ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

レッスンのない土曜日。アルペジオ苦戦中 

早いもので、1月も終わりますね?

なぜ語尾に「?」が付くかというと、毎年「1月は他の月よりも長く感じる」からなんです。

なぜかわからないのですが、1月が終わると、2月以降は超特急で時間が過ぎる感じがします。


1月30日はレッスン休講日でした。

1年で40回レッスンと決まっているため、3回レッスンの月も出てくるわけです。

さて、ツェルニー50番の2曲目、苦戦しています。

片手弾きでも怪しいところが数か所あるので、片手練習も重視していますが、

何だか指がもつれてスムーズに弾けないところとか、(黒鍵に指が引っかかる…)

指使い通りに弾いても、お隣の音を弾いてしまう確率が非常に高い部分とか、

3ページ目には、両手で弾くと、めろめろになってしまう2小節もあります。

こんな状態で、速度を上げることなんてできるのか?

「ツェルニーは好きじゃない~」と思いつつも、

現在、いちばん時間を割いて練習しているのもツェルニー…。何とも妙な状況です。

40番を練習しているときより、今回の50番のほうが気合いが入っているのも事実ではありますが、

好きじゃないんだけど、「弾けてくると楽しい」というのは、なんでも同じですからねぇ。

しばしば、1曲目も指を温める意味合いも兼ねて弾いてます。

和音部分で引っかかることなんてほとんどなかったのに、時々弾き間違える。ぬぉぉぉ~(-"-)

それから、レパートリーを維持するために、発表会で弾いたエチュード2曲を練習。

最後まで弾けるけれど、なんだか下手になっている…(^^;)

スケルツォは、弾ける部分で楽しんでいる感じ。

左手のアルペジオ伴奏に乗って、右手がメロディを弾くところ、

まだたどたどしさが残るが、だいぶ弾けるようになってきた。

ここが弾けるようになると、この曲の半分は制覇したも同然…。

って、残りの半分が、むっちゃ大変なんだけど…(;´∀`)

中間から最後にかけての片手練習を、もっと強化しないと両手で弾けないぞ~と、思うのだが…、

すっかり現実逃避してます…(ヲイヲイ…)


DVDで一通り見たにもかかわらず、

平日の午後に放映している「相棒セレクション」を録画してみています。

現在放映中のseason14は、反町隆史さん起用に賛否両論があるようですが、

私は反町さん、好演していると思うのですけどねぇ…?

この「相棒」で、私の反町さんに対する好感度は急上昇です。

ところで…テレビ朝日さん!お願いがあります!

season11の第11話「アリス」を再放送してくださーい!ずうずうしい…(;´∀`)


それから、TSUTAYAさんで借りて、現在ドはまりしているのが、

「デスパレートな妻たち」という、アメリカのテレビドラマです。(「がけっぷちの妻たち」ですかね?)

4人の主婦達の日常を切り取ったドラマですが、毎日がまさにごたごたの連続。

子育ての大変さ、癖のある隣人への対応の苦労、浮気による愛憎騒動などてんこ盛り。

全部でseason8まであり、現在season3を見ていますが、

あっという間に最後まで見てしまいそうです。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
2月7日に仲道郁代さんのリサイタルに行ってきます。
銀座で買い物もする予定ですが、購入出来たらこのブログでお披露目しますね?
またもやオタの血が騒いでます。まだ千葉では売られていないようなので??


ピアノランキングへ
スポンサーサイト

2016/01/30 Sat. 23:45  edit

Category: ピアノのある日常

tb: --  |  cm: 10

top △

こんなにあって、どうするの!? 

2週間ぶりのご無沙汰です。

ここ1週間ほど、余り体調が良くありませんでした。

現在、2週間ごとに心療内科に通っていますが、前回から薬がジェネリックに変わりました。

効き目はほぼ同じと、先生からお聞きしていましたし、

金額的にも、以前の薬の7割弱位の金額で済むので、万々歳だったのですが…。

飲み始めてみると、どうも前の薬より効きが悪い?

イヤーな感じがちょっとぶり返して、精神的に落ち着かない感じでした。

「安い薬=効き目が弱い」という公式が、私の頭のどこかにあったのか?

ということで、本日心療内科に行ったときに、先生にご相談し、前の薬に戻していただきました。

人間、気の持ちよう、というのは確かにあるんですけどねぇ…。

最近の私は、余りいい方向に物事を考えられなくなっているので、困りものです。


さて、少し前ですが、

ブロ友のひさへさまのブログで、150色の色鉛筆を購入されたお話がアップされていましたね。

ワタクシ、子どもの頃は、音楽よりも、お絵かきが大好きでした。

物心つく前の話ですが、クレヨンとかを持たせると、壁とかガラス窓とか畳に落書きをするような

親からしたら、手の付けられない、しょうもない子どもだったそうです。

物心ついてからは、日曜日になると父親に「買い物行こうよ~」とおねだりして、

色とりどりのサインペンやクレヨン、色鉛筆、スケッチブックばかり買ってもらっていました。

まわりのお友達は、リカちゃん人形やカワイイぬいぐるみを買ってもらうのに、

私はお絵かき道具ばっかり。変な子ども…(^^;)


昔買ってもらった色鉛筆とか、みんな捨てずに残しております。

なので、凄い量なの!ここまでくると、「バカ」とか、「相当変な人」「狂人?」の領域ですよね~(^^;

新しい順に記載しますので、みなさま、どうか呆れてやってください(笑)

フェリシモ社から購入した500色の色鉛筆  ← 通販のフェリシモから20か月かけて購入した、500色の色鉛筆
何となく、あとさき考えずに購入してしまった色鉛筆ですが、さすがにこんなにあると持て余してしまいますね。
色鉛筆を入れておくケースも売られていましたが、購入しておけば良かったかな…。


お店で一目ぼれ!して、ついつい購入してしまった、カランダッシュの40色の色鉛筆 → カランダッシュ40色の色鉛筆
デパートでウィンドウショッピング中に見つけて、高価だったにもかかわらず、つい購入してしまいました。
いわゆる「呼ばれちゃいました!」状態でした。お気に入りなので、使えません…(なんで?)


ステッドラー24色の色鉛筆 ← 姪たちに買ってあげた時に、自分も欲しくなって購入したステッドラー24色の色鉛筆
自分が好きなので、ついつい姪たちにも色鉛筆を買ってあげたりしたのですが、
子どもって筆圧の調整がうまく出来ないので、芯が柔らかい色鉛筆で絵を描かせると、芯を折りまくってました。
「高い色鉛筆だったんだから、大事に使えよ~!」と、姪たちに叫びまくっていたワタクシです。(ケチくせぇ~)


ブルーチップ(知っているかな?)を貯めて引き換えた三菱ユニ60色の色鉛筆 → 三菱ユニ60色の色鉛筆
ブルーチップというものをご存知ない方もいらしゃるかな?今でいうポイントカードみたいなものですね。
昔、勤務先の近所にあったスーパーが、この「ブルーチップ加盟店」でして、(現在は違うお店になってます)
会社での飲み会のたびに、このスーパーでビールやおつまみを購入していました。
その時にスタンプをどっさりもらえたのですが、それをどういうわけか、みなさん私にくれるわけです。
色鉛筆以外にも、お弁当箱とか、お椀のセットとかと引き換えました。


中学時代に授業で使っていたクーピーペンシル ← 中学時代、授業で使っていたクーピーペンシル18色
クーピーペンシルが初めて発売された時、「全部が芯」ということに驚き、
「なんて画期的!」と思い、すぐに親にねだって買ってもらいました。
中学時代、地理の授業で地図を描いたりしたときに使用していました。


セットからばらけてしまったり、単独で購入した色鉛筆たち → セットからばらけた色鉛筆たち
色鉛筆って、良く使う色とあまり使わない色というのがありますよね。
ということで、良く使う色鉛筆を使い切った等で、セットからばらけた色鉛筆をまとめて袋に入れたものです。
三菱ユニの色鉛筆が欲しくて、単独購入したものも混じってます。

それにしても、こんなに色鉛筆があって、どうするんだ?

一応「大人の塗り絵」を2冊ほど持っておりますが、

実際に塗り絵をし始めるのは、会社リタイア後でしょうかねぇ?



久々のレッスン記事です

○ツェルニー50番の2番
 ・両手にアルペジオが出てくるが、片手練習は必ずすること。
  その場合、右手3:左手7の比重で練習。とにかく左手の練習をたくさんすること。
 ・アルペジオの昇りは、クレッシェンド、下りはデクレッシェンドで弾く癖をつける。
 ・手首だけでなく、腕も使って弾くこと。
 ・まずは両手奏をゆっくりで弾き、音の位置を覚え込むこと。それから速度を上げる。


○謎の曲A
 ・右手のメロディ部分(伴奏部分は弾かない)と左手を弾く。
  最後の2ページは、まだ音を探しているので、もう少しこのスタイルで練習する。
 ・次回は右手のみ。メロディと伴奏部分を弾き分けられるように。
なお、謎の曲Bは、Aがある程度弾けるようになるまで保留させていただくことにしました。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
この週末、今季最大の寒波が来ているそうですね。上空1500mの気温が氷点下6度だそうです。
「はい?」って感じしませんか?(私だけ?)北海道辺りでしたら、冬場の普通の気温という感じがしますし…?
みなさま、寒さ厳しき折、インフルエンザ、風邪にお気を付けくださいね。


ピアノランキングへ

2016/01/24 Sun. 00:37  edit

Category: favorite things(オタ系注意)

tb: --  |  cm: 20

top △

黒沼ユリ子さんのヴァイオリンリサイタルに行ってきました。 

さて、3連休のなか日である10日に、

去年、セカンドオピニオンレッスンでご一緒させていただきましたKさんと、

今年最初の演奏会に行ってまいりました。

今回は黒沼ユリ子さんのヴァイオリンリサイタルです~♪H28年1月10日演奏会プログラム

ヴァイオリンは、私がピアノ以外で弾いてみたいと思う楽器の筆頭ですが、

演奏会には行ったことがなかったのですね。なんと!今回が初めての生ヴァイオリンです。(オケは除く)

地元ホールでの開催でしたが、開場時間のかなり前から入場するための長ーい列が出来ておりました。

ちなみに、今回が黒沼さんにとって最後の演奏会だそうです。


出演者(敬称略):黒沼ユリ子(ヴァイオリン)
         ラファエル・ゲーラ(ピアノ)
         井口朝子(ヴァイオリン)
         上村理一(ヴィオラ)


○プログラム ・ベートーヴェン ソナタ第5番「春」(ヴァイオリンとピアノ)
           いわゆる「スプリングソナタ」有名な曲ですよね~。
           出だしの音から「うっとり」の世界でした。


         ・ドボルジャーク:ソナティナ 作品100 (ヴァイオリンとピアノ)
           ドボルジャークが、彼の子ども達にささげた曲だそうです。
           子どもたちのはしゃぐ声が聞こえてきそうな曲でした。


         ・ドボルジャーク:ユモレスク (ヴァイオリンとピアノ)

          * * *   休   憩   * * *

         ・エロルドゥイ:マズルカ イ短調 (ピアノ・ソロ)
           メキシコのショパンと呼ばれていた作曲家のひとりだそうです。
           「ショパンの曲です」と言われたら納得できてしまうくらい、
           ショパン節炸裂!な感じの曲でした。

 
         ・ポンセ:メキシコのバラード (ピアノ・ソロ)
           このかたも、メキシコのショパンと呼ばれていた作曲家のひとりだとか…。
           超絶技巧曲!私には何となーく、ショパン×ラフマニノフ÷2のような気がしました。


         ・マルティヌー:セレナーデ 第2番 (2台のヴァイオリンとヴィオラ)

         ・ショスタコーヴィチ:3つの二重奏曲 (2台のヴァイオリンとピアノ)
           黒沼さんは、あの東日本大震災に大変心を痛めておられて、
           この3つの二重奏曲に東日本大震災をなぞらえ、
           1曲目が鎮魂の曲、2曲目が失った人たちの想い出、3曲目が希望の曲と語っておられました。
           ちなみに本日使用しているヴァイオリンの魂柱は、震災後に1本だけ流されずに残った、
           「奇跡の一本松」で作られたのだそうです。

           (魂柱とは、ヴァイオリンの表板と裏板の間に垂直に立てられた棒状の木片のこと。
           魂柱は、ヴァイオリンの心臓部と言っても良いほど重要なパーツであるが、
           本体に接着しないので、f字孔から工具を入れて、取りつけや調整が出来るそうです)

         ・サラサーテ:ナヴァラ(2台のヴァイオリンとピアノ)
      
         ・スメタナ:「故郷」から全2曲(ヴァイオリンとピアノ)


休憩時間を挟んだ後半は、数台の弦楽器での演奏が多かったですが、

1挺でもヴァイオリンの音色は素敵なのに、これがデュエットになったり、ヴィオラが入ったりすると、

ハーモニーが出来て、とっても華やかな感じになりますね。

さらに、プログラムが進むにつれて、ヴァイオリンの音の輝きがどんどん増してきて、

その音の心地よさに、すっかり酔いしれてしまいました。



○アンコール ・タイス:瞑想曲
           この曲も超有名曲!ヴァイオリンの音の美しさを堪能できる曲ですね。
           この曲を聴いてあまりの美しさに泣きそうになりました。


       ・クライスラー:プレリュードとアレグロ
           「この曲、絶対に聴いたことがある!」最初の部分でそう思ったけれど、
           曲名について、黒沼さんご自身からお話がなかったので、
           「どうしても曲名が知りたい~!」と思い、
           受付のかたにお願いして、曲名を訊いていただきました。
           帰宅後、唯一持っているヴァイオリンのCD(演奏者:川井郁子さん)を見てみましたら、
           この曲がありました。(演奏者自身による編曲がなされているものでしたが)
           このCDで聴いていたんだな~。
           ちなみにクライスラーというと、浮かぶのは「愛の悲しみ」。この曲もワタクシ大好きです。


          
初めてのヴァイオリン演奏会でしたが、ピアノの演奏会とはまた違った次元の感動でした。

ヴァイオリンは肉声ですよね。演奏者の息遣い、思いがストレートに音になって現れる。

嬉しい・悲しい・郷愁・やりきれない想い・愛しさ・絶望・慟哭・何度でも立ち上がろうとする強さ…

たくさんのメッセージを、曲という媒体を介して受け止めた感じでした。

音楽は素敵です!音楽は神から与えられた、最高の贈り物のひとつだと思いました。


今回の演奏会を最後に、黒沼さんは演奏家から引退をするそうです。

スポーツ選手には、引退というものがありますが、音楽家にも引退年齢ってあるのでしょうか?

黒沼さんには、引退と言わずにまだまだ弾き続けてほしいなぁ、と心から思った演奏会でした。


演奏会後、Kさんと新年会。

私が女子会でいつも使うお店にご案内しました。

2016011017200000.jpg ←厚揚げ焼きと水餃子   2016011017490000.jpg ← 白身魚のサラダ(でも葉っぱがない?)

心も身体もお腹いっぱいな1日でした。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
来月は仲道郁代さんの演奏会に行きま~す。シューマン、復習しておかないと…


ピアノランキングへ

2016/01/11 Mon. 02:44  edit

Category: この素晴らしき演奏家達

tb: --  |  cm: 6

top △

2016年が始まりました。今年はどんな一年になるのかな? 

あけましておめでとうございます。

今年1年の、みなさまのご多幸を、心よりお祈りしております。


あっという間に2015年が終わってしまいましたね~。

また新しい1年が始まりましたが、またまた「あっ!」という間に過ぎてしまうんだろうな。

今まで生きてきたよりも、これから生きていく時間のほうが短いですから、

1日1日を大事にして生きていきたいと思いますが……。

根性ないので、すぐに楽なほうへ流されてしまいそうな気がする…(^^;)


ただいま、陸の孤島?と化している実家より、更新をしております。

年末にかけて4kg位、病的に痩せましたが、

食欲が復活した+実家で食べっぱなしで、かなり体重がやばい感じ?

家に帰るのは1月3日の予定です。次の日から仕事かよ~(´Д`)

しかも初日から締めで忙しい~!!(*_*;


実家にいるとピアノが弾けないので、本日で既にまるまる3日ピアノを弾いていません。

実家にもアップライトピアノがあるのですが、盛大に物置になってしまって、

鍵盤のふたすら開けるのが至難の技。

年末の掃除の最中に、「音が出るのかな~?」と思って、鍵盤ふたをこじ開けて
(横着だなぁ…笑)

わずかなすき間に指を入れて音を出してみた。

まぁ、音が出て当然。ずっと調律していないから音は狂っているだろうが…。

しかし弱音ペダルのロックがかかったままだ…!?
(真ん中のペダルを踏み込んで左側に押し込んだ状態)

このペダルをロックさせたまま、長期放置してしまっても大丈夫なのかなぁ?

このアップライトピアノは、25年ほど前に、実家の改築に合わせて兄夫婦が購入したものだが、

結構高価だったと聞いたような気がする。

姪たちが子どもだった頃は弾かれていたのだが、いまは弾き手がいない。実にもったいない…。

さて、問題はもう一台のほうだ。

私が、就職後の最初のボーナスを頭金にして購入した「なんちゃってピアノ(カワイ製の電気ピアノ)」!

「ぴあの屋ドットコム」さまによると、

このピアノは、ハンマーヘッドがフェルトではなくて、コルクで出来ているらしい。

こちらは鍵盤ふたに、さらにものがたくさん乗っていて、かなり悲惨な状態。

こちらのピアノは、私が引越しした後でも、しばらくは実家に帰ってくるたびに弾いていたピアノです。

鍵盤ふたをこじ開けて
(荷物をどかせばいいじゃないか~!汗)鍵盤を何とか押してみる。

おぉッ!音がまだ出るじゃないか~。

この「なんちゃってピアノ」は、普通のピアノの2分の1から3分の1程度の音量なので、

私が引き取って、我が家の防音室に入れたら、深夜でも弾けそうだなぁ?

…と、いつも思うのだが、狭い防音室。どうやって設置するのだ?

部屋の広さを考えたら、絶対に無理なのだけれど…(T_T)

でも、ピアノ再開後にガンガン弾きまくっていたものなので、愛着がある。

とりあえず、次回の調律の時に、この電気ピアノの調律が出来るか、Hさんにお訊きしてみようか?

特殊なピアノだから無理かな?調律できないピアノだったら……するしかないんだろうなぁ?


今年はどんな1年になるのだろう?

分かるのは、今年もピアノ三昧になりそうなことだけかな?

ブログ更新サボり気味ですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
年末に20年使った炊飯器がついに壊れました。
スイッチを入れると異音がしていたので、そろそろ寿命かな?思っていました。
年末に新しい炊飯器を購入しましたので、新年から使い始めます。


ピアノランキングへ

2016/01/02 Sat. 00:45  edit

Category: えとせとら

tb: --  |  cm: 14

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。