ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

ピアノ再開後に練習した曲・4 

ゴールデンウィークに入りました。

今年は、土日と祭日が重なったりして、なんとなく損した感がありますね。

しかも、前半はおもいきり飛び石だし…

花粉症もちの私ですが、なんだか今年は花粉症であることを忘れていることが多いです。

この時期になると、飛散している花粉の量自体が少なくなっていることもありますが、

毎年、この時期はまだ鼻がグズグズしているはずなのですが…?

いったいどうしたんでしょうね?それとも、本番はこれから、だったりして…(汗)


今回はピアノ再開後に練習した曲・4です。

取りあえず、今回で最終回です。

こうして改めて書き出してみると、習っている年月の割には曲が少ないなぁ、というのが正直な気持ちです。

私はどちらかというと、かなり不器用なタイプですので、そつなくこなすことができません。

人の倍、時間がかかっているといっても良いと思います。


     曲名の文字色について:ピンク文字は、前の先生に教えていただいた曲
                グリーン文字は、今の先生に教えていただいた曲。

○モーツァルト → ピアノソナタ K.V.332・K.V.309(練習順)
 
  モーツァルトって楽譜が見た目易しいのに、表現するとなると凄く難しかった。
   で、そのあまりの難しさで、一時期ピアノが嫌いになり、スランプに突入。
   私をスランプに陥れた犯人は「アマデウス君、君だ-!」(悪いのは私、アマデウス君ごめんね…)
   ということで、モーツァルトがちょっと苦手になってしまった私でした。
   K.V.310や、K.V.330とか、K.V.284の第一楽章は大好きなんですけどね。
   特にK.V.284の第一楽章は、弾いてみたいです。
   モーツァルトのソナタはこの曲が一番好きです。 


○シューベルト → 即興曲op.90-3
   高校生の時から大好きだった曲の一つ。
   ブレンデル氏の弾く、即興曲op.90の4曲は実によく聴いていました。
   私の持つ、この曲のイメージは、彼の歌曲「アヴェ・マリア」のピアノバージョン。
   スランプ中だった時に、姪が子どもの頃に教えていただいていたピアノの先生が所属する、
   「偉い先生とそのお弟子さん達の会」の演奏会を聴きに行ったことがあります。
   その演奏会で、この曲を弾いた方がいらっしゃいました。
   祈りを思わせる曲の美しさが心に染みわたり、「こういうふうに弾きたい」と涙しながら思いました。
   再びピアノの世界に引き戻してくれたきっかけの一つとなった出来事です。
   数年後、この曲にトライ。聴いたときの優雅さとはうらはらに、とても右手が忙しい曲でした。
   でも、自分で弾く超下手くそなこの曲でも、十分感動できました。
   弾けなくなってしまったのが惜しい…。再度トライしてみようかなぁ~(汗)


○ドビュッシー → アラベスク1番・夢想・ベルガマスク組曲から「プレリュード」
          子どもの領分から「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」「人形のセレナーデ」
          「雪は踊っている」「小さな羊飼い」「ゴリウォグのケーク・ウォーク」
          前奏曲第1集から「沈める寺」
(ドビュッシー好きな曲ランキング:1位)
  ・アラベスク1番は、ピアノを再開して数年後に弾いています。
   いきなり左手8分音符、右手3連符の組み合わせが出てきますが、初の複合リズム…。
   両手で合わせると、リズムがガタガタになって、
   滑らかに弾けるようになるまで少し時間がかかりました。
   2人いる私の姪たちが、この曲を気に入ったようで、数年後、彼女らも練習していました。
   ・ベルガマスク組曲の「プレリュード」は、ブーニン氏のCDを聴いて弾きたくなった曲です。
   とても素敵な曲ですよね~。出だしがカッコいいし、中間部はおしゃれな感じがする。
   ブーニン氏といえば、ショパンコンクールの優勝者ですが、
   私は、彼の弾くショパンは、アクが強い感じがして好きではなかったです。
   彼が弾くドビュッシーのCDは、「ベルガマスク組曲」と「ピアノのために」が収録されていましたが、
   結構正統派?な弾き方をしていて、とても好感を持ちました。今でも大好きなCDの1枚です
   「ピアノのために」は弾いたことないですが、こちらも大好きです。いつか絶対に弾くわよ!(笑)
  ・子どもの領分は、今のピアノの先生に教えていただいた曲です。
   どうして「象の子守唄」だけ練習しなかったのか?謎です…。
   「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」は、速度が出せないと、
   全然違う曲に聴こえてしまう曲ですね。最終的にはそこそこ速い速度で弾きました。
   難しかったのは「雪は踊っている」。幻想的でとても好きな曲ですが、繊細なタッチを要求されます。
   しかも、複合リズムが出てくる。
   左手16分音符的(8分音符半分ずらしで2声部…上手く表現できないので楽譜参照してください…汗)、
   雪は踊っている1
   右手が3連符。慣れるまで大変でした。
   複合リズムは片手ずつ弾いて覚えた後、両手で合わせますが、当然、始めはグダグダ…。
   たとえグダグダな弾き方でも、弾きながらメロディが意識できるようになったら、しめたもの。
   70%はできたと思っていい。ここは言い切ります!
   複合リズムの曲は、練習のし甲斐がありますね。出来たときの達成感も嬉しい。
   私は複合リズムの練習は苦にしません。「出来ねぇ~(爆笑)」と言いながら楽しんじゃってます。
  ・「沈める寺」は、数あるドビュッシーの曲の中ではダントツに好きな曲です。
   学生時代、冨田勲氏のシンセサイザーで、始めてこの曲を聴いて、とても感銘を受けました。
   地響き(水しぶき?)を立てて海中から浮上する大伽藍。鳴り響く鐘の音。
   トーガを着た僧侶達の祈りの歌。やがて、歌とともに海中に没する大伽藍
   すべては白昼夢か幻か蜃気楼か…?
   とにかく、イメージ湧きまくりで、練習もとても楽しかったです。


○バッハ → イタリア協奏曲(1楽章のみ)
   シンフォニア2曲しか弾いていないのに、いきなりのこの曲です。
   快活に弾ければ、とてもよい曲ですが、バッハはいつ弾いても大変ですわ…(情けない…泣)


○シューマン → 子供の情景 全曲
   大人から見た子どもの世界、ですね。トロイメライは超有名曲。
   「異国より」は、何かのCMに使われていましたねぇ。この曲と、「珍しいお話」は結構好き。
   「びっくり」は面白い曲でした。この曲は練習も楽しかったですね。
 
  
○エクスタイン → ラプソディ
   この作曲家聞いたことがないかたです。難易度は低めです。
   2人いる姪の、妹のほうがこの曲を練習していました。


○坂本龍一 → 「ウラBTTB」から、鉄道員(ぽっぽや)
   私が練習した唯一のポピュラー系の曲です。
   「ウラBTTB」は、3曲入ったCDのタイトルですが、
   この曲と、リゲインのCMで有名になった「エナジーフロウ」
   ニュース23のテーマ曲だった「put your hands up」が収録されています。
   鉄道員(ぽっぽや)は浅田次郎氏原作の、同名映画のサウンドトラックの1曲です。
   この映画は観たので、この曲を聴くと雪深い駅の情景がパァーと広がります。
   練習しながら泣けた曲のひとつです(ホントよっ!笑)
   ちなみに「ウラBTTB」のCDは私のお気に入りの1枚です。
   「ウラ」があるということは、「おもて」も当然あるわけで、
   「BTTB」というCDがちゃんと発売されています。 
  

○ラフマニノフ → 前奏曲 op.3-2「鐘」
   この曲を練習していた時に、フィギュアスケートの浅田真央さんがこの曲で演技をしていました。
   あの編曲の仕方は、あまり好きじゃなかったなぁ…。
   オクターブの和音が、とにかくたくさん出てくる。楽譜の見た目が結構凄い。
   再現部は、楽譜が4段になっていて、超ビビる(笑)
   でも、和音の並び?にあまり変化がないので、楽譜の見ためよりずっと弾きやすい曲です。
   演奏効果も高いし、カッコいい曲だしで、私が大好きな曲の一つです。


○ベートーヴェン → ピアノソナタ op.13「悲愴」
   ピアノの先生に「何の曲が弾きたいですか?」と聞かれて、リクエストした1曲。
   この曲は「ちょっと無理かも…」と先生に少し渋られましたが、無理言って練習させてもらいました。
   私は1楽章がダントツに好き。むずかしかったけれど、練習が苦ではなかったです。
   大変だったのはむしろ2楽章。オクターブが結構出てくるので…。
   分厚いヘンレ版「ソナタ1」の楽譜を買ってしまったので、これだけというのももったいない…。
   次を練習するなら「月光」か?
   でも「テンペスト」とか「熱情」とか「ワルトシュタイン」とか練習してみたいなぁ…。
   問題は、これらの曲群が「ソナタ2」に収録されているということ…。楽譜「買う?」…(汗)


○ショパン → ノクターン op.15-2 op.55-1op.48-1は挫折。いまだに最後の2ページは放置同然
        ポロネーズ op.26-1

  ・とにかく、ノクターンop.15-2は難しかった。中間部が、手が小さい人にとって、かなりの「難曲」!
   オクターブでメロディ弾きながら、内声部をパラパラ弾くのは正直キツかったです。
   よほど手首を柔らかくしてメリハリ付けて弾かないと、訳わからん曲になってしまう。
   op.15-3も少し手がけていたのですが、ちょうど先生が変わったときとぶつかり、
   途中で自然消滅してしまいました。
   挫折したop.48-1は、テクニック的に難しかったこともありますが、
   それよりも「どう弾いたら良いのか」だんだんわからなくなってきてしまった曲でもありました。
   ノクターンは、どうも自分の性格に合わないのではないか?という疑惑が発生中です。
   聴くのは好きなんですけどねぇ…(ため息…)
  ・ポロネーズp.26-1は、先生から「何弾きたいですか?」と言われ、
   当時、自分がどれくらいのレベルの曲までこなせるのか、いまいち自信がなかったので、
   先生に「この曲あたりどうですか~」と推薦していただいた曲です。
   ちなみにエチュードop.25-7と2択でした。
   両方ちょこっと譜読みしてみて、なんとなくポロネーズのほうを選択しましたが、この曲は楽しかった!
   4回出てくる速いパッセージは、
   その場所に来ると「キタ-!」と身構えてしまって、何度練習してもできませんでした(滝汗)
   でも、この曲は、先生から「相性が良かったみたいですね」と言われました。


 番外編:リハビリ中に弾いた曲
○ブルグミュラー
 → 「25の練習曲より」No.1~No.9・No.13
   怪我した指のギブスが外れた直後に、リハビリ代わりに練習した曲です。
   高校時代にNo.1~No.4まで練習して、中断。
   ピアノを再開後、No.10から練習し始めたので、(なぜか13番だけ練習せず)
   練習していない曲があったわけですが、この穴を埋めた形となりました。
   無理せずゆっくりと練習し、痛みが出たら、それ以上はやらない、というやりかたを取りました。
 
○モーツァルト → きらきら星変奏曲
   ブルグミュラー卒業後に練習したリハビリ曲です。
   リハビリには、この曲ちょっとハードじゃないですか?でも、結構楽しめた曲です。
   電子ピアノで練習していましたが、この曲を弾いているときに、
   実に良くハンマー代わりの重りが落ちて、自己判断的修理をしながら弾いておりました


さて、4回にわたり「ピアノ再開後に練習した曲」を公開いたしましたが、
残りの人生で、あとどれくらいこなせるのやら…
年々、不器用さに拍車がかかっていますし、もの覚えも悪くなるし、
比較的近い将来には、体もだんだん言うことを聞かなくなってきそうです。
はてさて、どこまで頑張れるものやら…



いつもありがとうございます。
これから購入したDVD「ピアノマニア」見ますので、レッスン記録は次回で…(すんまそん…汗)

banner (1)
関連記事
スポンサーサイト

2014/04/27 Sun. 00:33  edit

Category: ピアノの思い出

tb: --  |  cm: 8

top △

コメント

こんにちは

すごいですね!
リサイタル組めそうな曲の数々じゃないですか~。
ドビッシーは私も富田勲さんからのイメージです。
月の光に関しては、月に思いを馳せる踊り手が、いつの間にか時空を超えて宇宙で舞っている様をイメージしてしまいます(勝手な妄想)
最近、宮澤賢治イーハトーブで初音ミクを登場させた事は興味深いものでした(^^♪

レディピアノ #hmP6g7cw | URL | 2014/04/27 16:16 | edit

ピアノマニア、DVD見られたのですね!

私は映画館で、途中トイレに行ってしまい、
少し見ていない所があるんですよw。

レディさんのコメにある冨田勲氏の
初音ミク、私もあれには感動しました。

ドビュッシーは、月の光、亜麻色の、、
博士位しか知らないのですが、印象派
らしい、いい曲がありますね。

酢~ #mQop/nM. | URL | 2014/04/27 22:41 | edit

今も全部弾ければリサイタル…(爆笑)

レディピアノさま、いつもコメントありがとうございます。

> すごいですね!
> リサイタル組めそうな曲の数々じゃないですか~。
そう、今も弾ければリサイタル出来そう…。
なので、情けなさ全開なんですわ。
まさしくこれこそが「過去の栄光」ってやつです…(泣)

> ドビッシーは私も富田勲さんからのイメージです。
> 月の光に関しては、月に思いを馳せる踊り手が、いつの間にか時空を超えて宇宙で舞っている様をイメージしてしまいます(勝手な妄想)
レディピアノさまも、冨田さんからですか?
学校の音楽の授業で
先生が、冨田勲氏のムソルグスキーの「展覧会の絵」を聴かせてくれたことがありました。
不思議な世界でね。宇宙的、っていうか…。
その後、冨田さんがシンセで演奏した、ドビュッシーの曲のカセットテープを見つけて購入。
もしかして、レディピアノさま、おなじものを聴いていらっしゃるかも…?
そのテープには、「月の光」も収録されていました。
テープはまだ持っていますが、聴くためのハードを処分してしまったので、聴き返すすべがありません。
amazonさんでCDありますね。これと同じテープを持です。CD欲しくなってしまうわ~!

> 最近、宮澤賢治イーハトーブで初音ミクを登場させた事は興味深いものでした(^^♪
初音ミクは名前は良く聴くのですが、良く知らないんですわ。
CD出ていますが、これでしょうか?
http://www.amazon.co.jp/%E5%86%A8%E7%94%B0%E5%8B%B2%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2-TOMITA-SYMPHONY-IHATOV-Blu-ray/dp/B00HSP0OH4/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1398611059&sr=8-3&keywords=%E5%86%A8%E7%94%B0%E5%8B%B2(URL長っ!)

これからマスターしていく曲は、忘れないようにしっかりと弾き続けていきたいものですが、
私のことなので、舌の根も乾かぬうちに…なんてことに………ならないよう注意します(笑)

お越しいただき、ありがとうございました。

kusu #- | URL | 2014/04/28 00:20 | edit

こんばんは

たぶんこれだと思います。
富田勲さんの頭の柔らかさ、発想の豊かさ、すごいですね!
で、明日月曜ですけど今日は何時に寝ます?
私はいまから薔薇のお風呂(ありえませ~ん)に行きますね。

レディピアノ #hmP6g7cw | URL | 2014/04/28 00:32 | edit

「ピアノマニア」面白いですね

酢~さま、いつもコメントをくださり、ありがとうございます
> ピアノマニア、DVD見られたのですね!
購入しました~。昨日深夜(27日早朝?)に見て、夜に途中まで見てました。
「相棒」きちんと見たかったのですが、
ブログ記事書きながらだったので、話半分みたいな感じになってしまいました(笑)

> レディさんのコメにある冨田勲氏の
> 初音ミク、私もあれには感動しました。
そんなに良かったのですか?レディピアノさまも絶賛していましたし…。
冨田勲氏の名前を知ったのは、かれこれ30年以上になりますが、
初めて聴いたときは、凄く新鮮というか斬新というか、不思議な感じがしました。
今でこそ、電子音が巷であふれかえっていますが、
その当時、シンセサイザーって何?みたいな時代でした(年がバレる…笑)

ドビュッシーは良い曲たくさんありますね。
曲を聴くと、いろいろイメージ(妄想?笑)が広がりますね。
まさしく聴く絵画的な曲群です。

「ピアノマニア」記事載せました。
しかし、どんな音も作り出せる調律師…素晴らしい職業です!
何の仕事でも、その道を極めるということは「素晴らしい!」の一言につきますね!

今年こそは「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 『熱狂の日』」を聴きに行かれるのでしょうか?
今回は10回目だそうで、まさしくフェスティバル!な趣きのようですね。
お越しいただき、ありがとうございました。

kusu #- | URL | 2014/04/28 01:01 | edit

薔薇のお風呂~(喜)

レディピアノさま、お返事ありがとうございます。

やはり、同じものを聴かれていましたか~。
> 富田勲さんの頭の柔らかさ、発想の豊かさ、すごいですね!
本当にそう思います。
amazonさんで試聴しましたら、あの時の感動がよみがえってきました。
学校の授業で聴いたとき、このかたのお名前が一瞬でインプットされたくらい、印象が強烈でしたね~。
私がイメージするところの「沈める寺」は、このかたの影響をもろに受けてます。
なんて、ものすごい世界を構築されるかただろうと、感動しましたからねぇ。

> で、明日月曜ですけど今日は何時に寝ます?
> 私はいまから薔薇のお風呂(ありえませ~ん)に行きますね。
久しぶりのこの会話…(笑)
最近、某紳士も深夜のパトロールに来なくなりましたねぇ…。
もしかして、ひっそりと目を光らせているのかしら…(笑)
薔薇のお風呂…一度でいいから入ってみたいですね。まさに気持ちは貴婦人な感じになりそう。

いつもコメントありがとうございま~す♪

kusu #- | URL | 2014/04/28 01:17 | edit

今日は何時に寝ます?
・・・、久しぶりのお二人のこの会話・・・。
なんだか懐かしいですね~。
笑っちゃいましたー。

「月の光」って、途中からSF宇宙もの的なメロディにどうしても聴こえるんですよねー。
しかし、ドビュッシーって難しそう・・・。

ところで、ベートーベンの「悲愴」は3曲全部制覇ですか?

ひさへ #- | URL | 2014/04/28 16:19 | edit

久しぶりの会話です(笑)

ひさへさま、いらっしゃいませ~(笑)コメントありがとうございます。

ここのところ、深夜1時以降のコメントのやり取りが全くなくなりましたから
こういう、「何時に寝ますか~」というやりとりも久しぶりです。
だからといって、心を入れ替えて?早く寝ているわけではなく、
このようにとんでもない時間に、ひっそりとコメ返かいていたりします(笑)

冨田勲さんの編曲した曲って、
まだシンセが宇宙的な電子音を出していた時代のもの、という感じがします。
SF映画のサウンドトラックみたいな感じですよね~。
一気に曲の空間が広がった、というイメージです。

> ところで、ベートーベンの「悲愴」は3曲全部制覇ですか?
一応、3楽章まで全部弾きました。3楽章はCDで聴くように軽やか+速くは弾けませんでしたが…。
ヘンレ版の楽譜が重かった~(笑)
せっかく高い楽譜を買ったのに、1曲だけじゃもったいないと思うのですが、
ベートーヴェンはあまり真面目に聴いてこなかったので、
ソナタも有名なものしか知らないんですよ~。
全曲(32曲も)練習できれば良いのですが、さすがにそれだけの時間はなさそうです。

kusu #- | URL | 2014/04/29 03:38 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △