ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

9月最後のレッスンは30分でした(あっと言う間に終わり…) 

9月28日の朝、amazonさんからメールが来ました。

注文していたCDが発売延期になったそうです。

あのポリーニさんが、シューベルトの歌曲「冬の旅」の伴奏をしているCDですよ!

もうすぐ聴けるぞ~♪と思っていた私は、見事に肩すかしをくらい…(泣)

10月20日発売。10月21日から23日の間に届くようです。

それまでに昔買った「冬の旅」の楽譜を探しておかなければ…。


ところで、TSUTAYAさんから、アルゲリッチさんの演奏する、シューマンの幻想曲を借りて聴いています。

この曲、最近かなりの頻度で聴いています。ちょっと前ですが、楽譜も買ってしまいましたし…

この曲を初めて聴いたのはポリーニさんのレコード(時代が分かりますね…笑)です。

絶対弾けなそうな曲ですが、ピアノの先生には、「この曲大好きでーす」と話はしました。

「弾きたいです!」とは言っていませんからね?念のため。弾けたらいいけど、無理の∞(笑)

アルゲリッチさんの「幻想曲」の演奏は何ていうんだろう、

非常になまめかしいというか、色っぽいというか…。

とにかく、繊細で高音が美しくて、女性らしい優しさを感じます。

この演奏を聴いてしまうと、ポリーニさんの演奏がかなり男性的に聴こえてきますね。

ポリーニさんが弾くシューマンの「幻想曲」ついては、今年にCDを購入しました。

シューベルトの「さすらい人幻想曲」と抱き合わせです。

この「さすらい人幻想曲」も大好きな曲なので、私にとっては、とてもお得感が高いCDです。


さて、9月最後のレッスンです。

今日から「音楽一家さん」が復帰してこられたので、30分レッスンでした。

み~じ~か~す~ぎ~るぅ~(笑)

先生とのおしゃべりはほとんどなし?2分くらい(笑)。「涼しくなりましたね~」の時候のあいさつのみ。

今日のレッスンはノクターンのみでした。30分で2曲は無理…。

最初から両手で弾きました。木曜日の確認練習が功を奏している?ようで、かなり落ち着いて弾けました。

ベースの音を良く聴くようにして、和音の飛び出しも気にならなかったかな。

(コメントくださった皆様、有益なアドバイスをありがとうございました。
どうにかスタートラインに立てたようです)

中間部poco piu lentからは、まだきちんと音が覚えられていないなぁ。

たどたどし過ぎる。もっと練習しないといけないですね。

このピアノでも、思っていたよりずっと抑えた音で弾けそうな感じがする。

poco piu lentから再度、片手ずつの練習。先生が一緒に弾いてくださいましたが、

3ページ目からは速度が上がっていくので、和音が一瞬で読めないことから、

結構な頻度で置いて行かれる。(泣)

オクターブ部分は、「先生!ちょっと(かなり?)速いですぅ~!」な感じ。

ここは、疲れでどんどん腕に力が入ってしまって、この速度では間違いなく自滅(泣)

両手で弾けるようになったら、ここは速度を少し(かなり?)落とさないと弾けないなぁ…。



本日のご指摘事項

・ペダルをもっと細かく踏みかえる。
 特に左手の16分音符から4分音符に移るところは、音が濁らないよう良く聴くこと。
・4分音符と8分音符のスタカートの違いを意識する。
・1拍目の休符をもっと意識する。
・右手、親指をぶつけて弾かないこと。
・16小節からは弾き方を変えると良い。(でも、ここは褒められました~♪)
・poco piu lentからの両手オクターブの3連符は、効果音(飾り)なので、あまり気合いいて弾かないこと。
 和音がメロディなので、時々メロディ部分の和音だけを取り出しての練習もすること。



先生も家でこの曲を久しぶりに弾いてみたそうです。

「後半(Doppio movimentoから)は大変かな?」と、

先生の口から何やら恐ろしげな言葉が…。Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ

とにかく両手ともに延々と和音なので、メロディを浮き出すのが大変そうだ。

単にガチャガチャした音の羅列にならないようにしたいものだけど、

私のつたない技術でそんなことが出来るのか…?

土曜日の最後の生徒さんが、この曲にトライされるようです。

高校生の方だそうですが、「弾きたいんだけど、難しくて弾けなそう…」と躊躇されていたのを

先生が背中を押してあげたそうです。

絶対に高校生の方のほうが上手に弾くんだろうな…ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!


まだ10分くらいしか経っていないような気がするんだけど、もう30分たったの?

今回のレッスンの正直な感想であります。( ;∀;)ミジカスギル…

以前は30分レッスンを短いと感じても、

それが当たり前だと思っていましたから、まぁ仕方ないかと割り切れました。

1時間超のレッスンを3か月ほどやっていただくと、今度はそれが当たり前に感じてしまう。

30分レッスンが普通なんだと思えるまでに、時間がかかりそうだなぁ…

それにしても「音楽一家さん」だいぶやつれてしまった感じだったなぁ…。

大丈夫なのでしょうか…。心配になってしまいました。



いつもコメントありがとうございます。それにしても、1時間レッスンにあこがれるなぁ…(笑)
banner (1)
関連記事
スポンサーサイト

2013/09/30 Mon. 02:24  edit

Category: ピアノレッスン

tb: 0  |  cm: 8

top △

コメント

そう、そう、

発売延期、ですか。
それは肩透かし、「これ以上待てというのか!」ですね。
あと3週間ちょっと、アッという間ですよ。
楽譜探して、CD到着の準備をしておきましょう。

アルゲリッチさんの演奏って、色気があるというか、なめかましくって
イイですよね~。そんな風に私も弾きたい・・・。

kusuさんの挑戦しているノクターンって、弾き切る体力とそれを
支える精神力と練習やらイメ・トレが必要ですよね。
後半は確かに大変そう。
ショパンの不安や苦悩がドロドロと噴出してきそうな。
慣れるまでは腕や肩に余計な力が入りそうですねぇ。

この曲、最近よく聴くのですが〈kusuさんが練習してるので〉
なんか、すごくイイですよねー。
弾けたらいいなぁー。
ショパン、やっぱりいいなー!

30分レッスンは、初心者ならまだしも確かに短いですね。
あっという間ですね。
これはこれで「慣れ」たら、不満に思わなくなるのかもしれませんね。

では、また。

ひさへ #- | URL | 2013/09/30 09:44 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2013/09/30 13:44 | edit

なんであんなに素敵に弾けるのでしょうね

ひさへさん、いつもコメントありがとうございます。
コンサート、秒読み(さすがにそれはまだ早いか…笑)になってきましたね。

アルゲリッチさんも、私が学生の頃からすでに有名なピアニストでした。
風貌からして、相当情熱的な人なんだろうな、と思っていました。
本のタイトルを忘れてしまいましたが、
指揮者でエッセイとかも精力的に書かれていた故・岩城宏之氏の本で
アルゲリッチさんを取り上げていたのがあったんですよ。
彼女は、風貌同様、かなり自由奔放なかただったようです。
リサイタルのときも、スーツケースの中でちょっと皺になってしまった黒いドレスを
パンパンと、はたいただけで、そのまんま着てしまったりとか、
サイン会でもバッグを全快にして、ちょっと人に見せてはいけないようなものまで
丸見え状態にしていたとか…。

彼女のピアノは、ちょっと真似できない独特の雰囲気…男のピアニストには出せない…がありますね。
それを表現するのに一番近い言葉が「艶めかしい」かな?と思いますね。
シューマンの幻想曲は、ずっとポリーニさんの演奏で聴いてきたのですが、
アルゲリッチさんのも、一回聴いただけで気に入ってしまいました。
あんな風に弾けたら、本望ですね~。

ノクターンは本当に大変な感じ。バラ1とはまた違う大変さという感じです。
和音ばかりですからね。まずそこが違う…(笑)
とにかく手が届かない。8度じゃなくて、9度くらいの和音がバンバン出てくる。
ずっと手(指?)を全開にしているので、そこが辛いですね。
これで、少し手が開いてくれて、9度和音くらい、楽に届くようになってくれればいいのですが…。
聴いてドラマチックな曲というのは、もれなくテクニック的に難しい。
この曲も、弾くだけで精一杯な曲になってしまいそうです。
少しでも情感込めて弾けるようになりたいものですが、なかなか難しそうですね(笑)

ありがとうございました。またお越しくださいね~♪

kusu #- | URL | 2013/10/01 01:57 | edit

時価ですかねぇ?

匿名さま、いつもコメントありがとうございます。

うちのほうは年40回レッスンです。
月謝はレベルによって違いますが、私は11,000円+消費税くらいだったような?
もっとしたかな?
地域によってレッスン料って違うんですね。
なんだか時価みたいですね…ちょっと意味が違いますが…笑。
自動振替だと、レッスン料がいくらだなんて、ほとんど意識していませんね。
これは、音楽教室の策略なのか?
やはり30分では短すぎますね。最低でも1時間はレッスンしてもらいたいのだけれど、
月謝が2倍になるのはちょっと…という感じです

友人に持つと嬉しいのは、
美容師さん(カットモデルでもなんでもやってあげるから、タダでカットしてとか言いたくなる…笑)
ピアノの先生(格安で教えてください~という感じ)
調律士さん(面白そうなので、調律の仕方教えて~とお願いしたい)
調理師さん(おいしいもの作って~という感じ)
…あれ?単に私がケチなだけ、というかほりが漂うのはなぜだろう…?

ありがとうございました。またお越しくださいね~♪

kusu #- | URL | 2013/10/01 02:22 | edit

はじめまして

はじめまして
「電子ピアノの演奏をPCに録音する」を読ませていただきました
自分の演奏を客観的に聴いてみたくなり
あれこれ方法をさぐるうちに貴サイトへたどりつきました
さっそくこの方法でやってみます

わたしはド素人でド下手なんですが少々ピアノをかじっていまして
おまけに今月末には発表会が控えているという
パニック寸前、テンパリ状態であります
ブログのほうは野放し状態ではありますが
お暇なときにお越しくださいませ

rosie #- | URL | 2013/10/02 15:34 | edit

rosieさんへ お越しいただき、ありがとうございます。

コメントいただき、ありがとうございます。

お恥ずかしい限りですが、昔に比べて、すっかりメカに弱くなりまして、
難しいことは出来ないのです。(マニュアル読むのが面倒くさかったりしますので…笑)
たまたまYahooの知恵袋を漁っていたら、簡単な録音方法が書かれているのを見つけまして、
これくらいなら、私にもできるだろうと思ったわけです。

現在、XPと8パソコンを所持していますが、XPは音割れが凄すぎて、聴くに堪えない感じでした。
ただ、ごく簡単な編集ができるので良いなぁと思いました。
8パソコンは、何だか編集が出来ないようですね。
練習していて、「今日は調子が良いなぁ」と思った時に、録音したりしますが、
聴き直すと、思っている以上に淡々と弾いている感じに聴こえますね。
なんだか、ただ弾いているみたいな感じがする…。
調子が良い時だから、録音時はノリノリで、本人も気分よく弾いているわけです。
そこのギャップが気になったりはしますが、
自分の演奏を第三者的に聴けるのは、いろいろ気づくこともあって、良いと思います。
録音したものを聴いていると、時々バグるのか、急に音が下がったりとか…。超笑えます。
あと意外に容量食いますので、そこはご注意くださいね。

発表会が今月の末ということは、もうすぐですね。
最近、曲がこなせなくて、そういうのにも出場していないのですが、
色々なかたのブログを拝見していると、久しぶりに出てみようかな~という気持ちになりますね。
まぁ、今年はもう終わってしまったので、鬼も笑う来年の話になってしまうのですが…(笑)
頑張ってください。楽しんで弾けると良いですね。

あまり遊ぶ時間が作れませんが、私はDQとかFFとかのRPGが好きですよ。
今も何回目かのDQⅣをDSでやっていますが、よく途中で寝てます(笑)
クリアできるのはいつのことになるやら…(笑)

お越しいただき、ありがとうございました。
生来の不器用ものなので、弾ける気がしない、とか
しばしば負のオーラで満たされる?ブログになっていますが
よろしかったら、またいらしてください。
更新は大体週1ペースでのんびり書いています。

kusu #- | URL | 2013/10/03 02:44 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2013/10/03 23:35 | edit

匿名さま、いつもコメントありがとうございます。

学校でもそういう話、良く聞きますね。
支払い能力があるにもかかわらず、給食費を払おうとしない親とか…

学校ですらこんな調子ですから、習い事だったりすると、さらに払いの悪い家もありそうですね。
自動引き落としだと、わざと使っていない口座を指定して、
毎回引き落としできなくする=結局支払いが滞納…
というケースもありますからね~。

なんで払わないのかな?とか、普通に思いますね。

kusu #- | URL | 2013/10/04 01:54 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://mugimiru.blog.fc2.com/tb.php/102-5b47eca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △