ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

故・中村紘子さんが講師をされた「ピアノとともに」 

2週間ぶりのご無沙汰です。

月日の経つのは早いもので、もう7月が終わってしまいますね~。

この時期だけは学生時代に戻って、夏休みを満喫したい~と思うワタクシです。

でもまぁ、会社にいるほうが冷房が効いていて過ごしやすいですけどね。

基本、家だとあまりエアコン使わないもので…。←将来、絶対に熱中症で病院へ搬送されるクチですな…笑




みなさま、すでにご存知かと思いますが、ピアニストの中村紘子さんがご逝去されましたね。

ガンで闘病をしているということは、音楽雑誌等で知っておりましたが、あまりに突然の出来事です。

金曜日の新聞に訃報が載っていて、「えぇっ!」と驚愕後、しばし思考停止。

昔、テレビコマーシャルに出ておられたせいもあるのでしょうが、

(でも、どんなコマーシャルだったのかという記憶は、ほとんどないですが…汗)

私が学生の頃、顔と名前が一致する、数少ない音楽家のおひとりでした。

中村紘子さんの生演奏は聴いたことがないのですが?

「昔、友人のSさんとあのホールへ聴きに行ったよなぁ」という記憶しかない

初コンチェルト体験である、ベートーヴェンのピアノ協奏曲「皇帝」のピアニストは、彼女だったような気もします。

理由:有名なかたが地元コンサートホールに来るとなると、音楽好きのSさんが黙っていないはずだから…

(理由になっていないなぁ…(^^;))


昔、NHKで中村紘子さんが講師を務められた「ピアノとともに」という番組をご存知でしょうか?

「ピアノのおけいこ」という番組のシリーズの一つだったようですね。

この「ピアノのおけいこ」は、今思えば、そうそうたる講師群での番組。

初心者から中級者くらいを対象とした「ピアノのおけいこ」ですが、

ピアニストに教えを乞うなんて、なんとも贅沢極まりない体験ですよねぇ…。

「ピアノとともに」は、上級者対象の番組でした。

録画したものをざっと見返してみましたら、こういう曲群がレッスン曲となっておりました。

(120分のVHSテープを3倍で録画していましたが、
全部録りきれなかったようで、途中で番組が切れてしまっている。惜しい~!)

 ・ショパン バラード 1番
 ・ショパン スケルツォ 2番
 ・ショパン ノクターン 2番
 ・ショパン ノクターン 5番
 ・ショパン 子犬のワルツ
 ・ショパン 幻想即興曲 
 ・シューマン 謝肉祭
 ・モーツァルト トルコ行進曲 
 ・ベートーヴェン ピアノソナタ「月光」
 ・リスト メフィストワルツ
 ・リスト 愛の夢 3番
 ・ランゲ 花の歌


DSCF1612.jpg   DSCF1606.jpg   DSCF1605.jpg

DSCF1621.jpg   DSCF1608.jpg   DSCF1613.jpg
最年少と思われる生徒さん。ショパンのスケルツォがレッスン曲!凄すぎ! 

生徒さんたちは中学生から音大生くらい(高校生かも?)のかた達ですが、みなさん完全暗譜。

迫力もあって、レベルが違いすぎます~!という感じですが、

講師の中村紘子さんは、生徒さんたちよりも、音のダイナミックレンジが数レベル上!

あの小柄な身体から、あのようなダイナミックな音が出せるということが凄いです。

生徒さんへの模範演奏も、舞台で弾いているかの如く、迫力の演奏。まさに「常に本番」!


今から30年以上前の番組なので、現在の教え方と違うところはあるかもしれませんが、

中村紘子さんの追悼番組として、再放送してくれないかな~!


NHKさん!どうかっお願いしますっ!!


中村紘子さんのご冥福を、心よりお祈りいたします。合掌


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
現在ハマっているのが、某パン屋さんの「アップルパイ」!    DSCF1602.jpg
超絶おいしいぃぃぃぃぃぃぃぃ----!
おかげで体重がちょっと?やばい感じに… 。デヴ街道まっしぐらー!にゃはっ!(^▽^;)


ピアノランキングへ
スポンサーサイト

2016/07/30 Sat. 23:19  edit

Category: この素晴らしき演奏家達

tb: --  |  cm: 16

top △

ドラマ「はじめまして、愛しています。」で、Shigeru Kawaiが使用されていますよ~♪ 

3連休も早いもので、残すところあと1日になってしまいました。

夜はまだ若干涼しいので救われておりますが、毎日湿度が高くて蒸し蒸しですね。低温サウナ状態です。

暑いのが超絶ダメなワタクシ、毎朝、寝汗にまみれて目が覚めます。

起床して最初にすることが、クールタイプのボディシートでリフレッシュすること。この刺激がたまんないっす!

これからが夏本番と思うと、ドーンと気が重くなるワタクシです。

ノルウェーに避暑に行って、白夜を楽しみたーい!でも先立つものはなし…orz



さて、7月14日よりテレビ朝日系で「はじめまして、愛しています。というドラマが始まりましたね。

DSCF1600.jpg ← 画像はドラマから ピアノはSK3か、SK5かな?

子どものいない夫婦が、虐待されて心を閉ざしてしまった子どもを養子にするというお話です。

非常に重いテーマですが、江口洋介さんの困った人を見たら、助けずにはいられないという性格、

「運命を信じる」という姿勢を、時に滑稽に演じられて、息抜き的な存在になっております。

尾野真千子さんが、ピアノの先生をしながら、ピアニストを目指している妻役を演じられています。

尾野さんは、この役のためにピアノを猛練習したとか。

彼らの住む1件家の中央?に、ドーンと鎮座しているのが、Shigeru Kawaiです。

ドラマのCMをずいぶん流していましたので、

ご覧になった方も多いかと思いますが、ピアノが写ったものもありましたね。

鍵盤ふたにマーク?がちらっと見えたので、「やっぱりスタインウェイか~」と思っておりました。

次にそのCMを見たときに、「どこかで見たマークじゃないかよっ!」ということで、

かなり違う視点で(ひねくれた視点、と言っても過言じゃないですね。)このドラマを見ることにしました。

2回目以降の展開のすさまじさが想像できるので、ひねくれた視点で視るのは気が引けてしまうのですが…。

「ドラマ、見のがしてしまった!」と思われた方、7月21日の15時からテレビ朝日で再放送しますよ~。

(再放送は、もしかすると関東圏だけかもしれません。関東以外にお住まいのかた、放映しなかったらゴメンナサイ!)


7月16日のレッスンは、リズム感の悪さが露呈しきったものになってしまいました。

しかも「きちんと拍を数えていない!」と先生からビシッと言われ……。落ち込んでるんじゃねーよ、ワタシ!

17日はツェルニーで、2時間も練習しちゃったよ。

弾けない箇所の左手を和音にしてみるという、お遊び(でも本人は大まじめ…笑)をしてみる。

コードが分かれば楽勝なんだろうけど、そういうのはほとんど分からないワタクシなので、

ハノンと、楽典の基礎中の基礎の本と時々にらめっこしながら

「こうかな?ああかな?」と和音を推測するのは結構楽しかった。

メトロノームでゆーっくり弾くのもやってみた。

できないところは超絶ゆっくりで弾いて、ようやく何とかなるかな?なレベルだ。情けない!

何年ピアノ弾いてんだよ、ワタシ…(ノД`)・゜・。 もはや号泣の世界だな…。


久しぶりに過去に練習したショパンのエチュードを弾いてみた。

音は外したけれど、めっちゃ気合いが入った。 


シューベルト、まだ最初の2ページしか練習していないが、3ページ目も遊びで練習してみた。

3ページ目は、和音ばかりだけれど、見た目より弾きにくさはなさそう。

ただ、左右ともに和音なので、両手で合わせたときにどうなるか?

まだまだ、さきは長いっす!18日も頑張るぞー!



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
大人のパズルぬりえ、またまた新しいものを発見してしまい、ついつい?購入してしまいますた。
寝る前のぬりえタイム…相変わらず止め時に困ってます。


ピアノランキングへ

2016/07/17 Sun. 23:46  edit

Category: ピアノのある日常

tb: --  |  cm: 16

top △

これは……指が届かねぇべ? 

9日に、7月最初のレッスンに行ってまいりました。

先生にとって、出来の悪い生徒の筆頭と思われるワタクシ、出来は、いつも通りの情けなさですわ.。(´;ω;`)



 ○ ツェルニー50番の3曲目

  4ページあるうちの半分(2ページ)まで両手で弾く。

  ・ミスる部分については、速度を落として数小節前から練習すること。
  ・引き続き、メトロノームを使っての練習を指示される。


   家で弾くと、そこそこ弾けるのに、

  レッスンではどうして「なんでここで、その音を弾く?」という感じになるのかねぇ?

  下りアルペジオの最後で、ものの見事にお隣の音を弾きまくり、先生に失笑される。
  
  アルペジオではない部分で、1か所なかなか弾けないところがある、いつもそこでもたつく。

  自信のないところに近づいてくると、

  「キタ━━━━(;゚Д゚)━━━━!!」と思ってしまうからなおさら弾けない。悪循環。
  
  ツェルニーは、丁寧に練習すれば、結果が付いてくるという話なので、頑張らないとね。

  この曲、今月中になんとかクリアしたいところなのですが、果たして…?



 ○ シューベルト 即興曲 op.142-1  DSCF1595-2.jpg

  まだまだ片手練習。

  ・指使いが定まっていないので、どのゆびで弾くか、決めて練習すること。
  ・ターンの音を覚えること(メロディが付点であることが分かる弾き方で!)


  この曲もゆっくり弾くと、「何の曲だかわからない」感じになってしまうので、

  ある程度の速度で弾けるようにならないとダメでしょうね。

  右手のターンの嵐部分がなかなか覚えられない+指が回らない!

  左手に至っては、最初の和音から「指が届きませーん」状態。

  じゃらーんと弾いて構わないところなんだけど、問題はFの音を3小節目まで保持しないといけないこと。

  この和音は、先生も完全には届かないようで、となりのG音をひっかけ気味に弾いていらした。

  あたしゃ完全に届かないッス! DSCF1598.jpg

  「ここはこう弾きましょう」と音を省かないためのアドバイスを伝授頂きました。

  伝授頂いたアドバイス通りに弾いてみたら、うぅっ!4と3の指が絡まりそう…!(そこは力を抜くんだ!)

  でも、きっとこの曲弾けたら自分でも超絶嬉しいと思うので、挫折しないよう頑張りたいですね~。

  楽譜をざっと見た感じでは、どうにもならなそうな感じの部分はなさそうに思えるのですが?

  弾いてみたら「ぬおおお~!(-"-)イラッ!」なんてことになりそうな気はします…(^^;)



7月10日、日曜日の練習も、ツェルニー後半重視。譜読み、苦労してます!

途中までは出だしと同じなので救われていますが、

この曲をそれなりの速度で弾けるようになるのは、なかなか厳しいものがありそう…。

とにかく、まずは止まらない、ミスらないで弾く練習だ~!で、気づいたら1時間経過。

シューベルトは、op.90-3ばっかり練習してますが、引っかかるところがいつも一緒。

ゆっくり弾けば出来るところなのですが、速度を上げるとアウトの確立高し。

録音を試みたが、変に気になってしまって、ただでさえヨレヨレな演奏が、さらにヨレヨレに…(@_@。

もっと自信がつくまで弾きこまないとダメそうです。

op.142-1の譜読みはもっと頑張る!

譜読みになるとテンションダダ下がりになってしまうのが困りものです。

最初の部分だけでも、片手ずつでそこそこ弾けるようになったら、両手練習してみようかな。(^^♪



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
練習中は除湿が必須ですが、ピアノ部屋から出ると、リビングのあまりの湿度の高さにクラーッときます。
ブログ記事書きながら、リビングも除湿入れようかな~と悩んでます。
日本の夏、もう少し湿度が下がってくれれば、きっと好きになれると思うんだけどな~。

ピアノランキングへ

2016/07/10 Sun. 21:21  edit

Category: ピアノレッスン

tb: --  |  cm: 2

top △

元上司のこの悪癖、○ななきゃ治らない? 

2週間ぶりの更新、ご無沙汰しております。

さて、7月になりました。1年の半分が終わりましたが、全く半年なんて「アッ!」と言う間。

梅雨時期ですが、関東地方の水がめ地方での降水量が少なく、

早くも「節水宣言」発令!?

九州地方に停滞している雨雲を移動できると良いのに…。


わが社では、7月に大きな人事異動があります。

私の部署でも、数人入れ替わりました。

特筆すべきは、以前、そりの全く合わなかった上司のことです。

私のいる部署から、他部署に異動したのは去年の8月でしたが、

またもやパワハラ問題を引き起こして、たった1年弱で追い出されたようです。(またもや違う部署に異動)

パワハラのターゲットにされてしまった方は、以前、一緒に仕事をしたこともありますが、

非常に穏やかで、楽天的な気質の彼が、心を病んでいないことを祈るばかりです。

そういう「いじめやすい」人を、先々でターゲットにして、いびりまくっている元上司。

仕事上の小さな失敗を、「お前のせいで、会社がつぶれたらどうするつもりだ?」みたいな勢いで

朝からガミガミやられたら、たまらないですよね~。

この上司、私がいる部署にいたときには、

嫌いな私の、やることなすことすべてが気に入らなくて、何かにつけて文句ばかり言っていました。

部下の失敗のフォローや、仕事の指導をせずに、ただ怒りまくっているような上司は、正直言っていらないです。

訴えられたり、懲戒免職にならなきゃ、自分のしでかしたことの卑劣さが、わからないのかしら?

この悪い癖、○ななきゃ治らないかも?自覚なさ過ぎです。_| ̄|○ il||li


さて、今週のレッスンはお休みでしたが、

旅行のためにお休みした6月4日のレッスンを、29日に振り替えていただきました。

なんとか、ヨレヨレしながらも、シューベルトの即興曲を一つ、復活させることが出来ましたが、

まだまだミスタッチが散見するという情けなさです。

この曲は、いつに開催されるのかわからない発表会で弾く予定なので、

あとは弾きこんでいきながら、ミスタッチをへらしていくつもりです。

ということで、不本意度95%くらいなのですが、次の曲に取り掛かることになりました。

せっかくシューベルトの曲を練習し始めたので、もう少し彼の曲を勉強することにしました。

候補としては、即興曲op.90のNo.2と、No.4の2択です。

No.1も好きなんだけど、変奏曲っぽい曲は、弾いていて混乱してしまうので、ちょっと苦手なんですわ。

先生からしたら、op.90の2曲なら、No.4がお薦めとおっしゃっていました。

「No.2は、ちょっと練習したら弾けるようになるんじゃない?」とのお話でしたが、

ワタクシ、そんなに器用じゃないんですけど…。(@_@。

以前、先生に、op.142のNo.1の即興曲が好きだとお伝えしてありましたが、

「この曲でもいいですよ~」とのお言葉を頂きましたので、思い切って挑戦します。

op.90-3の即興曲と比べると、難しさが桁違いな気はしますが、

やらないで後悔するくらいなら、やってみて後悔するほうが、マシな気がしますのでね?

果たして弾けるようになるのか?乞うご期待…する人いないって!(笑)



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
暑いと眠くなる特殊体質?のワタクシ、またもや夕寝をむさぼってしまいました…。
寝ている時間があったら、練習しろよワタシ~!


ピアノランキングへ

2016/07/03 Sun. 00:17  edit

Category: サラリーマンはつらいよ

tb: --  |  cm: 4

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。