ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

8月最後のレッスン。発表会は来月だというのに、いまだにこんなことで良いのか? 

あの暑かった夏はどこへ?といった感じがする今日この頃です。

まぁ、これくらいの陽気のほうが好きなのですが…。

先日までの猛暑では、「暑い!だるい!疲れた!眠い!」の4拍子がそろった毎日を送っておりました。

なぜか、夏場は眠くなるんです。

夏に限ったことではないのですが、暑いと眠くなるという特殊体質です。

夏場は暑いせいで、眠り自体が浅いため、良質な睡眠がとれているとは言い難いのですが、

睡眠時間だけは、他の季節と比べて増加傾向です。暑くてもお昼寝できるし…(;´∀`)ダラケテル!


8月29日、8月最後のレッスンです。

もう9月ですよ~。早いですよね。

ついこのあいだ「あけましておめでとう!」とか言っていたのに…。


今回も、ピアノの大屋根を開けていただいて、2曲続けて弾きました。

op.10-9は、どうも曲の出だしが良くありません。

数えて弾きだすようにしているのですが、なんだかもたつきます。

先生にお尋ねしてみましたら、

「数える速さが、自分の弾く速度に合っていないのではないか?」

とのことでした。う~ん……?

あとは、自分なりの弾き方のパターンを決めてしまうというやり方ですね。

2回目に弾く時は、このもたつき感は感じないので、

結局は「リズム感」がないだけなのかもしれない。(´Д`)マイガッ!

「中間部の盛り上げるところを、もう少し音量アップ出来たら良いですね」

という、今の私にとって、かなり厳しいご指摘を頂きました。

現在、これでいっぱいいっぱいみたいな感じなのですわ。

「これ以上の音量アップ=手が痙攣する」です。音量を上げると、腕に力が入ってしまうのです。

それにしても、ラストで左右の音がずれるのはどうして~?自分の音を良く聴けよな、な感じです。

op.25-7は、相変わらず、中間部の左手が忙しいところが、しばしば指が転んでおります。

上手くいけば?そのままスルーで弾き続けられます。と言った感じでしょうか?

左手で弾くピアニシモの音がときどき出なかったりとか…。(音抜け)

(家のピアノだと、ちゃんとできるんですけど…と、言い訳してどうするよ?)

何だか不安要素だらけではありますね。

発表会も来月にせまっているというのに、こんなことで良いのだろうか?

家での練習は、しばしば謎のテンションダダ下がり現象が起きていますが、
(部分的に、ピアノの音の狂いが気になったりしています)

今日は結構曲に入れて、弾くのが結構楽しかったなぁ。


家に帰って、久しぶりにデジカメで演奏のようなもの(笑)を録画してみました。

デジカメに入っているメモリーカードの容量が1GBしかないので、録画できる時間は15分くらい。

2曲続けて弾くと、2回目は最後まで録画できません。

しかし、指が暴れているなぁ…。右手の小指が丸まったり、ピンと伸びたりで忙しい…。

左手で広域アルペジオを弾くと、人差し指がこれまたピンと伸びている。

なんだか、弾く手つきが全然きれいじゃありません。

いつもなら、録画をするときには、ちょっと緊張してしまうのですが、

今日は全然平気だったなぁ…。まぁ、演奏はど下手でしたけど…(>_<)

おまけに音が割れまくっています。op.25-7の伴奏系が、ピアノの音じゃないみたいに聴こえる(泣)

動画を撮りましたが、あまりにも音質が悪すぎるので、ブログにはアップしません。ごめんなさい。m(__)m

もう少し防音室の音響が整ったら考えますね。

音響を整えるものについては、いろいろと情報を頂いてはいますが、

なかなか金銭的な都合で、購入にまで踏み切れないのです。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
レッスンの帰り、コンビニによって、またまたまんが雑誌「モーニング」を立ち読みしてきました。
「モーニング」と言えば、そう!「ピアノの森」です。
コンクールに○○した一ノ瀬海くんですが、なんと彼のほにゃらら(伏字~笑)が明らかになります。
てっきり彼の……だとばかり思っていたのですが、そうだったのか!「海!愛い奴じゃ!」
本日30日の午前中は「マンション管理組合」の総会。午後から2県先のお宅へお邪魔してきます。
忙しい一日になりそうです。


ピアノランキングへ
スポンサーサイト

2015/08/30 Sun. 02:38  edit

Category: ピアノレッスン

tb: --  |  cm: 25

top △

髪の毛が伸びるのが早すぎる?私 

昨日の話になってしまいますが、23日は比較的涼しい日でしたね。

暑くなったり涼しくなったりで、身体が付いていきませんが、やはり涼しいほうが体が楽です。


土曜日(8月22日)のレッスンの帰り、ようやく美容院へ行ってきました。

本当は毎月行ければ良いのでしょうが、1回行くと、軽く諭吉さんがひとりいなくなってしまうので、

安い給料+重いローンを抱える身としては、とてもじゃないが毎月は無理!

髪は1か月に1cm~1.2cm伸びるのが普通らしいが、私は伸びるのが結構(かなり)早い。

「普通の人の倍くらい、髪が伸びるのはやいですよね?」と美容師さんにも言われるくらいです。

ところで、髪の毛を早く伸ばす方法?というものがあるらしいです。

1.栄養をしっかりとる(タンパク質・亜鉛・大豆イソフラボンが良いそうです)
2.質のよい睡眠をとる(6時間程度睡眠時間を確保。成長ホルモンが出る、22時~翌日2時に寝ていると良い)
3.ストレスを貯めこまない(ストレスは血行を悪くする。趣味を持つなど、ストレスを発散することが大事)
4.頭皮マッサージをしっかりとする(頭皮の血行を良くする)

私の場合、上記条件に当てはまらないのですが?
1.栄養も偏食気味だから微妙~?(でも納豆は超好き!)
2.夜更かし専門で、「早寝早起き」という文字は、私の辞書にはない、と言い切る(笑)
3.日々ストレスまみれで、常に眉間にしわが!でもピアノでストレス発散できているのかな?
4.頭皮マッサージなんて、したことないし~

うーん、なんでだろう?体質かなぁ?

それにしても、白髪もめっちゃ多いし、金のかかる体質だよなぁ~。


8月23日のレッスンです。

家での練習はとても楽しく、「今日は調子いいかも?」なんて思っていたのですが…

法則が発動してしまったようです?うぅ…ここしばらく忘れていたのに~(>_<)

(法則とは…家で調子がいいときはレッスンでダメダメ。家で調子が悪い時はレッスンでは結構上手くいく)

いつもの通り2曲を続けて弾きましたが、

今日のピアノは何だか鍵盤が異様に軽く感じて、音量のコントロールがあまりできず。

op.10-9は、とにかく左手がうるさすぎるんだってば!

op.25-7は、中間部で指が転んでしまうなど、最後まで曲に入っていけませんでした。

先生がおっしゃるには、この中間部で焦ってしまうのか、少し速く弾いてしまっているようです。

もう少しゆったり弾いても大丈夫とのことですが、

速く弾かなきゃいけないという気持ちが強くて、どうしても走ってしまうのですね。

左手の音符数が多いので、他の部分よりも速度を落とさざるを得ませんが

(音符数が多いので、速度を落としているという感じは全くしませんが…)

次の静かな部分で、通常の速度に戻すのではなく、(不自然な感じになってしまうので)

再現部までかけて、ゆっくり速度を戻していくと良いようです。

ラストの部分が、なぜか右手の音が優勢になるので、左手を響かせること。

右手の和音が厚いので、左手の音をかき消してしまうようです。

ここはなぜか、私も左手より右手の音を聴いてしまっているなぁ…。そういうのも原因みたいです。

それにしても、発表会は来月だというのに、いまだにこんなことで良いのか~(ノД`)・゜・。


お盆は実家にいることが多かったですが、そこでちょっと笑えるもの(そうでもない?)を発見。指定席?

井草で出来ている、ごろ寝マットというべきかな?中にスポンジが入っているようです。

見た瞬間、「なんじゃこりゃ?」と、ひとりでウケてました。

これ、どこで買ったのだろう?

「お父さん指定席」があるということは、「お母さん指定席」というものもあるのかな?(笑)


8月最後の日曜日である30日は、私が住むマンションの管理組合の総会です。

マンション居住者全世帯に出席を依頼しますが、

この総会も、毎年出席してくれるかたが、ほぼ固定化しつつあります。

忙しいのは分かりますが、1年に1回の総会くらい、

自分の住んでいるところのことなのだから、出席しても良いような気がします。

「自分が住んでいる部屋の、ドアから外のことには関心がないんだなぁ…」と

組合長さんがぼやくのも分かる気がします。

さすがに3年目になるので、次回の役員は辞退しました。

総会の日の夜、新旧の役員で懇親会を開くそうですが、

午後から出かける予定があるので、こちらもパスさせていただくことになります。


○ピアノのムシ6巻発売中です。(しつこいようですが回し者ではありません…笑)ピアノのムシ6巻
 今回は本屋で平積みになっていなかったぞ~。でも、面白かったので、超おすすめです!(回し者?)
○Amazonさんを見に行ったら、今月号の雑誌「ショパン」の特集がエチュードではないかっ!か、買わねばッ
  →8月24日に無事?ゲットいたしました。またまたお風呂で読ませていただきました。
  (お風呂で読書は、私の妙な習慣の一つです。結構集中できるので…笑)


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
一足早い誕生日プレゼント(と私が勝手に思っています)をブロ友様よりいただきました。ありがとうございます。
なにをもらったか?って?ふふふ…ヒ・ミ・ツ!です(笑)


ピアノランキングへ

2015/08/24 Mon. 02:47  edit

Category: 年には勝てない老体のこと

tb: --  |  cm: 8

top △

ピアノの森26巻の発売は、少し先になりそうです。 

お盆で帰省中です。と書きたいところですが、15日だけ、家に戻りました。

私のところはお盆が13日から16日までですが、

15日は、新盆などで供養がなければ、一日比較的暇なので、家に一時的に戻ってきているわけです。

で、相変わらず夜更かししてますが、明日(今日…笑)は、また実家に行ってきます。


実家からの帰り道にコンビニに立ち寄り、雑誌コーナーを見てみたところ、

マンガ雑誌「モーニング」に、「ピアノの森」が掲載されていましたので、つい立ち読みしてしまいました。

あれれ?数か月前に出版されたコミックス「ピアノの森・25巻」から話がほとんど進んでいない感じです。

しばらく休載されていたようですね。

ということで、ワタクシが首をながーくして待っている26巻は、まだまだ先の発売と思われます。

大好きなマンガなだけに、終わっちゃうのか~と思うと、かなり寂しいですね。


最近ピアノの練習もちょっとマンネリ化というか、一時期より気合いが入らなくなっています。

相変わらずミスタッチ散見。注意力散漫。どうしましょ?な感じになりつつあります。

さらには、ここに来て、なぜか左手にシューマンさまが降臨されていて、(左手の薬指周辺が痛いこと)

時々op.10-9を弾くのが辛かったりします。

なんで今更手に力入っているんだ?という感じです。



いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
今週はピアノ教室がお盆でお休みでーす!


ピアノランキングへ

2015/08/16 Sun. 02:30  edit

Category: favorite things(オタ系注意)

tb: --  |  cm: 22

top △

冬眠ならぬ、夏眠したい… 

基本的に夜更かし体質の私ですが、例外もあります。

それが「夏」!暑さで体が参ってしまい、夜更かしが出来なくなります。

……早い話が眠くなってしまうんですわ。

他の季節なら○時とかまでなら、結構平気で起きていられるのですが、

(ブログ記事のアップ時間を見ていただけると、すごく納得しますよ~笑)

夏場だけはそういうわけにはいきません。

早いと22時くらいに睡魔が来ます。

だからといって、そんな時間には当然就寝しませんが(寝ろよ~笑)起きていても良く意識が飛んでいます。

もともと体力はあるほうではないうえに、

年齢を重ねるごとに、スタミナの回復力が衰えてきています。

子どもの頃なんて、一晩眠れば翌日は元気いっぱいだったのに、

ここ数年は、体力の回復率が50%くらいかな?

さらに、夏場は朝からスタミナ30%のスタートです。スタミナ切れ寸前…(>_<)

朝、目覚めて「あぁ~疲れた…」の一言から一日が始まります。

なんとも情けない話ではありますが、

ワタクシと同年代の女性のかたなら、「24時間疲れてますか~」的な体の不調、

きっとわかってくださるのでは…?と思うのですが、

このグッタリ感は、いったいどうしたら軽減されるのでしょうか?

冬眠ならぬ、夏眠したいと思うのは異常ですかねぇ?(^^;)


8月8日のレッスン記録です。

まず、9月に行われる、先生方の演奏会のチケットを購入しました。

演奏会告知チラシに、今回出場される先生方の出身大学が書かれているのですが、

どうも、うちの先生の出身大学名が違っているらしいのです??

チラシも刷り上ってきてしまって、今更「違う」とも言えなかったようですが…。

違っているという大学も、有名な音大ですが、本当はどちらの大学のご出身なのだろう?ちょっと気になります。

いつもなら、この先生方の演奏会は、

ピアノやヴァイオリンのソロがあったり、連弾が入ったりして、バラエティ豊かなようですが、

今回はちょっと面白い?趣向の演奏会なので、

「子どもさんだと飽きてしまうんじゃないか?」と先生も心配されていました。

ちなみに、私も知っている曲、ひとつもないんです…。

CD借りて(果たしてTSUTAYAさんにあるんだろうか?)ちょっとでも聴いておかないとだめかしら?


それから発表会のプログラムのゲラ刷り(っていうんですか?)を見せていただきました。

ワタクシは、最後から4番目です。

トリが連弾。これって、もともとはチェロの曲だよねぇ?確かヨーヨー・マさんが弾いていらした…?

先生も「当日は早めに来て、他のかたの演奏を聴かれるのも良いですよ~」とおっしゃっていましたが、

かえって緊張感が増してしまうんでないかい?


さて、今回も先生がピアノの大屋根をあけてくださいました。

いつも通りに、op.10-9のエチュードから弾き始めます。

うーん、音の響きが良いなぁ…。今日は自分の音が良く聴こえているなぁという感じ。

でも、中間部の盛り上がりが、やはり今ひとつな感が否めない。

左手のベース音でガンガン曲を引っ張っていかなきゃいけないところなのに、余裕が全然ないというか…(;_;)

ここの弾き方を考えていかなきゃいけないなぁ…。速く弾こうとすると、力わざに近くなってしまうし…(>_<)

この大変なところだけ、心もち速度を落として、盛り上げを優先させる方法もあるようです。

ミスタッチはあったけど、弾きなおししたり、止まったりすることなく最後まで弾きとおせた。


それからop.25-7

出だしの音から間違えたぞ!隣の音なんか弾くなよ自分~!こんなところ間違えたことないのに~?

中間部の左手が忙しいところは、なかなかミスがなくならないけど、くじけずに先に進むようにしている。

この部分は、一時期指が転びまくっていたので、片手練習強化中ですが、早く弾こうと意識しないほうが良いのかも?

意識しすぎると無意識に力が入って、ただでさえ動かない指が、さらに動かなくなりそうだし…。

その先の、曲想ががらりと変わる部分、楽譜に書かれているスラーを無視しないよう指示をいただく。

主題が戻ってくる手前の部分が、なかなか思ったように表現できないなぁ…

それから終盤の半音階で駆けあげって行くところ。

ここは指使いをしくじると弾けなくなってしまうから、基本に忠実に。さらに焦らないこと!

op.25-7は、ミスると心理的にダメージが来るなぁ…。

止まってしまうことはなかったけれど、どうしても「どもったような」弾きなおしをしてしまう。

妙なこだわりが強いようで、なかなか「ミスってもスルー」の心境にたどり着けません。

あと、大問題なのがミスると顔に出てしまうこと、ポーカーフェースの練習も必須課題かも(笑)



いつもダラダラ記事をお読みいただき、ありがとうございます。
夜更かし出来ないと書きつつ、今回もとんでもない時間となっております。


ピアノランキングへ

2015/08/09 Sun. 03:00  edit

Category: ピアノレッスン

tb: --  |  cm: 10

top △

ステージで弾きたいッ! 

8月に入りました。今年もあと5か月しかないんですよ~。恐ろしいまでの時間の経過の速さよ!

あづづづづ……!それにしても、鬼暑の日々が続いていますね。

3度の飯より、一杯の冷たい飲み物が恋しい毎日です。

ということで、毎日冷たい麦茶(アルコール0%のほうですよ~笑)、

スポーツドリンクなどを大量?に飲みまくり、お腹が超ヤバくなっているワタクシです。

みなさま、冷たいものの飲み過ぎにはご注意下さい。


7月の話になりますが、超なさけない話を一つ…(^_^;)

7月26日日曜日(25日深夜ともいう)のことです。

少しだけ夜更かしして、「さて寝ましょうか~」というときに事件は起きました。

横になるためにベッドに上がりましたら、バキッ!という鈍い音が…。

「バキッ!?何の音!?」

良く見るとベッドが少し斜めになっているではありませんか?オーマイガッ!

なんと、ベッドを構成している脇の木の部分が割れておりました。

木の接着部分がはがれて、耐久性が弱くなっていたと思われます。

ベッドが壊れるほどのデブじゃないと思うのですが(まぁ、痩せているとも言いませんが…)

25年も使っていれば、壊れるのも仕方ないのかなぁ…(泣)

現在、我が家の家計は「火の車」寸前で、ここでベッドを買い替えるお金などありません(多分…笑)

わずかに斜めになっているだけなのですが、力任せに戻そうとしても、木枠はびくともしません。

ベッドの木枠を止めているナットをはずさなくてはダメそうです。

仕方なく、その日はそのまま就寝。

日曜日午前中は、私が住むマンションの防火訓練+管理組合の会合。

お昼過ぎに帰宅後、ベッドの応急的な修理に取り掛かりました。まさしく力仕事です!

分厚いマットレスをはずして、ベッドの木枠を止めているナットをスパナで取り外し、

割れている木枠部分をビニールひも(笑)で縛る。これで木枠がまっすぐになればよかったのですが、

相変わらず曲がったまま…。さてどうしようか?と考えた。

曲がっているところをまっすぐにするには…?うーんうーん…(考え中)

そうです!下に何か置いて曲がらないようにしてしまえばいいわけです。

ということで、資源ゴミとして出そうと思っていた、期限切れの通販カタログと、

小さくたたんでかさ上げした段ボールを置いてみました。何とか木枠がまっすぐになったかな?

スパナでナットを留めなおして、なんとも情けないですが、取りあえず応急処置完了。

まさしく汗だくの作業でした。

家計に余裕が出たらベッドを買い替えないとダメかな?(それはいつの話…?遠い目…)


最近レッスンに行くときは、以前乗っていたよりも少し早い電車に乗るようにしています。

以前の記事にも書きましたが、私の前の生徒さんのレッスン時間が変わったようなので、

空いている可能性が高いわけです。

ただ、はっきりした時間は分からないので、早めに行ってもレッスン中だったりするわけですが…。

最近は、この空き時間には、先生がご自分が出場される演奏会の練習をされています。

音楽教室の先生方の演奏会が9月にありまして、私の先生も出演されます。

おかげで?先生の出身大学も知ることが出来ましたが、あの方とはどこでつながっているんだろう?

先生からしたら、どうでも良い話でもあるので、訊きづらいですね。(私も忘れていることが多いし…)

先生の真剣演奏を聴くのは初めてなので、超絶楽しみです。

先生から早くチケット買わなきゃ~♪


8月1日のレッスンです。

まず先生が「時間を計らせてくださいね~」と一言。

発表会の事前準備のための調査のようです。

一人当たりの持ち時間が一応決まっている(7~8分?)ので、

出場する生徒さんたちが、どれくらいの時間で弾くのか、つかんでおきたいようです。

録音ではないので、気分的には楽ですが、ただでさえ、2曲も?弾くし、

あまりゆっくり弾いていてはいけないかな?と思ったこともあって、

無意識でしたが、自分にしては結構速いペースで弾き出してしまった。

悲惨なことに一番盛り上げなきゃいけないところで、無茶苦茶コケた。

弾きなおそうかとも考えたけど、にっちもさっちもいかなくなってしまって、

メロメロな状態のまま、「えーい!」とばかり、強引に先に進んでしまった。

それでも、何とか軌道修正出来たよ。かなり自分的には残念な出来だったけど…。

これが本番だったら、絶対に頭が真っ白になるところだなぁ…(>_<)

この部分は取り出して特訓しなくては!

2曲めは気を取り直して…。

中間部の左手が超絶大変なところは、大丈夫かな~。どうしても指がもつれるんだよねぇ。

もつれたらもつれたで、なんとかスルーできつつありますが、

ここは是が非でも安定して弾けるようにしたいところです。

とにかく、弾いていて、多少なりとも「ここ不安…」と思うところは集中的に練習しようと思う。


演奏時間は2曲で8分とちょっと。

「8分超えちゃいましたねぇ~」と先生はおっしゃっていましたが、

他の生徒さんで、持ち時間に満たない曲を演奏される方もいるので、

その方の時間を頂きましょう、ということでOKとなりました。

それにしても8分かぁ…。

現在、精神的にとても不安定で、生活全般、後ろ向きな考え方しかできないような状況なのですが、

ピアノに対しては意外にも?前向きみたいで、もの凄~くステージで弾いてみたいと思っているんですよね~。

もちろん自信なんて全然ないですよ。でもすごく弾きたいんです!

発表会では何のピアノが弾けるのかなぁ?

多分YAMAHAのフルコンだと思うけど、スタインウェイとかだったら、無茶苦茶テンション上がりそう♪

…と今は思っていますが、日にちがせまってきたら、滑稽なほどオタオタするんだろうなぁ。(;´∀`)



ご指摘事項です(毎週同じことを言われているような気がするぞ?)

エチュード:op.10-9
・左手の追従音が、右手が入ってくると聴こえなくなるので、気を付ける。 
 今回のレッスンでは、弱めに弾き始めてしまったのですが(何を遠慮することがあるのか?ですよね。笑)
 それが中間部で良い方向に作用した感じがしたそうです。(ステージではあまり通用しないやり方ですが…)
 思い切りコケた部分は集中練習要ですね。
・曲の終わりの最終音は大事に!一呼吸置く感じでペダルを切る。

エチュード:op.25-7
・左手が忙しい部分は安定して弾けるように、取り出して練習する。
・↑この部分のあと。右手がメロディを美しく奏でるところの左手最低音をぶつけないように。

 しばしば集中力が途切れて、左手の最低音を不用意に「ボーン!」とやらかしてしまうのですが、
 ここは緊張感を保って弾かないと、美しい響きが得られません
 ここはテクニック的には難しくないところだけれど、表現の仕方が難しいところだと先生もおっしゃいます。
 何度弾いても、自分が気に入ったように弾けない、と思っているところなのですが、納得です。
・1か所、音の入り方が早いと言われました。
 リズム的には間違っていないと思うのですが…?
 ためしに帰宅後、この曲のCDを聴いてみましたら、確かにここで一呼吸おいていました。
 これが表現のしかた(楽譜には書かれていない内面を読み取るということか?)なのだなと感じました。

難しいですね~。でも、この難しさが最近快感です。


いつもダラダラ記事をお読みいただき、ありがとうございます。

ピアノランキングへ

2015/08/02 Sun. 03:56  edit

Category: ピアノレッスン

tb: --  |  cm: 12

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。