ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

往年のピアニスト達の演奏を聴きました。 

ニコ動で、往年のピアニスト諸氏が弾かれたショパンのノクターン2番(op.9-2) を聴いてみました。
(ひさへさま、情報提供ありがとうございました)


「19世紀生まれのピアニストが弾く○○」というのが、まるでシリーズでもあるかのように数種類あります。
動画の構成が同じなので、アップロードした方が同じようです。
多人数演奏シリーズ(このシリーズを片っ端から聴いてみていますが、なかなか面白いです)

曲目はショパンのエチュードだったりワルツだったり、リストの「ラ・カンパネラ」だったり…。
(nico動なので、もしかすると、見るために登録が必要になるかもしれないです?)

私が聴いたのは「ショパンのノクターンop.9-2」のpart2のほうです。
Chopin Nocturne op.9-2 part2

ゴドフスキー、ラフマニノフ、ホフマン、コルトー、ルービンシュタイン(敬称略)の5人の演奏が聴けます。

最初のレオポルド・ゴドフスキー氏の演奏はかなりノーマルで、模範演奏的。

楽譜に忠実に弾いているという感じがします。レッスンの参考になりうる演奏。


その次がラフマニノフ氏…。凄いルバートのきかせ方。

揺れ幅が凄すぎて、全くレッスンの模範演奏にはならないですね。

私のピアノの先生も、基本は「楽譜に忠実に弾く」です。

多少の揺れは大目に見てくれますから、こう弾いても怒られはしないと思いますが、

あまり極端に弾かないようにと、注意はされそうです。

4分45秒の演奏。速くなったり、ねっとりと遅くなったり…。

すっかり「ノクターンop.9-2 作曲:F・ショパン 編曲:S・ラフマニノフ?(笑)」っぽくなっています。

音は変えていないので、さすがに「編曲」は大げさな物言いですが、

そう思えるくらい、自由に弾いておられます。

こういう弾き方もあるんだな、という感じで聴く分には面白い演奏ですね。


3番目のホフマン氏は、電子ピアノで弾いている?というようなピアノの音色。

こちらは、出だしがさらっとした印象なので、

このまま最後まで模範演奏的に行くのかと思いきや、

中間部でちょっと速くなる。後半で元の速度に戻るので、この程度なら全然おk。

速いパッセージがペダルなし(これはこれで面白い)。

トリルが異様に長い…。

極め付けが、終止形が楽譜とちょっと違う?(私の聴き間違い?)


4番目のコルトー氏は、かなり個性的(癖のある?)な演奏。

ルバートを結構きかせていて、

フレーズの初めがゆっくりめで、頭に休符でも入れているのか?と思われるところが散見されます。


5番目のルービンシュタイン氏は録音時期が新しい(それでも1965年ですが…汗)せいか、

音が極め付けに美しく、非常に洗練されたショパンという印象です。

さすがに、「ショパンの演奏では、同時代の最も優れたピアニスト」と呼ばれただけあります。

安心して聴いていられるという感じがします。


1のほうでは、ポーランドの首相でもあったパデレフスキ氏の演奏が聴けます。
Chopin Nocturne op.9-2 part1

フレーズの弾き始めが、32分休符でも入っているのか?という感じに聴こえ、(入り方がちょっと遅れる?)

この傾向は、最初から最後まで続くので、結構気になります。



今回、数名の往年のピアニストさん達が弾くノクターンを聴きましたが、

どれをとっても同じ演奏ではないことが、とても面白く感じました。

楽譜に忠実に弾くと言うよりも、楽譜に縛られることなく、

その曲を題材に、いかに自分の感性に置き換えて自由に弾くかを重視しているというふうに思えました。

こういうところは、同じ風景を数人の画家さんが描かれても、

どれ一つとして同じ絵にならないというのと同じですね。

至ってあたりまえな感想ですが、これを自分でも出来るのかとなると…?

生涯をかけての課題となりそうです。

いや、これからの人生の後半戦全てをかけても、かなり難しい課題だと感じています。



いつもありがとうございます。自分の演奏は延々と続く平原状態です(地平線が美しいぜ…笑)
banner (1)
スポンサーサイト

2013/11/24 Sun. 14:36  edit

Category: この素晴らしき演奏家達

tb: 0  |  cm: 6

top △

鏡を見てギョエー!(今回はピアノの話はありません…汗) 

現在、結膜下出血のため、左目の白目部分が真っ赤になっています。

結膜下出血とは、結膜の中の血管が切れて、出血で白目部分だけ真っ赤っ赤になってしまうことです。

眼球内部の出血とは違うので、これが原因で視力が落ちたりとかはしません。

なぜか、これが起きるときには、全くと言っていいほど自覚症状がない。

血管が切れて、出血するんだから、痛みがあってもいいはずなのに、そういうのもない。

多少目が重い感じ、もしくはちょっとした圧迫感のような感覚がして「もしや…?」と思うことが多いです。

知らないうちに出血していて、鏡見た時に「ギョエー!(byまことちゃん)」と叫ぶ?ケースが多いです。

レッスン中にも1回起きて、ピアノの先生を思いっきりビビらせてしまったことがあります(笑+汗)


これが起きる原因はわかりませんが、10年位前に社内の飲み会(慰労会か歓送迎会か?)で

同僚に「どうしたのっ?目が真っ赤!」と叫ばれたのが最初です。

さすがに心配になって、眼科で見てもらいました。何といっても気味が悪いですし…

眼科の先生曰く

「老化現象ですね。」(ヲイ、そう露骨に言わなくてもなぁ…笑)

特に心配することはないと言われ、

結膜下出血のパンフレットを貰って、目薬を処方してもらって帰宅。

近視が強いのと、生まれつき出目気味なので、そういうのも原因なのでしょうか?

思いっきり横目で、ものを見たりすると起きやすいので。

血管が引っ張られて切れてしまうのかも?(ヲイヲイ、そんなに血管脆くて大丈夫なのか?)


通常は、白目(目じりが多いです)の端っこに、ちょこっとの出血が起きるくらいで、

たいてい2~3日で血が吸収されて、元に戻ります。

ですが、今回の出血は今までにない規模?でして、

さすがに目が痛いという自覚症状がありました。慌てて鏡を見たら、出血していました。

たいていすぐ止まるので、そんなにひどくなることはないのですが、

しばらくしてからまた鏡を見たら、悪化している…(汗)

眼球の下3分の2くらいまで血で真っ赤でした。

普通に目を開けると、白い部分であるはずの場所が全部血の色に染まっていて、自分でも怖い。

まるでホラー映画を地でやっている感じです。

なので、周りのひとは、きっともっともっと怖いはず…。

案の定、後輩に「どうしたんスか?その眼!(怯え)」と言われ、

「大丈夫スか?ちゃんと眼医者言ったほうがいいっスよ!」と心配してくれました。

まぁ、眼医者に行っても、言われることは同じだと思いますが…(汗)

土日で少しマシになってくれると良いのですが…。

23日のレッスンがお休みで良かった。

ピアノの先生に間違いなく心配されてしまうし、

あまりのホラーぶりに気絶されても困る。(しないって…笑)

ただ、最近これが起きる間隔が短くなっているのが気になります。

頻発するようなら、動脈硬化とか、血液の病気とか原因が別にあるらしいです。

私、血管年齢高いんですよ。約2年前の人間ドックで動脈硬化の検査を受けたら、

血管年齢80歳代とか出ちゃいましたから…(汗)

この数年、ちょっと太り気味でしたから、全体的に数値がちょっとヤバいレベルでしたしね…(汗)


ところで、事務所が引っ越したことで、歩くことが多くなったことや、

最近は部屋の片づけで、1日働きっぱなしになったせいで、

夏から体重が5kg位落ちました。

先日、体重計に乗って目を疑った(笑)

肥満気味(BMI 24.4…汗)の状態から、ほぼ標準体重(BMI 22.1)になっていました。

今、人間ドックを受けたら、数値がどれくらい改善されているんだろう?

ちょっと受けてみたい気がする。ゲンキンな奴ですね。

5kg体重が減った割には、体型が全然変わっていない気がするのはなぜだろう…(笑)


いつもありがとうございます。5kg減っているのに体型変わっていないのは、もしかして「減る減る詐欺」?

banner (1)

2013/11/23 Sat. 01:13  edit

Category: 年には勝てない老体のこと

tb: 0  |  cm: 6

top △

断捨離続行中…片づけ下手さぶりが、もはやただ事じゃない(笑) 

部屋のあちらこちらにあるアリ塚を、何とかすべく始めた断捨離ですが、
(収納しきれず部屋にはみ出したものを、自分への揶揄をこめて「アリ塚」と言っています)

1週間経過しても、全然進んでませーん(笑)…てか、笑っている場合じゃないだろ?

進まない原因はわかっています。1か所集中のかたづけが出来ないから…(笑)


1.押入れの片づけで出てきた本を、「あの本棚」に収納したらいいかも?と思う。
2.肝心の「あの本棚」がいっぱいで収納不可能。
3.「あの本棚」の整理に入る。
4.「あの本棚」を整理中に、これは「あっちの棚」に入れたいなぁ…と思うものが出てくる。
5.「あっちの棚」もいっぱいで収納不可能。
6.「あっちの棚」の整理に入る。
…エンドレス(笑)


で、押入れだけじゃなく、いつの間にか家中の片づけになってしまっている。

触っていないのは洋服関係だけ(本当は洋服も整理したい…汗)

………年内に終わるのかなぁ…(汗)

気になってしまって、ピアノの練習がちょっとおろそかになっています。


14日(木)に少し早く帰れたので、復習を兼ねてバラ1を練習。

…完全崩壊してますた(笑+泣)

確かにあまり練習する時間が取れていませんでしたが、

こんなに短期間で弾けなくなるものなのか?

ギャアァァァァ━━━━━━(゚Д゚|||)━━━━━━!!!!!!と、思うほど弾けなくなっていて愕然…

いつもなら、ノーミスで通過できるところすらもミスる…

こんな調子なので、ノクターン練習していても、工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工 だったので、練習は強制終了。

こんな状態で練習していたら、悪い状態が頭と手に刷り込まれそうだったし。

金曜日は、勤務先の仲間達とお江戸で飲み食いしたので、帰宅が遅く、ノクターンだけ軽く練習。


さて、決戦?の土曜日(レッスンはお休みですが…笑)…。

片づけで練習開始時間が遅くなってしまったので、ハノンは省略。

弾いてみて、指が動かなそうだったら、ハノンに戻ろうと思いながらも、

「そんなに簡単に弾けなくなってたまるかい!」と半分意地で(笑)バラ1練習開始。

おぉ!今日は調子悪くないぞ…。

いつもなら指が転びがちな33小節目のパッセージもノーミス。

思わず「おぉ~!」と声が出る。

最近あまり気合い入れて練習できなかったけれど、思っていたよりずっと指が動く。

ラストの両手スケールも、いつもよりいい感じで弾けました。

直前まで片づけで体を動かしていたので、ウォーミングアップができていたんでしょうね。

当然、手も温まっていたのが良かったのかも。

冬場はまず手を温めるのが最優先ですね。

冷たい手のままで弾いたら、余計な力が入ってダメダメになります。

指先だけピンクで、手のひら真っ白は手が冷えている証拠。

手のひらまでピンクになっている(血行が良くなっている)のが理想。


ノリノリで弾いていたら、いきなりの地震…。結構デカい…。室外に逃げたほうが良いか、一瞬考えた。

ケータイのエリアメールは鳴っていない。全く、何のためのエリアメールだよ?

揺れが収まりかけたかな?と思ったら、もう1回、弱めの揺り返しが来た。

揺れが収まってから慌ててTVを付ける。震源地は千葉市。いわゆる私の足元…?

東日本大震災後の余震で、私が住んでいる千葉市が震源地になった地震を数回経験しています。

今日の気象庁の地震情報を見ると、

16日20時44分の地震の後、小さいながらも何度か千葉市が震源地になっている地震があったようですね。

2時過ぎにも小さい地震がありました。めまいか?と思ったら、照明の紐がわずかに揺れていました。

足元に断層でもあるのか?と思うと、あまり気持ちがいいものではありません。


地震のおかげで集中力が途切れてしまった。今日は結構調子が良かったのにな。

せっかく温まっていた手が、TVの地震速報見ているうちに冷えてしまった。

手のひらがだいぶ白っぽくなってしまっているし…。

途中から弾き始めたら、何だか悲惨なことになってしまった。

手を温める意味も含め、バラ1を最初から弾いてみる。

33小節目のパッセージはちょっと指が転んだ。ちくしょー(笑)

最後まで弾いた時点でようやく指が温まってきたことと、今日はだいぶ弾いているしで、

ノクターンの練習に移りました。

アルペジオの部分はだいぶ出来るようになってきましたが、まだまだ詰めが甘い感じ。

気合いが入るとppの部分なのに、音が大きくなってしまったりするし…(;´∀`)キガユルムト、ダメダヨネ!

ここ練習していたら、手がもっと開くようになるかなぁ…?

右手が左手くらい開くようになるといいんだけど…
(右手はできませんが、左手はオクターブが上から掴めます。)

和音メガ盛り部分は片手練習。ここ、両手で出来るようになるのだろうか?(`;ω;´)ムリポ

左手で、ここイイ感じ、という音の進行を見つける。ここを生かしたら面白いかな?どうだろう…?

両手で弾いたら、たぶんそんな余裕は無くなってしまうのだろうな…。

まずは片手練習をしっかりやって、音の進行を覚えよう。



横山幸雄先生が弾くショパンエチュードを聴いています。

作品番号なしの3曲のうち、1曲目が良い感じ。

複合リズムの曲ですが、私のツボ的な曲です。これも弾いてみたい!

エチュード弾けるようになったら、最初はこの曲にしてもらおう♪


いつもありがとうございます。今週と来週はレッスンお休みです。
banner (1)

2013/11/17 Sun. 03:21  edit

Category: ピアノのある日常

tb: 0  |  cm: 8

top △

急遽、断捨離決行中! 

大掃除の前倒しを兼ねて、断捨離なるものをようやく始めました。

今回は押入れ中心です。

「さぁ、片づけるわよ!ガンガン捨てるわよ!」と勇んでふすまをガッと開けた瞬間、

Σ(゚д゚;)ドッヒャー! スゲェ━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━ !!!!

勇んだ気持ちが一気に萎えちゃうんですよ~。

たかだか1.25畳(天袋もあるので×3)の押入れに、どんだけ物が入っているんだよ?という感じです。

急遽断捨離を始めたのは、次の土曜日(11月15日)に来客予定があるためなのですが、

それまでに押入れに収納しきれず、部屋にはみ出した荷物をなんとかせねば…(;´∀`)

場合によっては、そのまま荷物の民族大移動(何だそれ?笑)になる可能性があるからです。

更新が大幅に遅れたのはそのためです。すみません(汗)


去年のGWに一度断捨離のようなものをしていますが、

この時は洋服中心で、クロゼットと3棹ある洋服ダンス中心に片付けをしました。

私が住んでいる地域は、きれいな服ならリサイクルに回してもらえるので、

透明の大きな袋(リサイクル用は透明な袋に入れて出します)9袋くらい処分しました。

この時、押入れも少し手がけたのですが、

何しろ「これでもか~!」というほど物が詰め込まれていて、

GW中に終わらせることができないまま、途中であきらめて現在に至ります。

心を鬼にして捨てまくらなくては…!

とにかく本を良く買うため(雑読に近いです)

布団を除いたら、押入れ中の荷物の半分は本なんじゃないかと思っています。

段ボール箱を用意し、読まない本を選り分けていきますが、

処分する本が半端ない数になりそうです。


しかし、なんでこんなものを捨てずに取っておいてあるのか?(笑)という感じのものが結構ある。

たとえば、古い水道光熱費の領収書とか、(これについてはシュレッダーで裁断予定です)

好きなキャラクターの昔のカレンダーとか…(捨てろよーっ!!!)こちらは捨てました…(笑)

それにしても大型シュレッダーが欲しいわ。

卓上型シュレッダーはありますが、いかんせん裁断するのに時間がかかり過ぎるため、

面倒ですが、勤務先のシュレッダーを使わせてもらって、個人情報が載っているものを処分しています。

マメに処分してればラクなんですけどね…(;´∀`)メンドウクサイノヨ…


若かりし頃に遊んだスーパーファミコンのゲームソフトが10本くらいあるのですが、

ハードが壊れてしまっているから絶対に遊ばない、というか遊べない代物です。

これって売ったら引き取ってくれるのかなぁ?

引き取ってもらえなそうな気が、かなりするので、

こっそり○○飛ばす中に入れて、処分はお任せ~♪にしちゃおうかな(こらこら…笑)

プレイステーションのゲームソフトやゲーム攻略本も結構ある。どうしよう…。

絶対遊ばないのは処分だな(そもそも遊んでいる時間ないけど…笑)

音楽関係の本も数冊出てきた。

大昔(恐竜がいた頃?笑)に購入した本で、実家から持ってきたものだ。

時間があったら読み返してみよう。


問題は、途中で出てきた本とかを読みふけってしまったりすること。

10年位前の手帳とかも出てきました。

昔は手帳を日記代わりにしていましたね。マメにいろいろ書いてあって読み返すと楽しい♪

なので、ちっとも捗りません(笑)

2000年の手帳を見ると、1998年の11月からクラーマー=ビューロを練習していたことが書いてある。

(今の先生になってから、ツェルニー40番に引き戻されたんだけどさ…汗)

ショパンのノクターンop.15-2や、op.55-1を練習している。

新年早々、京都に遊びに行っていたり、3月に箱根に行ったり、

5月にハワイに行っていたり、10月に能登行ったり…。

ナニコレ?………豪遊しまくり…(汗+笑)

幼馴染のNさんが、息子さん達の発表会のビデオを見せたくて、遊びに来た時のことも書いてある。

当時、彼女の息子さん達はまだ小学生でした。(今は社会人と大学生)

2歳下の弟さんのほうが進みが早かったようで、

お兄ちゃんが、弟さんにライバル意識をメラメラ燃やしているとか書いてある。(;´∀`)アリガチダネ


インターネットを始めたのもこの年。

コンピュータ雑誌の付録についていたCD-ROMを使って

試行錯誤しながら自分で設定して、ネットを使えるようにしています。

で、ネットで、漫画「ピアノの森」のことを知って、翌日さっそく本屋に買いに走っている。

当時、5巻まで出ていたが、しっかりと大人買い。現在23巻まで出ているが、24巻はいつ発売?

12月には、今使っている電子ピアノを購入。

グランドピアノタッチの電子ピアノについて、当時のピアノの先生に話をしたことがあったのですが、

(今の先生の前の先生。超真面目な先生で、おしゃべりはあまりしなかったように記憶しています)

それを覚えてくださっていて、

「今、楽器店のほうにそのピアノがあるので見に行ってみたら?」

と教えていただいたため、楽器店のほうまで足を延ばしてみました。

購入するつもりで行ったわけじゃないのですが、弾いてみるなり気に入ってしまいまして、

ほぼ即決で購入を決めてしまいました。ン十万円を即決…Σ(゚Д゚)ワレナガラスゲェ!!

太っ腹というか、見境なしというか…(笑)

この頃、預金がほぼ底をついていただろうことは、容易に想像がつきそうなくらい○使いが荒かった…(汗)



今週のレッスンについて簡単に。

今回は後半中心。和音メガ盛りはきつすぎる!

音が瞬間的に読めないところがたくさんある。

弾きやすくするために、指使いをきちんと考えなければならない。

練習の仕方としては、まずは片手練習を最優先。

出来るようになったら、

1.左手は楽譜通りで、右手をメロディだけで弾く
2.左手は楽譜通りで、右手を和音部分(伴奏部分)だけ弾く。

というやり方を提案されました。

後半は複合リズム(左手3連符+右手16分音符4個)が頻繁に出てくるので、このリズムに慣れることと、

メロディを意識して弾くことを重視する必要があります。


ここ、本当に出来るようになるのかなぁ~?

次のレッスンは11月30日。3週間も間が空く。

どこまでできるようにしていけるか、断捨離しながらはキツそうだなぁ…。



いつもありがとうございます。私はどうも、片づけられない人なんじゃないかと思うようになりました。
banner (1)

2013/11/11 Mon. 01:58  edit

Category: えとせとら

tb: 0  |  cm: 6

top △

ピアノは私を裏切らない… 

11月になりました。今年もあと2か月なのか…。

一年経つのが本当に早いなぁ…。

とにかく仕事が忙しい+上司と衝突で、気がすっかり滅入ってしまっていて

ブログをしばらくお休みしようか、という考えも頭をよぎりました。

これ以外にもちょっといろいろあって、完全に人間不信になっています。

今までも週一更新ですから、休み休みブログ書いているようなものなので、

このペースで続けていこうかな、と思っていますが…。

落ち込み度がもっとひどくなったら、病院にでも行こうかな…。

そうなったら、ブログはお休みさせてもらおう。心理的にかなりしんどいので…。


さて、11月のレッスンです。

現在、かなり気落ちしてはいますが、ピアノは弾きたいとまだ思えるので救われています。

というか、ピアノがあるから、何とか自分が保てているのかもしれない。

今日も1時間レッスンでした。

「音楽一家」さん、相変わらず体調が悪いでしょうか?

お嬢さんの付き添いで、幼児科レッスンに参加されているのなら良いのですが…。

家での練習は結構ボロボロだったので、諦めモードでレッスンに臨みましたが、

今回は法則が発令しなかったんですよ~(泣)

*法則…家で調子良い時はレッスンではダメ、家でダメなときはレッスンでは案外うまくいく

レッスンでも結構…(滝汗)

普段なら間違えないようなところまで…(以下略…汗)


出だしに迷いがまだあるようです。

この曲は、始めの音の出し方が本当に難しい。テクニックではなく、これは感性の問題。

今日は先生もご自分の楽譜を用意されていました。

先生の楽譜はヘンレ版ですが、私が所持しているパデレフスキ版と、微妙に違うところが散見される。

スラーのかかりかたの違いとかじゃなくて、完全に音の違いです。

パデレフスキ版には書かれていませんが、stretto気味に弾いたほうが良いところもあります。



今回のご指導事項

1.4小節から5小節に入るところは、もっとたっぷり時間を取って弾いたほうが良い。
  インテンポで5小節目に突入してしまうので、
  1回目の(1~4小節目)との弾き方の違いが出せていないようです。

2.和音の音抜け(弾いていないわけじゃなくて、音がそろわず、結果的に音が出なくなっている)に注意。

3.左手にしばしば出てくる16分音符+4分音符のオクターブ音については、ペダルの踏み方を考える。

4.自然に速くなってしまうところが出てくる(stretto気味に弾いたほうが良いところ)の後に、
  要所要所で元の速さに戻す意味合いを持つ音型が出てくるので、意識すること。

5.31小節目の2分音符の両手アルペジオはヘンレ版の弾き方で。(左右別々のアルペジオ)
  パデレフスキ版だと、下の音から順に弾くようになっているので、もたついて上手く弾けないところです。
  左右別々の弾き方で勝手が違うため、家で練習してくること。

6.34小節と37小節目は一番上の音でなく、和音の中の音がメロディなので、浮き立たせるように。

7.46小節目両手オクターブの下降部分は、少し弱めに弾きはじめてクレッシェンドする。

8.49小節目からの右手、弾きやすいように指使いの指示を数か所いただく。
  ショパン独特の指使いの場所があるので、そこは弾きやすいように勝手に替えないこと。
  前半にも出てきますが、面白い指使いですよね。
  弱く弾いてほしい音を、弱い指で弾く意図のようですが…。



今回は結構乱調気味ではありましたが、

先生から「ようやく弾くのが楽しくなってきたようですね」と言われました。

中間部のアルペジオ満載のところも、まだまだ音取り段階で、音がつかめず苦戦していますが、

楽しんで練習できるようになってきたことは確かです。

先生には「なかなかうまく弾けなくて…」とこぼすことはあっても、

「楽しくなってきました」とは言った覚えがないのですが…?

(「レッスンが楽しい」とは、何度もお伝えしたことはあります)

「音を聴けばわかりますよ」とのことでした。

とても元気が出る言葉でした。


問題は今日の雨…(傘がない・By井上陽水)じゃなくて、

問題は、これから手がけるDoppio movimentoのほう。

弾けるようになるのだろうか?和音超メガ盛りの上に複合リズム付きです。

複合リズム練習は嫌いじゃないので良いのですが、和音がね…(泣)


レッスンの帰り、CD屋さんに寄って、ヘンレ版の楽譜を購入しました。

ノクターンだけで何冊持っているんだよ?という感じです。

パデレフスキ版・全音版・ウィーン原典版・ヘンレ版の4冊っすね(コレクターか?笑)

まぁ、全音版はレッスンノートみたいな感じで、先生から指示いただいたことの書き込み用にしていますが。


家に帰って、1週間ほとんど練習できなかったバラ1の復習をしました。

結構「うへぇ~(汗+泣)」な感じになってしまっているので、

部分練習中心で2時間半くらい弾いていました。

ラストのpresto con fuocoからは、まだまだミスタッチたくさんなのですが、

最近、ここを練習するのが楽しくてしょうがない。気合いがマックスで入ります。

ヘッドホン使って、音が外に出ないようにしているものの、

電子ピアノを壊しそうな勢いで弾いているので、きっとかなり打鍵音がうるさいはず。

下の階のかた、ごめんなさい…(汗)

ノクターンも少し練習しましたが、バラ1で力つきてしまったので、長時間は練習できず。

明日、頑張ります。

やっぱりピアノは良いなぁ…。練習は大変だけど、いろいろなものを私に返してくれる。

ピアノは私を裏切らない…。



いつもありがとうございます。来年のカレンダーを買い始めました。
banner (1)

2013/11/03 Sun. 04:42  edit

Category: ピアノレッスン

tb: 0  |  cm: 10

top △

お詫び…なのか? 

昨日はお見苦しい記事をアップしてしまい、大変申し訳ありませんでした。

つい、怒りにまかせて書いてしまいましてね。(汗)

文句や不満があっても吐き出せるところがないので、ついついブログ内で…ということになります。

最初はあまりにも詳細に書き過ぎてしまい、

関係者が読んだら、間違いなくわかってしまう内容(ほとんど内部告発に近い…汗)でしたので、

4分の3ほど削り、内容もぼかしました。

思いっきりひいてしまう内容にも関わらず、

それでも、拍手ボタンを押して、共感してくださった方がいらっしゃったので、

とてもうれしく思いました。ありがとうございました。

一番嫌いなタイプの上司が「えこひいきする奴」なんです。

うちの上司がまさにこれでね。えこひいきする口うるさい奴…最低ですよね。

人に向かってやかましいことを言った先から、お気に入りの部下のところに行っては

下らん話をして大笑いしていたりする。…背後から思いっきりしばき倒したくなる瞬間です(笑)

営業さんも何人かやられているようで、

私がちょっと愚痴ると、「実は俺も…」とボソッと文句言っていたりします。

この上司、若いころは自分の好きな仕事しかしなかったとか、

日当が付くところにしか営業に行かなかった(ケチくさ~!)とか、いい加減さ全開だったらしいです。。

「そういう奴に言われたくないね」と、時々きいているふりをしながら無視しちゃってます。

こういう私の態度も気に入らないんだろうな。

私は相手が気に入らないと、態度があからさまですから。完全に墓穴掘っていますね。

余り度が過ぎると、本当にリークしちゃうからな。今日の朝礼でも「パワハラ」の話が出ていたし…。

某ゲームのセリフではないが、「月夜ばかりと思うなよ!」(あぁ、また遊びたくなるじゃないか…!)


今週は火曜日以降、帰宅が22時近く…。金曜日は23時半に近い時間の帰宅でした。

ピアノは禁を破って(笑)23時とか、金曜日は24時半まで練習したりしましたが、

仕事で疲れ切って、あまり集中できず…(泣)今週のレッスンが思いやられる…(汗)

楽譜を見ながら弾いていると、楽譜が二重に見えてくるし…。疲れ目?


今回のオフィスビル内情報

10月31日は、シューベルトの即興曲op.90 N0.1が流れておりました。さて、次は何の曲が流れるか♪

クリスマスツリーがオフィスビルの入り口わきに飾られました。
クリスマスツリー

なんだか、急に年末が迫ってきた、という感じがします。

いつもありがとうございます。勤務先の先輩から「半沢直樹」の原作本を2冊借りました。さーてと読むぞ~♪banner (1)

2013/11/02 Sat. 02:53  edit

Category: えとせとら

tb: 0  |  cm: 0

top △