ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

断捨離中に出てきた懐かしい本 その2 + 12月14日のレッスンちょびっと(笑) 

12月に入って、いつもと同じ生活をしているつもりなのに、何となく気が急いている。

今月も、やらなきゃいけない仕事があと2つ残っています。

1つは半分くらい手を付けてあるのですが、

優先すべき仕事が入ってきてしまったので、後回しにしてしまっているものです。

取りあえず、たたき台を作って、上司の承認をいただいてから、十数人いる営業さんに確認してもらいます。

それから先が大変なんだけど、それは来年にしよう。なにしろ時間がかかるので、今年中に片づけるのは無理。

もう一つは、稟議書を1件作成すること。

資料集めからのスタートだけど、2~3日あれば何とかなるだろうと踏んでいます。

それより月末の処理が大変そうだ。会社は12月27日で終わりだけど、金融機関は30日まで営業しているからね。

お客様からの入金確認と伝票処理のための準備作業を、年末年始のお休み中にやっておかないと、

年明け早々、血を見る羽目(大げさだなぁ~笑)になりそう…。

お仕事セットを家に持ち帰りかなぁ…(号泣)。

12月30日から実家に帰るので、1月3日あたりに戻ってきてからの仕事になりそうです。

今回は、第三四半期の決算もある。期末や年度末の決算程、大変じゃないから良いのだけれど…。

年賀状の宛名書きもやらなきゃ…。20枚近く書いたけど、まだまだ。連休中になんとか終わらせよう。


前回の記事は、ネタ帳に書き溜めてあったものに、夜見た番組をむりやり…というような

ちょっと情けないものになってしまいました。

ちょっと読み返したら、たぶん自分しかわからんぞ~(笑)みたいな記事になっていましたので

少しですが、加筆しています。(でも、「自分しかわからんぞ~」は変わっていないなぁ?)

部屋が寒くて、キーを打つ指が動かない~。

こたつ出したい~。でも出してもすぐ撤収?

私という人間を限りなく怠惰にさせる、超が付く程危険な冬の暖房器具を、少しの間だけでもいいから出すかな~。



断捨離で発掘した(笑)懐かしい本シリーズの第2弾です。

これも古い本。今で言うムック本にカテゴリされる本ですが、

音楽の手帳から「ショパン」と「ピアノとピアニスト」いずれも1980年出版。
出てきた本・その2

おぉ~!amazonで検索すると、中古品ですが売られていますね~(出品者からの販売ですが)。

さすがに、これは市場にないだろうと思っていたのですが、すげぇなamazon…(笑)

目次の一部を掲載しておきます。寄稿文が結構多いです。面白いかどうかはビミョー(爆)
音楽の手帳「ショパン」目次 ←「ショパン」目次   音楽の手帳「ピアノとピアニスト」目次 ←「ピアノとピアニスト」目次

しかも字が小さくて、老眼入ってきているおばちゃんには、ちょっとしんどいものが…。

ド近眼なので、同年代の人より老眼の進みが若干マシのようですが、

それでも、いきなり細かい字の本とか見ると、一瞬本を遠ざけるしぐさをしてしまいます。

なさけねぇ…。これが年を取るってことだと、仕方なく自分を納得させるしかない。

その右がヤマハがから出版されている雑誌「音遊人(みゅーじん)」2010年の6月号です。

ピアノを再開したン十年前、ヤマハの教室の月謝を払うのに、クレジットカードを「作らされ」ました(笑)

たしかカード特典として、小雑誌が無料で毎月送られてきていました。これもその時の1冊でした。

ショパンの生誕200年に因んで特集号のこれだけ残し、残りは気になるページだけを切り取って処分。

出てきた本・その3
画像左が、森雅裕氏著の「モーツァルトは子守唄を歌わない」です。江戸川乱歩賞受賞作品です。(1985年出版)

ベートーヴェンが探偵役、弟子にツェルニーとシューベルトが出てくる。

私的にはかなり面白くて、何度も読み返しました。

その右が平野啓一郎氏著の「葬送」。

こちらは比較的最近の本です。21世紀になってから購入しましたからね(笑)

タイトルでもわかるように、ショパンに関する話です。2部構成で、文庫でも出ていたと思います。

正直に言ってしまいますが、これ、全部読んでいないんですわ(滝汗)

登場人物の名前が覚えられなくて、途中で訳わからなくなってしまいまして…。

この本は「いつか絶対ちゃんと読む」と思い続けて早やン年…(汗)

大好きなショパン様の話ですから、読みますよ!えぇ、ちゃんと読みますとも!(汗)



12月14日のレッスンについて少し。

「音楽一家」さんがいらしていたので、今週は30分レッスン。

時間がなくて、ノクターンしか見ていただけず。

今週こそバラードが弾けるかな?と思っていたのに…(泣)

ノクターンは、中間部の、poco piu lentは先週よりは良くなっている程度。

進歩が、自分でもほとんど感じられないのがもどかしい。

Doppio movimentoからは、とにかくメロディ部分を取り出しての練習。

和音になっても、メロディラインが意識できるくらい、練習する必要があります。

最初から和音で弾いてしまうと、縦のラインでしかとらえられなくなって、

ひたすら和音を弾き続けるような感じになってしまうからだそうです。


先生には月いちでいいので、お休み中のバラードを見ていただきたいとお願いをしました。

もちろん快諾していただけました。

今日はバラードを弾きたい、とお願いすれば、見てくださるそうです。

さぁ~、燃えてきたぞ~♪って言うか、ここ2週間ばかり、バラードばっかり弾いているので、

またもやノクターンが???な感じになってしまっています。それってダメぢゃん?


いつもありがとうございます。暑がりな私が唯一「寒い」とのたまう場所、それは我家。
寒がりの人が来たら凍死するんじゃないか?(ウソです…笑)室温14℃は寒いうちに入るのだろうか?

banner (1)
関連記事
スポンサーサイト

2013/12/17 Tue. 02:21  edit

Category: えとせとら

tb: 0  |  cm: 2

top △

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2013/12/19 20:25 | edit

今月号は購入しましたよ~

鍵コメさま いつもコメントをいただき、ありがとうございます。

ご紹介いただきました雑誌ですが、今月号は購入しました。
これから読みます(笑)
興味をひく特集が組まれていたりすると購入していますね。
今月号は、後ろの?特集にそそられました。
のっけから、このCD欲しい~!と思っている方のインタビュー記事が載っています。
ブラームスのピアノコンチェルトは結構好きで、良く聴きました。
どういうブラームスを聴かせてくれるのかな?

絶賛なのですか?
かなり興味がそそられる内容なのですが、いかんせん根性がなくて…。
いまだに放置です…。

ここ数日寒い日が続きますね。
私が住んでいるところはめったに雪が降りません。
ことしの初めにちょっとまとまった雪が降ったのですが、
5cm以上積ると、交通機関への影響が絶大で(笑)情けないです。

鍵コメさまも、お体に気を付けてくださいね~!

kusu #- | URL | 2013/12/20 00:25 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://mugimiru.blog.fc2.com/tb.php/118-37d0ea52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。