ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

DVDで見て感動したドラマ:「コウノドリ」 

早いもので、暑い暑い8月も、残すところあと10日ほどになりました。

学生のみなさんは、宿題の追い込みにかかっているところではないでしょうか?

現在はそうでもないのかもしれませんが、私が学生の頃の夏休みは宿題が多かったですね~。

国数社理の4科目がまんべんなく入っている問題集・夏休みの友という問題集というか課題集?

読書感想文に自由研究、絵日記、絵画1点、工作などなど…。

毎日やっていても、なかなか終わらなかったですね。(一気にこなすという文字は私の辞書にはなかった…笑)

さらに、算数が苦手だったワタクシに、母が算数ノート1冊まるまる使って、

計算問題集を手作りしてくれたりしていました。(低学年の時は足し算と引き算、高学年では掛け算・割り算)

当時はこの手作り問題集、泣きながらやっていましたが、

今思うと、この問題集、まさに子を思う親の愛、ですわね~。

親の愛と苦労の結晶である問題集を、泣きながらこなしたワタクシでしたが、

情けないことに、いまだに計算は苦手です~。電卓頼み…(ヲイヲイ!)



相変わらず、TSUTAYAさんでDVDを借りて、ちょっと前のテレビ番組を視ている私です。

アメリカの大人気ドラマだった「デスパレートな妻たち」、ようやく見終りました。

1seasonに大体20数話のドラマ構成で、season8まで続く長いドラマでしたが、

ドラマ内の街の住人になったような錯覚を覚えながら、楽しく見ました。


その後に借りたドラマでは、「コウノドリ」がとても感動しました。

命の誕生を見守る、産科医療現場での物語です。

子どもが生まれるということは、あたりまえの出来事ではなく、

出産までは、いつ何時、何が起こるか分からない、奇跡の連続であるというテーマです。

不妊治療や、超未熟児の出産、中学生の妊娠・出産、出生前診断など、重いテーマも取り上げています。

私は毎回、感動して号泣してました。

見てみようと思ったきっかけですが、またもや、ピアノがらみ…(^^;)

主人公の産科医である「鴻鳥サクラ(女の子のような名前ですが、男性です)」がピアノを弾くんですね~。

普段は命を見つめる産科医、時々ライブハウスで「BABY」という名でジャズピアノを弾く役柄です。

特筆すべきは、ドラマ内の曲を作ったり、

鴻鳥サクラ演ずる、綾野剛さんのピアノレッスンをつけたのが、あの清塚信也さんです。

ちなみに清塚さんご本人も、ピアノこそ弾きませんが、ドラマに出演されています。

清塚さんにレッスンを受けた綾野さん、ピアノ演奏シーンは、なんと!吹き替えなしだそうですよ。
(音だけは吹きかえだと思いますけど…)


youtubeで、このドラマの動画がアップされているようですが、

ワタクシ、このドラマの再放送を強く希望しております。

命をないがしろに思う傾向にあると感じられる現在、

こういうメッセージ性の高い、良質のドラマをもっと作ってほしいですね。

TBSさん、よろしくお願いしまっす!(最近、こればかりですね~(^^ゞ)


人生は一度きりです。(生まれかわりも信じたいですけどね…笑)死んでしまったら、それっきり!

死んでも生き返るのは、ゲームの中だけですよ~。

こういうことすらもわからない人たちが、最近多くなってきているように思うのは、私だけでしょうか?



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
相変わらず汗まみれの毎日を送っております。身体が汗臭い~!これからお風呂入ってきまッス!
ところで、ピアノの発表会の日程だけが、来年の2月10日・11日に決まったようです。
場所等は未定ですが、今回ももちろん参加予定でーす!


ピアノランキングへ
スポンサーサイト

2016/08/21 Sun. 21:04  edit

Category: favorite things(オタ系注意)

tb: --  |  cm: 2

top △

暑さでグロッキー。冬眠ならぬ、夏眠したい! 

年を取ると、暑さに耐性がなくなるようで?夏が年々苦手になってきています。

身体を動かしたりしているわけでなく、ただ座ってテレビを見ているだけなのに、

突然、身体がカァ~ッと熱くなって、汗が髪の先から、顎からしたたり落ちる。

典型的な更年期症状特有の「ホットフラッシュ」です。

なぜか、「暑い~!」と呻きながら、

コップの水を(注:酒ではありません…笑)1杯飲みほした後に、「ホットフラッシュ」が起きる。なんで?

この急激に熱さが身体から吹き出してくる「ホットフラッシュ」は、

私の場合、肩甲骨のあるあたりから、熱さが湧き上がってくる感じです。背中が熱いの!

あぁ、背中にお腹にたっぷり?ついている脂肪の衣を脱ぎ捨てたいわ~!少しは涼しくなるかしら~?


それから「ホットフラッシュ」とは関係なく、ほぼ1年中起きることですが、

レッスンでピアノを弾いているとき、背中に幾筋も汗が流れる!

夏は、冷房が暑さを感じない程度に効いているのにも関わらず、背中に滝のような汗が流れる。

真冬になって、ようやく背中の滝のような汗から解放されます。緊張しているのか?

今年の夏で特筆すべきは、朝起きると、汗で頭皮がしっとり…(臭いそう…不衛生感満載!)

年を重ねるごとに汗っかきになってきたなぁとは思っていましたが、

今年は、今までにない汗のかき方です。

冬になると豪雪で悩まされる地方にお住いのかたは、きっと短い夏を謳歌されていることかと思います。

そういうかた達には、まことに申し訳ないのですが、早く夏が終わってくれ~と願う毎日です。



暑いと眠くなってしまう特殊体質の私ですが、

おそらく夏の暑さで身体が疲れ切ってしまい、疲れ方が夏の暑さに打ち勝ってしまうのだと思っています。

とにかく、夏の時期は、1年のうちでも寝つきが異常なほど良いのです。

さらには、夜中に「暑いーっ!」と目が覚めることがあっても、また瞬間的に眠りに入ることが出来るんですね。

「暑くて眠れない」ということがまず無い。

ただ、そこそこ眠っているにも拘わらず、昼間も眠くなってしまったりするので、

眠りの質が悪いのか、睡眠時無呼吸症候群なのか?はたまた過眠症なのか?

睡眠時無呼吸症候群は、横向きに寝ると出にくいということで、

ここ2週間ほど、意識的に横向きで眠りに入るようにしていますが、夜中に寝返りを打つだろうから意味ない?

比較的スッキリ目覚めたのは1回くらいかな?

ほぼ、起床の1時間前くらいに一度目が覚めて、また寝入ってしまうのも、いつも眠いと思う原因なのかも?

ちなみに、最近の睡眠時間の最高記録は一日13時間です。

太陽が出ていた時間に起きていたのが、数時間という体たらく。

家事終えて昼寝、食事して夕寝な状況な日がありました。そんなに寝ているのに、まだ眠い。

どう考えても異常だろ!?

あぁ、冬眠ならぬ、夏眠したい!



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
来週はお盆で帰省します。
春のお墓参りは花粉との闘いですが、夏のお墓参りは蚊との闘いです。


ピアノランキングへ

2016/08/07 Sun. 23:35  edit

Category: 年には勝てない老体のこと

tb: --  |  cm: 8

top △