ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

今回も討ち死にいたしました… 

花粉症の季節がやってまいりました。

私も花粉症を持っていますが、何の花粉にアレルギー症状を示すか検査をしたことがありません。

スギ花粉が飛ぶ3月くらいから目のかゆみ・くしゃみ・鼻水が止まらない等の症状が現れますが、

それが本当に辛い!と思うようになってくるのが5月から6月です。

周りの花粉症もちの人たちが症状から解放されてくる頃に、症状が重くなってきて、

一人で鼻ズルズル…→しばしば、くしゃみ5~6連発…→鼻をかみまくり、鼻の周りがまっ赤っ赤!

→ゴミ箱にティッシュの山が築かれる、と、こんな塩梅。

今年はとにかく目のかゆさが半端ないです。手で目をこすり過ぎて、かさぶたのアイラインができそうです。

中国からやってくる黄砂だのPM2.5は、花粉症もちの人には良くないらしいですね。


あと、化学物質過敏症のケがあるようです。香水、整髪料、芳香剤の類いがダメです。

洗剤も香りが残るタイプのものはダメです。

以前、市販の「畳の汚れ拭き」の匂いで気分が悪くなったことがあります。

人間の持つ五感の中で、私はたぶん嗅覚が一番敏感です。

嫌いなだけに、かすかな香りでも敏感にかぎ分けます。前世は犬かもしれない?

その日の体調に左右されることが多いのですが、

鼻炎や頭痛、胸がゼイゼイする感じ(喘息持ちではありません)などの不快な症状が現れます。

暖かくなってくると、香水を付け始める人が増えますね。

人間も所詮動物なんだなと、思わずひねた考えがよぎります。(フェロモン代わりに付けている?)

勤務先にもつけている方が数人いらっしゃいますが、

本人は「身だしなみ」とか、「おしゃれ」と思って付けているから文句が言えません。


ちなみに、人間の持つ五感とは、「視覚」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「触覚」です。

視覚…中学生の頃からドが付く近眼で、コンタクトレンズなしの生活は考えられません。
   最近は老眼まで入ってきて、近くも遠くも見えないという悲惨さです。

聴覚…物心ついたときから、時々キーンという耳鳴りの自覚症状がありました。
   耳鳴りがしているのも5秒程度だし、昔からのことなのであまり気にしていません。
   音は、中央「ド」から、1オクターブ上の「ソ」に近いかな?
   耳鳴り音がしたときにピアノのキーをたたいてみたら、この音が一番近いような気がしました。
   両耳に一度に起きたことはなく、いつも片方だけですが、
   耳鳴りがしている間は、音がほぼ聞こえなくなります。  

嗅覚…自分の嫌いな匂いに対しては、異常なほど敏感。ハンドクリームの香料もかぎ分ける。
   「今、ハンドクリームつけたでしょ?」「えっ?匂いする?」というような会話が成り立ちます。
   なので、使っている化粧品も無香料オンリー。微香も許せない。
   むしろ加齢臭のほうが寛容。人間本来の匂いだし、気にはなっても体調の変化はないですから。

味覚…たぶん音痴な部類。でも、なんでもおいしいと感じるので、一番幸せな感覚かも。
   ちなみに亜鉛が不足していると味覚障害になるそうです。味付けは濃いめが好きで健康によろしくないです。

触覚…うーん…よくわかりません。ただ、鍵盤へのタッチは、まだまだ繊細さに欠けてます。
   

3月9日はレッスンでした。

レッスンは午後なので、午前中は練習にあてます。

今日は結構調子が良くて、いつもならつっかえるところも気にならない程度に流せたところもあって、

「おぉ、今日は絶好調~(自分比で!)」と思っていたのですが、

いざレッスンにのぞんだところ、

前半は出来ないところも強引に流して(トチってもそのまま止まらず先に行く)しまえたのですが、

後半トチったら、なんとそこから総崩れ…。いつもは弾けるところもメダパニ(こんらん~)状態。

後半はテクニック的にも難しさ満載で、毎日死闘が繰り広げられています。

ほとんど捨て身の体当たりで、ほぼ討ち死に状態。だれか私に「勇者の指」を…!(また脱線しております…笑)

楽譜を理解しているのではなく、感覚で弾いていることをご指摘されました。

確かに指の感覚だけで弾いてしまっているところが結構あります。

なので、音を間違えると総崩れになったり、指使いを変えると急に弾けなくなるということが起こります。

それから、音色が単調になりがちであること。弾くだけで精一杯で、全然余裕ないですから難しいですね。

でも、前半部分は私のやりたいことが聴きとれる演奏?になってきているとのことですので、

ちょっとは進歩しているのかな?自分では全然進歩しているように思えないんだけど…。

いよいよ来週から、最後の超難関、prest con fuoco の部分、両手でのチャレンジになります。

片手でも持て余していたこの部分、本当に出来るようになるのかしら…。

まだちょっと先の話になりそうですが、ラスボス曲のはずのこの曲が終わったら何しましょ?

新たなダンジョンを目指して行くことになるとは思いますが…。

関連記事
スポンサーサイト

2013/03/10 Sun. 03:49  edit

Category: ピアノレッスン

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://mugimiru.blog.fc2.com/tb.php/14-abd19e37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △