FC2ブログ

ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

久しぶりに、シューベルトを気持ち良く弾く 

久しぶりのピアノレッスンに行ってきました。

3月から4月にかけては、ピアノ教室も決算期であるため、レッスンがお休みになります。



ツェルニー30番の2曲目は、結局大して速度を上げられなかった。

小指抑えっぱなしで急速に「ドミソ」音型弾けたらプロじゃ!(そこまで言うか?笑)

ものすごく弾きづらい箇所があるが、指が転びながらも何とか弾けた。

次は3曲目だが、先生のお話だとバッハのフランス組曲3番の「アルマンド」らしい。

まぁ、両方練習しておこう。



次は、発表会で悲惨な出来であったシューベルト。

この曲を発表会で弾いてから2か月余りが経過した。

幸いなことに、発表会のリベンジの機会を与えられたこの曲(恥の上塗りにならなければ良いが)を

再度見ていただけるよう、先生にお願いをしておいた。

ちょっと放置してしまったので、練習再開時には、指が動かなくなっていたりとか、

ミスったことのないところでミスったりとか、

ほぼ暗譜でないと弾けない(同じようなフレーズのオンパレードで、楽譜を見ながらだと目が回る)

中間部の暗譜が飛んでいたりとかで、結構悲惨な有様でしたが、

レッスンでは、派手に2箇所位コケましたが、久しぶりに非常に気持ち良く弾けました。

先生からは、身体を少し前に倒して、指に体重がかけられるような弾き方で!とアドバイス。

これ、発表会前では出来ていたそうですが、今は後ろに反り返り気味になっているそうです。

これも、私のよろしくない癖のようです。



ドビュッシーは、中間部中心。

途中で、左右の手ともオクターブ超え、9度の和音が出てくるが、これをパッと取れるように。

あまりにパッと和音を取ってしまっても不自然な感じになるので、

直前のフレーズで、多少ルバートをかけた方が自然に聴こえるそうだ。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
ツェルニーをしっかり練習した後にシューベルトを弾いたら、指の運びがとても滑らかになって、
練習曲の重要さを再認識しました。


ピアノランキング
スポンサーサイト



2018/04/15 Sun. 18:06  edit

Category: ピアノレッスン

tb: --  |  cm: 6

top △

告知:ピアノの森、ついに今夜、アニメ化スタート! 

ピアノを弾く人の新たなバイブルとも言える「ピアノの森」が、

ついにアニメ化されます。

NHK総合にて、本日深夜24時10分から、スタートです。

原作はコミックスで25巻にもわたる大作ですが、

アニメだとかなり端折りそうですね。

私の大好きなマンガの一つですので、アニメもとっても楽しみです。

ピアノの森、見てね〜 ← ホームページのリンク貼りました。(回し者ではありません)


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
次のアニメ化は、「ピアノのムシ」ですな。NHKさん、是非ともよろしくお願いします。図々しい(笑)


ピアノランキング

2018/04/08 Sun. 18:10  edit

Category: ピアノのある日常

tb: --  |  cm: 0

top △

曲が速すぎて、指が暴れまくる(笑) 

ピアノ教室の2週間続けてお休みになったことで、

1日分だけ特別に別の日に振り替えてくださることになりました。


さて、ツェルニー30番の2曲めです。

軽やかに弾くと軽快で可愛らしい曲ですが、速さがハンパない。

楽譜に記載されている速度で弾けたら、先生いらないんじゃないかと思うくらい。

ドミソとか、ドソミソの繰り返しで速く弾こうとすると、

指が暴れまくって、まるで超強大な台風が指先に吹き上げるが如し。

しかもこの2パターンの繰り返しが、これまた苦手ときている。

あれも苦手、これも苦手と、お前は一体何を練習してきたんだ!

自分自身を叱りつけながら、メトロノームを使ってまともに弾ける速度を探す。

♩=100〜110くらいな感じ。頑張って120位。

ヲイヲイ、2番の速度は二分音符で108だゼェ〜…(今の倍の速度…ショボーン)

先生からは、二分音符75位で弾けるよう練習してきて下さいと言われる。

メトロノームで徐々に早くしていく方法で何とかなるかなぁ?


次はドビュッシー。

最初の方を両手で弾く。

この曲はピアノ曲だけど、オーケストラを意識した弾き方をしたほうが良いとのこと。

E音で弾かれる音の後ろから、他の楽器の響きが聴こえてくるようなイメージを持つと良い。

パート練習が効果的だそうだ。

中間部は曲が劇的に盛り上がる、要の部分なので、

ここはまず片手づつで良いので、もっと滑らかに弾けるようにすること。

和音の音域が広いので、どうしても音がつかめない部分がある。

左手の方が開くので、こちらは9度の開きでも何とかなりそうだが、

問題は右手の方だなぁ。

さらに、左手で右手の和音を補佐しなければならないところがあるが、

まずはそれは考えずに、滑らかに弾けるようになったら

補佐する練習をする方がいいようだ。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
すっかりと暖かい陽気になりました。
こちらは桜が満開です。しかーし、桜が散った後は、毛○のブランコが待っている。キャーッ!


ピアノランキング

2018/04/02 Mon. 00:11  edit

Category: ピアノレッスン

tb: --  |  cm: 0

top △