ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

こんな状態で大丈夫なのかっ!? 

さて、今年もあと1か月余りを残すところになりました。

本当に1年ってあっという間ですよね~。じたばたしているうちに過ぎ去っていく感じ。


発表会まで、あと2か月とちょっと。

なのに、まだミスタッチがあちこちに…という情けない状況です。

まぁ、似たような音型の繰り返しで、その繰り返し部分がわずかに違うだけ、という感じの曲なので、

弾いていて混乱してしまうんですよね~。

頭ではわかっているのですが、音感が全くないせいもあり、指が混乱するって言うんでしょうか?

指だけで覚えている感じですわね~(*_*;

まず、先生がおっしゃるには、もっと全体的に音量を上げて弾くこと。

私の音量だと、ステージでは、なんかモヤモヤ弾いているという感じになってしまうらしいです。

音量あげると、強弱のない演奏になりそうでちょっと怖いんですけど…(^^;)



久しぶりのレッスン記録です


○ツェルニー50番の4曲目
  この曲、苦戦してます!
  嫌いな曲ではないので、練習し始めるとあっという間に1時間、なんてことはザラです。でも苦戦中!(^^;)
  軽やかな感じで弾かれなければならない曲ですが、私が弾くと、とっても「重やか(笑)」
  片手なら弾けるのに、両手にすると指が大混乱する場所が結構あります。練習が足りなすぎですね。
  オクターブの弾き方を注意されました。
  右手は指が開きずらいので、鍵盤の横?から弾かざるを得ない状況なのですが、
  この時、手首を使って弾いていると先生はおっしゃいます。
  私の弾き癖らしいのですが、この弾き方が悪いというわけではなく、
  これでは速い曲になると、速度が出せないわけで
  この曲のように、速く軽やかに弾くには適さない弾き方だそうです。
  ゆったりした曲ならば、この弾き方でも良いんですけどね。
  先生がおっしゃるには、オクターブを鍵盤の上から、手首を使わずに弾くようにしたほうがいいとのこと。
  でもね~、右手でのオクターブは、どうしても鍵盤の上からだと、隣の音を引っかけてしまうんだよね。
  ……なさけねぇ…orz
 

 
○シューベルト  即興曲  op.90-3 
  さて、私にとって課題が多い曲です。
  右手は音の細かい流れの中でメロディを歌っていかなければならないの曲ですが、
  しばしばメロディ以外の音が、焦って弾いているように聴こえるそうです。
  苦手なところに来ると、曲が速くなる傾向があるとか、重要なところでミスるとか…
  この曲は和声の変化で聴かせるようなところもあるので、ミスタッチすると、むっちゃ目立つの!(@_@。
  フレーズの変わり目の弾き方がイマイチ。もう少し間を取る(だから焦って聴こえるのかも?)ほうが良い。
  フレーズの終わらせかたをもっと研究する。



問題点、ありすぎですな~こんなことでいいのか~!いくない…(^^;)


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
先日の雪、私が住んでいる千葉でも降りました。 2016112412080000.jpg
12月に勤務先での納会(28日)中に、みぞれが降っていると騒ぎになった記憶はありますが、
11月に雪なんて、初めてです。これも地球温暖化のなせるわざらしいですね。


ピアノランキングへ
スポンサーサイト

2016/11/27 Sun. 20:41  edit

Category: ピアノレッスン

tb: --  |  cm: 4

top △

11月13日に、安嶋健太郎さんのリサイタルへ行ってきました。 

ちょっと前のことになりますが、

2県先のピアノの先生のお宅で、お知り合いとなりましたピアノ友さまと

久しぶりにピアノリサイタルへ行ってまいりました。

今年の春に、狂ったように(笑)演奏会を聴きに出歩いていた時以来、6か月ぶりです。
今回は、ピアノ友さまのピアノの先生でもいらっしゃる、安嶋健太郎氏のリサイタルです。
 DSCF1698.jpg


♪ ♪ ♪ ♪ ♪  プ ロ グ ラ ム  ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

○ショパン ・レント・コン・グラン・エスプレショーネ
      ・ノクターン op.9-1~3

○ラフマニノフ ・コレッリの主題による変奏曲 op.42


――――――――― 休 憩 ――――――――――

○ショパン ・ノクターン op.48-1~2

○ラフマニノフ ・ピアノソナタ第2番 op.36


○アンコール 
 ・ショパン マズルカ op.33-1
  ・ショパン ポロネーズ WN1

 

ショパンのop.9の3曲のノクターンは、

繊細かつ瑞々しい演奏で、ショパンの若い時のピュアな心が垣間見えるような感じ。

ノクターンop.48-1後半の、和音のオンパレードの部分ですが、

和音内のメロディと、他の音のバランスが難しく、騒々しい感じになりがちですが、

このバランスがとても見事で、メロディがきれいに響いておりました。

いろいろなかたの演奏で、この曲を聴いておりますが、ピカ一かも!

ラフマニノフは、とても華麗でかっこいい曲で、思わず聴きほれてしまいました。

思わず「弾いてみたい!」と思いましたが、私の技術じゃ間違いなく無理です…(^^;)


ピアニストでもあり、音楽大学の講師もなさっておられる安嶋健太郎氏は、男性にしたら小柄なかたですが、

ステージでは大きく見えますね。存在感ハンパないです。

リサイタル終了後、ホールに出て来てくださり、

教え子さん達に囲まれて、気さくに一緒に写真を撮ったりなさっていました。

安嶋健太郎さんのお友達もイケメン&美女ぞろい。

テレビで時々お姿をお見かけする米津真浩氏や、さらには作曲家の西澤健一氏のお姿も…!

イケメン勢ぞろいで、クラクラきます。オーラ凄すぎ!(笑)


その後、ピアノ友さまとちょっと早めのお食事会。
 2016111316580000.jpg ← まずはケーキセット♪

 2016111317510000.jpg 2016111317470000.jpg 2016111318230000.jpg 
 ↑ スパイシーなウィンナー  ↑ ポテトサラダ       ↑ ピザ(マルゲリータ)

音楽談議に花を咲かせました。とっても楽しいひと時を過ごさせていただきました。
 
ピアノ友さま、お忙しいところ、いつもチケットを取ってくださり、ありがとうございます。

またご一緒させて下さいね~m(__)m


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
来年、2月5日の高木竜馬さんの演奏会が気になります…(日程的に発表会直前というのが厳しいところですが…)
SK-EXの音が聴いてみたいです~(動機が不純!)


ピアノランキングへ

2016/11/27 Sun. 20:17  edit

Category: この素晴らしき演奏家達

tb: --  |  cm: 0

top △

大 阪 旅 行  その3:11月7日(月) 

さて、大阪滞在最終目は、ホテルで朝食バイキングを楽しみました。(朝食は別料金)

今回も、納豆・クロワッサンは外しませんでしたよ。だって、好物なんだもーん!

ごはん+納豆と、クロワッサンですよ~。クロワッサンの納豆サンドじゃないですよ~( *´艸`)

このホテルのクロワッサンもバターたっぷりで、私の好みでした。お持ち帰りしたかったわ~!


その後、ホテルをチェックアウトして、

事前に申し込んでおいた「ダックツアー」なるものに参加しました。

水陸両用のバスで大阪城周辺をめぐるというものです。

  2016110703ダックツアー参加01  ← 一見普通のバスなのに、これで川にも入るって、どういう仕組みになっているのかしら?

しかもこのバス、窓ガラスがない…。ちょっと寒い~!

バスの乗客の中に、韓国のロケチーム隊がおられまして、

カメラさんやら音声さんやらが、しばしばバスの中を歩かれるので、何だか落ち着かない。

きれいなお姉さん二人が、大阪を観光するというテレビ番組のロケですかね?

その割には、あまりお姉さんたち喋っていなかったなぁ。こんなんで番組として成立するのか?

川沿いの常設事務所で、船舶免許を持っている乗務員さんと交代。

川にザブーン!と入る感じは、ディズニーランドの「スプラッシュマウンテン」そのもの。

   11月に見る噴水?は寒々しい~!  →  2016110710ダックツアー参加08


ダックツアー終了後は、新大阪に戻り、駅ナカの串焼き屋で軽く一杯。

座席指定してあった新幹線まで、かなり時間があったので、1時間早い新幹線で東京へ~。

ピアノの先生のお土産はこれにしました。

りくろーおじさんの店」のアップルパイ。

こちらのお店では「チーズケーキ」が有名ですが、日持ちがしないので、アップルパイにしてみました。

賞味期間ギリですが、9日に振替レッスンを入れていただけたので、その時にお渡ししようと思います。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
ピアノの先生にお渡ししたアップルパイですが、美味しいと大好評でした。
しかし、Cちゃん、情報のアンテナ、高いな~!


ピアノランキングへ

2016/11/20 Sun. 02:33  edit

Category: Have a nice trip

tb: --  |  cm: 2

top △

大 阪 旅 行  その2:11月6日(日) 

大阪滞在2日目。

ワタクシを含めた、旅行メンバー6人のうち4人は「淀川市民マラソン」に参加。

「そんなに走ったら病院送り!」と叫ぶ、ワタクシと後輩のCちゃんは、マラソン参加組とは別行動です。


ホテル近くのオフィスビル1階にある喫茶店で、ゆったり朝ごはん。

チェーン展開のコーヒー店ですが、お店がやたら広い!

地元にもこのお店がありますが、間違いなく2倍はありそうな広さ…。

こんなに広いお店なのに、普段の日はビジネスマンで、ごった返しているそうです。

朝からコーヒーにクロワッサン…。なんて優雅!

会社リタイアしたら、こんな朝も悪くないなぁ…と思ったが、

歩ける距離に喫茶店がない…。ガックリ…。家のベランダでモーニングが関の山。(それもいいけどね)


軽い朝食の後、京阪電車に乗り、京都・伏見稲荷へ向かう。

何となく空模様が怪しい。雨に降られないことを祈るばかり。
伏見稲荷です。2016110602伏見稲荷  ちなみにこちらは京阪電鉄「伏見稲荷駅」 → 2016110601阪急伏見稲荷駅

駅から出たら、顔にポツポツ当たるものを感じる。雨が本降りにならないといいんだけどな~。

さすが有名観光地、お昼前なのに、観光客がたくさん!外国のかたがとにかく多い。

日本語より、外国語のほうが耳に入ってくる。

外国人だな?とわかるのは言葉だけではない。

11月だというのに、着物を着て観光している方がいらっしゃる。

お正月でもあるまいし、日本人でこの時期に着物を着ているかたはいないはずなので、

着物をレンタルしている外国(韓国、中国)のかたと推察できる。

「それにしても寒くないのか~?」見ているこちらのほうが寒くなってくる。
有名な千本鳥居の入り口付近は、「ここは朝のビジネス街か?」と思うほどの大渋滞。 2016110603伏見稲荷千本鳥居1

原因は、人出が多いということもあるのだけれど、鳥居の中で写真を撮っている人が結構いること。

歩きながら素早く撮る分にはいいと思うのだけれど、

カップルが鳥居をバックにして自撮りしていたり、ファミリーが横に並んで写真を撮っていたりする。

そうなると、「一緒に写真に映ったら悪い」となり、しばらく完全に足止めに…。

結果、大渋滞に拍車がかかると…。仕方ないけどね~。

鳥居のある部分を全部歩くと2時間くらいかかるそうなので、
途中から引き返すこととし、道を外れて外を歩く。 2016110606伏見稲荷紅葉2 ちょっとだけ紅葉
 
(戻るということは、人の流れに逆らって歩くことになるので)

入る人と出る人が、別の鳥居を歩けるところまで出たので、そこからまた鳥居の中を歩くことにしたら…。  2016110604伏見稲荷千本鳥居2  ……… I'm lost …… (迷子になった…ヲイヲイ…笑)

出口と思いきや、まだまだ鳥居が続いているところに出てしまい、

「ここはどこ?私はだれ?」と世界に突入してしまった。

外に出るつもりが、また中に入ってきてしまったというわけで、後輩のCちゃんと大笑いです。


伏見稲荷を出て、阪急電車で大阪に戻る。

ちょっと遅い昼食をマクドナルドで(なぜマック?とか言わないでぇ~笑)で摂って、大阪城に向かう。
大阪城公園では、だんじり祭りを行っていて、とっても賑やか。 2016110615大阪城公園だんじり祭り2  2016110614大阪城公園だんじり祭り1

お囃子の音に血が騒ぐのも、日本人のDNAですわね。
大阪城も観光客がたくさん!我々もその一人だけど…。  2016110610大阪城2
 2016110611大阪城の天守閣から1 天守閣から大阪の街を望みながら、過去に思いを馳せる。



夕方の4時に、お互いの居場所を連絡し合うことになっていたので、

一度ホテルに戻り、マラソン組に電話すると、なんと!みんなホテルの部屋に戻っているという。
仲間がそろったところで、夜の打ち上げのために、予約しておいた店に向かう。 2016110617今夜は宴会

道頓堀、人が多すぎ~!歩けんわっ!!(おかげで、写真を撮るタイミングを逃したkusuでした)

夜の宴終了後、たこ焼きまで食べて(蛸がデカい♪)ホテルまで戻ったのでした。




いつもお読みいただき、ありがとうございます。
しかし、メリハリの全くない旅行記ですなぁ~。すんまそん。(^^;)


ピアノランキングへ

2016/11/14 Mon. 22:02  edit

Category: Have a nice trip

tb: --  |  cm: 2

top △

大 阪 旅 行  その1:11月5日(土) 

3週間ぶりのご無沙汰です。


11月5日から7日まで、大阪に旅行してきました。

早起きがむっちゃ苦手なワタクシ、しかも週末は疲れ切っていることが多く、

泥のように眠っていることが多いので、ガラケーの目覚まし機能で起きられるのか?

と、甚だ不安でしたが、こんなダメダメなワタクシでも、ちゃんと出来る!

目覚まし鳴る前に目が覚めたぞー!
(エッヘン←威張れることじゃないですね~笑)

外は、まだまだ夜といったほうが正しい感じで、真っ暗!

「なんでこんな早い時間に行かなきゃならんねん?」と、エセ大阪弁でブツブツ言いながら身支度し、

早朝(夜明けの兆しゼロの真っ暗さ!)の街を駅に向かって歩き出す。

東京駅へ向かう電車の中で夜明けを迎えたのでした~。

しかし、こんな早い(5時台)電車でも、お仕事と思われる方が結構乗っていらっしゃる。

みなさま、早朝からお仕事、お疲れさまです。頭が下がります。



さて、東海道新幹線で、東京から一路、新大阪へ。

はて、この東海道新幹線に最後に乗ったのはいつだろう?

10年くらい前に、社員旅行で京都へ行った時以来かな?(新幹線に乗っているあいだ中、宴会ってどうよ)

新大阪に着いて、電車を乗りかえる。

大阪は、長老さん(仲間の最年長さん)の故郷でもあるので、彼と同窓生であるかたのお宅にお邪魔する。

お邪魔した用件については、この場では書きませんが、

大勢でお邪魔してしまって、かえってお気を使わせてしまった感じでした。



それにしても、同じ都会でも、東京はチマチマ、とした感じがするけれど、

大阪はなんだかスケールがデカい感じがする。

土地をぜいたくに使ってるな~という感じ?(注:個人的な感想です)

雨の日でも、駅から濡れずに、あちこちのビルに行ける。これは良いな~!

交通網と、地下街が発達していて、地下鉄・私鉄の数が半端ない!

とっても便利なんだけど、なんだか駅で迷子になりそうだよ!田舎者みたいだねぇ…(笑)

というわけで、すっかりおのぼりさん状態になったワタクシでした。

(まぁ、田舎者であることには違いないんだけどさっ!笑)


乗り換え駅の地下で昼食を摂る。目の前で天ぷらを揚げてくれるお店に入り、天丼完食~!
(子どもの頃、「ごはんはきれいに食べなさい」と母親に言われていましたので、
ごはんは、いつも一粒も残さずです。ご飯を残すと「目がつぶれる」とか言われたし~)


昼食後、ワタクシが「行きたぁ~い!」と開口一番にのたまいた「あべのハルカス」へ。 2016110500あべのハルカス
 
駅ナカから直接行けます。16階までは透明なエレベータで上がります。

エレベータが広くて驚く。1基が畳2枚分くらいありそう。

混み込みかと思っていたら、思っていたよりも空いている。透明エレベータ貸し切り状態。

外が丸見えなので、ちょっと高所恐怖症気味のワタクシ、「ひーっ!」とビビる。

16階には庭園がありました~。 2016110513あべのハルカス空中庭園1  2016110516あべのハルカス空中庭園4 ← なんかいい感じ

ここで、展望台へ入場するためのチケットを購入。

16階から60階まで昇るエレベータは、外こそ見えませんが、天井が透けている。

見上げると、かなり上のほうにイルミネーションが見える。目指す60階はその上です。

エレベータのドアの脇に現在の地上高がデジタル表示されていて、

上昇とともに、その数字が目まぐるしく変わっていく。さらにイルミネーションキラキラ…(笑)

60階に着いて、ほぼ300メートル!なるほど~、だから「ハルカス300」なんだ~。

ちょっとググってみたら、「あべのハルカス」は、日本で一番高いビルなんですね~。

世界レベルになると、ドバイにあるブルジュ・ハリファ(828m)が一番高いビルだそうで…。
なんだか、ここまでくると、狂気を感じてしまうのは私だけか?)


  閑  話  休  題

あべのハルカスの58階~60階はガラス張りで、中央は吹き抜け。
 2016110510あべのハルカス10 2016110502あべのハルカス02 2016110501あべのハルカス01 大阪城をさがせ!(中央上の黒いところ)

壁?は足元までガラス張りなので、近づくと真下が良~く見えて、思わずクラッと来そうになる。

(ちなみに、床はガラス張りじゃないですよ~!)

天気はそこそこ良かったが、遠方はやはりモヤっている。これって光化学スモッグかしらねぇ?

2016110507あべのハルカス07   2016110506あべのハルカス06   
  通天閣が見えます    木がたくさんある場所、動物園だそうです 

ここの一角の床50㎝位が、ガラス張りになっているところがありました。 

東京タワーにもあるらしいですね。床がガラス張りになっていて、真下が見えるところ。

ちょっと足がすくみましたが、一応乗ってみました。2016110505あべのハルカス05 ← 怖っ!(泣)

周り中ガラスで、温室状態のこの場所、冬に行くには暖かくていいかも。

でも、真夏は灼熱地獄?なのかしら~。気になるわ~。夏にここに行かれた方、感想をお聞かせください。

真下を見ると吸い込まれそうで、めまいがしそうですが、

今度は夜来てみたいですね。夜景がきれいだろうな~。

私たちがここに来たときは、ちょうどお昼時でもあったことで空いていただけだったようで、

60階でフラフラ見ているうちに、どんどん観光客が増えてきました。

下りのエレベータが激混みだったことは言うまでもありません。


その後、泊まるホテルへ行き、チェックインしてから、

6日の「大阪市民マラソン」に出る4人に付き合って、淀川沿いに設けられている特設会場に向かう。

最寄り駅から結構歩くのねぇ~。

で、駅でこれ貰ってきました。  駅で貰ってきた

関東では入手できない貴重な関西版!ワタクシ、間取リストでもありますからね~(うれぴー!笑)

夜は、ホテル近くのビルに入っているお店で軽く飲み会。

こうして旅行の一日目は過ぎていくのでした。おつかれ~!



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
明日は、ピアノ友さんが教えていただいている先生の、ソロリサイタルへ行ってきます。

ピアノランキングへ

2016/11/13 Sun. 00:44  edit

Category: Have a nice trip

tb: --  |  cm: 0

top △