ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

とても弾ける気がしない… 

以前、ピアノの先生から、たまには楽譜見ながらCD聴いて、

その演奏者がどう弾いているか、研究すると良いですよ、ということを言われました。

で、CDを引っ張り出して、PC経由で携帯型音楽プレーヤーにデータ転送。

私が持っている携帯型音楽プレーヤー(ウォークマン・SONY社製)も古ーい!

今の携帯型音楽プレーヤーって、たいていipodみたいな形していますよね。

私のは100円ライターみたいな形したタイプです。どや?古いだろ!(だから何?という感じですね…笑)
Walkman.jpg ←ちょっとピンボケですが、こんなのです。どや?古いだろ?(しつこい…笑)

私が持っている電化製品って、なぜか結構長持ちしてくれるんですよね。ありがたいことです。

そのかわり、壊れるのは一気、という感じがしなくもありませんが…(笑)

アレ?また話があさっての方向に行っているので元に戻します。


で、今練習しているバラード1番を聴き比べてみました。


私が持っているショパンのバラードが入っているCDは以下の通りです。(記憶に自信ないけど購入順)

 ・シプリアン・カツァリス(バラード1~4・スケルツォ1~4)
 ・クリスティアン・ツィマーマン(バラード1~4・舟歌op.60・幻想曲op.49)
 ・マウリツィオ・ポリーニ(バラード1~4・プレリュードop.45・幻想曲op.49)
 ・清水和音(バラード1~4・スケルツォ1~4)
 ・横山幸雄(プレイエルによるショパンピアノ独奏曲5に1番のみ収録)
 ・横山幸雄(プレイエルによるショパンピアノ独奏曲10に3番・4番収録)


まったく、どんだけ好きなんですか?バラード…!


スケルツォだって大好きですよ~!こちらにいたっては、全く弾けそうにないです。

第一、指がこんなに回らない。スケルツォは、ゆっくり弾いたら曲の良さが出ないと思っているので…。



スケルツォのCDについては、上記のカツァリス盤、清水盤以外に

 ・マウリツィオ・ポリーニ(スケルツォ1~4・子守唄op.57・舟歌op.60)
 ・横山幸雄(プレイエルによるショパンピアノ独奏曲11に4番のみ収録)



聴き比べると、みんな違うんですよね。実に面白い…。(ドラマ「ガリレオ」の湯川学の口調で…笑)

バラード1番に限って言うと、自分の感覚に一番近いのがツィマーマン盤でしょうか。

カツァリス盤は、ちょっと独特で面白い。その音を表に出すか?というところがある。

そういう弾き方もアリなんだな、と思える。

ポリーニ盤は録音が悪いのか?音にエコーがかかりすぎているみたいな、もやっとした感じの印象。

彼の演奏の良さが半減してしまっているような感じがする。

演奏自体は良いのになぁ…。ちょっと速めな気はするけど、思ったよりスタンダードな印象の演奏。

同じポリーニでも、スケルツォのCDのほうはそういうこともなく、はっきりきっぱりした音で録音されている。

清水盤は、彼のリサイタル聴きに行ったときに購入したもので、サイン入りです(笑)

前半こそだいぶ個性的な演奏だけど(ペダルが少なめだからかな?ちょっと乾いた印象)後半は結構、イイ感じ。

横山盤は変な癖がないのが、私にはかなりの好印象。プレイエルの音がレトロチック。

楽譜に忠実に弾くと、こういう感じになるんじゃないかな?というような演奏。


先生に伏線張られたような気がするバラード2番ですが、CD聴いて一言…。

とても弾ける気がしないです…(泣)


いつもありがとうございます。
バラ4はやっぱり良いです!これ弾けたらいいわぁ~♡ 今の自分にはかなり無理っぽいけど…(汗)

banner (1)
スポンサーサイト

2013/08/27 Tue. 01:14  edit

Category: ピアノのある日常

tb: 0  |  cm: 4

top △

8月24日のレッスン…先生、伏線張ってますか? 

1週間ぶりの更新です。どうもサボり癖がついてしまっていけませんねぇ。

8月も終盤に来て、ようやく暑さの感じが変わってきました。夏が嫌いな私は、もう超!嬉しいです!

24日、レッスンに行く道すがら、「ツクツクホウシ」の声をききました。

これが鳴きだすと、「あぁ、やっと暑い夏が行ってくれる…」と思います。。・゚・(ノ∀`)・゚・。

しかし、8月が終わると1つ恐怖なことがやってくる…。

誕生日…。また一つババァになるわけですわ。

ちなみに、超有名な世界的日本人指揮者と同じ誕生日です(ゴルァ!調べるなよ…笑)

これからは誕生日が来たら、1歳ずつ若くなりたいわぁ~。(・∀・)ソレハムリ!!


8月24日から25日にかけて、日テレ系列で24時間テレビを放映していました。

私は、もともとテレビをあまり見る人じゃありません。

現在、真面目に見ているドラマは「半沢直樹」だけ。あとは目についたバラエティー番組をちらほら程度。

で、私にしてはかなり珍しく?

9時からの「今日の日はさようなら」という、嵐の大野智さんが出演されていたドラマだけ見ました。

最近はアイドルさんたちも、ドラマとかに出演するようになって、

歌って踊れて、バラエティで笑いも取れて、しかも演技もできてと、マルチタレントぶりを発揮していますね。

大野智さんは、以前「魔王」という復讐劇のドラマに出演されていて、

「大野君、演技意外と?上手いじゃん」と思いまして、以降、ちょっと気になる人になっています。

トシなもので、ただでさえ涙もろくなっているのに、人が死んでしまう話はダメですねぇ。

後半は、とにかく泣けるエピソード満載でしたが、

終盤、大野智さん演じる、ガン末期で余命数日の息子の身体につけられているカテーテルを

病床の本人が納得の上で、ターミナルケアの医師?が外そうとしたとき、

三浦友和さん演ずるお父さんが、涙ながらに「外さないでください!」と止めるシーンで、もう号泣…(笑+汗)

私って、何でこんなに涙腺弱いんですかねぇ?(*^Д^*)ハズカシイ…


「ちゃんと生きて、ちゃんと死ぬ」

このドラマのテーマだそうですが、簡単そうで意外に簡単ではないのかな?と思います。

誰でも普段「自分の死」については、ほぼ意識はしていませんね。

いずれ来るはずの「死」について、無意識のうちに蓋をして考えないようにしている。

時間はまだまだあるんだから…と、「無限に時間がある」に近いようなことを考えている。

そんなとき、「余命3か月です」と宣告されたらどうするだろう…。

その重すぎる現実を、いきなり目の前に突き付けられたら…?

心残りのない生き方をするにはどうすべきか。

あとに残される人のために、なにが出来るのか。

いずれ来る終末のために、考えておかなければならないことだと思います。

………あっ、超暗いブログになってる…(笑)



さて、8月24日のレッスンです。

私の後の生徒さん、どうも体調が思わしくないらしく、本日もレッスンをお休みされていました。

もう2か月近くレッスンにいらしていないんじゃないかしら?

早く良くなられると良いのですが…。

ここで、今日のレッスンは1時間15分でした~♪と書くと、まるで「人でなし」みたいになってしまいますねぇ(笑)

バラ1は今日は初めからではなくて、後半から。ちょっと中途半端なところから弾き始めました。

「えっ?こんなところから弾いたことないぞ…」と思いつつ、普段ミスタッチしない場所なので、

ちょっと戸惑いながらも、なんとかスタートを切る。

例の出来ないところは、音を間違えてもいいので、まず止まらずに弾く練習をしてくださいとのこと。

どうもミスると止まってしまう悪い癖が直せず、困ってしまいます。

家での練習は、速度を落として、しっかり音をつかむように、

かつ、止まらないように弾くことを指示されました。


ここで、バラードの他の曲の話になりました。

ショパンのバラードは4曲ありますが、普通、2番を一番最初に練習することが多いのだそうです。

バラ2は静かな部分と、嵐を思わせる激しい部分が交互に出てきて、

嵐を思わせる激しい部分は、楽譜見ると、と~っても難しそう…。

Chopin Ballad 2番の難所と思われるところ ←ここ難しそう~(泣) *縮尺率を変えたらモアレ線でなくなりました。
クリックすると拡大します。

特にクライマックスの部分なんて、弾ける気全然しません。

なので、「2番のここと、ここなんか難しいじゃないですか?」と

難所と思しき場所を、指さして話を振ると、

先生:同じ音型の繰り返しですよ。あ、でも、最後の2ページはちょっと難しいかな?

kusu:……同じ音型の繰り返し…。まぁ、確かにそうかもしれませんが…(汗)

確かにバラ1にも、この出だし部分と似たような音型はありますが…

先生は、バラ3を中学3年生の時に弾かれたそうです。

私が中学3年の頃といえば、バイエルと格闘?していたころだわ…。

何たる違い…(比較するほうが間違っていますが…笑)

先生:この部分は、エチュードだとこの曲みたいな感じで…(と、パラパラ数小節弾き始める)

という調子で、2番と3番をいろいろと解説して下さいました。

kusu:………………(滝のような汗)

心の声:…先生、あの~何か伏線張ってますか?Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ…!

「エチュードで似たような音型ありますよ」と言いながら、

肝心のエチュードをやってみますか?とおっしゃらないのは、

同じ音型を数ページにわたって弾くことは、今の私には無理だということ。

それは、自分が一番分かっていることですが…。

演奏困難なところが数小節だから、何とか頑張れるわけで、

それが数ページになったら、また話の次元が変わってくる。


ノクターンはまぁ、推して知るべし状態でした…。

相変わらず和音が瞬間的に掴めない…。しかも、後半は和音オンパレードなのに…。

こんな状態じゃ、いつまでたっても両手では弾けないなぁ。

あと、左手のアルペジオを入れるタイミングが速すぎ。

両手で弾いたとき、右手和音と左手アルペジオが同時に弾かれなければならないのですが、

片手ずつで弾くと、左手が前打音的ぽくなってしまっているようです。

漠然と片手ずつ弾いていないで、右手を録音しておいて、それを聴きながら左手の練習したほうがいいかも。

今日(25日)に右手だけ後半部分を弾いてみましたが、

怒涛のような和音のオンパレードで、最後まで行き着かないうちに挫折してしまいました。

相変わらず、根性ない私です。


いつもありがとうございます。まだまだ先の話ですが、次の曲はたぶんバラ2…orz オーマイガッ!banner (1)

2013/08/26 Mon. 03:00  edit

Category: ピアノレッスン

tb: 0  |  cm: 2

top △

8月17日のレッスンは、やはりいつも通り…(笑) 

お盆に、実家へ帰省(寄生?笑)しました。

8月14日(朝行って夜遅くに帰宅)と、16日の午後に行き1泊し、17日の午前中に帰宅しました。

同じ県内ですし、電車の乗り換えが上手くいけば1時間もかからずに行けてしまうので…。

実家は緑が多いせいか、いま自分が住んでいるところより、涼しい気がします。

残念ながら、「ヌシ」さんにはお会いできませんでした。せっかくデジカメ持って行ったのに…(笑)

コメントまで読んでくださっているかたなら、内輪で説明しているのでご存知かと思いますが、

「ヌシ」というのは「アシダカグモ」のことです。

「軍曹クモ」とも呼ばれる巨大蜘蛛(akimermanさま、情報ありがとうございました)なのですが、

Wikipediaによると、

「人家に棲息する大型のクモとしてよく知られている。徘徊性で、網を張らず、歩き回って獲物を捕らえる。」

と、あります。

この蜘蛛が2~3匹いると、その家のゴキ○○が半年で全滅するという、

ある意味、ありがた~い蜘蛛ですが、何しろ図体がデカいので、インパクトが強すぎて心臓に悪い…。

我家では、昔からこの蜘蛛がしばしば出没していますが、

その図体の大きさから「ヌシ」と呼んでいるのです。

「ヌシ」さんにはお会い出来ませんでしたが、我が家の動物たちには会ってきました。

densuke.jpgビビりん坊の長男「densuke」。(コーギー)
もう10歳越えてるお爺ちゃん。最近耳が遠くなってきて、あまり吠えなくなりました。

mugi.jpg次男「mugi」。(スコティッシュフォールド)
カメラ向けると「誰に許可取ってカメラ向けとるんじゃい?」と言わんばかりにそっぽをむきますが、今回は珍しく目線をいただけました~♪長毛種なので、デブに見えますが、ほとんどモフ毛です。

mugiの大きさ「mugi」の大きさ。上に写っているのは2リットルペットボトル…。でけー猫だな(笑)



8月17日は3週間ぶりのレッスンでありました。

いつものことながら、先生とのお話に花が咲いてしまいました。

ちょっと指の訓練グッズについてお話を聞いてみました。

先生自身が使われたことがないようで、あまりご存知なかったようですが、

木の板に指を置くくぼみが付いていて、このくぼみに指を置いて

板に指をぎゅうぎゅう押し付けるものをご存知でした。(簡単に絵を描いて説明してくださいました)

ちゃんと第一関節を出して、指で支えるということを体得させる、

いわゆる、玉子をつかむような手の形を覚えさせ、指関節をしっかりさせるためのものみたいです。

最近の子どもは、指が長くても、ふにゃふにゃな指の子が多いそうです。

手の形もきちんと覚えこんでしまえば、後々ラクなのに、なかなかそれを意識できない。

これは大人にも言えそうなことですが…。

基礎さえしっかり身に付けてしまえば、グンと伸びる子ども時代に

そういう訓練を嫌ってあまりやりたがらない子も多く、もったいないと感じていらっしゃるようです。(耳痛ぇ~)

先生自身は、上級者向けのテキスト(指の訓練書)でだいぶ練習されたようです。

いろいろお話を伺っているうちに、先生は演奏家を目指していたのかな?というふうにも思えてきました。


バラ1は通しで弾きました。

例の苦手な最後の部分は、ミスタッチ連発でしたが、

だいぶリズムの感じが良くなってきたとのことです。

ここの部分はまだまだ練習が必要ですねぇ~(汗)

脱力がイマイチな私にとって、ここを弾くのはかなり大変なのですが、

結構面白くなってきているので、頑張りま~す♪

あと、長く練習していると、曲がどうしてもちょっと良くない傾向に流れてしまいがちなのですが、

(自分の弾く癖みたいなものが出てくるって言うんでしょうか?)

そのあとに弾いたノクターンが相当???な出来だったので

(和音が瞬間的に掴めないので、いたるところで変な間が空く…泣)

先生には、レッスンのない3週間の間に、私がバラ1ばかり弾いていたのを完全に読まれていまして

もっと、ノクターンの練習に重点を置いてくださいとまで言われてしまいました。

そりゃ当然ですわな~。

バラ1は気合いを入れて練習するのは、presto con Fuocoのところだけで良いそうです。

他の部分は、弾けなくならない程度の練習にとどめることでOKのようですが、

私の性格じゃ、ちょっと弾いたら、むっちゃ気合い入れてしまうんだよね。



いつもありがとうございます。ノクターン、思っていたより、かなり難しいんですけど~(泣)
banner (1)

2013/08/18 Sun. 03:03  edit

Category: ピアノレッスン

tb: 0  |  cm: 6

top △

夏の夜のナチュラルハイ? 

毎日暑いですねぇ~。

金曜に夏休みを1日だけ取って、土日休みの豪華?3連休にしましたが、連日の猛暑でグッタリでした。

室温34度ありましたし…。エアコンor扇風機フル稼働でした。

真夏に、家で普通に過ごせるのは2日が限界かもしれません。

日曜日(11日)は、体が暑さに完全に負けて、何もする気がおきませんでした。

金曜日・土曜日と結構ピアノの練習を楽しめたのに、

日曜日は眠いばかりで、ピアノの前に座っても、心ここにあらずの状態。

「こりゃダメだ」と1時間弱で(ほとんどハノンだけさらって終わりな感じ)練習をやめて、

TSUTAYAで借りているDVDを見ていても、途中で寝てしまうしで、もうサイテー!という感じ。

こういう状態のときは、何をやっていても眠くなってしまう。

気が付くと、縁側で日向ぼっこをしているおばあちゃまのように、船を漕ぎ始めてしまいます。

しかし、暑いと眠くなってしまうのはなぜだろう…?

寝ていないわけではないんですよ。暑さで眠りが浅いのかもしれませんねぇ。


月曜日は仕事。会社は涼しい~。・゚・(ノ∀`)・゚・。

おぉ!涼しいと眠くならない…!なぜだろう?

自分の体のことなのに、さっぱりわからん…(笑)


帰宅はまぁ、いつもとあまり変わらず夜の8時過ぎ。

今日は、お買い物で寄り道したので、帰宅時間が遅くなってしまったのは仕方ない。

昨日あまり練習できなかったから、今日はちゃんとやらないと…と思って弾き始めたら、

まぁ、これが楽しいこと、楽しいこと!!

「うっひゃ~!楽し~い!!」と思わず声に出てしまったくらい楽しい。

ナチュラルハイ状態のようでしたよ。何でしょうね、一体…?


で、夜の9時を回っているというのに、「PCに録音しよう!」と思い立ち、

電子ピアノとPCをつないで、「うひょー!」と意味不明な雄叫び?をあげながら、数テイク録音。

相変わらず「???」な出来ですが、最後まで録音できたのがひとつできました。

しかし、弾き直しとか、止まらないで最後まで弾くのが出来ない。

この辺がこれからの課題かなぁと思いながら、1時間くらい録音しながら練習してました。

いつもより、かなり力が入っていたんでしょうか、右手がちょっと痛くなってしまったし、

気が付いたら10時半近くになってしまっていたので、今日の練習は終わりにしました。


で、この記事を書きながら、録音したのをBGMで聴いておりますが、

とても公開できるような代物じゃありませんわ。(∀`*ゞ)エヘヘ

いかに、この時に自分がぶっ飛んでいたか、まるわかり(汗)

過去録音のほうがゆっくりで、ミスタッチ満載だけど、ものすごく丁寧に弾いているような感じがする。

今日のはちょっと雑すぎ…。音抜けとかも結構あるし(ごまかして弾いている!汗)

これはもう、聴きながら笑ってしまうレベルです。

もうちょっと丁寧に弾くようにしたほうが良いかもしれない…(´ヘ`;)ウーム…

録音時間は、前回8月3日の13分ちょうどから、11分50秒に短縮。

時間短縮されていても、中身が伴っていないからダメダメです。

ダメダメ演奏を聴いて、どう直していくべきか、考えなきゃいけませんねぇ。

あと、ノクターンの最初の部分を録音してみました。(最初の1ページ半くらい)

自分ではCDで聴いているくらいの速さで弾いているつもりなのに、とんでもなく遅い…。

「あれぇ~?」という感じでした。

もう少しつっかえずに弾けるようになったら、テンポを上げてみますか。



いつもありがとうございます。下手レベルが上がっているような気がしています(泣)
banner (1)

2013/08/13 Tue. 01:44  edit

Category: ピアノのある日常

tb: 0  |  cm: 2

top △

ピアノ再開後に練習した曲・1 

ここ数日、暑さが復活しております。

家にいる間は、日差しが入らない午前中を除き

エアコンor扇風機が常に稼働していないと、暑さで体と脳が溶けそうです。

基本的に、ピアノを練習するときにエアコンを付けますが、それ以外の時は扇風機で我慢します。

一度、熱中症になりかけたことがあって、
(あまりの暑さで気分が悪くなってしまいました。大したことはありませんでしたが…)

それ以来、無理をしないようにしています。節電より、自分の体のほうが大事ですからね。


8月9日は勤務先より、夏休みをいただきました。

午後から、2時間半くらいピアノを練習しました。しかし、全然上達しないな…(泣)

来週はレッスンがあるので、少しエンジンかけないと…。

相変わらず、右手1-4の黒鍵オクターブ取りはきついわぁ~。

少しは慣れないといけないのだけど、痛みが出るのは良くないような気もするし…。


夏休みは会社から3日もらえるのですが、続けて取っても良いし、

1日ずつ土日にぶつけて毎週豪華?3連休にしてもOKです。(3連休で豪華って、なんか情けなくね?)

残り2日の夏休は、来週のお盆時期に取る予定です。お墓参りをかねて実家に帰ります。

今住んでいるところよりも、実家のほうが涼しいです。田舎で緑が多いですからね~。

さて、我が実家のヌシ、巨大蜘蛛さんはワタシを出迎えてくださるのでしょうか?微妙です。(笑)



今回は、ピアノ再開後に練習した曲+エピの話でもしようかと思います。

過去記事にも書きましたが、再開のきっかけは

姪(お姉ちゃんのほう)が、幼稚園入園と同時に、ヤマハ音楽教室の幼児科に通うことになったからです。

小さい子どもに対抗意識を燃やしてしまったのですわ。大人げないですね~(笑)

仕事帰りに寄れるため、勤務先近くのヤマハの教室に通うことにし、

翌日、直接出向いて問合わせしましたら、6月からならレッスンできます、と言われました。

ただ、やはり土日は空いていなくて、

月曜日の18時という、今だったら絶対に無理な時間帯のレッスンになりました。

当時、私は24歳。(はるか昔の話だな~。……ハァ…ガックシ)

高校1年で、バイエル終了に毛が生えた程度のレベルでリタイアしてから、9年ぶりの再開です。

その9年間に、自己流でも練習をしていたかというと、これがほとんど皆無に近い。m9っ`Д´) ヤルキアルノカ?

20歳で初代ピアノをローンを組んで購入したものの、

そのころは、高校時代の友人たちと出かけてばかりいまして、休日はほとんど家にいませんでした。

なので、ピアノに触っている時間がなかった。

あんなに欲しいと思っていたピアノなのに、数年放置していました。

年に一度来る調律士さんには、「もっと弾いてください」と毎回言われたようです。

弾かないとピアノ線が錆びるらしい?です。

楽器は全然弾けないと、つまらないんですよね。そこで根性出せなかった私も情けないですが…。


ピアノ再開1回目のレッスンに備えて、

一応、ツェルニー30番の1番と、ソナチネアルバムの4番(クーラウop.55-1)の1楽章をさらい始めました。

レッスン初日1週間くらい前になって、慌てて昔練習していた楽譜を取り出してみました~という塩梅。

習っていた高校生の時だってまともに弾けなかったのに、

にわか仕込みの練習で弾けるようになるはずがない。(ほとんど悪あがきの世界…笑)

練習しているとと姪たち(2人)が寄ってくる。

「おばちゃん、遊ぼうよ~」「ねぇ、まだ弾くの?」「あそぼー!」「ねぇ、まだー?」

「わかった、わかったから、あともう少し待ってね」姪たちをなだめながら練習していると、

そのうち、私が着ているパーカーのフード部分に、

嬉々としてぬいぐるみを入れ始めて…(;・∀・)オマイラ、ナニヤッテイル?

こんなんじゃ練習できませんッ!


で、9年ぶりのレッスンは当然、惨憺たる出来でございましたとも!(泣)


「ツェルニーも、ソナチネもまだ早いです」ときっぱり言われ、(当然ですね…汗)

ル・クペイ「ラジリテー」とブルグミュラー25番の練習曲の「やさしい花」を練習してくるように言われ、

最初のレッスンは終了いたしました。



〇ル・クペイ「ラジリテー」1番~10番

「ラジリテー」は、「メトード・ローズ」(入門書)→「ピアノの練習ABC」と習得した生徒が
次に手がける、いわゆるツェルニーと同様の練習曲です。
ン十年ぶりに(笑)楽譜を開いてみましたが、結構、難しそうじゃないか?
ツェルニー30番の最初のほうより難しそうな曲もある…。
こんなのいきなり練習していったんだ…。スゲーな、ワタシ。
「ラジリテー」は25番まである練習曲ですが、10番で終わりにして、ツェルニー30番へ進みました。

ラジリテー1番クリックすると拡大します。モアレ線が凄すぎ…すんまそん(汗)


〇「ブルグミュラー25番の練習曲」10~12、14~25

好きだったのは12番「さようなら」。暗くてちょっと激しい感じの曲です。
こういう暗いor激しい系の曲が、この頃から好きだったんだなぁ。
25番「貴婦人の乗馬」も好きでした。(この曲は12番とは真逆の楽しい曲です。)
*追加:22番の「舟歌」も結構好きでした。ゆっくり系ですが、結構気持ちが入れられる曲に思えます。
この頃、神奈川県にあった本社(現在の本社は東京都内)のお偉いさんの家にお邪魔したことがありまして、
そこのお嬢さん(小学生)が21番の「天使の声」をピアノで弾いてくれました。
当時、私はその曲まで到達していなかったので、ここでまた大人げなく対抗意識がメラメラと…(ヲイヲイ…笑)
苦手な曲の傾向もここで明らかになっていきます。
18番「心配」、24番「つばめ」が苦手でした。
瞬時に楽譜が読めない。指が鍵盤をとらえられない。指が回らない。の「3ない」で苦しめられました。
11番「せきれい」はリズムを間違えて取っていたり。
細かい動きがどうもダメでしたね。これは、今もたいして変わらないかもしれません。(笑)



いつもありがとうございます。長いので続きます。さすがに眠くなってきましたし…
banner (1)

2013/08/10 Sat. 02:44  edit

Category: ピアノの思い出

tb: 0  |  cm: 7

top △

レッスンがないとだらけるんだけど、練習は楽しかったっす! 

8月3日と10日はレッスンがお休みです。

土曜日はレッスンがあるのが当たり前みたいになっているので、たまにお休みだと生活リズムが崩れます。

でも、先週は仕事が忙しくて、あまり練習する時間が取れなかったので、

レッスンがお休みで、ちょうど良かったのかもしれない。


8月2日(金)も少し早く帰れたので(夜の8時半帰宅は、果たして早いと言うのだろうか…?)

ピアノに向かいました。

8月1日(木)はバラ1悲惨でしたからねぇ…。

今週、ほどんど練習できませんでしたから、泣きたくなりましたよ。

久しぶりに弾けて嬉しくて、じゃなくて、思うように弾けなくて泣けた…(なさけない…)

1日がこんな調子だったので、「この週末で戻すぞー」と気合い入れましたよ!

2日の夜の練習は、スイッチ入ってくれまして、結構気持ちよく弾けました。

相変わらず、同じところでつっかえたりはしましたが…(;・∀・)

(つっかえずに弾けるように練習はしていますが、これがなかなか出来ないんですわ)

夜9時過ぎに、音を消しているとはいえ、ピアノをガンガン弾く私っていったい…。

階下の人から、苦情の電話が来そうな勢い…。

マズいだろ、やっぱり…と思いながら、夜10時過ぎまで練習してしまった。

超へたくそでも、そこそこ弾ける曲があると、精神衛生上なかなか良いです。

譜読み途中のノクターンは「出来ネェ~」とか「手が届かねぇ」とか

まだまだマイナスオーラ満載ですからね。


8月3日(土) レッスンないんだ~とだらける(ヲイ!笑)

家事やって、さて練習するかな~と思ったのですが、猛烈な睡魔に磯われてしまいまして、

「あとで、ちゃんと練習する…」とお昼寝タイムに突入。(働いている方にシバかれそうですが…汗)

3時間くらい昼寝してしまいました。(3時間は昼寝のレベルじゃない!)

なぜだかわかりませんが、暑いと眠くなってしまう体質?なんですよ。

ここ5年くらい前から、こういう傾向です。

お昼間の強い眠さは、睡眠時無呼吸症候群が原因だったりすることがあるようですが、

私も、もしかしたらこの傾向があるのかもしれません。怖いなぁ…。

夕方から練習を始めました。

この日も結構ノレたなぁ。(注:自分比です)

で、録音でもしようかな~とPCと電子ピアノをつないで、いざ開始!したら、

結構細かいところが気になってしまって、何テイクも録音してみたものの、満足のいく出来のものはナシ。

仕方なく「記録だから、トチろうが、弾き直そうが、とりあえず最後まで弾こう」と思い、

相当ありゃりゃな感じで最後まで弾き終える。録音時間13分ちょうど。

弾き直しの部分もあるとはいえ、まだそんなに時間かけて弾いているんだとちょっと茫然。

1回目の「悲惨過ぎる通し練習」は4月29日。録音時間14分18秒。

最後のprest con fuoco の部分は、まだほとんど手が付けられない状態の録音。

「何と言う曲を弾いているんですかぁ~」的な感じでした。

2回目の「悲惨過ぎる通し練習2」は6月1日。録音時間14分13秒。出だしの部分に変化があるくらい。

3回目の今回は2か月ぶりの録音ですが、

全然できなかったprest con fuoco は、よれよれながらも、何とか音にできるようになってきたレベル。

盛大に音を外しまくっているし、音が取れなくて、急にゆっくりになってしまっているところもある。

録音してみると、第3者的立場で自分の曲が聴けますねぇ。すっごい下手だわ。どうするべ?

意外に淡々と弾いているのが気になる。結構気持ち入れたんだけどな…?


8月4日(日)

マズい。練習比率が8(バラ1):2(ノクターン)になっている!ということで、ノクターンに重点を置く。

黒鍵のオクターブを1-4で取っていたら、右手薬指の第2関節が少し痛くなってきた。

やばいなぁ…。少し休んだら痛みも治まったけど。

右手薬指は、怪我してから打鍵時の衝撃を上手く逃がせないというか、無理すると第2関節が痛くなります。

練習するたびにこういう状態になるのだったら、1-5で弾かせてもらうよう先生に相談しないと…。

しばらくは練習しながら様子見だな。手が小さいのは辛いっすね。

バラ1もさらって、その後、レッスン曲でない曲を遊びで数曲譜読みして、約3時間強の練習終了。



外では、昨日、今日と近所の公園で盆踊り大会。曲が結構なボリュームで聞えてくる。
盆踊りの曲に交じって、なぜかメキシカン?な音楽が1曲流れて、思わず吹きましたwww。違和感あり過ぎ!


いつもありがとうございます。今週末の練習は自分比で楽しかったです。
banner (1)

2013/08/05 Mon. 01:37  edit

Category: ピアノのある日常

tb: 0  |  cm: 6

top △

土方焼け?ヒドス…(泣) 

先週の後半から、忙しい日々を送っています。

仕事柄、月末~月初めは多忙ですが、今回は普段の月にはない臨発業務が発生しまして、

そちらに追われていました。

6月に分室に引っ越したのは良いのですが、お偉いさんが本館にいるので、

何かにつけて、本館に足を運ばなくてなくてはなりません。

書類届けたりとか、ハンコ貰いに行ったりとか…。

本館までは、歩いて20分くらいの距離ですが、

往復歩くと、暑さをたっぷりと満喫できます。…それどころか、満喫しすぎです!

今週は銀行めぐりや、役所に行ったりとか、出かける用事ばっかり。

まる1日事務所で仕事出来た日なんて1日もない。なので、本来の業務がちっともはかどらない。

おかげさまで、海にも行っていないというのに、

肘から先が、こんがりといい色に日焼けしました。

まるで土方焼けのようです(泣)

        …建設現場で働く皆様、すみません…。暑い中お仕事、本当にご苦労様です。

曇っているから大丈夫かな~(紫外線はたっぷり注がれているようだけど…)と

日傘を持っていかないと、歩いている途中から日が差してくる。

これでもかー!と言わんばかりのギラギラな日差し…。

おかしい…自称、雨女のはずではなかったか?

私が外を歩いているときだけ、ドバーッと雨に降られるなんて、何回も経験しているのに、

もしかして、神通力無くなったのか?…って、もともとそんな力など持っていませんが…。



こんな状態なので、連日家に帰るのが夜の10時間際。

この時間になると、練習したいけど、どうしようかな…と思います。

まだヨレヨレな出来のノクターンのみ練習しよう…と、ぼちぼち始めますが、

さすがに11時近くになると、「さすがにマズいか…」と練習を切り上げます。

このノクターンも、もうちょっと弾けるようになってくると(いつの話になるんですかねぇ…)

あまり遅い時間の練習は躊躇するようになってしまうんだろうな…。

この曲、後半は結構激しいですからねぇ…。

かなり先の話になりますが、次の曲はもう少し、静か系の曲にしましょうか…


今練習しているノクターンはフラットが3個ついている曲です。

フラットとかシャープが3個の曲ってなんとなく苦手…。

他は割と(4個、5個ついていてもあまりビビりません)大丈夫なんですよ。

3個だけがダメ。

白鍵弾くのか、黒鍵弾くのか、はっきりしろーと言う感じだから。

理由になっていませんね。単にわがままなだけ…(笑)


7月31日は帰宅11時過ぎで、練習は諦め。

8月1日は少し早く帰宅できました。夜の9時デス(早い…?)

4日ぶりにバラ1弾いてみましたが、指が動かねぇ~。しかも、音が上滑りな感じがする…。

劣化速度がただ事ではない…。こりゃ、土日は特訓ダ!


いつもありがとうございます。土方焼け、腕時計のところだけ白いままです、ヒドス…(笑)
banner (1)

2013/08/02 Fri. 02:05  edit

Category: サラリーマンはつらいよ

tb: 0  |  cm: 2

top △