ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

人間ドック後のサプライズ♪ 

3月22日に人間ドックに行ってきました。

前回は、一昨年の受診でしたが、今回は予約を取ってから、2か月の待ち時間がありました。

もっと早い時期に予約を入れればよかったのですが、

思いたったら吉日とばかり、すぐ行動に移せばよいのに、

「後でいいか…」と思う → 人間ドックの予約自体を忘れる

の繰り返しで、3月の受診となってしまったわけです。


去年の10月~11月にかけて、心理的なことから食欲がほとんどなくなり、体重が4kgほど落ちたのですが、

最近はめっきり食欲旺盛になってしまい、体重が戻りつつあります。

年末に炊飯器が壊れて、買い替えたのですが、

新しい炊飯器で炊くご飯は、実に甘味があって美味しいので、ついつい食が進んでしまうのです。

ご飯が美味しいのは嬉しいですが、これはとっても危険な誘惑です。(笑)


体重が以前に戻りつつあるといっても、まだ前回人間ドックを受けたとき程には戻っていないので、

数値の改善が期待できたのですが……???

ちょっと甘かった…(笑)

年齢が上がると、どうしてもいろいろな数値が上がっていくのですが、

体重を少し落としたくらいでは、数値は好転しないようですねぇ。

ただ、脂肪肝気味だったのは改善されていましたが、

な、なんと!胆のうにポリープが!形から悪性ではないようですが、ちょっと怖いですよね~(゚Д゚;)

問題は聴力ですね~。ヘッドホンから出る音に必死で耳をすませるのですが、ほとんど聞こえません。

検査技師のかたから、日常生活に支障があるようなら、耳鼻科に行くことを薦められました。

普段の生活でも、低い声で、もそもそと話されると、ほとんど聞き取れないので、

補聴器を考えないといけないかなぁと思い始めています。(T_T)

まぁ、狭い部屋でピアノをガンガン弾いていれば、難聴にもなりますかねぇ…?


前回ほどではありませんが、今回も前日の夕食摂取時間が遅かったので、

胃のレントゲンで少し待つことになりました。

幸いなことに、罰ゲームのような、「発泡剤おかわり」はありませんでした。(それがフツー!笑)

基本的に炭酸飲料が苦手なワタクシ、この発泡剤を飲むのは、結構大変なんですよー。

前回の「発泡剤おかわり」は正直、マジにきつかったです。


ひととおり検査が終わった後、当日中にわかるものの検査結果を聞いて帰宅、となるのですが、

検査結果がわかるまで、2時間半ほどの時間があります。

前回同様、病院近く(歩いて15分~20分は近くなのか?)のショッピングモールで時間をつぶそうと考えました。

私がいつも人間ドックを受けに行っている病院は、大きなオフィスビルの中にあるのですが、

ビルの出入り口付近のラウンジ(アトリウム)に、グランドピアノが置かれている喫茶店があります。

吹き抜けのあるラウンジの中央に喫茶店があるのですが、囲いが一切ないので、解放感は抜群です。

その日は、そのグランドピアノを弾いているかたがいらっしゃったので、思わず足を止めました。

「ここのお店のピアノって、お願いすれば弾かせてもらえるの?」と思ったこともあるのですが、

弾いている曲がショパンのバラードでしたのでなおさらです。

通して弾いているわけではなく、テクニック的に難しいところをパラパラ弾いている感じでした。

ふとラウンジ内の柱に目をやると、コンサート告知のポスターが張られており、

お昼にピアノのミニ・コンサートがあることを知りました。

で、ショッピングモールへ行く計画は急遽中止。

急いで昼食を食べ、喫茶店のあるラウンジに戻りました。 お昼、これ食べたよお昼ごはんは和食

ラウンジ内には、椅子やテーブルがあちこちにあるので、

持参したお弁当を食べるために、そのビル内の企業で働いているかたが座っていたりして、結構な賑わい。

空いている席を見つけて(ピアノを弾く手があまり見える席ではありませんでしたが…)

部外者意識に引け目を感じながらも、5曲聴いてきました。


第299回 アトリウムコンサート 演奏者:野口 玲奈さん コンサート告知
・ラフマニノフ 前奏曲「鐘」
・ラフマニノフ 幻想的小曲集から「悲歌」
・ショパン ノクターン 遺作
・ショパン 幻想即興曲
・ショパン バラード1番
 
     

ちゃんとしたホールでの演奏会ではありませんから、歩いている人はいるし、

周りが何となくザワザワしていて、曲だけに集中、というわけにはなかなかいきませんでしたが、

ここでピアノが聴けるとは思ってもいなかったので、私にとって、とても嬉しいサプライズになりました。

定期的に開催されているようなので、次回の人間ドックも演奏会のある日にぶつけようと思っております。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
「ピアノのムシ」8巻が、5月16日に発売予定です。しつこいようですが、回し者ではありません。(笑)


ピアノランキングへ
スポンサーサイト

2016/03/27 Sun. 03:48  edit

Category: ピアノのある日常

tb: --  |  cm: 7

top △

かのんちゃん、2歳のお誕生日です。 

月日の経つのは早いもので、

我が家にグランドピアノのかのんちゃんが来てから、まる2年になりました。


DSCF1499.jpg 3月24日の今日は、2歳のお誕生日です。


ここしばらく、ピアノ熱が超低空飛行でしたが、

先日、とある出来事で、ちょっと再燃してきました。

しかし、練習をさぼっていたツケはきっちりと回ってきまして、

バラード1番がかなり・相当・ほとんど?崩壊状態です。

一度トチると、その癖が瞬間的に体にしみこんでしまうのか、

何度弾いても弾けないという、最悪のループに突入しております。

これから、しばらくの間「バラ1復活祭」を、勝手に我が家で開催することにしました。

(イースターも、もうすぐなことですし。ちなみに、今年は3月27日だそうです)

「復活祭」と言っても、週2(土曜・日曜)練習を復活させるだけのことですが…(^^;) それだけ?

仕事のある日は、ツェルニーとシューベルトでタイムアップになってしまうのでね。

せめて、下手なりに以前のレベル(騒音レベル?笑)まで、戻したいです。

さしずめ、現在は工事現場レベル…かな?ドカーン、ガシャーンな状態 ← 言い得て妙だわ!

がんばるぞー!(^^)v



いつもお読みいただきありがとうございます。
ツェルニー50番、早く次の曲に行きたいのですが、アルペジオ、苦戦しております。でも、楽しい♪
練習していると、あっという間に1時間とかザラ…。確か、ツェルニーは嫌いなはずじゃ……?おかしい…?


ピアノランキングへ

2016/03/24 Thu. 22:40  edit

Category: ピアノのある日常

tb: --  |  cm: 6

top △

春のお彼岸、気分は特攻隊(笑) 

早いもので、3月も残すところ、あと10日あまりとなりました。

3月19日のレッスンが休講日でしたので、お彼岸でもありますし、実家に帰っていました。

実家は、私が今住んでいるところよりも田舎なので、

周りには緑がいっぱいあります。……当然、杉の木もたくさんあります。

お墓はまさしく、杉林のなかにあるような感じで(ホントに田舎ですよね~汗)

お墓参り(春のお彼岸)=特攻隊さながら、杉林の中に突っ込んでいくわけです。

アレルギーの薬を貰って飲んでいますが(どうやら眠くなりにくいのは確かなようです)

効く時と効かないときがありますね。疲れてくると、当然効きが悪くなります。

実家に帰った日も、朝のうちは花粉症の嫌~な症状も出ず、快適だったのですが、

時間の経過とともに、目がかゆい、鼻がむずむずして、鼻水が止まらないなど症状が出てきました。

点鼻薬を何度か点しましたが、症状がひどくなってからだと、効き目が皆無になってしまうんですよね~。

今年も花粉の攻撃は絶好調です。

おかげで私は絶不調~オーマイガッ!(T_T)



私が大好きなTVドラマの「相棒」season14が、3月16日で放映終了となりましたね。

4代目相棒役の反町隆史さん、私的にはかなり好きでした。

わざとらしくすっとぼけてみたり、ちょっとひょうきんで、オーバーなリアクションなど…。

最初は、反町さんの起用はseason14だけで、

以降は、初の女性相棒誕生(仲間由紀恵さん)か?という話もあったようですが、

season15も続投となりそうですね。嬉しいです!

ところで、kusuから見た4人の相棒は、こんな感じです。

○初代相棒:亀山 薫 … 杉下右京とは理想的な?上司と部下の関係(家族ぐるみのお付き合い)
○2代目相棒:神戸 尊 … 自由奔放に行動する上司に振り回される部下
○3代目相棒:甲斐 亨 … 上司の考えや空気を読んで行動する、優秀な部下(でも犯罪に手を染める)
○4代目相棒:冠城 亘 … 上司をも振り回しちゃう?お調子者部下

ざっくりとした感想ですが、いかがでしょう?

ちなみに脇役で好きなキャラクターは、

組織犯罪対策課の角田課長・捜査1課の伊丹刑事・鑑識課の米沢さん

角田課長を演じておられる山西惇さんが、NHKの大河ドラマ「真田丸」で

北条家の重臣である、板部岡江雪斎も演じておられますが、

つい、「ヒマか?」と合いの手を入れたくなってしまいます(笑)



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
最近、このブログ、ピアノブログではなくなってきましたねぇ…。
連休明けの22日に人間ドックを受けに行ってきます。前回のような失敗はしないぞ~(笑)


ピアノランキングへ

2016/03/21 Mon. 02:33  edit

Category: えとせとら

tb: --  |  cm: 8

top △

大人のぬりえを購入してみました~(^^♪ 

またまた2週間ぶりのご無沙汰です。

なんとか、以前の週イチペースに戻したいものですが………頑張ります?


さて、2月が「あっ!」と言う間に終わりまして、1年で一番つらい季節がやってまいりました。

去年の自分の日記をひも解いてみると、

今年は去年よりも症状が出るのが早くて、しかも症状が重い!(ここ大事!試験に出ます…嘘です…笑)

この花粉症の症状は、辛い日もあれば、そうでない日もあります。

その日の体調に左右されますね。寝不足だったりすると、てきめんに症状が出ます。

朝、起きたときに目がかゆいときは要注意!

目薬をさしてしのぎますが、やがて、くしゃみ・鼻水による花粉の総攻撃に撃沈します。

現在、心療内科にかかっていますが、

花粉症であることを先生にお話したら、アレルギーの薬まで処方していただけました。

抗アレルギー剤は眠くなるんですよね~。最近は、眠くなりにくい薬も出ているようですが…。

眠くなりにくい薬を処方していただいたはずなのですが、

帰宅してから、飲んでみたら、疲れや寝不足も手伝って、一日中眠くてたまらなかったです。

仕事のある日に飲んで大丈夫かな~?(*_*;


さて、話は変わりますが、「大人のぬりえ」ブームは、ひと段落付いたかと思っていたのですが、

本屋に行くと、実にたくさんの「大人向けのぬりえ」の本が売られていますね。

ブームだった時よりも多いのでは?と思えるくらいです。(もしかして、まだブーム中?)
腐るほど色鉛筆があるので、ぬりえの本を購入してみました。  → 大人のぬりえ買ってみた

左側の本は、「好きなように色を塗り、自分だけの?絵本をつくろう」というコンセプト。左側のぬりえ

絵がらもとっても可愛らしい感じ。
右側の本は、色の指定通りに塗って、名画を完成させるという、パズル的要素が強いもの。右側のぬりえ

こちらは絵の中に、色の指定番号が振られているのですが、それがもう異様なほど細かい。

今、塗り絵をするならともかく、将来は、虫メガネを使わないと塗るのが大変そう。
(画像を、Ctrlキー+マウスホイールで拡大してみましょう。恐るべき細かさが堪能できます。(^^;))

「大人のぬりえ」は、数年前に2冊ほど購入しておりますが、定年後の楽しみはたくさんあったほうが良いですよね?

数年前に「大人の脳活性」という本?を購入しました。内容は、パズルとぬりえという組み合わせ。

以前から塗ってみたくて仕方なかったので、今回、1枚だけですが、ぬりえをしてみました。(全部で5枚あります)

大人の脳活性ぬりえ・お手本 ← お手本  大人の脳活性ぬりえ・塗ってみました ← ぬりえ完成!

全面にわたり、塗る色が指定されており、指定通りに色を塗っていきます。

飽きっぽい私なので、途中で何度もくじけそうになりましたが、出来上がってみると、達成感半端ないですね~。

今は仕事もあるし、ピアノの練習もあるしで、なかなかまったりとぬりえをする時間を捻出できませんが、

時間的余裕ができたら、結構ハマるかも?


ところで、昔から時々経験する怖いことがあります。

階段を下りているとき限定なのですが、

途中で、脳からの命令が、一瞬途切れたみたいな感じになることがあります。

一瞬、足が止まってしまうような感じと言ったらいいでしょうか?

まだ下り階段は続いている!と、すぐに脳が気づいて、足が動くようにはなりますが、

「階段から落ちる!」という錯覚にとらわれて、ものすごくドキドキしてしまうわけです。

この間、10分の1秒も満たないような、ごく短い時間ですが、脳の血管が一瞬詰まるのか?

なんだか、ちょっと怖い現象です。これって、一体何なのでしょうね?



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
久しぶりに、バラ1を練習してみましたら、結構崩壊してしまっていて、焦りまくりです。
最近ツェルニーばかり練習してましたからねぇ。その割には上達してないですけど…(なんでだろ~?泣)


ピアノランキングへ

2016/03/06 Sun. 21:54  edit

Category: 大人のぬりえ

tb: --  |  cm: 10

top △