ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

ラーメンは、私のソウルフード! 

2週間ぶりのご無沙汰です。


朝日新聞の、土曜版別刷りの「青のbe」に掲載されている「beランキング」ですが、

2月20日は「今食べたいインスタントラーメン」でした。

ランキング1位から10位までは以下の通りです。


1位:サッポロ一番「みそラーメン」(サンヨー食品)
2位:チキンラーメン(日清食品)
3位:サッポロ一番「塩ラーメン」(サンヨー食品)
4位:出前一丁(日清食品)
5位:マルちゃん正麺・醤油味(東洋水産)
6位:明星チャルメラ・しょうゆ(明星食品)
7位:日清ラ王・醤油(日清食品)
8位:サッポロ一番「しょうゆ味」(サンヨー食品)
9位:マルタイラーメン(マルタイ)
10位:ワンタンメン(エースコック)



ラーメン…今や日本人の国民食と言っても良いですね。

私も、子どもの頃から結構食べていました。

親から「ラーメンばかり食べていると、栄養が偏って、大きくなれない!」と言われて、

なかなか食べさせてもらえなかったのですが、

いつの間にか「日曜日のお昼はラーメン解禁」になり、自分で作って食べていました。

「食べたいなら自分で作れ!」というわけで、親は一切手出しせずでした。

今でこそ、ガスコンロもレバー(と言うのか?)ひねれば、簡単に火が付きますが、

私の子どもの頃は、マッチを擦って、ガスコンロのレバーをひねり、

コンロに火がついたマッチを近づけて火をつけたものです。

レバーをひねりすぎると、炎で手をやけどしそうになったりして、時々怖い思いもしました。

マッチがなかなか擦れなかったことで、

兄にマッチを擦る特訓(怖がってなかなか擦れなかったので、まさに特訓)を受けた記憶があります。



一番最初に私が気にいって食べていたのが、「明星食品」さんの「スープ付き明星ラーメン」でした。

白い袋に鶏の絵が書かれていた記憶がありますが、いつの間にかなくなってしまいましたねぇ。

現在買うことが出来るラーメンで、この「スープ付き明星ラーメン」に味が近いと思っているのが、

「サッポロ一番・しょうゆ味」なのですが、実際のところ、どうなんだろう?


((「サッポロ一番・しょうゆ味」+「エースコック・ワンタンメン」)÷2 みたいな感じかなぁ?)

それから、「サンヨー食品」さんの「みそラーメン」(ランキングでも1位)もお気に入りでした。

味やパッケージが、発売当初からほぼ変わっていないのも嬉しい!

当時、このサッポロ一番「みそラーメン」は、お値段35円だった記憶があります。

当時の物価から考えたら、袋ラーメンって高かったのかな?

「東洋水産」さんの「たぬきそば」と「カレーうどん」も食べたことがあります。
「たぬきそば」といえば、天ぷらの揚げかすがつきものですが、たぬきそば ← むっちゃ懐かしい!

揚げかすはついてなかったですね。なのに、なぜ「たぬきそば」?(初の日本そばの袋めん?)

深緑色の袋に、黒いタヌキの絵が描かれていたからかなぁ?結構おいしかった記憶があります。

「カレーうどん」は、今でも売られていますね。

当時のカレーうどんは、淡いオレンジ色の袋に入っていましたが、パッケージの絵が思い出せません。

「ハウス食品」さんの「ハウスシャンメン・たまごめん」も一時期ハマっていました。中学生くらいだったかな?
麺にたまごが練りこんであって、とにかく麺が美味しかったですね。たまごめん

サッポロ一番の御三家「しょうゆ・みそ・しお」は、みんな好きですが、

なぜかブームがありまして、「みそ」が気に入ると、ずっと「みそ」、

「しお」が気に入ると、ずっと「しお」、現在は「しょうゆ」ブームです。

この「しょうゆ」ブームは、細々ながら結構長いです。

それから、同じ「サンヨー食品」さんの「アラビヤン焼きそば」が好きですねぇ…。

「アラビヤン焼きそば」は、私の「箱買いしたい袋めん」の1位なんですよ~!

「アラビヤン」のネーミングとは全く関係なく、いたって普通のソース焼きそばです。

しかも千葉県限定だそうですね。さらに、売られている地域も限定?(そうでもないような気はするけど?)

これは本当に売っているお店が少ないんです。ちなみに、近所のスーパーには置いてません。(T_T)

ちょっと前までは「セブンイレブン」に行くと売っていたりしたので、買い占めたり(ヲイヲイ…(^^;)しましたが、

最近はなぜか見かけません。「アラビヤン焼きそば」カムバ~ック!!

最近食べたもので「結構うまいやん!」と思ったのが、「日清食品」さんの「出前一丁」ワンタン入りカップ麺です。

また買ってこようっと…。ところで、どこのコンビニで買ったんだっけ?(ヲイヲイ…(^^;)

「出前一丁」は、子どもの頃は添付されていた「ごまラー油」を入れないで食べていました。

「ラー油」=辛いということで、入れずに食べていたのですが、

ある日、思い切って、この「ごまラー油」を入れて食べてみました。

………人生、損していた、という気持ちがしました(おおげさ…笑)



最後に、私が「今食べたいインスタントラーメン(焼きそば含む)」のランキングを上げておきますね。


1位:スープ付き明星ラーメン(明星食品)*現在販売されてません
2位:アラビヤン焼きそば(サンヨー食品)
3位:ハウスシャンメン・たまごめん(ハウス食品)
*現在販売されてません
4位:サッポロ一番・しょうゆ味(サンヨー食品)
5位:マルちゃん正麺・つけ麺(東洋水産)
*2食入り・期間限定商品?去年の夏に1回食べたきり
6位:サッポロ一番「みそラーメン」(サンヨー食品)
7位:出前一丁(日清食品)
8位:カレーうどん(東洋水産)
9位:サッポロ一番「塩ラーメン」(サンヨー食品)
10位:日清焼そば(日清食品)




最近ピアノ熱が超低空飛行です。おかげでレッスンも散々…(T_T)

最大の宿敵は「こたつ」かも?です(^^;)



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
麺類大好きなワタクシですが、実は一番好きなのは「うどん」なのです。
讃岐うどんラブです。いつか食べに行きたいです。
ただ、生卵・温泉卵がダメなので、「かまたま」以外で…(^^;)カマタマファンノカタ、スンマソン…


ピアノランキングへ
スポンサーサイト

2016/02/21 Sun. 22:23  edit

Category: favorite things(オタ系注意)

tb: --  |  cm: 12

top △

2月7日に仲道郁代さんのリサイタルに行ってきました。 

今日の東京は良い天気。絶好のサントリーホール日和です。(なんだそれ?笑) サントリーホール日和
サントリーホール2 

仲道さんのリサイタルは今回で2回目です。(前回は一昨年に行っています)

恒例のサントリーホールですが、いつもは東京駅から、東京メトロ丸の内線に乗るのですが、

今回は東京駅で下車せず、新橋駅から、東京メトロ銀座線に乗る行き方に変えてみました。

この行き方のほうが、乗りかえ回数が少ないため、効率的だと気づいたので…。ていうか、早く気づけよ、ですね(^^;


仲道さんのリサイタルでは、抽選で会場内の50名のかたにプレゼントが当たる、というファンサービス?があります。

今回のプレゼントは、仲道さんのポートレートが印刷された、缶入り(自信なし?)キャンディでした。

前回、このプレゼントに当たったワタクシですが、今回は当たりませんでした~ (^^; ザ゙ンネーン!

そのかわり?発売されたばかりのショパンワルツのCDを購入して、サイン色紙いただきました。 CD買いますた
サイン会で頂いたものではなくて、ワルツのCD購入者に、仲道さんの直筆色紙を付けてくれるというサービスです。

ちなみに、このショパンのワルツは、1842年製のプレイエル(ショパン様が生きていらした時代のピアノ!)と、

2013年製のスタインウェイの両方で弾かれた2枚組です。

じっくり聴き比べてみたいと思います。「1842年製のプレイエル」の文字に負けてしまったワタクシです。(^^;)


さて、サントリーホールは満員御礼。

今回も演奏前にきちんと儀式?をしてきましたよ~!

今日のピアノは「ヤマハCFX」でした。スタインウェイじゃないんだ~。

(儀式とは…:演奏開始前にステージ前まで行ってみて、何のピアノを弾かれるか確認しに行くこと)

今回のプログラムです。  2016年仲道さんリサイタルプログラム

○バッハ パルティータ第1番 BWV825
  バッハは聴くと素敵!弾くと大変!というイメージがあります。
  この1番のパルティータは1曲目の「プレリュード」は知っていますが、他が「???」な状態(^^;イツモノコト
  でも、「いつか弾いてみたい」と思わせる曲でした。


○シューマン ピアノソナタ第1番 op.11
  シューマンのソナタは学生時代に夢中になって聴いていた曲です。
  非常に体力を必要とする曲だなぁ…と、仲道さんが演奏される姿を見て思いました。
  まさに渾身の演奏です。
  シューマンが若い時の作品ですが、憤懣ややるせない思いが曲間から湧き上がってくるような感じ。
  それが曲が進むにつれて、祈り-希望-立ち上がる力へつながっていくように思えました。
 
 
     * * * * * * *  休   憩  * * * * * *

○ショパン ワルツ第1番~第8番
  ショパンが生前出版した曲は全部で8曲ですが、
  作品番号が若い作品は、パリの社交界を意識し、本当に舞踏用に作られた曲と感じます。
  1番のop.18のワルツを聴きながら、
  宮殿内の広間で踊っている、紳士・淑女の姿が見えるような感じがして、ハッとしてしまいました。
  2番のop.34-1で、なんと私の先生が時々おっしゃることが起きました。(何かは企業秘密です)
  3番はop.34-2は、ワルツという形を取ったショパンの内面を表した曲。
  非常にショパンらしい曲という感じがするのですが…?
  晩年に作曲されたop.64の3曲ですが、華やかな中に一抹の寂しさを感じたのは気のせいかしら?
  特にop.64-3を聴いて、彼の孤独な心に触れたような気がして、とても切なくなってしまいました。
  この曲を作ったころは、自分に余り時間が残されていないことに、彼はきっと気づいていたのでしょうね。
  指の間から、砂のようにさらさらとこぼれ落ちるのは、過ぎさった幸せな時間?
  それとも、懐かしく愛しい人達への切ない思い?
  私もかつて練習した曲でもありますが、あまり何も考えずに弾いていたので、
  それを思い出して、ちょっと恥ずかしくなってしまいました。
  (教訓:ワルツもそうだが、タイトルに縛られてはいけない。特にショパンは)

   
○ショパン ポロネーズ第6番「英雄」
  私が思うところの「綱渡り曲」のひとつ。
  もちろん、不安定なところなど微塵もなく、非常に勇壮に力強く、そして美しく弾かれました。
  弾き終えた後の拍手が半端ありませんでした。


○アンコール
 ・ショパン ノクターン「Lent con gran espressione」
 ・エルガー 愛のあいさつ



サントリーホールを出て、次に向かったのは銀座です。

東京に出て来ているのに、銀座に行かない手はありませんよね~。

行きと同じルートで地下鉄を乗り継ぎ、「新橋駅」で外に出ました。

最近の銀座は、中国人と思しき方が多いですね~。たまに日本語の会話が聞えてくるとホッとします。

「ヤマハ銀座店」さんは楽譜売り場を冷やかしたのみ。時間もあまりないので、試弾しには行きませんでした。

「木村家」さんのパンに呼ばれて
(腹減ってたの~!笑)いくつか購入。(ここのパン、美味いっすよ!) 木村屋のパン

「山野楽器銀座本店」さんへ行って、前から欲しかった楽譜をようやく買いました。

絶対に弾けない曲なので、ミニチュア楽譜にしました。

エキエル版の「ショパン ピアノ協奏曲1番」のピアノソロ・バージョンです。
私が唯一持っている、エキエル版のバラード(普通版)と大きさを比べてみてください。
 エキエル版大きさ比べ


エキエル版のピアノ協奏曲のミニチュア楽譜には、このピアノソロ版以外にも

オーケストラのフルスコア版と、2台ピアノ版が別にあります。3種類きちっとあるのが凄い!

普通、協奏曲のピアノ譜は2台ピアノ版が主流ですものね。

うふふ…、このソロ譜で、5月の予習をするんだ~♪
(本当にするのか?…もしかしてするする詐欺?笑)


新装開店した、大好きな巨大文房具店?の「伊東屋」さんに寄りたかったが、

すっかり日が暮れてしまったので、後ろ髪を引かれる思いでお店の前を通過。

(ここに来ると、時間を忘れて見て回ってしまうため、私にとっていろいろな意味で危険なお店なのです)

最後に、最終目的地である「有楽町Loft」さんへ。

実は、私の「オタ心」をくすぐるものが、ここに売られているのです。

地元の千葉にも「Loft」はあるのですが、まずは首都圏店舗で発売ということで、千葉には売られていないんです。

それは……
これでーす!クリアファイル!(笑)丸の内クリアフォルダー ← 丸の内 表参道クリアフォルダー ← 表参道


住宅地図でおなじみの「ゼンリン」さんが、

女性にも地図に親しんでもらおうというコンセプトで開発したという「matimati」シリーズです。

他に、ノートパッド・ブックマーク・マスキングテープ・小物入れ箱がありましたが、

クリアファイルだけ購入しました。

素晴らしいピアノも聴けたし、自分用にお酒入りチョコや、美味しいパンや、欲しかった楽譜も買ったし、

さらにはオタ心まで満たされて、今日は大満足な一日でありました…。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
朝日新聞の土曜版に赤の「be」がありまして、そこにパズルコーナーがあります。
数か月に一度、迷路が掲載されるのですが、久しぶりに2月6日に掲載されますた!
お気に入りのパズル

ピアノランキングへ

2016/02/08 Mon. 01:57  edit

Category: この素晴らしき演奏家達

tb: --  |  cm: 20

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。