ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

調音パネルがとどきました+最近購入したまんがの話(ピアノの森25巻&最遊記) 

ピアノの森25巻です。ピアノの森25巻 海!Congratulations!!

この言葉で、すっかりネタバレです(笑)

25巻は、ポーランドのコンテスタントである、レフ・シマノフスキーの演奏―から話はスタート。

そして、審査シーン・審査結果の発表と続きます。

どうやら、次巻(26巻)で完結のようですね。

切なる願いへ向けて、一の瀬海くんは大いなる第一歩を踏み出しました。

26巻はその「切なる願い」と、恩師である阿字野先生との別れの物語―となるのでしょうか?

とても気になるところです。

お気に入りのマンガがまた一つ終わってしまう…。ちょっと寂しい…。(「もやしもん」も完結してしまったし…)

このピアノの森25巻ですが、発売日に購入してざっと目を通したものの、まだじっくり読んでいません。

なぜか…?
こちらを先に読んでおりましたので…(笑)最遊記RELOAD BLAST 2巻 最遊記RELOAD BLAST2巻です。

この2巻ですが、7月に発売されていたのに、全然気づかなかった。なんという不覚!!

最遊記も、読みだしてから10年以上のお付き合いとなります。

シリーズものになっており、ちょっとした小宇宙を形成しております。


・最遊記(1~9巻) … 始まりの物語。
          西へ旅立つ玄奘(げんじょう)三蔵一行を待ち受けるのは、あまたの妖怪の群れ…。
・最遊記RELOAD(1巻~10巻) … 最遊記の続編。旅はまだまだ長い…。(アニメ化され、TV放映されました)
・最遊記外伝(1巻~3巻) … 最遊記から500年遡った天界の話。
             三蔵・猪八戒・沙悟浄の前世の話?ラストはマジに泣けます。
・最遊記RELOAD BLAST(1巻~2巻・以下続巻) … 最遊記RELOADの続編。 
                       4人いるらしい三蔵法師の一人紗烙(シャラク)三蔵と出会う。
・最遊記異聞(1巻~・以下続巻) … 玄奘三蔵の師匠である、光明(こうみょう)三蔵の物語。
                 光明(峯明)の性格がアレなので、物語が時々コメディぽくなっています。


他にオリジナルアニメとか、ドラマCDとかいろいろ発売されているようですが、
コミックスは上記全巻所有しています。
*ちなみに「三蔵」と言うのは肩書だそうです。ようするに「部長」とか「課長」みたいな…(笑)

今どきの兄ちゃんが、三蔵法師とその従者となっております。

玄奘三蔵ご一行 左から、沙悟浄・猪八戒・孫悟空・玄奘三蔵です。普通に兄ちゃんです(笑)

4人そろった最遊記らしい服装のイラストがなかなかない…。
ネットで検索しても、小さな画像のものしかないので、所有の画集を撮影しました。




さて、10月19日にヤマハ銀座店で購買契約した調音パネルが、25日土曜日に届きました。
今までお借りしていた調音パネルです。→ いままで借りていた調音パネル

購入したパネルを組み立てて、中身を取り出した空き箱に、お借りしていたパネルを入れて返却です。

箱自体が結構大きくて、捨てるのも大変なので、

パネルをお返ししながら、箱の処分も一緒にお願いしてしまおうという、ちゃっかりさです(けけけ…笑)

4枚お借りしていましたが、予算の関係で3枚の購入。

調音パネル床置き 1枚はグランドピアノの下に敷く。

調音パネルその1   調音パネルその2 残り2枚は部屋に立て掛けてみた。(恒例:壁がモアレっている…!)

1枚少ないだけですが、音の響きがなんとなく変わった気がする?

冬に向けて、早く厚手のカーテンを購入しなくては…。(まだ買ってなかったのかよ?と言わないで~汗)

カーテンを取り付けたことで、またここの音響も変わるだろうし…。

26日にヤマハ銀座店のKさんがいらっしゃり、ようやくお借りしていた調音パネルをお返しできました。

8月の初めにお借りしたので、3か月近くもお借りしていたことになります。

箱詰めしておいて正解でした。梱包用の箱とか持ってきていなかったので…。

それにしても、そのまま車に積んだら傷つかないか?貸出し用とはいえ、備品だと思うのだけど…?

(注:お借りしていた調音パネルは、ヤマハ千葉店の備品?です。)

せめて気泡緩衝材(いわゆるプチプチ)くらい持って来なさいよ~!?大丈夫ぅ~!?

と、ちょっと不安になってしまったkusuなのでした。




25日のレッスン。右手片手練習で中間部手前まで。

リズムがグダグダです…(とほほ…泣)

オクターブ和音をつかむのが精いっぱいで、まだリズムがうまく決まらない。

来週までに左手の片手練習です。アルペジオが大変だな~。

11月1日のレッスンの次が15日なので、「両手で練習してきてくださいね~(^^♪」とか言われそうだなぁ…。

最初の部分だけなら、両手での遊び弾きを少し始めていますが、

両手の跳躍+オクターブ和音はなかなかに大変…。



いつもダラダラ+ヲタ記事をお読みいただき、ありがとうございます。
banner (1)

スポンサーサイト

2014/10/26 Sun. 23:38  edit

Category: ピアノのある日常

tb: --  |  cm: 10

top △

試弾の旅・番外編 その1 ベヒシュタイン試弾会のお誘いをいただきました。  

すっかりサボり癖がついてしまった我がブログですが、



10月19日に、なんと!ここへ行ってまいりました~。
1階が汐留ベヒシュタインサロン

単にビルの写真じゃないか?って、この写真じゃ、何が何だかさっぱり分かりませんよね(;´∀`)

ちなみに周りにはこんな建物が…!
周りの町並み

モダンで、実におしゃれな町並みですね~。まるで日本じゃないみたいです。日本だけど…(爆)

はい、このピアノを弾きに行ってまいりました。
 ベヒシュタインベヒシュタインです。

さる方より、試弾会のお誘いを頂きまして、

一人30分の割り当てということで、予約をお願いいたしました。


外国産のピアノは、去年の年末に中古ピアノ屋さんに出向いたときに、

ちょっとだけ弾かせていただいたのが最初です。

赤いじゅうたんが床に敷かれているし(国会議事堂か?笑)、土足厳禁、空調完備です…(;゚Д゚)ドヒャー!

高価なピアノたちが、ドーンと十数台、一堂に会している風景は、まさしく圧巻で、

私はすっかり圧倒されてしまって、ちゃんと弾いてみたのはベーゼンドルファーだけ…。

他にスタインウェイや、ベヒシュタインもありましたが、ちょっと音出ししてみただけ~の情けなーいありさま。
(注:赤いじゅうたん・土足厳禁・空調完備は、中古ピアノさんの様子です。ご注意ください)


この中古ピアノ屋さん訪問以降、外国産ピアノは弾いていません。

なので、ベヒシュタインをちゃんと弾いたのは今回が初めです。

外国産のピアノ=なんとなく鍵盤が重そうで、軽いタッチに慣れてしまっている私にはちょっと弾きずらい?

と思っていたのですが(完全に偏見の世界ですよね…笑)とっても弾きやすいピアノでした。

どういう音か、言葉でうまく言いあらわすことが出来ないのが、なんとももどかしいですが、

ヤマハやカワイのピアノとは全然違う音です。って、当り前ですけどね…(^^ゞ

私の好きな音だったので、弾いていて楽しい(^^♪
kusuの後ろ姿 誰だよ?コイツ…(笑)  エチュード10-9を弾く 弾いているのはエチュードop,10-9です。


それから、今回お誘い下さった方より、ショパンのバラ1とバラ2を聴かせていただきました。

目の前で弾いてくださり、とても感動してしまいました。あまりの凄さに鳥肌が立ってしまったくらいです。

私が弾くバラ1は、根本的に何かが違う、という気がいつもしてしまうのよねぇ~。

なんだろう?アクセントの付ける場所が違うのか?タッチの違いなのか?速度はもちろんだけど。

バラ2…先生は頑張ればできるとおっしゃいますが、今回、目の前で聴かせていただいて思ったこと…。

それは、ムー(;´Д`)リー!!

しかも、最近エチュードばっかり練習していて、あまりバラ1を練習していないので、あちこち怪しい~(^^;)

試弾時間は一人30分と決められていたのですが、

つい、あまりに楽しくて、一人で来たのではないということをすっかり忘れてしまった…。

試弾会にお声をかけてくださったかたのことをすっかり忘れて…Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)アッ!ヤバッ!

申し訳ない+大変失礼なことをしてしまいました。本当に申し訳ございませんでした m(__)m

この後、銀座でお別れして、お互い別行動となりました。お誘いいただき、ありがとうございました。


銀座と言えば、ここは外せませんね~!ヤマハ銀座店さん! 
ヤマハ銀座店さん

防音室担当のKさんとお会いして、調音パネルの契約をしてきました。

以前から「○○日に伺います」と、Kさんから連絡を頂いていたのですが、

なぜか約束したその日に、台風がやってくる…で、延期。(雨男さまならぬ台風男さま?)

更に、防音室担当はKさん一人しかいないので、お店を空けられない日もあるとのことで、

8月にお借りした、お試し用の調音パネルは、いまだ我が家に設置したままです。

以前、私の担当をしてくださっていたYさんは、体調を崩されて、現在休養中とのことです。

Yさんには、防音室の件で良くしていただいたので、体調を崩されたと聞いて、とても心配しております。

今日も明らかに購入目的で来ていると思われるご家族がいらっしゃって、

そこのお嬢様(小学生)が、一生懸命、いま練習していると思われる曲を弾いていらっしゃいました。
(弾かれていたのは、ギロックの秋のスケッチかな?違うかな?)

邪魔したら可哀想な気もしたし、他にも行きたいところがあるし、早々にお店を出ました。


それから山野楽器銀座本店さん。

エキエル版のミニチュア楽譜なんて売っているんだ~!へぇぇぇぇぇ~。(´▽`)

普通の楽譜の半分の大きさ。弾くためには使いずらいけど、参考に見るだけならいいかもしれません。

ミニチュア版楽譜は、普通のエキエル版の約半分のお値段ですが、

エキエル版自体が高価ですからね…(半額でも2000円台)(;´∀`)タカーイ!

以前このお店で見たミニチュア版楽譜は、今回見当たらないなぁ…。あの楽譜、出版社どこだったかなぁ…??


お気に入りの文房具店の伊東屋さん。
伊東屋さん 現在、店舗建て替え中につき、ここは仮店舗です。

店内は人がたくさん!まさしく大盛況の感です。

仮店舗のため、ちょっと狭い店舗内、冷やかすのも命がけ…(嘘です…大変なことは確かですが…笑)

音楽っぽい手帳をようやく見つけたけれど、ちょっと使いずらい感じだったので、購入を見送る。

鍵盤柄・音符柄って、ありそうで本当にないですよね~。なんでだろ?

これらの柄って、音楽・ピアノ好きにはたまらないモチーフだろうと思うのだけれど?


それにしても、銀座って、いつ行っても人がたくさんいる。表参道へ行った時も思ったけれど、

いったいどこから、これだけの人間が湧いてくるんだろう?謎だ…。
(カワイ表参道さんに行ったときも、同じことを思ったので…笑)



いつもダラダラ記事をお読みいただき、ありがとうございます。
banner (1)

2014/10/20 Mon. 01:44  edit

Category: 試弾の旅

tb: --  |  cm: 18

top △

人間ドックの前日は、ピアノ練習のまえにご飯を食べよう… 

10月10日に、人間ドックを受けてきました。

やはり一番つらかったのか、胃のレントゲン。

何回も受けているので、慣れていますが、今年はちょっとハードでした。

夕べ、食事を摂るのが遅すぎたのがマズかった。

ごはんよりピアノが優先…普段の日ですが、帰宅後3時間くらい弾いてましたからねぇ…(;´∀`)

それからごはん。しかも結構がっつり食べてしまった…(;´∀`)

朝起きたら、胃が自らの存在を主張してる…ヤバーい、マズーい!


滞りなく検査が進んでいき、最後が胃のレントゲンです。

検査がなんだかいつもより長いような気がするなぁ…?と思っていたら、

先生がモニター室?から出て来られて


doctor:朝食取ってないですよね?
kusu :夕食が遅かったので…。もしかして胃にまだ残ってますか?
doctor:胃液が多くてバリウムが胃壁に付かないんですよ~。もう少し胃を膨らませてみますね。


と、再び発泡剤(炭酸)の顆粒を飲まされる羽目に。発泡剤おかわりって、罰ゲームっすか?(T_T)

これが無茶苦茶苦しくてキツイ。

もう、のど元まで炭酸来てまーす!という感じ。

おかげでお腹パンパンで、胃がキリキリ痛くなってくるし、散々…。もう涙目の世界…。(T_T) 


doctor:解像度が多少悪くなってしまっているので、
    ポリープじゃなくても、そういうふうに見えてしまったりするかもしれません。


の一言のおまけつき…(T_T) 

ピアノの練習も大事だけど、人間ドックの前日は、練習よりも先にご飯を食べよう!と決心した私でした。


検査が終わって、すぐ結果が出るものについては、検査結果を教えていただけるのですが、

それまで3時間半ほど時間があります。

で、病院近くのショッピングモールへ行くことにしました。病院から歩いて20分くらい。

店内は、平日の午前中のせいか、まだ人があまりいません。

イオンモール店内 ここは、入ってすぐのところです。分かりずらいですが、通路がずーっと奥まで続いています。

ここのショッピングモールの端まで行くのに、どれくらい時間がかかるんだろう?

ピアノのI先生から教えていただいた本屋です。蔦屋書店さん。

蔦屋書店

本屋と文房具屋とCD+DVD屋が一つになっています。

コーヒーなどを飲めるブースもあります。

CD+DVD屋はTSUTAYAさんです………って、あれー?蔦屋書店にTSUTAYA?

ここ、TSUTAYA系列の本屋なのか~。へぇぇ~。(^^♪

先生が「名前が出てきませんけど聞いたことある本屋です。見た目が図書館みたいですよ」とおっしゃっていたので、

「三省堂書店とか、ジュンク堂書店ですか?」と訊いてみたら、

そういう名前ではないとのことだったので、気になっていたのですが、この名前なら納得です。

確かに見た目が図書館!専門的な本が結構たくさんありましたが、

時間に制約があるので、あまりゆっくり背表紙も見られませんでした。

試読用の机と椅子も完備されていて、座って読んでいらっしゃるかたもちらほら。

今度、ゆっくり来よう…って、次に来るのも人間ドックの時だろうなぁ…。

でも、音楽関係の本は、ヤマハ銀座店さんや山野楽器銀座本店さんのほうが遥かにありますね~。あたりまえか…。

広いショッピングモールなので、目的もなく漠然と歩いていると結構疲れますが、

昼食も摂らなきゃいけませんし、ほどほどのところでお店を出ました。

人間ドック代金の中に昼食代が入っているとは思えませんが?(込みかな?)

病院指定のお店で食べると、昼食代が無料になります。中華と和食がありますが、和食にしました。

ぶた肉のしゃぶしゃぶに天ぷら、揚げだし豆腐…美味しかったです。

お昼これ食べた 左上が紙の鍋に入ったしゃぶしゃぶです。
食べ始めてから「あっ、写真撮らなきゃ」と思ったので、全くの食べかけ状態。天ぷらがほとんどない…(;´∀`)


病院に戻って、すぐに結果が出ないレントゲン検査系以外の検査結果だけ聞いて、

喫茶店でゆっくりコーヒーを飲んでから帰宅しました。

やはり、コーヒーを飲まないと調子が出ないわ~。

体重が5kgくらい去年より落ちているので、数値が劇的に改善されたかも?と期待したのですが、

血圧が下がったくらいかな?

ここずっと、上が140とか普通だったので、

毎年、血圧測定時には、看護師さんからいつも「深呼吸してくださーい」と言われていました。

深呼吸すると、若干血圧が下がるのですよ~。って、普段の血圧を計るんでないかい?

信じられないくらい血圧が低くなっていて、「ヤバくね?」と思ったくらい。(上が110切ってしまいますた)

全くの正常値なのですが、今までが今までなだけに…(^^;)

他の数値は、やはり年齢とともに、どうしても上昇していくので、去年とほぼ変わらず。

ちなみに5kg体重落ちたのは、去年の終わりから、今年にかけて行った断捨離の副次的効果です。


体を動かすことによって消費されるカロリー>食事から摂取するカロリー

と言うわけです。体を動かして体重を減らすのが、やはり一番良いダイエットですね。

○○断ちダイエットと言うのは、体に必要な栄養素を取らないことにもつながるので、

良いダイエット方法ではないようなことを聞いたことがあります。

やはりバランスよく食べるのがいちばん、ってことでしょうか。


ユンディ・リ氏の演奏会まで、早いものであと1か月となりました。

ぜんぜん、勉強してないな~(;´∀`)

演奏会は夜なので、それまでに何をするか考えていましたが、一応決まりました。

なかなか普段出来なそうな?(そうでもないかな?)体験をしてきます。

たいしたことではないですけど、今からこれが楽しみで仕方ありません。

もちろんヤマハ銀座店さんにも行って営業妨害したいと思います(ヲイヲイ…(;´∀`))


鍵盤柄の2015年の手帳が欲しくて、あちこち探して歩いていますが、

鍵盤柄って、ありそうでないですね~。

透明ビニールカバー付きのいたって普通の手帳を購入して、

自分で描くか、ピアノ画像(もちろんうちの子のです)を印刷してカバーの内側にセットするしかないかなぁ?



いつもダラダラ記事をお読みいただき、ありがとうございます
banner (1)

2014/10/11 Sat. 00:14  edit

Category: 年には勝てない老体のこと

tb: --  |  cm: 14

top △

10月4日のレッスンは、ダメ出しの嵐ですた…(;´Д`) 

前に教えていただいていた先生のお話を少ししましょう。

今の先生の前のK先生には、10年くらい教えていただきました。

非常にまじめ、かつ、寡黙な先生で、曲や音楽に関係ないおしゃべりはほとんどしませんでした。

K先生からは、ずいぶんと「脱力」の必要性を教えられました。

ハノンで手の甲に消しゴム乗せて弾くとか、

弾いているときのご自分の腕を私に触らせて、

「脱力するって、こういう感じになることですよ」と身をもって教えてくださったり、

30分の短いレッスンの合間に、楽典の基礎の基礎まで教えていただいた。→でも、全然身についてない…(;´Д`)

なのに悲しいかな、脱力は当時ほとんどできませんでした。

ちょっと難しい曲を練習しようものなら、途中で手が疲れて、青息吐息状態…。


「脱力ってこんな感じ」と言うのが漠然と分かってきたのは、

現在教えていただいている、I先生に変わってからです。

時間をかけて少しずつ積み上げてきたものが、ようやくここで開花し始めたのか?

でも、ツェルニーの練習曲は好きではなかっ……え~ゴホンゴホン…(;´∀`)テヘッ!

I先生は、ある程度なら身の丈の合わない曲も練習させてくれますが、

そういう曲は「脱力」がまったく出来ない状態では弾けないわけで、

なんとか弾けるようにと悪戦苦闘しているうちに、なんとなくわかってきた、みたいな感じでしょうか?

しかし、完全に身についているわけではないので、早く弾くところは、力が抜けていません。

早く指を動かそうとして、かえって力が入ってしまいます。

相変わらず譜読み段階では、腕に力が入ってしまい、ぎこちない感じですが、

曲に慣れてくると、徐々に力が抜けていくのが分かります。

また、その日の体調とか、気分によっては、手に力が入ってしまったりも…。


さて、新しい曲をいただいたものの、

今まで練習していたエチュードが、自分では全く納得できていない出来なので、

相変わらず課題曲よりも熱心に練習してしまっています(;´∀`)


練習比率 6(エチュードop.25-7):3(同op.10-9):1(新しい課題曲)…って、もうお決まりのパターン…

どう弾きたいのか、というイメージが今だに貧困なせいもあるのですが、

まぁまぁ弾けているのにも関わらず、気に入らない箇所が点在します。

「うーん…ちょっと違うんだよな~」とつぶやきながら、

あれこれ思考錯誤しながら弾いておりますが、これが意外にも?とても楽しい~!

で、ついつい練習比率がおかしなことに…。

怪しすぎる中間部も、自己採点30点から進歩させるべく練習しておりますが、

「うーん…全然進歩してない…(汗)」な調子。

最後のほうにも左手が忙しいところがあります。

こちらは半音階を急速に弾くのですが、高頻度で指がもつれて、音を1~2個すっ飛ばしたりしています。

こんなで大丈夫かよ?ワタシ…!


新しい曲に入りました。

先生、ひょっとして忘れていて(笑)エチュード見てくださったりして…?

と、ちょっと期待しましたが(ヲイヲイ…(;´∀`))

やっぱり忘れていませんでした…(あたりまえだっちゅーの!)

「日本文化国家」とは、この曲のことです。前回記事では、分かりずらい表現で失礼いたしました

さて、「何の曲でしょう?」明らかに無謀曲です…(;´∀`)コリナイヤツダナ…。

Chopin Scherzo op31 ← 1ページ目を表示させないところが自信のなさの表れ…(笑)

楽譜を見て、弾き方に疑問をもった箇所があったので、
なぜにこの指使い ← 下りのアルペジオを、両手で分けて弾いている?ホント?

参考になるかな~?と、ツィマーマン氏のDVDを見てみました。

DVD:「♪♫♪ツィマーマン氏は華麗に弾いている♪♫♪~」
kusu:「なんで、こんなに軽やかに弾いているんだよ(プロだし…)指こんなに速く動かないよ~」
DVD:「♪♫♪ツィマーマン氏はさらに華麗に弾いている♪♫♪~」
kusu:「………全然弾ける気しねぇ~(;´Д`)」


と、超弱気です。

でも、弾き方に対する疑問点は解消されました。

しかし、なぜにこういう弾き方を指定しているのですか?ショパン君…?


さて、レッスンは右手片手練習です。

のっけからいきなりのダメ出しです。

音がそろってない。完全に指が転んでしまっています。

利き腕の右手で転ぶってどうよ?
左手になったらどうなるの?
さらに両手になったら…

うぅー頭痛が痛い…(注:こんな日本語はありません。良い子のみなさんは「頭が痛い」と言いましょうね~(爆)」

しかも、なまじ曲が分かるものだから、全然、楽譜に忠実に弾けていません。

タイとか休符のカウントが全然できてない。

「ここは音を保持ですよー!」

「音の入り方が早い早い!」

今回ご指摘いただいたのは、この言葉ばかりですた…。初心者ッスか?(T_T))

弾き方の疑問点については、私がお聞きする前に、ちゃんと説明してくださった。

それから、衝撃の?ひとこと!

「しばらくCDを聴いてはいけません!」

CDを聴いてしまうと、楽譜の細かいところを見ようとせずに、感覚だけで弾いてしまうからだそうです。

弾いているピアニストは、きちんと勉強したうえで、楽譜に忠実に弾いていますが、

練習を始めたばかりの生徒には、メロディラインしか聴こえてきませんからね~。

ちゃんと曲が分かるようになるまで、CDや諸々の音源は封印です。


先生の楽譜はヘンレ版だ!私の楽譜はパデレフスキ版…。

そういえば、ヘンレ版のミニチュア楽譜が家にあったなぁ…。

購入したのが相当前(出版年が昭和60年となっていた…汗)なので、

多少細かいところが変わっているかもしれないが、レッスンに持って行ってみようかと思います。

あれっ?弾き方の疑問点部分、ヘンレ版では何も触れてないぞ~!



いつもダラダラ記事をお読みいただき、ありがとうございます。
banner (1)

2014/10/05 Sun. 23:44  edit

Category: ピアノレッスン

tb: --  |  cm: 13

top △