FC2ブログ

ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

今日はレッスンお休みでした。 

毎日寒い日が続いております!

1月30日(金)は、関東地方でも雪が降りましたが、私の勤務先周辺はずっと雨でした。

他県から通勤してくる同僚によると、千葉はやはり暖かいのだそうです。

「こっちは雨なの~?うちのほうでは雪が降っていたのに!?」という声も聞こえてきました。


1月26日(月)に、かなり遅めの新年会を、いつもの飲み仲間としました。

寒いので冬の定番!鍋です。都内までちゃんこ鍋を食べに行きました。

鍋は体が温まってとてもいいですね~。

私は、普段あまり野菜を摂らないのですが、鍋となると話は別です。野菜食べまくりです(鍋野菜美味すぎ!)

この仲間のなかにマラソン大好きなかたがいるので、しばしばどこに走りに行くか?という話になります。

今年の東京マラソンに応募して当たった方がいるので、応援に行くことになりそうです。
(注:東京マラソンは参加希望者が多いので、抽選なのです。)

毎年6月に開催される、恒例「さくらんぼマラソン」の話も出ましたが、

同日に北海道で開催される「美瑛ヘルシーマラソン」のほうに出たい!という人が出てきました。

今年はどうなっちゃうんだ?二手に分かれての参加になるのか、どちらかに決まるのか?

さらには来年、「ヴェニスマラソンへ行こう!」なんて話も出ているし…。

ヲイヲイ、話が凄すぎるよ~!その旅費は、みなさんどこから捻出しているのじゃ~?

ヨーロッパ方面には旅行したことがないので、イタリアには行ってみたいが、

何しろローン攻めで、毎月ぎりぎり(赤字かも?)の生活をしているワタクシには、

数十万円もの旅行資金など、とてもではないが捻出できない…(泣)


31日(土)の夜に放映した「関ジャニの仕分け∞」で、「ヴァイオリン王決定戦」をしておりました。

ヴァイオリンはピアノと違って、自分で音を作っていく楽器ですから、まず、正確な音で弾くこと自体が大変ですね。

そのかわり、上達すれば、自分の身体の一部のように、自在に抑揚をつけて演奏することができる。

4人のかたがヴァイオリンを披露してくださいましたが、音程の狂いがほとんどなくて驚きです。

私のピアノの先生が言っていたことですが、小さい子どもさんにヴァイオリンを習わせる場合、

少しの間だけでも良いので、ピアノも併用して習ったほうが良いそうです。

簡単に正しい音が出せるので、音感を付けさせる意味あいからだとか…。

ピアノは簡単に音は出せるけれど、楽器の構造上、歌わせることが非常に難しい楽器です。

プロでなくても、流暢に、それは素敵に歌うピアノを弾かれる方はたくさんいらっしゃいます。

何十年も弾いているにもかかわらず、超へたくそな私との違いはいったい何なんだろう?


今週のレッスンはお休みでした。

1月31日はシューベルトの誕生日だそうですね。

だから、というわけではないのですが、昔弾いた即興曲op.90-3を少しだけ練習しました。

10年以上前に練習した曲なので、すっかり弾けなくなっていますが、

かなりヨレヨレではありますが、最初の部分だけなら、なんとか初見で弾けるかな…?

結局、シューベルトで15分くらい遊んでしまいました~。

この曲も、遊びではなく、きちんと弾けるようにしたいと思っている曲のひとつです。

週イチペースでも良いから、欲張らずに少しずつ練習してみようか…?(でも、余裕あるかな?)

その後、なんとか弾けるようにしたエチュードのうち、op.10-9をさらう。

毎日弾いているわけではないので、脱力の感覚を忘れてしまうのか、弾き始めはどうしても左手に疲労感が…。

こちらは何回か弾いているうちに勘を取り戻すようで、疲労感も無くなってきます。

自分にとってツボ部分がやはり難しいです。直前の流れから上手く入れない。

始めから弾かずに、いきなりこの部分から弾きはじめることも多いのですが、

今一つスムーズに弾けず、たどたどしさが残る気がする。

さらに右手オクターブがつかみきれずに時々音が濁る。なんとも情けない有様です(*_*;

それから、最近すっかり週イチ曲になってしまっているバラード1番に取り掛かる。

怪しくなっているところが以前と比べ、増えている… 

まぁ、レッスンから外れて1年以上経過してますし、

ヨレヨレながらも、最後まで何とか弾けるだけマシなほうなのか?

レッスンで弾かなくなったことで、弾けなくしてしまった曲がごまんとありますからね…(もったいねぇ~!)

片手ずつ何度も練習してみるが、両手だと弾けるのに、片手で弾くとヨレヨレになるって何だろう?

片手で出来ても、両手になると「あれれ?」になるところもある。

もう少し片手練習を強化してみる必要がありそうだ。

それからエチュードop.25-7。相変わらず、中間部の左手が忙しいところが、一息で弾けません。指がもつれる!
        ↓ ここ!
Chopin Etude 25-7 25-27小節    Chopin Etude 25-7 29-36小節
                       ↑ ここ!
そのあとの、右手がメロディを弾くところの自分の弾き方が気に入らない。 

右手でメロディと和音の刻みを弾くので、メロディが途切れないようにと気にして、

変に手に力が入っているというのが自分でも分かる。

そのせいで音が硬くなってしまっている。自分としては、もっと柔らかい感じで弾きたいのだが…。

ここの左手の弾き方は、自分なりに納得して弾けているつもりだが、この弾き方で良いのかとなると別問題。

先生に一度見ていただきたいと思い、エチュードの楽譜もレッスンに持って行っていますが、

30分レッスンでは、2曲(課題曲+エチュード)も見ていただくのは、さすがに時間的に無理というもの。

発表会の話が出たときに、話を切り出してみようと考えております。

それからスケルツォ2番は、相変わらず片手練習に苦労しております。

この時点で19時回ってしまっているので、両手での大音響練習は、何となくはばかられてしまう。

なので、左手が大変な部分だけを取り出して、片手練習→超低速両手練習。

もっと頑張らないと曲になりそうもない…。まさしく前途多難です。

最初から最後まで「なぜに出来ないのじゃ?」と始終ぼやきながら練習……(^^;)

気が付いたら、4時間近く弾いていました。



いつもダラダラ記事をお読みいただき、ありがとうございます。
発表会の曲はどうしよう~!いまだに決まっていないワタクシです。
○昔練習した曲を再度練習する(先生に却下されそうですが…笑)
○譜読みが苦手なので、曲の難易度を少し下げて新曲を練習。
何曲か候補を考えておりますが、半年くらいしかない+進みがドンくさいので間に合うか不安です…(汗)


ピアノランキングへ
スポンサーサイト



2015/02/01 Sun. 02:33  edit

Category: ピアノのある日常

tb: --  |  cm: 6

top △