ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

(遅くなりましたが)仲道郁代さんの演奏会へ行ってきました 

浅田真央さんのフリースケーティング見ていました。真央ちゃん大好きなので…(笑)

SPは見ていなかったのですが、フリーはとても真央ちゃんらしいスケーティングでした。

重圧が凄かったんだろうな、と思うと、演技終了後の涙をこらえる表情に、

こっちまでもらい泣きしそうになりました。

この大舞台で打ち出した自己ベスト更新、彼女の底力を見せつけられたような気がします。



遅くなりました。(滝汗)2月16日のことになりますが、仲道郁代さんの演奏会に行ってまいりました。

初めてのサントリーホールです。地図で一応下調べしていきましたが、

地下鉄の乗り換え駅の確認があやふや。(懲りないやつです…笑)

最寄り駅が「東京メトロ南北線」の『六本木一丁目』だということは分かっているのですが、

「東京メトロ南北線」への乗り換えをどこでするか、決めていなかった。(滝汗)

JR東京駅から、「東京メトロ丸の内線」に乗り換えて、

『赤坂見附駅』で、「東京メトロ銀座線」に乗り換えて、そのまま『溜池山王駅』へ出るつもりだったのですが

『赤坂見附駅』で、「東京メトロ南北線」の乗り換え表示が見えたので、

ちょっとした好奇心と言うやつで、表示に従って行ってみることにしました。

結局『永田町駅』に出ることになったのですが、ここまでの距離が…。ずいぶん歩いたぞ(笑)

まぁ、時間もありましたし、冒険みたいで面白かったので良しとしますが、

『溜池山王駅』で乗り換えれば、「東京メトロ南北線」乗り場はすぐだったわけで、

(帰りはこのルートで戻ってきました…笑)もう、我ながらバカとしか言いようがない…(笑)

こうして東京都の交通網を覚えていくのですが…。

失敗体験のほうが、記憶に残りますからねぇ…(負け惜しみ…笑)

「東京メトロ南北線」に乗った時点で、目的が同じらしいかたを何人か発見する。

何となく慣れてない、落ち着きのなさ感が(もちろん私も含めて…ですが)全身から漂っている。

そういう方たちは、改札出るなり、もれなく近くにある地図をガン見していますし…(私もガン見しました…笑)

あとはそういう人のあとをついて行って、ちゃんと到着しましたよ~(笑)

でも、これでサントリーホールの行きかたを覚えました。もう、バッチリです!(怪しいなぁ~笑)


サントリーホール入り口でーす。 サントリーホール

これ以上アングルを下げると、人が写ってしまうので、

行ったという証拠写真みたいになってしまいましたが…(写真編集ソフトが必要ですねぇ)

隣には滝?もあります。サントリーホール脇の噴水 
まだ14日に降った雪が少し残っています。地面の白いものは雪です。


入場前に他公演のチラシの束が入った袋をもらいました。凄い量!厚さ1cm位ある…。

時間があったので、ちょっとパラパラと見てみました。

聴きに行きたい公演が、ほとんど月初めor月末or土曜日(レッスンがあるのでお昼間公演は無理)ばかり…why?

生演奏を聴きたいのは、ラフマニノフの「ピアノコンチェルト2番」、同じく「前奏曲op.23」の一群、

ラフマニノフの「前奏曲op.23」は、以前、有森博さんの演奏で気に入ってしまった曲群です。

すぐにCDと楽譜を買いに走ってしまったし…(笑)もう1回聴きたいです。

それから、シューマンの「幻想曲」、シューベルトの「さすらい人幻想曲」。いずれも大好きな曲です。

この2曲は生演奏を聴いたら、感激して泣いちゃうかも?

いつか絶対に聴きたいです。自分では絶対に弾けない曲なので…。


チケット取った席はかなり後ろでした。でも、手も動きが良く見える位置でしたよ。

コンタクトレンズを作り替えたばかりなので、わりと視力も出ている。

ただし、コンタクトレンズの欠点は、光とか明るいものを見ると、視界が滲むんですわ。

わざと前のドアから会場入りして、ステージ前まで行ってみて、

何のピアノを弾かれるのか、見てきました。やはりスタインウェイでした。分かっていても見に行く私です。

コンサート用ピアノの定番ですね。でも、このピアノが素晴らしい音でした。

仲道郁代さんのテクニックもあるのでしょうが、思わず惚れてしまったくらい、良い音でした。

出来るならお持ち帰りしたいわ(あんなに大きいものを持ち帰る…?笑)


プログラムです。
コンサートプログラムと当たりのプレゼント←プログラムにハートのシール発見!プレゼントゲットです(右側の赤いもの・非売品ビスコです)

今回初めて仲道郁代さんの演奏会に行きましたが、どうやら毎年この時期?恒例のようです。

さらにサプライズで、プレゼントが当たるようです。

プログラムを開いて、「ハートのシール」が貼られていたら、プレゼントがもらえる。

……で、いきなり当たっていました(笑)50人限定だそうです。確率として40人にひとりの当たりです。

オリジナルパッケージの「ビスコ」です。(ビスコは美味しいビスケットです)

中身を食べてもパッケージは捨てられませんね。記念の品ですし…。


演奏曲目です
モーツァルト:ピアノソナタ K281
ブラームス:3つの間奏曲 op.117
シューマン:交響的練習曲 op.13
ショパン:バラード全曲

アンコール
ショパン:ノクターン「Lent con gran espressione」
エルガー:愛のあいさつ



先日も「演奏者自らお話(トークのほうがちかいかな?)もして、演奏もするのが流行りなのか?」と

書いた記憶がありますが、今回の仲道郁代さんの演奏会もまさしくこれでした。

ピアノの先生から、シューマンの交響的練習曲はちょっと難解なようなことを言われたことがあります。

まだクライスレリアーナのほうが、とっつきやすいらしい?

いずれの曲も、練習したことがないので、真偽のほどは?ですが、弾く側からの見解なのかも?

曲を聴く限りでは、そんなに難解な曲とも思えなかったので…。

終曲の第12練習曲は、聴いたことがありました。どこで聴いたんだろう…?思い出せない…。

バラードはやはり凄かったですね。

1番なら、私もひととおり音に出来る?ので、参考になるところが多かった。

ラストの部分の弾き方で、気になっていたところがあったのですが、

仲道さんも同じように弾かれていたので、これでも良いんだと、安心しました。

それにしても、この曲を人様に聴かせられるほどのレベルにするまでには、

まだまだ時間が必要かな~と思いました。

私の弾くバラード1番は雑音(騒音とも言う…笑)レベルですからねぇ…とほほ…(めそめそ…泣)

4番は、やはり良いですねぇ…。願わくば、この曲を超!至近距離演奏で聴いてみたいです。

彼(ショパンさま)の大傑作ですからね~。

死ぬまでに弾けるようになるかな~?やっぱり生まれ変わらなきゃダメかなぁ?(泣)

アンコールのノクターン「Lent con gran espressione」ですが、

序奏部分が終わって、せつないメロディのところ、

ピアニシモ(ピアニシシモ?)で紡ぎだされる、悲しいまでに美しい歌。

なんて繊細で透明な音!あまりの音の美しさに超感動して、つい熱いものがこみ上げてきちゃいました。

こういう音が自分でも出せるようになったら、本当に思い残すことないなぁと思いますね。



演奏会のあと、さるところに立ち寄りました。

防音室をレンタルさせてもらえますが、今日はそれを目的で行ったわけではありません。

そんなに広くない防音室では、弦楽器を持った音大生と思しき若者たちが、

ひしめき合って練習しているのでちょっと気になりました。

「何の曲を練習しているのかな?」というよりも

「狭い部屋で、酸欠にならないか?」と妙な心配をしてしまった私です。

ピアノを弾いているかたもいらっしゃいました。

ドビュッシーの「月の光」とか、ショパンのノクターンop.15-2とか弾いていらっしゃいました。

時々、ショパンの「舟歌」の一部分が聴こえてきたり…(思わず「なに?」と聞き耳立ててしまった…笑)

中学生くらいのお嬢さんが主に弾かれていましたが、一緒に付いて来たお母さまも弾ける方みたいですね。

こういう恵まれた音楽環境で、私も育ちたかったなぁ…。今更嘆いても詮無いことですが…。



いつもありがとうございます。東京のほうが雪が残っていたのには、ちょっと驚きました。
banner (1)
関連記事
スポンサーサイト

2014/02/21 Fri. 02:16  edit

Category: この素晴らしき演奏家達

tb: 0  |  cm: 4

top △

コメント

こんばんは

ハートのマークが当たったのですか~?
凄いですね!
40人に一人の確率で当たるのですから、きっと良いことありますよ!
kusuさまと仲良しになる相性の良いピアノが見つかるお告げかもしれませんね(^^♪

私も楽器の機種は気になる方です。
お仲間ですね(*^。^*)

レディピアノ #hmP6g7cw | URL | 2014/02/22 23:15 | edit

私、くじ運悪いんですわ(笑)

レディピアノさま いつもコメントありがとうございます。

> ハートのマークが当たったのですか~?
> 凄いですね!
> 40人に一人の確率で当たるのですから、きっと良いことありますよ!
> kusuさまと仲良しになる相性の良いピアノが見つかるお告げかもしれませんね(^^♪
サントリーホールの大ホールは約2000人収容できます。
席が全部埋まっていいたわけではありませんでしたが、
ほぼ40人に一人の確率でした。
くじ運悪い私なのですが、これは良い兆しなのでしょうか?
本当は宝くじ当たらないかなぁ~と思いますが、残念ながら買わない人なんですわ…爆
懸賞とかもなかなか当たらないですね。昔、Ipod当たったのが最高額景品です。
ちなみに、この時期?仲道さんの演奏会は恒例のようで、
何やら毎回、このような『お楽しみ』があるようです。

> お仲間ですね(*^。^*)
サントリーホールなので
使用されるピアノはスタインウェイで間違いないと思っておりましたが、期待を裏切らなかった…(笑)
このピアノがもう凄くイイ音でしたよ!お持ち帰りしたかったです(笑)
いつもなら恥ずかしさが先に立ってしまって、ステージそばまで見に行かないのですが
今回は席が後ろのほうだったので、わざとらしく見に行ってしまいました(笑)
ピアノ探しを始めてから、どういうピアノで曲を弾くのか気になるようになりました。
レディピアノさまも気になりますか?
私は専ら聴くほうですが、弾かれる側からだと、やはりどういうピアノなのか気になりますよね。

次の演奏会予定は5月の横山幸雄さんです。今年で2回目♪
2日間ショパン三昧、何のピアノで弾かれるのか、とても興味があります。
延べ十数時間弾かれるので、ご自分のピアノを持ち込まれるのかな?
ホールって、そういうこと出来るんでしょうかねぇ?
長時間弾かれるので、慣れたピアノじゃないと、きついものがあるような気がしますので…。

kusu #- | URL | 2014/02/23 01:21 | edit

kusuさま、おはようございます!

仲道さんの演奏いいですね!
私も何年か前に浜離宮のランチタイムコンサートに行きました。
ランチタイムしか行けないので、ここ数年では仲道さんのこのコンサートしか
行ってません(涙)

確かにトークを交えての演奏、私は初めてだったので、最初はびっくり
しましたが(何てサービス精神が旺盛なのかしら!と 笑)、
楽しかったですね。
記事を読ませていただいて、また行きたくなりました^^

huku-ume #- | URL | 2014/02/23 10:34 | edit

huku-umeさまへ

コメントありがとうございます。

> 仲道さんの演奏いいですね!
> 私も何年か前に浜離宮のランチタイムコンサートに行きました。
> ランチタイムしか行けないので、ここ数年では仲道さんのこのコンサートしか
> 行ってません(涙)
仲道さんのコンサートは初めて行きました。
以前から、聴いてみたいなぁと思っていたピアニストのひとりです。
演奏会はとても良かったですよ!また聴きに行きたくなりました。
浜離宮のランチタイムコンサート…なんだか優雅な響きがしますね。
ランチタイムしか行けないと言うことは、huku-umeさまも多忙なかたなのですね。

> 確かにトークを交えての演奏、私は初めてだったので、最初はびっくり
> しましたが(何てサービス精神が旺盛なのかしら!と 笑)、
> 楽しかったですね。
最近の傾向なのでしょうか?
ここ半年余りでイベントのミニ・コンサートも含め、4回ほど演奏会に行きましたが、
みんな、演奏者自らマイクを手に持って、解説とかトークをしていました。
コンサートと言うと、演奏者はただひたすら演奏に没頭。
アンコール2~3曲弾いて、時々サイン会付き、みたいなものしか知らなかったので、
私も最初は面食らいました。現在は違うんですねぇ…。
聴きに来てくれた方たちとのコミュニケーション重視なのでしょうか?
1曲弾いては、マイクを持ってお話を始めるので、
せっかくの集中力が途切れてしまうんじゃないかと心配してみたり…。

> 記事を読ませていただいて、また行きたくなりました^^
ありがとうございます。演奏会、楽しいですよね。
huku-umeさまも、何とか時間をやりくりされて、演奏会に行ってみてください。
めくるめくピアノワールドで、心がいっぱいになること請け合いです(笑)

ありがとうございました。またお越しくださいね~♪

kusu #- | URL | 2014/02/23 21:36 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://mugimiru.blog.fc2.com/tb.php/141-e6a9d1fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △