FC2ブログ

ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

早くもビビりまくる…(*_*; 

2週間ぶりのレッスンは何だか進歩なし…。

発表会用の曲を模索していましたが、「あれがいいかな?これがいいかな?」といたずらに悩んでいただけ。

何とか弾ける3曲を、執拗なほどさらっていたのは認めるとして、

課題曲のスケルツォ2番もサボっていたわけではありません。

スケルツォ2番は譜読みよりも、両手弾きに重点をおいて練習していたので、

譜読みがおろそかになってしまっている。(譜読み嫌いなので、ある種の現実逃避ともいいますか?笑)

「両手で弾けるようになるのか~?」と危惧していた箇所の一つにようやく光が見えました。

光が見える=「出来そうもない」と思っていた箇所が、「弾けそうだ」の認識へ移行すること。

片手ずつでそこそこ弾けている場所でしたが、両手になると「ううう…」と、うめいていたところです。

前日まで出来なかったのに、本当にいきなり両手が合わせられるようになった。

楽譜通りに弾くのは、ここも大変  ← 何となく出来てきたのは、1段目の最後の小節からの部分です。

とはいえ、ようやくよちよち歩きが出来るようになった、赤ちゃんのようなたどたどしさですが…。

地道に練習をかさねていると、こういう現象が突然起きるときがあるので驚きます。


相変わらずここが弾けなくて困っています。思い切って練習方法を変えてみるか?
音取り難しい~
まったく、ここだけで何週間かかっているんだか…(*_*;

音がなかなか覚えられないので、拍子感とか全く吹っ飛んでしまっています。

ただ弾いているだけという、情けなーい有様です。

3拍子の感覚を持ちながら譜読みせねば…。

さて、そろそろ次の難所?………手の移動は大変だけど、同じ和音の繰り返しだなぁ…。

休符が全くないので、3連符から素早く和音orアルペジオをつかめるようにしないと、

マヌケなあいだが開いてしまう、いわゆるダメダメな弾き方になってしまいそうです。


発表会の曲を決めるために楽譜を大量に持って行きましたが、またもや時間切れ。


今回のレッスンで持って行った楽譜
1.ショパン:プレリュード(「雨だれ」あたりどうだろう?と思ったので…)
2.ショパン:エチュード(練習済みの2曲を再度見ていただきたかった、というのもある)
3.ショパン:バラード(唯一弾ける感じがする1番は、まぁ無理だろうで、ダメもと持参…笑)
4.シューベルト:即興曲+楽興の時(op.90-3がもう一度弾きたいなぁと思ったので…)
5.ラヴェル:ピアノ作品全集・第1集(亡き王女のためのパバーヌが載っている)

*ラヴェルのみ全音版の楽譜だけど、作曲家の三善晃氏が監修しているので、つい買ってしまいました。
これらにプラスで、課題曲であるスケルツォの楽譜の計6冊…重かった…(笑)


来週はちょっと時間があるので、来週の状況で決めましょう、ということになりました。

おそらく、私の後の生徒さんである「音楽一家」さんがレッスンお休みと思われます。

「音楽一家」さん=朝からクラシック音楽がBGMで流れる、優雅なご家庭のマダムさんのこと。

先生のお考えを訊いてみましたら、どうやら……?

ヤバ~い!怪しさ大爆発となっているあの曲を、きっちり練習していかなきゃ!

と、ここまで書くと勘のいい方ならお分かりでしょうね(^^;)

バラード1番になりそうな流れです。アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ ショパンバラードop.23 冒頭

この曲なら確かに譜読みに時間は取られないですね。

ゴマカシ部分(汗)の譜読み徹底くらいでしょうか?

でも、こういうところは間違えて覚えていたりすると、直すのがとても大変。

来週弾いてみて、発表会に間に合わなそうな感じならば、違う曲にしましょう、ということになりました。

なので、来週も弾きたい楽譜を持ってきてくださいと言われました。

一人当たりの持ち時間というのがあるのでは?とお尋ねしたところ、

ほかの生徒さんの時間を頂くことになるけれど、調整がきくので大丈夫らしい。

さぁ、大変なことになってきました…。大丈夫なんでしょうか?

この選曲が決定ではありませんが、はやくもビビりまくっているワタクシです。

願わくはトリだけは避けたい…。

緊張をずっと引きずるのは苦手なので、出来ることなら一番最初に弾かせてくれないかしら(小心者~笑)

私の先生が教えている生徒さんの中には、すごい曲を弾いているかたが何人かおられるようなので、、

落ち着いて、その方たちの演奏を聴きたい、ということもあります。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
木曜日の深夜に放映してるアニメ「四月は君の嘘」ですが、話の内容が深刻な状況になってきました。
ヴァイオリニストを目指している「かをりちゃん」はどうなってしまうんだろう?
身体がだんだん動かなくなってくる病気?
手が震えてヴァイオリンが持てない…。
歩いていると、突然足の力が抜け、その場に崩れ落ち、立ち上がれることが出来ない…。
彼女のお見舞いに行くたびに
病院のベッドにいる、かをりちゃんの姿に、亡くなった自分の母親の面影が重なる…
「大丈夫だよね?また、学校に行けるようになるよね?」心の中に澱のように溜まっていく有馬くんの不安…
たかがアニメですが、見ていると、とても切なくなってくるのです。


ピアノランキングへ
スポンサーサイト



2015/02/08 Sun. 01:22  edit

Category: ピアノレッスン

tb: --  |  cm: 10

top △