ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

今年一年、ありがとうございました。 

今年もいよいよ今日を残すところとなりました。

今回は、PCを持ちかえり、実家から更新しております。

ピアノの弾き納めは昨日行いました。

実家にもピアノ(アップライト)がありますが、

1.もう何年も調律していないうえに、完全な物置と化している。

2.リビングに置いてあるので、弾くと家族の顰蹙を買う(下手だから。ヲイヲイ…笑)。

という理由で、練習はしばらくお休みです。

1月3日に家に戻る予定ですので、お弾き初め(という言葉は果たしてあるのだろうか…?)は

その日以降になります。まぁ、仕方ないですね。

3日は、家にいったん帰ったら、仕事のため出社します。(仕事終わらないので、自主的出社ですが…汗)

年末年始の休みは毎年、こんな感じですね。

いつもは仕事を持ち帰って、家で仕事をするのですが、

基本的に仕事を持ち帰ってはいけない、という決まりがありますし、

年末最後の日(12月27日)も忙しくて、仕事を持ち帰るための準備もできませんでした。

いつもとは言わないが、仕事が佳境に入っているときくらい、助っ人が欲しいなぁ、と思います。


さて…

今年の2月に立ち上げたブログですが、自分本位に自由気ままに更新してきました。

長ったらしい記事を読んでくださいました皆様に、感謝いたします。

来年も今年同様、仕事の愚痴や曝露(!?)等を交えながら、だらだらと記事を書くと思いますので、

生ぬるい目で見ていただけると嬉しいです。

本当にありがとうございました。

それでは、みなさま良いお年をお迎えくださいね~。


来年もよい年でありますように…。
banner (1)
スポンサーサイト

2013/12/31 Tue. 10:49  edit

Category: えとせとら

tb: 0  |  cm: 6

top △

試弾の旅 その3(地元楽器店を冷やかしちゃった→次のターゲットはK社…笑) 

12月24日からの今年最後の一週間は、もう無茶苦茶忙しくて、平均帰宅時間23時越えという有様でありました。

26日(木)は帰宅したら、日付変更線超えてしまっていました。帰宅が27日金曜日だよ!?(泣)

これが、年忘れの飲み会で、この時間になっちゃいました~♪ならまだしも(でも、毎日は嫌…笑)

仕事でこの時間に帰宅は、さすがに悲しすぎる…。

ピアノの練習は当然ほとんどできず。

1日だけ23時半過ぎに、ノクターンだけ練習をねじ込みましたが、

いくら音を消しているとはいえ、こんな時間に練習するのは非常識ですから、20分くらいで止めておきました。

深夜だと、周りが静かなだけに、打鍵音がより一層響くんですわ(泣)

とにかく、次から次へと振られる雑用(営業さんからの依頼が主)が終わった後に、

本来やらなければならない仕事に取りかかるありさまで、

24日(火)から27日(金)の4日間の残業時間は20時間近くにもなりました。

この週だけだから良いようなものの、これが続いたら過労死しちゃいそうなレベルですよね~。

年末年始にかけて、仕事を持ち帰ろうかと思いましたが、

持ち帰るための準備に時間がかかりそうだったので、年明けに1日出社することとしました。

最低限の仕事だけこなしてこようかと思います。

あっ、今思い出したが、今月は決算月だったなぁ。全然手を付けていないぞ…。やべぇー(汗)

月次の締め+本店報告1件(書類は完成済み。お偉いさんの判貰ってFAXするのみ)+決算+銀行へのお使い。

………全部1月6日(月)にしなきゃならないことです。

新年早々死にそうです…(泣)

今年最後の記事も、やっぱり愚痴かい?(笑)



平成25年 試弾の旅・最終話です。

試弾の旅・1と2は12月19日(木)の話ですが、今回は21日(土)の話となります。

今年最後のレッスンでは、自分比で相当気持ち良く弾けて、気分はすっかりルンルン♪(死語?)でした。

その足でヤマハの楽器店のほうへ出向いて、防音室の契約をした、ということは前回書いたかと思います。

そのあと、ローン会社とのやり取り(書類の内容に漏れがないかの確認)の待ち時間に、

アビテックスの(BOX型)再体験をさせていただきました。

防音室の中に置かれてあるアップライトピアノを弾かせてもらったのですが、

その部屋の中に、デモ用の音調パネルが数枚一緒に置いてあるので、音がヘンに響き過ぎ。

アップライトピアノを久しぶりに弾いたけど、譜面台が低くて変な感じ~!(笑)

私が日々練習用に使っている電子ピアノは、グランドピアノと同じ高さに譜面台があります。

私も昔はアップライト(通称:なんちゃってアップライト…笑)で練習していたんだけどねぇ。

アップライトって、こんなに譜面台が低い位置だったのか…。慣れとは、かくも恐ろしい(笑)

*なんちゃってアップライト:私が所有していたカワイ製の電気ピアノのこと。
弦とハンマーが付いていて、ほぼアコースティックピアノであったが、音が小さく電気で音量を増幅できた。



だいたいバラ1を一通り弾いた位で、担当の方に呼ばれる。

ローン会社から、書類の記載漏れはないと連絡があったようで、ローン申込書の控えをいただいて終了。

やれやれ、またローン増えちゃったよ~(笑)


店員さんから、せっかく来たのだからと、グランドピアノの試弾を薦められる。

ここの楽器店には3台のグランドピアノが置かれている。3台ともCシリーズ。

時々楽譜を買いにお客さんが来る。

グランドが置かれてあるのが、楽譜売り場のすぐ脇なので、

弾いていると、他のお客さんの邪魔になっているような気がしてくる。

売り場の通路を隔てた反対側は、別会社の事務所になっているが、

ガラス越しに打ち合わせしているのがわかる。下手なピアノが耳障りだろうな~、などと考える。

ま、いっか。弾いていて楽しいし…。

一番性能が良いはず(高価い)のピアノの音が、なんだか逆の意味で気になった。

なんだか、音が前に出てこないみたいな…?向こうのほうから音がしていますみたいな感じ…?

ヤ○ハ銀座店とお店の作りが違うこともあるだろうから、これは置かれている場所のせいなのかも?


超高価な電子ピアノ「アバングランド」のN1とN2があったので、ちょっと触ってみる。

あれれ?高価なのに電子ピアノ、というタッチな気がするぞ…?

先日行ったヤ○ハ銀座店にはN3があって、これはほぼアコースティックピアノのタッチで、仰天した。

C1が買えるくらいの値段にも仰天するが…(笑)、

目隠しして触ったら、N3はグランドピアノだ、思ってしまうくらい自然な感触だった。

だけど、N1とN2はちょっと違うなぁ…。電子ピアノのタッチ感がちょっとする。


お店の方から金額を提示していただきましたが、私としてはもう少し違うのを弾いてみたいと思っています。

Yahoo知恵袋を物色しましたら、カワイの「Shigeru Kawai」(以下SKシリーズと記載)がなかなか評判がいい。

カワイのSKシリーズは、ヤマハのCシリーズとSシリーズの間の位置づけです。

ヤマハだったらSシリーズが良いなぁと思っていますが、さすがに高価で手が出ない。

そこで、SKシリーズの評判が良いのなら、一度音を聴いてみようと思いました。

仲間内の新年会も、間違いなく都内でやるでしょうから、

また午後にお休み貰って、弾きに行ってみようと思います。



いつもありがとうございます。続きは来年でーす!ローンばかり増やしてどうするよ?
banner (1)

2013/12/29 Sun. 04:40  edit

Category: 試弾の旅

tb: 0  |  cm: 10

top △

試弾の旅 その2(ヤ○ハ銀座店を冷やかしちゃった…汗)  

前回の続きです。

N市の中古ピアノ屋さんで、応対してくださった店員さんの名刺を頂いて、お店を出ましたが、

忘年会開始時間までに、まだ3時間強の時間があります。

で、次に向かったのがヤ○ハ銀座店。ピアノ中古屋さんがある駅から、電車で1時間くらい?

5階がピアノ売り場です。

以前行ったときは、防音室の説明を聞いて、実際に防音室なるものの体験をしてみたりしましたが、

肝心の?ピアノのほうは全く触らずに退散してしまいました。この根性なし~(笑)

今回はちゃんと弾いてみましたよ~。

バラードの楽譜を持って行ったので、数台パラパラと弾いてきました。

C5とかC6とかの大きいピアノも弾いてみました。

ここの売り場で気に入ったのがS4?
(だったと思う…品番に4が入ってるのはSシリーズしかないから。
奥行きが191cm。C3より大きいピアノだなぁと思ったので、これだけは覚えている…笑)

弾いてみて素直に「これ、いいなぁ…」と思った。

あとで調べてみたら、S4はお高いピアノだ…。

値段も見たつもりなんだけど、「高い!」と思わなかったんだよなぁ…。見間違いかなぁ…(不安)

今度行ったら品番もしっかり見てこよう。てか、ちゃんとメモれよ!

……だって、今日は完全に冷やかしで行ったんだもーん…(;´∀`)


1台、1,100万円のピアノがありました。どっひゃー(笑)

値段見てビビっちゃった…。さっき見たベーゼンドルファーより高いや~(笑)

「コンサートグランドに匹敵する」みたいな説明書きがありました。

これも弾いてみました。絶対買えないお高いピアノが目の前にあるのに、弾かない手はないよね。

これもとても良いピアノでしたよ。高いんだから当然…(笑)

ちょっとキラキラ系気味ですが、まぁまぁ嫌じゃない感じの音でした。

それと、ピアノの椅子が重すぎる(どこ見てるんじゃ?笑)

ちゃんとした?ピアノの椅子って、あんなに重いものなの?10kg以上ありそう?

弾くために椅子を動かそうとしたら、簡単に動かなかったし?


それにしても、1,100万円の隣のピアノよ、デモンストレーション(自動演奏)でバラ1弾くなよ(笑)

私の下手さぶりが増幅されるだろ?(爆)


普段、先生以外の人がいるところで弾く機会がないので、

試弾するのにちょっと勇気がいりましたが、これも慣れっスね。何台か弾いてみるうちに結構慣れました。

ヤ○ハ銀座店は「試弾させてくださーい」といえば、好きなだけ弾かせてくれるようですね。

弾いている先から営業されないので、気が楽だし、

ちゃんと椅子も置いてあって、練習の時のように、じっくり弾いてみたうえでピアノが選べるので良いかも。

下手くそなピアノを聴かされている店員さんには災難かと思いますが…(笑)

また冷やかしに行こうっと…(迷惑な奴…笑)


エレベータが来るのを待っていたら、すぐ近くにアップライトの前面ふた?が外されて

代わりにアクリルのボードがはまっているアップライトがありました。

アクションの動きが確認できます。面白がってちょっと遊んじゃいました。

ピアノのこういうメカニックなところも大好きです。


それから、3Fの楽譜売り場で楽譜カバー(ブックカバー)を、2Fで辻井伸行さんのCDを購入。

さて、次は「山○楽器」だ~!と思って時計見たら、18時…。やばい!ゆっくりしすぎちゃった…。

忘年会会場は「有楽町」駅から、電車で数個先です。

しかも、「いつも遅れてくるんだから、たまには早く来なよ~」と釘を刺されていることもあって、

山○楽器は次の機会にすることにしました。

次の機会は、仲間うちの新年会の時だな…。こんどこそ…(まだ買いませんよ!笑)


…to be continued.(まだ続くのか~!?笑)


いつもありがとうございます。ここはピアノがたくさんあって楽しかったです。
banner (1)

2013/12/24 Tue. 02:10  edit

Category: 試弾の旅

tb: 0  |  cm: 8

top △

12月21日の今年最後のレッスンは、自分比で最高の終わり方でした。 

試弾の旅の記事の途中ですが、

ここで、今年最後のレッスンの話を挟みたいと思います。

15日からの一週間は、なんとなく練習に集中できない日が多くて、自分でももどかしい思いをしていました。

19日の木曜日は試弾の旅+忘年会でしたし、20日は仕事で22時の帰宅。

20日の午後になって、上司から仕事を2件も振られてしまった。

しかも結構大変な仕事。今年中に何とか片づけなければならない。

どうして、もっと早く言ってくれないんだ?と思います。ゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!!

遅い帰宅でしたが、バラード、ノクターンとも練習しました。

私の場合は、追いつめられたほうが気合いが入るらしくて、金曜日は結構気持ちよく練習できました。



さて、レッスン当日の21日。

冬は手がなかなか温まらないのが困りますね。手が冷たいままだと指が動かない。

最後のレッスンはバラードを弾きたいなぁ。(´・д・`)

先生にリクエストしちゃおうかなぁ~と思いながら練習開始。

手が冷たくて、速いパッセージがもたつく。

今日も調子が出ないままなのか?そんな不安がよぎる。

通して2回弾いたところで、ようやく手が温まり始めた。

3回目の通し練習で、スイッチが入ってくれて、非常に良い感じに弾けるようになってきた。

その流れでノクターンへ。弾けないのは相変わらずだけど、それでもいつもよりかなり良い感じだ。

心配なのは、法則の発動だけだ。って、自己暗示かけてんじゃね?という感じですね。

*法則:家で調子が良いときはレッスンではダメ。家で調子が悪い時は、レッスンでは上手くいく。

試弾の旅で人前でも弾いてるし(人数こそ少なかったですけど…)、それがプラスに働かないかな?



今週も30分レッスンでした。

元々これがデフォですから、次のかたのお休みによる、レッスン延長の恩恵を期待しちゃいけませんよね。

こちらからリクエストするよりも前に、先生から、「今日はバラードにしましょうか?」と言っていただける。

嬉しい~!久しぶりにバラードを見ていただける!

久しぶりに先生の前で弾くので、ちょっと緊張してのスタート。

いつもなら弾き直してしまうミスを、止まらずにこらえて、なんとか先に進めることができたところが結構あった。

もちろん立て直せないところは弾き直してしまったけれど…。

ミスタッチするたびにしかめっ面したり、笑ってしまったりしたので、かなり百面相状態だったかも…(汗)

でも、弾くことがとても楽しかった。こころから楽しめた。

自分比ですが、たぶん今までのレッスンで一番楽しめたし、一番の出来だったかもしれない。

そして、この曲を弾けることが、とても幸せなことだと思いました。


「この曲はもうkusuさんのものになっていますね。とても楽しんで弾いていることが伝わってきましたよ!」

私にとって、先生のこの言葉は最高の賛辞です。

反面、テクニック的には、まだまだであることも指摘されました。

この曲の弾けないところだけ、がむしゃらに練習しても効果は薄いこと。

他の曲を練習していくことで、徐々に身についていくものであること。

そのためには練習曲を弾く必要もあること。(えぇ?ツェルニーやるんスか?と一瞬不安…全くしょーがねーなワタシ…笑)

バラードは、本来ならショパンのエチュードを弾く位のレベルの人が手がける曲です。

それをすっ飛ばした状態で、先生に無理言って練習させてもらった曲です。

テクニックが追い付いていかないのは、予測できたことです。

そこで、先生から提案。

「今手がけているノクターンがある程度弾けるようになったら、エチュードを練習してみますか?」

なんですと? キタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!

練習曲嫌いな私ですが、これだけは例外だと思いたい…。

ていうか、先生自身が言ったこと覚えていてくださるといいんだけど…(;´∀`)

ノクターンが形になるまでには、まだまだ時間がかかりそうだし…

先生が覚えているうちに弾けるようにすれば良いのでは?とか言わないで~。(´;ω;`)ムリポ



さて、12月21日のレッスンのあと、ヤマハの楽器店のほうへ行き、

防音室(アビテックス)の契約をしてまいりました。

工事に入るのは来年の1月20日からです。その週の土曜には工事が終わるようです。

初日の20日だけ休暇を取って立ち合いして、あとは鍵を預けて一任します。

マンションの管理組合に、リフォームの届出について、確認しておかねば…。



話は変わりますが、

来年も、5月に開催してくださるようです。ヨッシャー! キタ――♪ o(゚∀゚o) (o゚∀゚o) (o゚∀゚)o キタ――♪

販売開始は来年だけど、今度は1日券を取るぞ~、と書くと分かってしまうかな?(・∀・)ニヤニヤ

しかし、今回のは凄過ぎる…!横山先生って、もしかしてネ申?(笑)


いつもありがとうございます。我ながら、調子のよい時と悪い時の差が激しすぎです(汗)
banner (1)

2013/12/23 Mon. 01:38  edit

Category: ピアノレッスン

tb: 0  |  cm: 4

top △

試弾の旅 その1 (ベーゼンドルファー弾いちゃった…笑) 

12月19日に、「忙しいんだよ~」と言いながら、会社から午後休をいただきました。(本当に忙しいのか?)

夕方に、いつもの仲間と忘年会の予定があるため、

どうせ東京方面に行くのならと、やりたいことを実行するために、午後に休みを取ったわけです。

面倒くさがりの私にしては、結構な距離を移動しました。

軽い昼食を勤務先で取った後(おにぎり2個)、

まず、防音室をアビテックスでお願いしようと決めたので、ヤマハの楽器店のほうへ連絡を入れてみました。

せっかく午後お休みを取ったので、契約してきてしまおうと思ったわけです。(ハンコも持参)

しかし、残念なことに、担当の方が出掛けてしまって不在とのことでした。

金曜日に再度連絡を入れてみて、今年最後のレッスン(12月21日)の後にでも行ってみるとしようか。

店頭に置いてあるピアノの試弾もしてみようかな。

お店の方に強力にプッシュされても、まだ買いませんよー!置くところないし~(笑)


さて、私が向かったのは、県内のN市。電車を乗り継いで、1時間半弱かかります。

大きい中古ピアノ屋さんがあるので、行ってみることにしました。

ピアノがたくさんありましたが、やはりヤマハが多い。次がカワイ。当然ですね~(笑)

2008年製のヤマハのC3あたりどうですか~という店員さんのお勧め。

ピアノ教室のホールにあった、C3A(Artistic Edition)だ…。

ホールのピアノも弾きやすかったけれど、このピアノも弾きやすかったなぁ…。

Artistic Editionシリーズは弾きやすいのだろうか?ちょっと注目株?だな。

でも、中古にしては値段が高め。C1の新品が買えるくらいの値段。

他にサイレント機能付きのグランドピアノも数台、自動演奏付きも1台ありました。


輸入ピアノも見せていただきました。

ちゃんと温度と湿度を管理していると思しき、ドア付きの部屋のなかに置かれていました。

土足厳禁。スリッパで入るような部屋…。うひゃあ、緊張する~!

そのお店の技術担当の方が、ピアノを調整中のところをお邪魔しました。

その技術担当さんがピアノの説明をしてくださいました。

有名グランドピアノが十数台。スタインウェイが結構ありましたね。

約100年前のスタインウェイがありましたが、ちょっとレトロチックな音です。

スタインウェイはハンブルグ(ドイツ)製とニューヨーク製があるようですが、両方ともありました。

ベヒシュタインが2台、ベーゼンドルファーも1台ありました。

購入するわけでもないのに、数台ずうずうしくも試弾させていただきました。

気に入ったのがベーゼンドルファーです…。良いわぁ~これ!音が凄くイイ!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

値段見て………(  Д ) ゚ ゚ 

約800万円…って!(買えるとは思っていないですが…笑)

まぁ、スタインウェイにしても、ベヒシュタインにしても、

値札を見ると、顔からサーッと血の気が引くお値段です。宝くじが当たれば買えるかも?
私は一攫千金は狙わないタイプなので、宝くじは付き合いを含めて3回くらいしか買ったことがないです。
夢を買うより、そのお金で美味しいもの食べたい、って思う人ですから。あっ!ピアノレンタルもいいかも♪



最近、あちこちで名前を聞く、ディアパソンのピアノはアップライトのみ有り。

ちょっと弾いてみましたが、アップライトのせいなのか?そもそもそういう作りなのかわからないですが、

タッチが他のピアノとちょっと違う感じ。なんとなく電子ピアノ寄りなタッチ感?という気がしました。


先日、大阪でピアノのバーゲンが開催され、そこに出品したこともあり、

ちょうど在庫があまりない時に行ってしまったようです。

そのお店は、店頭以外に倉庫を所有しており、そこにもピアノを置いてあるそうです。

お店のホームページに在庫状況が出ているので、

気になるピアノがあったら、電話をしていただければ、調整して店頭に出しておきます、と言われました。

ホームページをまめにチェックしたいと思います。

遠かったけど、ベーゼンドルファーが弾けて、それがかなり自分の好みの音だったので満足。

願わくば、3分の1くらいの値段だったらな~と、寝ぼけたことを考えてしまいました(笑)

ベーゼンドルファーをレンタルできるところを、とあるかたから教えていただいているので、

機会があったら行ってみたいなぁと思っています。

…to be continued.



いつもありがとうございます。試弾の旅はじめました。
banner (1)

2013/12/22 Sun. 01:52  edit

Category: 試弾の旅

tb: 0  |  cm: 6

top △

断捨離中に出てきた懐かしい本 その2 + 12月14日のレッスンちょびっと(笑) 

12月に入って、いつもと同じ生活をしているつもりなのに、何となく気が急いている。

今月も、やらなきゃいけない仕事があと2つ残っています。

1つは半分くらい手を付けてあるのですが、

優先すべき仕事が入ってきてしまったので、後回しにしてしまっているものです。

取りあえず、たたき台を作って、上司の承認をいただいてから、十数人いる営業さんに確認してもらいます。

それから先が大変なんだけど、それは来年にしよう。なにしろ時間がかかるので、今年中に片づけるのは無理。

もう一つは、稟議書を1件作成すること。

資料集めからのスタートだけど、2~3日あれば何とかなるだろうと踏んでいます。

それより月末の処理が大変そうだ。会社は12月27日で終わりだけど、金融機関は30日まで営業しているからね。

お客様からの入金確認と伝票処理のための準備作業を、年末年始のお休み中にやっておかないと、

年明け早々、血を見る羽目(大げさだなぁ~笑)になりそう…。

お仕事セットを家に持ち帰りかなぁ…(号泣)。

12月30日から実家に帰るので、1月3日あたりに戻ってきてからの仕事になりそうです。

今回は、第三四半期の決算もある。期末や年度末の決算程、大変じゃないから良いのだけれど…。

年賀状の宛名書きもやらなきゃ…。20枚近く書いたけど、まだまだ。連休中になんとか終わらせよう。


前回の記事は、ネタ帳に書き溜めてあったものに、夜見た番組をむりやり…というような

ちょっと情けないものになってしまいました。

ちょっと読み返したら、たぶん自分しかわからんぞ~(笑)みたいな記事になっていましたので

少しですが、加筆しています。(でも、「自分しかわからんぞ~」は変わっていないなぁ?)

部屋が寒くて、キーを打つ指が動かない~。

こたつ出したい~。でも出してもすぐ撤収?

私という人間を限りなく怠惰にさせる、超が付く程危険な冬の暖房器具を、少しの間だけでもいいから出すかな~。



断捨離で発掘した(笑)懐かしい本シリーズの第2弾です。

これも古い本。今で言うムック本にカテゴリされる本ですが、

音楽の手帳から「ショパン」と「ピアノとピアニスト」いずれも1980年出版。
出てきた本・その2

おぉ~!amazonで検索すると、中古品ですが売られていますね~(出品者からの販売ですが)。

さすがに、これは市場にないだろうと思っていたのですが、すげぇなamazon…(笑)

目次の一部を掲載しておきます。寄稿文が結構多いです。面白いかどうかはビミョー(爆)
音楽の手帳「ショパン」目次 ←「ショパン」目次   音楽の手帳「ピアノとピアニスト」目次 ←「ピアノとピアニスト」目次

しかも字が小さくて、老眼入ってきているおばちゃんには、ちょっとしんどいものが…。

ド近眼なので、同年代の人より老眼の進みが若干マシのようですが、

それでも、いきなり細かい字の本とか見ると、一瞬本を遠ざけるしぐさをしてしまいます。

なさけねぇ…。これが年を取るってことだと、仕方なく自分を納得させるしかない。

その右がヤマハがから出版されている雑誌「音遊人(みゅーじん)」2010年の6月号です。

ピアノを再開したン十年前、ヤマハの教室の月謝を払うのに、クレジットカードを「作らされ」ました(笑)

たしかカード特典として、小雑誌が無料で毎月送られてきていました。これもその時の1冊でした。

ショパンの生誕200年に因んで特集号のこれだけ残し、残りは気になるページだけを切り取って処分。

出てきた本・その3
画像左が、森雅裕氏著の「モーツァルトは子守唄を歌わない」です。江戸川乱歩賞受賞作品です。(1985年出版)

ベートーヴェンが探偵役、弟子にツェルニーとシューベルトが出てくる。

私的にはかなり面白くて、何度も読み返しました。

その右が平野啓一郎氏著の「葬送」。

こちらは比較的最近の本です。21世紀になってから購入しましたからね(笑)

タイトルでもわかるように、ショパンに関する話です。2部構成で、文庫でも出ていたと思います。

正直に言ってしまいますが、これ、全部読んでいないんですわ(滝汗)

登場人物の名前が覚えられなくて、途中で訳わからなくなってしまいまして…。

この本は「いつか絶対ちゃんと読む」と思い続けて早やン年…(汗)

大好きなショパン様の話ですから、読みますよ!えぇ、ちゃんと読みますとも!(汗)



12月14日のレッスンについて少し。

「音楽一家」さんがいらしていたので、今週は30分レッスン。

時間がなくて、ノクターンしか見ていただけず。

今週こそバラードが弾けるかな?と思っていたのに…(泣)

ノクターンは、中間部の、poco piu lentは先週よりは良くなっている程度。

進歩が、自分でもほとんど感じられないのがもどかしい。

Doppio movimentoからは、とにかくメロディ部分を取り出しての練習。

和音になっても、メロディラインが意識できるくらい、練習する必要があります。

最初から和音で弾いてしまうと、縦のラインでしかとらえられなくなって、

ひたすら和音を弾き続けるような感じになってしまうからだそうです。


先生には月いちでいいので、お休み中のバラードを見ていただきたいとお願いをしました。

もちろん快諾していただけました。

今日はバラードを弾きたい、とお願いすれば、見てくださるそうです。

さぁ~、燃えてきたぞ~♪って言うか、ここ2週間ばかり、バラードばっかり弾いているので、

またもやノクターンが???な感じになってしまっています。それってダメぢゃん?


いつもありがとうございます。暑がりな私が唯一「寒い」とのたまう場所、それは我家。
寒がりの人が来たら凍死するんじゃないか?(ウソです…笑)室温14℃は寒いうちに入るのだろうか?

banner (1)

2013/12/17 Tue. 02:21  edit

Category: えとせとら

tb: 0  |  cm: 2

top △

断捨離中に出てきた懐かしい本 その1 

日曜日(12月15日)のNHKスペシャルで、コウジカビの番組を放映しておりました。(21:15~22:05)

まんが「もやしもん」石川 雅之著(敬称略)が大好きなわたくし、この番組を見てみました。

見るぞー!と朝から意気込んでいた割には、

放映直前にDVDを見ていたら、すっかり忘れてしまって、21時25分くらいから見ました(汗)

これです → NHKスペシャル「千年の味のミステリー」

見ているあいだ中、

石川 雅之氏が描かれる、オリゼーの絵が頭に浮かんでしまって困った…(いや、困っていないですが…笑)

オリゼー(二ホンコウジカビ‐Aspergillus oryzae) ← Wikipedia     
アニメ「「もやしもん」 ← 「もやしもん」タイトルの「も」の右下にいる、おさげ頭のヤツがオリゼーです。

このコウジカビ「オリゼ」を養殖?しているのが「もやし屋」です。(つい、「さわきー!」と呼びたくなる)
*「さわき」とは、まんが「もやしもん」の主人公、沢木惣右衛門直保のこと。彼の家が、もやし屋。菌が見えるという特技の持ち主です。
「オリゼ」が正式名称なのかな?まんがでは「オリゼー」(伸ばしている)です。個人的には「オリゼー」で慣れちゃってます(笑)


私の親戚にも、麹を作っていた家がありまして、よく甘酒をごちそうになりました。

板の上に置かれた米に、真っ白なカビ(麹菌)がびっしりついているのを見たことがあります。

私が子どもの頃の話です。世代が変わってしまったので、今は作っていませんが…。

因みに、その親戚の家の屋号は「麹や」でした。



断捨離をだらだらと継続中です。

先日は冷蔵庫、14日の土曜日は靴入れ(下駄箱)の掃除をしました。

押入れ内の断捨離のはずが、なんだか家じゅうの掃除に様変わりしてしまっています。

今回大掃除をして、記憶の彼方に忘れ去られていたものがいくつか出てきました。

モーツァルトのオペラ「魔笛」の楽譜も出てきました。(画像左上・タイトルだけの公開です)
出てきた本・その1 ← クリックすると拡大します。

「魔笛」は、私が高校2年生の時に、部活動の一環で文化祭で演奏した歌劇です。

もちろん、抜粋して1時間くらいにしたものです。

画像の楽譜は、本を1冊犠牲にして、

今で言う「自炊」(アナログ過ぎる「自炊」ですが…)でコピーした楽譜です。(1幕と2幕の2冊あります)

表紙を隠してしまっていますが、先輩によるステキなイラストが描かれています。

お見せしたいのはやまやまなのですが、公開すると身バレしてしまうので…ゴメンナサイ(汗)

下の画像は、夜の女王が歌う超有名なアリア「復讐の炎は地獄のように我が心に燃え」の楽譜の冒頭部分です。
モーツァルト「魔笛」より 楽譜左上の「まくあいている(幕開いている)」は、演奏中の裏方の注意事項です。

「復習の炎は地獄のように我が心に燃え」 ← こういう曲です。ご存知の方、多いのでは?


日本訳するとこんな感じです(先輩はこの歌詞で歌いました)。

我が胸、怒りに燃えて
死と絶望は我が前にひらめくぞよ
そなたがザラストロを討たずば、
ザラストロを討たずば、もはや我が子ではない。
永遠に娘ではない

(ここで超有名な高い声での聞かせどころに入ります。
一番高い声は中央「ド」から2オクターブうえの「ファ」です)

我が子ではない
(再度超有名な高い声での聞かせどころ)
最早、娘ではない

捨て去られよや
忘れ去られよ
砕けよ永遠に、この世のきずな
永遠にすべて砕けよ、この世のきずな

さなくばザラストロを倒せ
あわれ我が神もご照覧あれ!



日本語訳が古臭いですねぇ…(笑)

主に歌うのは3年生で、1年生と2年生は合唱の時に駆り出されて舞台で歌うくらいです。主に裏方。

公演前までに出演者の洋服を作ったり、

模造紙を何十枚も貼り合わせて、舞台のバックに貼る背景を描いたり、(しかも数枚!)

演奏中に使う舞台用の小物を購入したり、手作りしたり。

日曜も学校に行って裏方作業に没頭。時々、合唱部分の練習。

当日は舞台のカーテンの裏に巨大な背景画を数枚つるしておき、

幕間に背景画を巻き上げたり降ろしたり…。

しかも出来るだけ、ガサガサという音をたてないように、かつ、素早く行なわなければならない。

大変だったけど、面白かったなぁ…。

夜の女王を演じた先輩は、もちろんソプラノパートの方でしたが、

高い声を出すのが、とても大変だったようです。

文化祭の直前まで、この有名なアリアの超高音が出せない状態。

息が続かないので、超高音の部分の伴奏を速めてもらったりしていました。

でも、本番では見事に歌いきりましたよ。先輩のものすごい精神力に、ただただ感動…涙、また涙。


その下が、2006年に惜しくも亡くなられた岩城宏之氏の本「森のうた」と「棒振りのカフェテラス」

(2冊とも、トレーシングペーパーをブックカバー代わりにしています。)

岩城宏之氏は、本業は指揮者でしたが、文筆業でもなかなかの才能を持ったかたでしたね。

彼のエッセイは結構好きでして、数冊読んでいます。

「森のうた」は、岩城氏が芸大学生時代の話などが書かれています。

友人であった山本直純氏(指揮者・こちらも故人となられていますね)とのからみが面白い。

山本直純氏が、完璧な絶対音感の持ち主であったことがうかがえるエピソードとか、

面白おかしく書かれていますが、これって相当凄いことだと思います。

「棒振りのカフェテラス」は署名な音楽家たちについて書かれています。

あのアルゲリッチ氏の自由奔放さも取り上げていますよ。


その右がラジオ番組雑誌の一つであったFM-Fanの別冊「ピアノの本」です。(1979年出版)

ピアノの歴史とか、ピアニストや名盤(注・当時はCDではなくレコードです)の紹介など。

雑誌の別冊なので、内容的にはさほど詳しくは載っていませんが、

ピアニストの写真などは、皆さまお若い!と思いましたね~。



いつもありがとうございます。説明不足のところなど、記事追加しました。
続きを近日中に掲載します。

banner (1)

2013/12/16 Mon. 02:13  edit

Category: えとせとら

tb: 0  |  cm: 0

top △

ヤマハの防音室‐アビテックス‐の見積りを取りました。 

12月に入って、今年もあと3週間で終わり。

年賀状の印刷を依頼していたものが出来上がってきた。

宛名書きをそろそろ始めなければならないが、なかなかやる気が起きない。


10月に三浦さんのコンサートに行きましたが、

かつての上司が、コンサート会場の近くに住んでいらっしゃいます。

私は、6年ほど前に営業部へ異動したのですが、その前の部署(技術系の職場でした)の上司です。

直属の上司ではありませんでしたが、

「kusuさん、今ヒマ?」とか声をかけられて、そのかたの仕事を手伝ったりしました。

今(営業部)の仕事は、時間に追いかけられて、ギスギスした感じになっていますが、

前の部署は忙しかったけれど、まだ職種柄余裕がありましたので、

「手伝って!」と言われれば、手伝う仕事の内容によってはヘルプに入ることが出来ました。

「いつも手伝ってもらっているお礼」と称して、仕事帰りに飲みにも数回連れて行っていただきました。

いろいろと気にかけてくださった+ウマが合う方だったので、

近くに行くということもあり、コンサートの前に連絡を入れてみました。

そうしたら電話がつながらない。

電話案内に連絡して、その上司の住所を教えて電話番号を調べて貰いましたが、該当者なし。

えぇ〜!?と思いましたね。

結構なお年になっているはずなので、ちょっと縁起でもない考えが頭をよぎり…。


11月の終わりに、その上司から、「転居しました」というはがきをいただきました。(胸なでおろし…笑)

同じ町内ではありますが、駅からだいぶ離れたところに引っ越しされたようです。

確か、息子さんと別に住んでいるようなことを聞いた覚えがあるので、

ご高齢になってきたこともあり、同居に踏み切ったのかもしれません?

年賀状に「お近くまで行ったんですよ〜」と書いてみよう(笑)

来年?行く機会と時間があったら、ご挨拶に行きたいな、と思っています。


さて、12月最初のレッスンです。

音楽一家さんがお休みでしたので、1時間強のレッスンでしたが、久しぶりに超………な出来でした(泣)

今週は月初めの締めもあったりして、思うように練習時間が取れなかったこともありますが、

先週、今月中にバラードも見ましょうという超嬉しい提案をされたので、そっちに力を入れてしまった…(汗)

あきらかに練習不足です。

しかも、今週は先生にご相談することが結構あったので、時間が無くなってしまって

結局、バラードは来週になってしまいました。うーん…(泣)

今月にかかわらず、バラードは月いちペースで見ていただく提案を先生にしてみようかな。

合格になったわけじゃないし、良いのではないかと…?変な癖が付いていそうな気もするし…(汗)

ノクターンは中間部から、片手練習をもっと強化しなくては。このままじゃ弾けるようにならない。

左手が気合い入り過ぎて、左右の音のバランスが崩れてきてしまっているので、これも注意しないと…。

あくまでも主役は右手なのだから…。

それにしても、この曲、バラード1番より難しい気がするんですけど…。気のせい?

先生には、「いままで練習してきた曲全て、最後まで弾けるようにしてきたのだから、

今回も頑張りましょう!」と励まされました。

しかし、この曲を練習し始めてから、もうすぐ半年(6月29日からレッスン開始)になろうというのに、

全然進歩していないなぁ…。こんなことで良いのかー!?


ヤマハより防音室(アビテックス)の見積書をいただきました。

不必要な工事はせず、見栄えのよさも考えて最低限の工事での見積りです。以下の内容で工事提案。


1.部屋の形に合わせて、吸音材を入れる。吸音材の厚さは約12cm。もちろん押入れにも入れてもらう。
2.畳をはがし、床を少し上げ、防音・吸音板を入れる。床はフローリングになる。
  押入れのふすまは外し、クロゼットのような折戸に変更。中は棚板入れてもらって押入れ方式にする。
3.いまあるリビングとの壁はそのまま残し、防音室の外壁は隣接するリビングと同じような壁紙を貼る。
4.出入り口は、サッシ式とドア式を提案されましたが、ドア式のほうが防音性が良い。
5.ベランダ側のサッシの内側に窓がもう一つ出来る感じ(二重サッシ)。
  いまある障子は残す。(三重になる感じ?)洋室に障子は合うのか?
6.換気機能が防音室一式に組み込まれている。エアコンは6畳用の小さいもので可。
  エアコンはこちらで用意すれば、取り付けをしてもらえる。(見積りに含まれている)
  電気屋でエアコン買ったとき、取り付け工事費って別だったかなぁ?工事代込みだったら値切れるのか?
7.工事は1週間前後。来年の1月終わり〜2月くらいに工事可能。
8.支払方法はローン可。見積書には現金での支払い条件が書かれていて、思わずビビりましたが、
  これについては、支払計画書を作成して今週中に送っていただけるとのこと。
  取りあえず、費用の50%くらい内金を入れる予定でいるので、残高でローン計算していただく。


マンションの管理会社の見積りと比べると、40万円くらい安い。こちらは工事が3〜4週間かかる。

壁を取り外すとか、見栄えは良くなるのだろうけど、そこまでしなくても…というような工事も含まれている。

さらに駆け込みリフォームが結構入っているらしく、

3月末までに終わらない可能性がかなり高い→消費税がアップしてしまう。

消費税3%アップで、見積り金額がさらに10万円くらい上がる。約50万円の差…(汗)

ピアノの先生からも、ヤマハのアビテックスは良いと思いますよ、という話を聞いているので、

こっちに決めてしまおうかな、と思っています。約50万円の差は大きいし…。


その後に購入予定のピアノについては、とくに新品でなくても良いと思っています。

中古で良いのがあれば、それに越したことはないので…。

先生からも、新品のピアノはアクションがなじむまで時間がかかるというお話を聞きましたし…。

中古ピアノ屋を検索したら、千葉県内は圧倒的にヤマハの取り扱いが多い…。

電車で20分くらいのところに、中古ピアノ屋があるようだが、

その店のホームページを見に行っても、アップライトは在庫が見られるが、グランドは確認できない。

在庫ナシとは思えないのだが…?

取りあえず、お店の方に、中古ピアノの在庫状況の確認をお願いしましたので、

その情報次第では、足を運んで試弾してくるつもりです。

ところで、曲のレパートリー、増やしておいたほうがいいのかしらん?

取りあえず弾ける曲が2つしかないというのも…(爆)



いつもありがとうございます。鬼も笑う来年の話満載になってきました。ことしは「こたつ」どうしよう…
banner (1)

2013/12/09 Mon. 02:01  edit

Category: ピアノのある日常

tb: 0  |  cm: 18

top △

11月最後のピアノレッスンと、断捨離の本当の理由 

ついに、12月になってしまいました!

今年もあと今月を残すのみです。1年経つのは早いですねぇ。

年々、時間の経過が早く感じるのはなぜなんでしょうか?


昨日(11月30日)は、11月最後のレッスンでした。

エレベータで、同じ時間にレッスンを受けられている方と一緒になりました。

私のお隣の部屋でレッスンを受けられているおじさまです。

定年退職後、やってみたいと思っていたピアノを始めてみました、という雰囲気を醸し出していらっしゃいます。

レッスンを待っている間にも、楽譜を見て勉強されているなど、とても熱心なかたなんです。

そのかたと、ちょっとお話しましたが、「なかなか上達しなくて…」とこぼされていました。

私も同じだ。どんまいどんまい!(でも、私の場合、少し気にしたほうが良いかも?)


さて、3週間ぶりのレッスンです。

そんなに時間があったのに、上達感がないって何事!?という感じです。

今日は、「音楽一家さん」がいらしていたので、30分レッスンでした。病み上がりで、まだ少ししんどそうですね。

(注:「音楽一家さん」とは、私の後の生徒さんで、ご家族全員クラシック音楽好きというご家庭のマダムさんのことです。
病気療養中で長期レッスンをお休みされていました。その間、私はレッスン1時間強を堪能しました…と書くと人非人ですね)


あれれ?3週間の間に調律したのかな?

音の感じが何となく違うし、いつもより音がほんの少し高く感じたので、ちょっと戸惑う…(笑)

(つい最近までピアノの音が下がり気味でした。
音感ゼロの私ですが、同じレッスン室内にある電子ピアノと合わせると、音が下がっているのが分かりました。
先生が私の演奏?に合わせて一緒に弾くと、微妙に不協和音になって気持ち悪かったですね。)


ノクターンですが、最初の部分のミスタッチがようやくなくなってきました。

メトロノームで「Lent」ってどのくらいの速さなんだろう?と思って、

この3週間の間に、メトロノームに合わせて弾く練習もしてみました。

「Lent」って「遅い」というイメージがあったのですが、いざ合わせてみると、意外に速い…?

まったく、どんだけゆっくり弾いているんだよ、自分?という感じです。

で、自分がいかにトロくさく弾いているのか分かったので、

ここ1週間ほど、少しテンポアップして弾く練習をしてきました。(注:最初の部分だけですよ~)

レッスンでも気持ちテンポアップして弾いたところ、ベストな速度ですと褒めていただきました。

最初の部分を、あまりにゆっくり弾いてしまうと、

この後のアルペジオ満載の「poco piu lent」部分と差がなくなってしまうためです。

poco piu lentからは、今回はイマイチ。(理由は下の「今週のご指摘事項」を参照してください)

ラストの「Doppio movimento」からは左手だけの練習。

とにかく音が動きまくるので、片手ずつ練習でも、とても大変。

両手で弾ける日は果たして来るのだろうか?という感じに襲われています。



今週のご指摘事項

1.最初の部分のペダルは楽譜の通りに弾くこと。
  特に、左手の16分音符+4分音符のところはペダルなしで。

2.poco piu lentからは、上の音(メロディ)が、前回のほうがちゃんと出ていた。
  メロディがちゃんと聴こえるように弾くこと。(これは曲全体に言えることでもありますが…)

3.28小節目の右手3拍目の音は手が届かないようなら、下の「G」音を省いても良い
  (ちょっと弾きずらい和音ですが、届くので省かない方向で行く予定。
   この曲は、弾きずらい和音が結構出てくるので、瞬間的に和音が取れなくて苦労しています。)

4.オクターブ超えのアルペジオは、指使いを考えて弾き方を決めてしまうこと。

5.Doppio movimentoからの左手はスラーごとにクレシェンド、デクレッシェンドする。
  (真ん中を膨らませる。波のイメージで)

6.(Doppio movimentoから)曲の最初の部分「左手の16分音符+4分音符」と、
  同様の効果を持つ音型があるので、意識して弾くこと。(前回も言われているぞ~汗)


うぅ…まだまだ課題が多くて、先が全く見えない…(泣)。


12月中に、バラードをまた聴かせてくださいと言われました。

まぁ、出来るだけ毎日弾くようにしているのですが、

微妙に崩れてきてしまっているところがあるので、丁寧に復習するようにしたいと思います。


レッスン終わった後、ヤマハの方がレッスン室の近くで私を待っていました。

防音室の話を先生にしたので、その関係で営業をかけられています(笑)

取りあえず、部屋の採寸に来ていただき、見積りを取ることにしました。

マンションの管理会社から取った見積りも見ていただいて、何か話が聞ければ良いかな?と思っています。

私の通っているヤマハの教室には、

小規模の発表会なら出来るくらいの小さいホール(学校の音楽室みたいな感じです)があります。

そこにC3クラスのピアノ(Artistic Editionというものです。C3でもちょっとクラスが上?)があるのですが、

「弾いてみますか?」と言われて、「ホント?うきゃ~♪♪」という感じで弾かせていただきました。

ちょっと業者さん?がホール内で作業をしている最中でしたが、

お店の方が業者さん?に作業の中断を交渉してくださいました。

屋根全開で、ちょっと鍵盤が軽すぎ?(鍵盤の感じもレッスン室のピアノと違う~♪)と思いましたが、

凄く弾きやすいピアノでした。

バラードの楽譜をちょうど持って行っていたので、バラ1の最初、難しいところの手前まで弾きました。

ピアノの先生以外の人の前で、バラ1弾くの初めてだなぁ。

そのあと、見積りを作成して貰うために、担当の方に日程の確認の連絡をしてみるということで、

ヤマハのお店の方が「弾いていて良いですよ」と言って、部屋を出て行かれました。

時間にして10分弱でしたが、おもっきり弾かせていただきました。

広い部屋で弾くグランドピアノは、

スゴクイイ━━━━(T∀T)━━━━!!カンドウデ、ナケタヨ!

これは、とても危険な誘惑です(笑)


12月1日にヤマハの方が家にいらっしゃいました。

部屋の寸法を測って、プラン3つくらい出しておきますね、とのお話でした。

工期を聞いたら、契約後3週間で工事に入り、工事自体は1週間程度とのことでしたが、

私がいくつか追加提案をしてしまったので、10日くらいかかるかもしれない?

マンションの管理会社のかたにも話を通しておかないと…


コメントまでお読みの方は分かっていらっしゃるかもしれないですが、防音室を作る予定でいます。

そのあとに念願の…の予定です。(多重ローンで首が回らなくなりそう…汗)

家族には内緒です。言ったら「何考えてるんだ?オメーわ!」とか、むっちゃ怒られそう…(滝汗)

6畳間をまるごと防音室にすると、凄く良いグランドピアノが1台買えちゃいそうなお値段になるので、

頭痛が痛いです(←そんな日本語はない。正しくは頭が痛いです…笑)

断捨離を頑張っているのは、このためだったんですよ~。

部屋が狭くなってしまうので、(防音室には家具が置けない…汗)

荷物を減らさないと大変なことになってしまうのです…(汗)

ずいぶん捨てたんですが、あまり目に見えて減っていない気がするのはなぜだろう?

天袋は減りましたよ~。元の4分の1くらいになったかも?

今日で一通り押入れの中を点検したので、引き続き第二次断捨離に移行します。

ちなみに、今日のバラ1は絶好調でした~。自己採点31点が40点にはなったかも?

って、ヲイヲイ、まだその程度なのかい?いう感じです(ほっといて…笑)


いつもありがとうございます。消費税が8%になるまでに何とかしたいと思っていますが、果たして…?
banner (1)

2013/12/01 Sun. 22:36  edit

Category: ピアノレッスン

tb: 0  |  cm: 12

top △