ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

無駄な動きが多すぎる? 

ツェルニー50番を練習し始めましたが、

家で練習しながら、「こういう弾き方でいいのか?」と今更ながらに疑問に思いました。

弾き方がきれいじゃない。指がバタバタしていて、無駄な動きが多すぎる。

これは、24日のレッスンで先生からビシッと言われ、納得したことでもあります。

まず、弾く時に指を高く上げすぎであること。

指を上げて弾くことで、指の力だけでフォルテを出そうとしているわけですね。

さらには、この弾き方では速さが出せない。

まずは、指の動きを最小限にして、しっかり弾く癖をつけること。

そのためには、最初から速い速度で弾かない。ゆっくり、しっかりを重視。

音の強弱は、鍵盤を押す速度で調整していくこと。

それから、身体が動きすぎ。

低音部や高音部を弾く際に、腕を伸ばすだけではなく、身体も動かして弾きますが、

この練習曲は、そこまで音域が広いわけではないので、基本的に体は揺らさない。


ところで、ツェルニー50番の最初の曲の速度設定が、2分音符=92なのですが、

この速度で弾くことは不可能ではないか?と思い、先生にお尋ねしてみました。

4分音符に換算すると184ですが、かのフランツ・リストさまは、この速度で弾いたということです?

先生に、曲のさわり部分を弾いてみていただきましたが、弾けない速度ではないのですねぇ…。

でも、私がこの速度で弾くのはムーリー!(;´∀`)



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
調律の時期ですが、いつにしようか思案中です。
今のところ、目立って気になるところはないのですが、
暖房を入れるようになると、一気に狂いそうな感じもするので、もう少し様子を見たほうがいいのか?
悩ましいところです。調律師さんと相談かな?


ピアノランキングへ
スポンサーサイト

2015/10/25 Sun. 21:45  edit

Category: ピアノレッスン

tb: --  |  cm: 6

top △

心の病は慢性的疾患だそうです。 

心療内科に通い始めたワタクシです。

薬を頂いて飲んでいますが、やはり劇的に良くなるわけではありません。

心療内科の先生がおっしゃるには、前ウツ状態らしい(「うつ病」まではいっていない)ようなので、

処方された薬も、本来飲まなければならない量よりも、はるかに少ないわけです。

始めは少なめに処方して、効き目の様子を見ながら…といった感じでしょうか。

「あまり薬が効いているような気がしません」と心療内科の先生にお話ししましたら、

薬の量が倍になりましたが、これでも規定量の半分。

薬も、2週間くらい服用して、やっと少し効果が出てきたかな?と思うくらいの緩やかさだそうです。


ただ、怒りの沸点はかなり上がったようで、些細なことで「イラッ(怒)」となることは減りましたが、

心理的なモヤモヤ感が晴れたのは13日くらいでした。(お休みの日は除きます)

翌14日は、症状悪化。モヤモヤ感だけでなく、気分も悪い…。でも仕事は休めない。

身体を引きずるように出社して、やっとのことで仕事をこなして、帰宅したものの、

ピアノの練習をする気力はすでになし。

テーブルの前に座って「ボーッ」とテレビを見るので精いっぱい(相棒放映してましたし…)

最近はお腹はすくものの、ごはんが全く美味しく感じられない。食べたいという気力もわかない。

取りあえず、「お腹を満たすためだけ」に、食料を口の中に押し込んでいる感じ。

なんだか廃人みたいだな?ワタシ…(T_T)


ていうか、こういう時に副次的にもらっている薬を飲むべきなんだな?と思い、

「今日は調子が悪い…」と思ったら飲むようにしました。

精神安定剤みたいなものですが、これが意外にも私の体質に合ったようで、気分が落ち着きます。

とにかく、心の病気は長年蓄積されたものが表面化しているため、「慢性的疾患」とも言えます。

仮に1週間や2週間程度仕事を休んで療養しても、

それから復帰するときに、またモヤモヤしてしまうでしょうから、

ストレスの素となるものを解決させることが先決でしょうね。

とにかく定年までは勤め上げないと、かなり悲惨な老後になりそうですから、

いろいろな意味でキツイですね。


16日に久しぶりの女子会に参加しました。

9月は期末でみなさんバタバタでしたから、2か月ぶりの開催になります。

相変わらずの大愚痴垂れ流し状態です。みんなストレスたまっているな~、と感じます。

たまには、仲の良い仲間たちの間で愚痴を言い合って、ストレス発散することも必要ですよね。

16日も余り調子が良くなかったのを、薬で押さえての参加でした。


17日のレッスンはお休みでしたが、かえって良かったと思っています。

余り練習に身が入りませんでしたし、先生に心配をかけてしまいそうでしたので。



いつもお読みいただきありがとうございます。
身体が資本です。みなさまも、どうかご自愛くださいね。


ピアノランキングへ

2015/10/18 Sun. 22:15  edit

Category: 年には勝てない老体のこと

tb: --  |  cm: 12

top △

ショパン様の166回忌に… 

10月17日はショパン様の命日でしたね。


彼がもう少し長生きしていたら、どのような曲を残してくれたのだろうと、

遥かな昔…彼の生きていた時代を思いめぐらせながら、

私も、op.25-7のエチュードを心を込めて、彼のために弾きました。


ショパンの葬儀の時にオルガンで演奏されたという

プレリュードop.28-4も密かに?練習していたので、こちらも弾いてみたのですが、

ラストのターンのところから、

左手がジャンプして和音をつかむあたりがイマイチ(イマニとかイマサンとか…笑)

上手く弾けなかったわけでして…。

ごめんね。ショパン様…。

いったい何年ピアノ弾いているんだよ!我ながら情けない…。┐(´-`)┌




ピアノランキングへ

2015/10/17 Sat. 23:55  edit

Category: ピアノのある日常

tb: --  |  cm: 2

top △

祝!復活!! 

ひさへさま!復活されたのですね~♪☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

他のかたのブログを拝見して、「おぉっ!」と思い、お邪魔いたしました。

コメント欄がありませんでしたので、こちらから失礼させていただきました。


鍵盤の上方から撮ったショパンノクターンの演奏動画…。やはり素晴らしいです!

私もこういう動画を撮ってみたいです。


2015/10/17 Sat. 22:29  edit

Category: ピアノのある日常

tb: --  |  cm: 6

top △

心療内科…ふたたび 

しんどい。

最近、実にしんどいです。


去年の11月に仕事が変わったことにより、多忙+心労で、昨年末に心療内科の門を叩いたワタクシですが、

そのときは、先生に日頃のうっぷんをぶちまけたことで(先生は大迷惑…笑)

意外にも気分が楽になってしまい、比較的すぐに心療内科卒業と相成りました。


めでたしめでたし………じゃねーよ!


あれから10か月が経過しました。

わがままだと思われるかもしれませんが、どうも今の仕事は自分の性格に合わない気がします。

例えていうと、上司からも部下からもあれこれ言われる、中間管理職の大変さが身にしみる、という感じかな?

内勤の事務方と、営業さんのはざまで悩み、心労がどんどん蓄積されている感じ。

仕事中、ずっと極度の緊張状態で、気が全く休まらない。

24時間気分はドンヨリ。なんとなく頭の中に、もやがかかったような感じ。

心を病むと眠れなくなるということは良く聞きますが、

私の場合は、過眠です。いくら寝ても、疲れが全くとれない。朝からグッタリ。
(基本的に夜更かし組ですが、たとえ早く就寝しても、睡眠不足のような眠さは変わらないわけです。)

心理的にそろそろ限界かな?と思ったので、ふたたび心療内科の門を叩きました。


心療内科の先生を前にすると、言葉がよどみなく出てくるので、

先生がおっしゃるとおり、「重篤な状態ではなさそう」なのかもしれない。

でも、本人は結構しんどいわけ。

生活がかかってくるから、安易な考えをするわけにもいかない。

困ったねぇ…。定年まであと数年。頑張るしかないんだけどねぇ…(;´Д`)


ピアノはなかなか練習しようという気分にはなれないけれど、

いざ、気合いを入れて練習を始めると、何とかいつも通りに集中できるときと、全然ダメなときがある。

ダメなときは何の曲を練習しても、集中できない。仕方ないので割り切って諦めるしかないのだけれど、

時間を置いてピアノに向かうと、練習しようかな?という気持ちになることもある。


さて、ピアノの先生がおっしゃるには、

ツェルニー50番は、ただミスなく弾ければ良いというものではないらしい。

練習曲なんだけど、普通の曲なみに表現を付けて弾かなきゃならないようだ。こりゃ、大変だぁ~(^^;)

生きているうちに、50番を終わらせることが出来るのだろうか?(いくら何でもそこまでは?笑)

最近、片手練習したり、リズム練習したり、弾きにくいところ集中練習したりして、

ツェルニーに、結構時間をさいて練習することが多くなってきた。(これはいい傾向かな?)

練習し始めの頃と比べて、だいぶマシになってきたような気がするものの、

左手の3-4-5の指が、いかんせん弱すぎて、もつれまくっている!

1時間近く、1番(50番のことね)と「ぬぉぉぉぉ~!!」と格闘?した後に、

ショパンのエチュードop.10-9を弾いてみたら、「あら?(左)指が軽い!(注:自分比です…笑)」

たかが練習曲、されど練習曲……。侮れないです。効果も身をもって実感できるし…。

頑張ります!(ピアノのことになるとちょっと元気になります。)


2016年の手帳を購入しました。  DSCF1436.jpg

去年も気になったにも拘わらず、見送ってしまったシリーズですが、今年は購入に踏み切りました。

音楽っぽい手帳を探したのですが、やはりないですねぇ?

音譜柄、楽譜柄、鍵盤(ピアノ)柄、楽器柄……可愛いと思うのですけど?どうしてでしょう?(マニアックかなぁ?)

ということで、凄くシンプルな表紙の手帳(というか、B6サイズなので、むしろノートですね)ですが、

強引にシールを………これだけでも、むっちゃカワイイ~!!(バカっすね~!爆笑)  DSCF1437.jpg
 



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
10月14日から「相棒」season14が始まります!反町さんはどんな「相棒」ぶりを見せてくれるのでしょうか?
ピアノの森26巻、いよいよ最終巻!11月20日発売です。決して回し者ではありません…。しつこいって!(笑)
「ピアノの森」については、連載が再開していたことは知っておりましたが、いつのまにか連載が終わっていました。
最後はどんな話で終わったのだろう?気になります!


ピアノランキングへ

2015/10/11 Sun. 22:40  edit

Category: 年には勝てない老体のこと

tb: --  |  cm: 18

top △

練習会に参加してきました。発表会のリベンジは何とか出来たかな? 

10月になりました。

今年も残すところあと3か月…、1年の4分の3が終わりました。月日の経つのは早いっすね。


10月4日に、2県先のピアノ教室さまの練習会に参加させていただきました。

弾いた曲はもちろん、発表会のリベンジ曲である、ショパン エチュード op.10-9と、op.25-7、

あと、初体験の連弾…。フォーレの「ドリー」から「子守唄」です。

練習会会場は、ピアノ教室とは別のピアノスタジオです。

私の家からは、上手く直通電車があれば乗り換えなしで行ける場所ですが、

時間的に直通電車がありませんでしたので、途中で1回だけ乗り換えました。

午前中にリハーサルがありました。

ピアノ教室のM先生との連弾の合わせを、ほとんどしていない状態でしたので、リハーサルは必須!

リハーサル開始時間から、約2時間遅れでスタジオ入り。

「盛大に遅刻だぁ!!みなさまもう来ていらっしゃるのだろうなぁ」と思っていましたら、

全くの自由参加だったようで、リハーサル時間中に会場入り出来ればOKなのでした。

さっそく、連弾の合わせをしていただきましたが、私が練習不足過ぎて、何だか支離滅裂…。

プリモはすごく簡単なパートなのに(バイエル程度?)、なぜにこんなに弾けないのじゃ?(^^;)

これは先が思いやられる…orz


午後から、本番。

小さい子どもたちが、もう可愛くて可愛くて、もう「ぎゅっとハグしたくなる」ほど!

もちろんそんなことをされたら、子どもさんは大迷惑ですから、理性でぐっと抑えましたけど…笑。

一生懸命弾いているのを見て、「私も子ども時代からピアノを習いたかったよう!」と

絶叫したくなるのを、これまた理性でぐっと抑える。ううう…(;_;)

エチュードの部で、2曲弾かせていただきました。

ちなみにピアノはヤマハのC5でした。
使用ピアノはYAMAHA C5
(ピアノ確認は、私の儀式(…笑)ですから、もちろんしっかりチェックしましたよ!)

まず、op.10-9から。

盛り上げなくてはならない場所で、どうしても右手の音が左手の音に負けてしまう。

ミスタッチがなかったわけではなかったけれど、スルーできる程度?
(…だよね?…不安)

それから、op.25-7。

ピアノのタッチが家のピアノと微妙に違うので、

曲の最初のほうで、左手の音が出なかったところが出てしまった。
(大丈夫大丈夫、スルースルー。えぇっ?(笑))

中間部の左手の忙しいところは、指が転んでいくつか音を抜かしてしまったが、

ここ最近の指転びの激しさから比べたら、軽症のほう。止まらずに弾けたのでOK
(ホントにOKなのか?笑)

最後間近の和音で、気のゆるみから致命的なミスを!隣の音を弾いちゃった。(^^; 

短調の曲なのに、そこだけ長調ぽくなってしまった。やべー(笑)

もう気にしない気にしない…
(本当にそれでいいのか?良いんです!言い切るなよ…笑)

という感じで、怪しいところ満載の演奏でしたが、先日の発表会の出来と比べたら、遥かに良い出来!

もう、自己採点70点あげちゃおう!
(甘々じゃん?笑)


他の出演者の皆さま、凄く素晴らしい演奏ばかり。レベル高すぎです。

圧倒されて、ちょっと情けない自分。少しだけヘコんでしまった。

私なんて、まだまだ勉強不足。レパートリーもなさすぎ。

最後に連弾…M先生!ゴメンナサイ!(滝汗)

完全に練習不足でした〜!・゚・(つД`)・゚・

(すみませんっ!これ以上は書けません…)

練習会終了後、有志でのお食事会にも混ぜていただきました。DSCF1435.jpg

お酒は全く飲めないわけではないのですが(女子会では飲みますし…)、飲むと「眠くなってしまう」んです。

さすがに、お食事会の最中に舟をこぎ始めるのはマズイでしょ?

(女子会では、お酒が入って眠そうにしていると「kusuさん、起きてるー?」と起こされます(笑))
DSCF1428.jpg     DSCF1430.jpg     DSCF1433.jpg

DSCF1431.jpg     DSCF1429.jpg     DSCF1434.jpg
美味しいお食事と、楽しい会話で、身も心もお腹いっぱい!


10月3日のレッスンについて、簡単に書いておきます。

ツェルニー50番に入って、初めてのレッスンですが、練習不足がたたってます。

音型の変わり目、つかみづらい和音でいちいち手が止まってしまう。

ピアノを弾く時は、楽譜の先を読みながら弾いていますよね。

私は初見が超絶苦手なのですが、早い話、これが全く出来ていないわけです。

それから、音の粒が全然そろっていないので、まずは片手ずつで、ゆっくりでのリズム練習をすること。

最終的には相応の速度で、なおかつ楽譜の強弱記号をしっかりと把握して弾くことを求められました。

まぁ、当然ですわね。なぜか、この曲は弾いていて結構楽しい。

次にスケルツォ2番。

こちらも練習不足。譜読みは最後まで進めておくこと。

最終ページの連続3連符部分は難しい〜。

急速に指くぐり(手を横へ移動かな?)して、音をはずしまくっているし…(^^;)

先はまだまだ長いです…(;´Д`)



いつもダラダラ記事をお読みいただき、ありがとうございます。
早くも来年の発表会の曲を模索中。
私の譜読みが超絶遅いので、先生も早いうちから準備しておきましょうとおっしゃいます。
どうしよう〜(´Д`)


ピアノランキングへ

2015/10/06 Tue. 02:12  edit

Category: ピアノのある日常

tb: --  |  cm: 2

top △