまいました。

ほとんど瞬間睡眠に近かったですね。目を閉じて1分以内に爆睡ですわ!



6月10日(月)

今日も良い天気。目の前の鳥海山が素晴らしく美しい!
フォレスタ鳥海から望む泊まったフォレスタ鳥海から見た鳥海山です。画像はクリックすると拡大します。

フォレスタ鳥海散策道1朝食前の散歩でホテル敷地内を散策しました。

宿泊したフォレスタ鳥海、は散策コースが出来ているほど、広い敷地内に建てられているホテルです。

大勢のおじさま達が宿泊されていらっしゃいました。どうやら同窓会のようです。

みなさん「〇組・誰々」という名札を付けていらっしゃいましたし…。


その後、車で鳥海山のふもとの湿原まで行きました。
湿原地帯  鳥海山を間近に望む鳥海山を間近に見ました。
寒いという気候ではないのに、雪が残っていたため、まだ遊歩道の一部が通れません。

展望台から、霞んではいましたが日本海が見えました。
日本海が霞んで見える空と同化していますが、画像下半分の濃い青の部分が日本海です。
海岸線に沿ってポツポツ見える白いのは風力発電だそうです。

さて、帰りは来た道と同じルートを帰ります。

私はどうしていたかというと、自分でもあきれるくらい寝こけておりました。

気がついたら仙台の街を走っていました。どんだけ眠いんだよ、自分!って感じでしたね。

で、また新幹線でも…(同上)


こんなに寝ているのに、家についてもまだ眠くて、

久しぶりに気合い入れてピアノを練習しようと思っていたのに、睡魔に負けました。

何なの?これって過眠症?


いつもありがとうございます。なんだか眠さが病的な有様です…?
banner (1)

2013/06/17 Mon. 00:15  edit

Category: Have a nice trip

tb: 0  |  cm: 4

top △

東北旅行・その1 

さて、事務所引っ越しのため、約1週間過酷な?肉体労働に勤しんだ後、

休みなしで東北へ行ってきました。

毎年、この時期は山形県の東根市で開催される「さくらんぼマラソン」の参加を兼ねて

勤務先仲間たちと東北旅行をするのが恒例行事となっております。


この勤務先仲間は、もとは同じ職場の上司・同僚の集まりです。

年齢もバラバラ。最年長は70歳、最年少は40歳。

この間の年齢層の男女3人ずつ6人+「時々ゲストさん参加」の集まりです。

異動により他支社に移った人、関連会社に出向中の人、定年退職してアルバイトをしている人など、

「また飲もうか~」という話が持ちあがると、中間地点であるお江戸(笑)に集まります。

今回の旅行はこの6人のうち、

「旅行するなら、一人旅に限る!」と言い切る1名(♂既婚者・飲み会にしか参加しない)が外れ、

先輩(女性)のパートナーさま(だんなさま)が参加しました。

今回は3日間レンタカーを借りたので、運転手役です。

このかたには、去年もレンタカーの運転手になっていただいています。

いつものことなので、何だか申し訳ないなぁ…。


「さくらんぼマラソン」参加は、今年で何回目になるかな?4回目くらいかな?

その年によって、ウォークに参加したり、単純に仲間の応援をしたりしていますが、

今年は5kmマラソンに参加です。

普段、運動らしいことを何一つしていません。

5kmも歩くことすら年に数回あるかないかくらいだし…。

いきなり5kmも走れるのか?走るにはもう少し(かなり?)体重を落とさないとイカンだろ?


休みの日は、基本的に家でだらだらしたい私なので、旅行前日の晩はちょっと憂鬱になります。

いつもの休日より早起きしなきゃならないし~(って、そこかよ!?)

レッスンも休まなきゃいけないし~( ´・_・`)ウーン…

現在、レッスンがとっても楽しいので、休みたくないが本音。

以前から、ピアノの先生には8日にお休みをいただく旨を伝えてありましたが、

念のため、レッスンお休みのメールを入れました。

先生からの返信メールには、「来週は次の生徒さんがお休みなので、長めのレッスンが出来る」とのこと。

おぉ!嬉しいぞ~!でも、1週間ほとんど練習していないに等しい日々を送ってしまったので、

旅行後、調子を取り戻さないといけないなぁ。


引っ越し前日の7日は、書類入り段ボール箱を人海戦術的運びだしのため、腰が死にそうに痛くなりました。

ぎっくり腰ではないようだけど、重い箱を持ち上げたとき、

腰のあたりからコキッと、不気味な音がしたりして、ヤバ過ぎ。

旅行のあいだ中、腰痛に悩まされるなんて悲惨だな~。

でも、連日の肉体労働で身体が慣れてしまっていたのか、翌日には、腰の痛さはほとんど治まっていました。



    
今回の旅行行程は

6月8日(土)… 東京‐はやてに乗り、杜の都仙台へ‐昼食後レンタカーで山形県へ移動‐
          山形県東根市で行われる「さくらんぼマラソン歓迎レセプション」に参加‐天童市(山形県)で泊

6月9日(日)… 東根市で開催される「さくらんぼマラソン」に参加‐昼食後レンタカーで鳥海山(泊)

6月10日(月)… 鳥海山散策‐仙台‐はやてに乗り東京へ戻る


とまぁ、こんな感じ。

仙台は宮城県。鳥海山は、山形県と秋田県の県境付近の日本海側にある山(標高2,236m)です。

東北地方を横断する感じになります。とにかく移動が長い!



6月8日(土)

仙台は時々ザーッと雨が降ってくるような、ちょっと不安定な天気でした。

雨の心配がなさそうだったので、傘を持ってこなかったのだけど、大丈夫かな?

駅の近くで軽く昼食後、レンタカーを借り、仙台から東北自動車道~山形自動車道を通って、一路山形県東根市へ。

山形自動車道には長ーいトンネルがありますね。走れど走れどトンネルの出口が見えない。

こういうの、なんだかちょっと楽しい。(笑)

長いトンネルって、なんだか妙に好きです。

仙台駅と山形駅をつなぐ仙山線の途中に、長ーいトンネルがありますね。(面白山トンネルです)

仙山線は何回も乗りましたが、そのトンネルを通ると、なぜかテンションが上がるんです。何でしょうね?


東根市屋内多目的コート(いわゆる体育館)で行われる歓迎レセプション開始ぎりぎりに滑り込みで参加。

いつもの年は山形新幹線を使って山形県入りするので、

この歓迎レセプションにも早めに入り、会場内で行われているジュースやお酒の試飲をしたり、

お米のつかみ取りに参加したりするのですが、時間がなくて今年はジュースの試飲のみ。

お米のつかみ取りと言えば、山形県のお米「つや姫」はおいしいです!

去年つかみ取りした「つや姫」を食べてみて、いっぺんでファンになりました。

最近、ようやく私の住む地元のスーパーでも置いてくれるようになりました。嬉しいなぁ~♪

現在、「つや姫」は我家の定番のお米となっています。


歓迎レセプションには、毎年ゲストが招かれます。

今年は瀬古利彦さん、千葉真子さん、荻原次晴さんの3名。

もちろん、応援ランナーとして9日の「さくらんぼマラソン」でも走ります。


その後、宿泊先の天童市に移動し、某居酒屋チェーン店で宴会です。

普段、お酒は飲まない(飲めない)私ですが、こういうところではカクテル系を注文します。

アルコールが本当に入っているのか?というくらい、ジュースみたいなので…。

適度にお腹も満たされたせいで、途中で眠くなってしまいまして、

「kusuさん、起きてる?」とか言われたり…。

翌日の朝が早いので(朝6時15分にホテル出発)コンビニで朝食を買って、その日は解散となりました。



長いので続きます。いつもありがとうございます。
banner (1)

2013/06/16 Sun. 04:00  edit

Category: Have a nice trip

tb: 0  |  cm: 0

top △

引っ越しが終わりました。 

忙しいを理由に更新をさぼっていました(笑)

その間、他のかたのブログに入り浸っていました。(しつこくてすみませんでした…汗)


勤務先の引っ越しが終わりました。

実際に什器類や書類の入った箱を運んだのは引っ越し会社のかたなのですが…。

新しい事務所は、まだ散らかっているといった風情ですが、

なかなか快適な空間なのではないかと思います。


月曜日お休みをいただき、火曜日に新しい事務所に出社しました。

事務所内の倉庫エリアの中には、まだ箱がたくさん積みあがっていましたが、

思っていたより片付いていたのでびっくりしました。

「箱にしまうより、箱から出すほうが簡単だし、しかも楽しい~!」

このファイル、どう並べたら使いやすくなるかな?なんて考えながら、

積木感覚で棚に書類をしまいました。(就業時間外でお片付け…)


引っ越したことによるいろいろな手続きなど、こなさなきゃいけない仕事はこれからです。

雑用の合間を縫ってさくっと片づけなきゃね。


不満なことがひとつ。

コンビニが近くにないー!一番近いセブンイレブンでも5分以上歩かなきゃなりません。

今までのところが恵まれ過ぎていたのだけれど…(会社の目の前がコンビニでした)

コンビニ大好きな私は、これが結構辛かったりします。


6月8日から10日にかけて、ちょっと旅行?に行っておりました。

1週間の肉体労働後のお出かけは、さすがにきついわ!

最終日の6月10日なんて、乗り物に乗っていた間、ずっと寝ていた気がします。

間違いなく1日の半分以上は寝ておったわ!(自慢してどうする?)

詳細は次回にでも…


先週1週間、練習時間が1日30分程度という日がずっと続いていました。

そのあとの2泊3日の旅行…。まるまる2日間のブランク(全く鍵盤に触れない!)です。

しかも旅行から帰ってきた日は、練習したい気持ちはあるのに、眠さ+疲れで練習に全く身が入らない。

弾けていたところもトチりまくるし、さらには弾きながら寝てしまう有様。

もちろん意識が朦朧としてくれば、手も止まりますよ。

寝ながらピアノ弾けたら、ある意味病気かも?

なので、練習したうちに入れないこととし、ほぼ3日のブランク…

今週はレッスンがあります。

しかも、私の次の生徒さんがお休みのようで、1時間レッスンしていただけるようです。(嬉しい!)

それまでに調子が戻せるか、ちょっと心配。


6月11日と12日もさほど早く帰宅できたわけではありませんが、

下の部屋の迷惑顧みずでピアノに向かいました。

まともに弾けなかった時間が長かったせいで、

ちょっとマンネリ気味だったピアノに久しぶりにスイッチが入り、すごく楽しめました。

時間が許せばもっと弾いていたいなぁと思いましたが、

さすがに夜の10時過ぎたら、気がひけるわな。



いつもありがとうございます。ビバ!コンビニ!(笑)
banner (1)

2013/06/13 Thu. 01:41  edit

Category: サラリーマンはつらいよ

tb: 0  |  cm: 4

top △

毎日が肉体労働? 

5月の締め切り業務がようやく終わりました。

まだ年度の初めのほうですので、そんなには大変ではありません。

なのに、毎日帰宅が夜の9時半をまわります。

勤務先の事務所が移転することになりまして、その準備でてんてこまいです。

就業時間内は仕事がありますから、準備にかかるのは夕方以降です。

引っ越し作業自体は、もちろん引っ越し会社の方たちにお願いするのですが、

書類等の箱詰めは、こちらでしなくてはなりません。

これが気が遠くなりそうなほどの量…。

「こんなに昔の資料、なぜ処分せずに取ってある?保存期間は7年なのに?前任者、サボっていたな!」

ちなみに、私が今の課に移って5年です。

平成1ケタの時代に作成した書類がたくさん出てきました。20年近く前…。私生まれてないじゃん…(嘘です)

保存期間はとうに過ぎているので、永久保存のもの以外は処分です。

なんだか、箱に詰めても詰めても書類がへらない感じがする…。

日も暮れて、途方にも暮れて…、出るのはため息ばかり。(;´Д)ハァ…

もうやだぁー!お家かえるぅ~(幼児か?)


引っ越し後も、仕事が軌道に乗るまでがまた大変そうだ。

いきなりPCの設定をしなきゃいけないし、銀行とのオンラインにも影響が出そう…。

オンライン再設定依頼のため、銀行に数回通わないといけなかったりします。

車とかの足がないので、用足しはすべて徒歩。健康的で良いのだが、これから暑くなるのがね~。

お客様と取り交わしている、契約内容の変更をしなきゃいけないし…。なんたらかんたら……

しかも、近くにコンビニがない。食事できそうなところなんてあるのか?

あれこれ愚痴っても仕方ない。仕方ないんだけど、

(#゚Д゚)あ゛~!めんどくせー!


でも、ひとつだけいいことがあります。

私が通っている音楽教室が、最寄り駅までの道途中にあることです。

帰りにピアノがレンタルできるぞー!

お金に余裕があったらね………厳しい現実 (;_;)


ありがとうございます。現在、毎日が肉体労働さっ(笑)
banner (1)

2013/06/06 Thu. 01:27  edit

Category: サラリーマンはつらいよ

tb: 0  |  cm: 8

top △

最近ちょっとゴタゴタしています 

土曜日はレッスン日なのですが、今週は先生のご都合でお休みでした。

来週は私の個人的な用事でレッスンをお休みするので、またまた3週間ほど間が空いてしまうことになります。

今週は家に帰る時間が遅い日が多くて、あまり練習時間が取れていません。

月末と月初めは仕事が忙しいことと、現在、少し身辺がゴタゴタしていることもあって、

しばらく練習がほとんど(あまり考えたくありませんが…)できない日々が続きそうです。

仕事が忙しくて残業になると、時間が気になって仕方ない。

チラチラ時計を見ながら、帰りたいよう~!早く帰って練習したいよう~!といつも思います。


5月30日練習できず。31日も帰宅が10時…。

ただでさえ今週はあまり弾いていないし、

さらに2日間も練習できないと指が動かなくなりそうで(すぐ勘は戻るのですが…)気分的に穏やかになれない。

こうなったら非常手段だ!

階下のかたが帰宅していなかったら、10時になるけど練習しちゃえ~(笑)

帰り道、歩きながら自分が住むマンションを見る。

やった!下の部屋、電気ついていない!さすが?金曜日だ!まだお帰りになっていないぞ~♪

思わずガッツポーズを取り、足取りはスキップ状態(喜ぶなって!)

結局、人の迷惑顧みず10時から1時間練習させていただきました。


6月1日土曜日はレッスンがお休みなので、1時間ですがピアノをレンタルして弾いてきました。

レンタルは久しぶりです。

今月の終わりごろからは、もう少しレンタルできる時間が取れそうですが、レンタル料高いからな~。

あまり調子に乗っていると、懐具合が季節と反比例して寒~くなりそうです。

今日は、実際にレッスンに使っているピアノです。

うーん、左右のバランスがやっぱりうまく取れないなぁ。

右手の音が、左手のそれに負けてしまっている…。

練習不足がたたってか、昨日遅い時間に1時間練習したわりに、勘があまり戻っていない。

ミスタッチ乱発…。もうへこんじゃうよ(;_;)

でもグランドでの練習は楽しかった~♪


今日(6月1日)は上司と同僚が出社しているため、1時間弾いた帰りに、勤務先へ差し入れを持って顔出ししました。

ついでに自分の用事も少しですが片づけてきました。なんだかんだで結構忙しかったなぁ~。


家に帰って、練習不足を取り戻すべく電子ピアノで練習。

2時間くらいですが、時間を忘れて没頭しちゃいました。

相変わらず、思ったように弾けないとか、ミスタッチが減らないとか問題は山積状態ですが、

やっぱりピアノは楽しいです。

弾いているだけでも幸せになってしまいますね。



いつもありがとうございます。
banner (1)





2013/06/02 Sun. 01:46  edit

Category: ピアノのある日常

tb: 0  |  cm: 0

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。