ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

調音パネルを検討すべきか? 

我が家のピアノも、再び音量バランスが崩れてきているようです。

ピアノと壁が、3cmくらいしか離れていないせいか、以前から低音部が響くような感じが気になっていました。

せめて防音室の中央にピアノが置ければ、もう少し音が自然に聞こえるのかもしれません。

4月に調律していただいて、少し落ち着いたのですが、また少し怪しくなっています。

以前いただいた調音パネルのカタログを再度読んでみたところ、

防音室の壁材として使われているグラスウールは、低音域をあまり吸収しないようなことが書かれている…。

なんと!防音素材上、仕方がないこととはいえ、

防音室自体が、ピアノの音の低音部を反響しやすい作りになっているということか?

家で練習した後でレッスンに臨むと、音楽教室のピアノが非常におとなしく聴こえてしまうのですが、

もしかして、レッスン室のピアノが普通なのか?と思うようになりました。

家のピアノの音が響きすぎ?というよりか、やはり音響がイマイチなのでしょうね。

以前、調音パネルをお借りした時は、まだピアノも納品されていなくて、

電子ピアノでしか音響の確認ができませんでした。

電子ピアノでは、ほとんど効果がわからなかったことと、防音室を担当して下さったY氏が異動してしまったことで、

調音パネルの設置の話も、なんとなくうやむやな感じになってしまっておりますが、

置いてみたらどう変わるか、再度試してみたほうがよさそうだな~と真剣に考え始めました。

ただ、調音パネルも安くない(1枚約50,000円近いお値段…汗)ので、

なんとなく、二の足を踏んでしまっているところがありますね。

どう考えても、1枚では済まないでしょうね。数枚は設置しなきゃならなそうです。

異動されたY氏が、まだ千葉の楽器店にいらしたときに、

調音パネルを貸してくださいましたが、またお借り出来ないかな~。

今度は、以前試弾させていただいた時に、Mさんと一緒にガン見していたオーナーさん?がいらっしゃるのかな?

このオーナーさん?以前、うちの電子ピアノの調整をして下さったかたかなぁ?

たかだか去年のことなのだが、これがちっとも覚えてないんだなぁ…。ただ雰囲気が似てる気はする?

ちっと苦手感があるMさん(音楽教室から楽器店へ異動されました)に相談してみるかな~。

私がYAMAHAのピアノを選ばなかったことで、

Mさんが相当がっかりされていた、というのがどうも引っかかってしまって、お声をかけずらい状況ではあります。



6月21日のレッスンです。

ショパン・エチュードop.25-7の2回目のレッスンです。

まだまだ片手練習です。ここ数年フラット系の曲ばかり弾いてきまして、

久しぶりのシャープ系の曲で頭が混乱しているのと

ダブルシャープ効果?で、さらに混乱…(概念はわかっていますよ~)

とにかく、部分的に臨時記号のオンパレードで、一瞬混乱するんですよね~。

って、あきらかに練習不足なだけじゃないか~(大爆)
Chopin Etude 25-7 ← またもやブレている…(笑)22小節と24小節中心に写しています。

1.22小節・24小節・26小節の左手は拍ごとに分けて練習。
  たとえば22小節目なら
  ① 4つ(ダブルシャープのファ・♯ソ・♯ラ・シ)
  ② 4つ(ダブルシャープのド・♯レ・ダブルシャープのファ・♯ソ)
  ③ 6つ(♯ラ・シ・ダブルシャープのド・♯レ・ミ・♯ミ)
  のように、単独で練習してから、
  ④ ①と②をつなげて8つにして弾く。
  ⑤ 14個の音をつなげて一息で弾く(①+②+③)
  というような練習方法にしてみる。
  つっかえながら14個の音の繰り返しをしても、あまり効果なし、だそうです。

2.左手がつっかえずに弾けるようになったら、
  右手のメロディのみ(伴奏系和音は弾かない)と合わせて弾いてみる。
  最初から和音付きで弾くと、縦方向で音を読むことになってしまいがちなので、
  まずは左右の手に出てくるメロディを聴きながら弾く習慣をつけること。

3.この曲のペダルは補助的に使うにとどめる。
  そのため、左手のメロディはレガーティッシモで弾く(前の音を少し残す感じで)



さて、最近とみに平日のグランドピアノ練習ができない状況ですが、土日で久しぶりに弾くと実に良いです。

1週間ぶりのバラード1番も結構ノリノリ(笑)

ミスタッチもあまり気にしないように弾きますが、

気にしなきゃいけないんじゃないか?というようなミスタッチの多さです(滝汗)

もう少し丁寧に弾くことを心掛けなきゃいけない気もしますが………ま、いっか(こらこら、全然良くないぞ~!!)

お昼間ですから、「多少の迷惑お許しください」で、全く遠慮なしの大音響で弾いております。

へたくそな演奏?のようなものを強制的に聴かされているご近所の皆さまには「心の中だけでお詫び」です(笑)



最近購入した本です。 → 最近購入した本

左から「おかしな間取り図巻」。コンビニで見つけて即買い。

子どもの頃から、家の間取りを見るのが大好きでした。

小学生の頃のことですが、最初に興味を持ったのが新聞に掲載されていた大成建設さんのパルコンの間取り。

純日本家屋に住んでいた私の目に飛び込んできた「ベランダ」の文字と、洋風の間取りにくぎ付け(笑)

「なんて素敵な家~」と思い、その広告をはさみで切り取って、眺めて楽しんでいました。

話をもとに戻しますが、この本はとにかく変な間取りばかり載っている本です。

玄関わきの廊下にキッチンがあって、廊下をふさいしまい、奥の部屋に入れない?物件とか、

開かずの間がある(部屋への出入り口がないなど。多分校正ミス)物件とか、

お風呂のドアを開けたら、いきなり浴槽物件とか…。バルコニーに玄関がある物件とか…etc,

とにかく、頭をからっぽにして笑える間取りが満載です。

   駆け上がりながら入室   トイレはバスタブ経由  ← 変な間取りを一部ご紹介
 
左は、階段の途中にドア(1F)と引き戸(2F)…。踊り場がないけど、飛び移って部屋に入るのか?
しかも玄関2個あるのどうして?上と下の部屋は別の物件なのか?というミステリアスなもの。
右はお風呂場のドアを開けたらバスタブという笑える物件。トイレに行くのが大変そう…(笑)
(記事内の画像をクリック後、新たに開いた画像をさらにクリックすると、少しだけ拡大します)


真ん中の本「昨日の疲れが抜けなくなったら読む本」を読んでみようと思うこと自体、かなりやばい気がする。

こういう本を手に取って、ざっと立ち読みしたあげく、レジまで持って行ってしまうという行為がやばい。

というか、平積みしてあった本のなかで、ダントツに売れている本だったので、気になったのもあります。

うつになると「眠れない」ようですが、

「過眠」の場合はどうなのでしょうね?(万年睡眠不足だからなのですが…汗)

疲れが抜けずにいつもだるいとか、朝会社に行きたくない病とか、心当たりがある項目がたくさんあるんですけど…

ちなみに、この本の表紙のイラストを描かれているのは寄藤文平氏です。

特徴のある独特な絵ですが、私はこのかたのイラストは結構好きです。


右はお勉強系「脳内麻薬」。快楽物質ドーパミンの話です。

あらゆる依存症(アルコール・ギャンブルなど)とか、脳内麻薬物質、薬物依存の話とか載っています。

ところで、ピアノの練習についてはどうなんだろうか?

自分比で「今日は調子がいい」と思うと、弾いていても気持ちが良い。

これも脳から快感物質のドーパミンが出まくっているということなのだろうか?報酬系というやつ?

「練習しないと弾けなくなってしまう!」と思う感情は脅迫観念なのだろうか?うーむ~。



いつもダラダラ記事をおよみいただき、ありがとうございます。
banner (1)
関連記事
スポンサーサイト

2014/06/22 Sun. 04:17  edit

Category: ピアノのある日常

tb: --  |  cm: 16

top △

コメント

こんにちは、初めまして!
ピアノを弾いてる方のブログを見るようになって、こちらにも何度かお邪魔させていただいております(^^)

ショパンのエチュードやバラード弾かれてるのですね!
どちらも憧れの曲で、お仕事がお忙しいようなのにすごいな~と!
これだけの曲を弾かれてると1時間位の練習時間ではとてもとても物足りないでしょうね…

グランド持っておられるのですね(^^)
グランドの方もきっともっと弾いて貰いたいって思ってるのでしょうね♪

練習日記の中の先生のアドバイスも参考にさせていただいてます。
鍵盤からの体の位置のこととか、なるほどな~と思いました!

お仕事お忙しい事とは思いますが、お体に気をつけて、ピアノ楽しんで下さいね!
私も頑張ってる(楽しんでる?)方のブログを見させて戴いて励みにさせていただきますね♪

ね~み♪ #- | URL | 2014/06/22 08:28 | edit

こんにちは

おはようございます。こんな記事を見つけました。
(スピーカーと壁の設置距離ですが)

2014/04/29 08:02の投稿記事では、
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000395982/
「スピーカーを壁から離すと全体的な低音のレベルが下がります、、」
とあります。

ピアノもある意味、全体がスピーカーとも取れるので、壁との
距離は離した方がいいのでしょうかね、。

さらに、
http://www10.ocn.ne.jp/~bouon-sd/piano.html
の画像を見て頂くと、やはり「壁から離す」とあるようです。

腕のいい蛭田の様な調律師さんが診てくれるといいですね。

それと、だいぶ遅くなりましたが、私の電子ピアノも「下向き」に
大きなスピーカーが二つです。よって音は下方へ行っています。
(普段はヘッドホンのみの着用で、あまり気にしていなかったのですが)
昨日も動画をエアーRECしていて、感じました。

機種によっては
上方に音が抜けるタイプもあるのですが、伴奏等の時は、以前
ヤマハp95は上向きだったので、練習場にはよく全体に響いて
いるのが分かりました。
「下向きのタイプ」は、どうしても、こもって聞こえるようですね。

ヘッドホンばかり付けて練習しているので、その内pc用?の小さな
スピーカーを電子ピアノのヘッドホンジャックに接続してこじんまり
した音を出しながら(実際どうなのかは不明ですが)弾いてみようかとも
考えています。ヘッドホン難聴防止になるのか?、、後は耳への長時間
圧着も開放されるので、ちょっと考えてみようかと思っています。

酢~ #mQop/nM. | URL | 2014/06/22 10:53 | edit

ね~み♪さま、お越しいただき、ありがとうございます。

ね~み♪さま、いらっしゃいませ~。
私のつたないブログにお越しいただき、
さらにはコメントまで下さり、とてもうれしく思います。

子ども時代のピアノ歴は約1年です。
中2でピアノの良さに目覚めて、
中学3年から高校1年にかけて、家にピアノがないという、あり得ない環境でレッスンに通っていました。
そんな状況でも、どうしてもピアノが弾けるようになりたかったんですね
当時、電子ピアノは、影も形もない時代でしたので、
高価なピアノはついに買ってもらえませんでした。
学校のピアノを借りて練習していましたが、
難しくなっていくにつれて、続けられなくなってしまい、泣く泣くレッスンをやめました。

働くようになってから、ピアノを再開しましたが、
その時の悔しさとか無念さが、ピアノを弾く原動力のひとつとなっております。
レッスンを受け続けて、身の程知らずな曲にも挑戦しておりますが、
あるレベルまではたどり着けても、そこから突き抜けられないジレンマに良く襲われます。
ショパンのエチュードを、今年に入ってから練習しておりますが、
実際のところ、ツェルニー40番すら怪しいレベルなんですよ~(爆笑)
大人だからという理由で、先生はGOサインを出して下さいますが…。

マンション暮らしですので、普通のピアノを弾くことは無理だ思い、
ずっと電子ピアノで練習してきましたが、
「定年」「アラ環」という言葉が、目の前をちらつきだしたこともあり、
働いている間に何とかすべく、防音室+グランドピアノの購入にようやく踏み切りました。
(あとは大きな地震が来ないことを祈る毎日…笑)
時間の制約もあるので、なかなか普段の日はグランドで練習できませんし、
課題曲の練習で手いっぱいな状況です。

下手なもので、先生のアドバイスも、
毎回同じようなことを言われている=進歩ないという状況ではあります。
参考にしていただいていると言って下さると、とてもうれしいです。

> お仕事お忙しい事とは思いますが、お体に気をつけて、ピアノ楽しんで下さいね!
暖かいお心使いありがとうございます。
ね~み♪さまは、子ども時代にもピアノを弾いていらっしゃったようですね。
練習されている曲が凄いですし、何といっても発表会への意欲が素晴らしいです。
大人のピアノは、なかなか自由に練習が取れないことも多いですが、
お互い、さらなる高みを目指して、頑張っていきたいですね。

基本的に週一の更新ですが、またお越しいただけると嬉しいです。
ありがとうございました。

kusu #- | URL | 2014/06/22 21:23 | edit

情報、いつもありがとうございます。

酢~さま、いつもアドバイスありがとうございます。

音響的に、部屋の中央にピアノを置くのが常識であることはわかっていましたが、
部屋の形状(クロゼットと窓がある)や、ドアの位置等を考えると、
部屋の壁に寄せて置くしかなかったこともあります。
低音部の響き過ぎは、これが原因かなぁというのも、最初から予測しておりました。
調音パネルを設置するのであれば、このへん(ピアノの位置関係)も相談要素になります。
楽器店に、そこまで詳しい方がいらっしゃるかどうか、そこもちょっと不安ポイントです。
いきなり銀座店まで足を運んだほうが良いのか?悩むところでもあります。

> ピアノもある意味、全体がスピーカーとも取れるので、壁との
> 距離は離した方がいいのでしょうかね、。
> さらに、
> http://www10.ocn.ne.jp/~bouon-sd/piano.html
> の画像を見て頂くと、やはり「壁から離す」とあるようです。
ピアノの躯体自体がスピーカーであるという意見は、私も同感です。
壁からどのくらい離れているのか、測ってみましたら5,5cm、屋根の部分から4cmありました。
もっと狭いかな?と思っていたので(3cm位と思っていました)
壁とピアノの間に、調音パネルを挟むことはできそうです。
もう少し壁から離すことも可能ですが、(でも離してもあと3cm程度でしょうか)
何しろ重いグランドピアノは、人の手がいりますね~。

> それと、だいぶ遅くなりましたが、私の電子ピアノも「下向き」に
> 大きなスピーカーが二つです。よって音は下方へ行っています。
> 機種によっては
> 上方に音が抜けるタイプもあるのですが、伴奏等の時は、以前
> ヤマハp95は上向きだったので、練習場にはよく全体に響いて
> いるのが分かりました。
> 「下向きのタイプ」は、どうしても、こもって聞こえるようですね。
電子ピアノは、ヘッドホン使用を前提にしている(音をあまり外に出さない?)のか、
下側にスピーカーが付いているものが多いような気がしますね。
(ポータブルキーボードは、構造上、上側にスピーカーを付けざるを得ないようですが)
離れて聴く分には、音が拡散するので、それでもきちんと聴こえるのですが、
演奏者本人にすると、音がこもって聞えたりして、不安になりますね。
音楽教室のクラビノーバも、私の位置からだと、先生の模範演奏がクリアに聴こえますが、
先生は、音が足元から上がってくる(音が前面から出ていない)とおっしゃいます。

> ヘッドホンばかり付けて練習しているので、その内pc用?の小さな
> スピーカーを電子ピアノのヘッドホンジャックに接続してこじんまり
> した音を出しながら(実際どうなのかは不明ですが)弾いてみようかとも
> 考えています。ヘッドホン難聴防止になるのか?、、後は耳への長時間
> 圧着も開放されるので、ちょっと考えてみようかと思っています。
私の場合も、小さいスピーカーを購入して、電子ピアノの上部左右に置いて、
そこから音を出してみたらどうでしょうか?という提案をいただきました。
電子ピアノで練習するときはたいてい深夜間近であることが多いので、
結局ヘッドホン使って練習をするため、スピーカーの購入までは至っていません。
その際、防音室のドアは全開です。
いったい、なんのための防音室なんでしょうね~と思うと、我ながら可笑しくなりますね。

調音パネルを検討する前に、以前いただいた情報と、今回リンクを貼っていただいた情報で、
良く勉強しておこうと思っております。

いつもいろいろと情報くださり、ありがとうございます。
発表会もうすぐですね。頑張ってください。

kusu #- | URL | 2014/06/22 22:41 | edit

こんばんは

毎日お忙しいご様子。
お仕事お疲れ様です。
帰宅も遅い日が続いていらっしゃるようですが、帰宅後夕食とって、練習して、ブログも書いて、そのうえ読書ですか~?
でも面白そうな本ばかりですね。
最近本を読むと肩が凝って疲れやすくて、あまり読まなくなってきています。
ところで、ピアノが響きすぎなんですか?
調音パネル高いですね!
調音パネルはよくわかりませんが、ピアノの置き場所を、ちょっと角度を変えたり、位置をずらしたりしたとき、音が変わることもありますが、KUSUさまがパネルとおっしゃるあたり、そういう問題ではないのでしょうね、きっと。
なにか良い手立てが見つかると良いですね。

レディピアノ #hmP6g7cw | URL | 2014/06/22 23:57 | edit

読書はお風呂で…(笑)

レディピアノさま、いつもご心配いただき、ありがとうございます。
なかなかブログまで手が回らず、ご無沙汰お許しください。

なんだかんだと仕事が湧いてくるような感じがする毎日です。
仕事がひとつ片付きそうになると、新たな厄介ごとが生じて…みたいな毎日です。

> 帰宅も遅い日が続いていらっしゃるようですが、帰宅後夕食とって、練習して、ブログも書いて、そのうえ読書ですか~?
> でも面白そうな本ばかりですね。
> 最近本を読むと肩が凝って疲れやすくて、あまり読まなくなってきています。
実際のところ、読書までなかなか手が回りません。
買ってもテーブルの上に積みあがってるみたいな感じですね。
変な癖で、本はお風呂で読むんです。
1冊読むのに20日とか、1か月とか平気でかかります。
時々湯船の中に本を落としそうになって焦ります(笑)
啓蒙本は、小説と違ってつまみ食い的な読み方ができるので、
自分が興味を持ったところだけ読んで、おしまいにしてしまったりもします。
私は、ブログ記事もやたら長いし、活字中毒の傾向もありそうです。
マンガからお勉強系まで、かなり雑読ではありますが、
面白そうな本を見つけると、買わずにいられない傾向があります。


> ところで、ピアノが響きすぎなんですか?
> 調音パネル高いですね!
> 調音パネルはよくわかりませんが、ピアノの置き場所を、ちょっと角度を変えたり、位置をずらしたりしたとき、音が変わることもありますが、KUSUさまがパネルとおっしゃるあたり、そういう問題ではないのでしょうね、きっと。
確かに置き場所を変えるとかすると、ピアノの音が変わったりするようですね。
窓に厚手のカーテンを下げただけでも、音を吸収するでしょうから、音が変わりそうな気もします。
(今はレースのカーテンのみ下がっていますが、これからの暑い季節のことを考えて、
遮熱効果がある、厚手のカーテンも下げたほうがいいような気もしています。)
フローリング床だと音が反射して響きやすく、畳だと音を吸収してこもった感じになるなど、
音響について追及していったら、結構奥が深そうです。

防音室の壁面材として使われている、グラスウールというものがありますが、
高音域に比べて、低音域の音をあまり吸収しないそうです。
結果として、低音が響きすぎに感じるらしいです。
調音パネルは、音場的に問題がある場合(残響過多とか響きの周波数バランスが悪いなど)に
効果があるようですが、サンプルをお借りして、どういう風に音が変わるのか体験してみてから
購入、という感じになりますね。
決して安い買い物ではないので、それくらいのことはさせてくれるかと思います。
それにしても、音の問題は何かと悩ましいですね~。

kusu #- | URL | 2014/06/23 01:33 | edit

わ~~~!
わたしもわたしも、実は家の間取りを見るのが、大大大好きなんです!!
専業主婦のときはピアノもやってなかったし、設計図を書いてました、ええ、趣味です、完全に(笑)
もう、立体的に考えて書いてましたよ。
空気の流れや採光や動線や収納や家族の成長まで考えて。
だからか、快適ビフォーアフターとか好きです。
見る時間がないですが(泣)
うちは新聞をとってないので、実家に行くと、必ず広告を見て、いまだに設計図があると見てしまうのです。
来世は設計士とか建築士になりたいと思っているぐらいです(笑)

すみません・・・・ついつい、熱く語ってしまいました(笑)

ねこぴあの #- | URL | 2014/06/23 15:14 | edit

こんばんは

カーテンのおはなしが出ましたので、私の経験談で恐縮ですが。
おとが出すぎるとき、ピアノの下に一畳程度のカーペットでもラグでも(ピアノを動かすような大掛かりな面積でないもの)を敷くとよいって調律師さんにアドヴァイスいただき試したらよかったことがありました。
小さいサイズならピアノを移動しなくて良いのでお試しには気軽だなと思いました。
そういう問題なのかわからないので、ながしてください(笑)
ところでKUSUさまは、お風呂で読書とのこと。
本がぬれたりしないのですか?
なにか工夫とかすぐれものグッズとかお使いなのですか?
それと、お風呂の中ならなおさら、腕を上げて読むと想像するのですが
血が下がって疲れないのですか?
ちょっときになってしまい質問コメントになってしまいました~。
お返事は、お仕事が早く終わった日で構いませんからね~

レディピアノ #hmP6g7cw | URL | 2014/06/23 22:26 | edit

私も、熱く語ってしまいました

ねこぴあのさま、コメントありがとうございます。

趣味で設計図を書かれていたとか…!すごいですね~。
私は専ら間取り時は眺めるほうでしたね。

ミニケーキの詰め合わせを、子どもの頃にもらって食べたことがあります。
そのケーキ箱は、中が9つに仕切られていて、ケーキを食べ終わった後、
この箱の仕切りに、ペンでドア書いたり、窓書いたりした後、
実際にそれらが開けられるようにはさみで切って、遊んだことを覚えています。
そんなことばかりやっていたので、兄から「設計士にでもなれば?」と言われたことも…。

それが高じて、大人になってからですが、
プレイステーションのゲームで「マイホームドリームズ」というのを購入しました。
自分で家を設計し、それを3D化してバーチャルに家を建てるゲームですが、
好きな壁紙や床を選んだり、家具も置けたりできたので、懲りはじめると、それはもう大変ことに…。
自分が作った家を、実際にモデルルームを見に行ったかのように見て回れるのですが、
そこで必ず3D酔いしました。面白がって画面を動かしながら見るので、目が回ってしまうわけです(笑)

昔からいろいろな間取りを見てきたこともあって、
いまは、普通の間取りでは満足しなくて、ちょっと変わった間取りに目がいきます。
自分がマンション住まいなので、自然とマンションの間取りに目が行くことが多いですが、
タワーマンションの上階にありがちな、リビングが異様に広くて窓だらけ(採光重視)の物件とか、
メゾネットタイプの間取りとか、結構「おぉ~!」とか言いながら喜んで見ていたりします。

ちなみに自分が住んでいる部屋も、南向きでこそありませんが、
玄関から廊下にかけて、大きなはめ殺し窓があり(一部開閉できる窓付きで、風も抜ける)明るい。
リビングと寝室が、ほぼ対角線上にあり、ドアと窓を開け放つと風が抜ける。
廊下に接している窓がない(廊下と窓の間に吹き抜けがあります)ので、
窓を全開にしていても、人の目を気にしなくてよい。という物件で、かなり気に入っております。
間取り図を遊びで見ながら培った?知識で、図面集見た瞬間に「この部屋がいい!」と決まりました。


ねこぴあのさま、私もつい、熱く語ってしまいまして、大変失礼いたしました(笑)
変な物件の画像、記事内に追記しました。
暗くて見づらいですが、興味がありましたら、ご覧下さい。

kusu #- | URL | 2014/06/23 23:35 | edit

情報ありがとうございます!

レディピアノさま、コメントありがとうございます。

おぉ、ピアノの下にラグですか!
ちょうど、知恵袋をググっていたら、
ピアノの音に関する質問(大概は騒音問題でしたが…)があり、興味深く見ておりました。
そこに、床に絨毯敷くと良いみたいなことが書かれてまして、
下の部屋のかたのために、こういうこともしたほうが良いのかなぁ?と思っていたところでした。
音が少し落ち着いて、さらに防音に一役買ってくれるのなら、試してみる価値はありそうですね。
使っていない毛布があるので、週末にでも敷いてみて、
どういう感じになるのか試してみたいと思います。
情報、ありがとうございました。

お風呂で本を読む件ですが、以前、物理学者さまからも同様の質問を頂いたことがあります。
特別なことは何一つやっていませんよ(笑)
お風呂のふたを半分開けて、ふたの部分に本を立て掛けて、半身浴で読むんですよ。
ふたの縁に腕をもたせ掛けるので、意外と疲れないですよ。
ただ冬場は、お湯から出ている部分が暖まらないので、
手で持って、肩まで浸かって読むことになりますから、せいぜい文庫本止まりです。
ただ、大きい本や重い本は、やはり疲れるので、これらは持ち込まないほうが良いですね。
それから、湯船の中に落としては困るような大事な本も、やめておいたほうがいいです。
私が持って入るのは、雑誌、カタログ類、マンガ本、文庫本、新書くらいでしょうか?
ピアノ関連本も良く持ち込みますが、さすがに楽譜は持って入らないですね。楽譜は大事…(笑)
お風呂に入ると眠くなってしまうことが多いので、少しでも眠気が来たら読書をやめます。
本を湯船に落としそうになったこと数回(いずれも雑誌)
完全水没も1回(ゲーム攻略本…笑)あります。
お試しされる場合は、本の水没にご注意ください(笑)

kusu #- | URL | 2014/06/24 00:08 | edit

kusuさん、忙しいのにコメントありがとうございます。

そうですよねー、力を入れるじゃなくて「重心」をかける、ですよね。
kusuさんの言う通り、例のヤマハのコワイ先生の指導です。
「小指に力を入れて、上の音を出す!」でした。
なので指先に力を入れて弾いてました。
左も「ベースの音を出す!」で左の小指も微妙に危ない状態です。
今の先生にその事を言うと「手のひらのあたりから力を入れなきゃ」と言ってました。

病院の先生も先生で「もう、歳だからね、なるべくしてなったんだよ、ピアノのせいじゃない」と言い切ってましたが、他の指は全然大丈夫じゃんかよー。
負担をかけなければこうはならなかったと思うんだけどなー。

今はテーピングして添え木みたいなのもしてますが、何もしてなくても関節がズレます。たまに左手でぎゅっと握ってコキッと元に戻してます。

それはそうと「調音パネル」って高いですね・・。
5000円?と思いきやゼロが一つ足りなかった・・・。
しかも、数枚・・・?

やっぱりピアノって高価な買い物だし、買い替えとか返品とか出来ないから、ピアノの状態には神経質になりますよね。
グランドならなおさらだと思います。
実際に弾いて購入を決める、とか言ってもピアノの置き場所や空間で全然変わっちゃうし、悩ましいですね。
私も前のアップライトでは、頭がおかしくなりそうでした。
「ピアニッシモが出ない!フォルテシモも出ない!狙った音が出ない~、せっかく買ったのにー!」って。
まぁ、kusuさんの悩みとは違いますが。
その頃は随分調律師さんを呼びつけて修理をしてもらっていました。
今のピアノもアップライトという事もあり、不満は満載ですね。
でも、もう諦めてます。
一音だけフォルテシモで弾くと二度打ちするので、以前ならすぐに修理!でしたが・・・今はほっといてます。
レディ・ピアノ様の言う通りに何か敷いてみたらいいかもね。
少しでもkusuさんの理想に近くなればいいですね。

間取り・・・、私も見るの好きですね。
興味を持つようになったのは家を買ってから。
買う前に興味を持っていれば、グランド置ける家だったかも・・・。
今、間取りを見たりすると「ここらへんにグランド置けそう、でも、窓が大きいし直射日光があたるなぁ。」とか妄想しています。

ではまた。


ひさへ #- | URL | 2014/06/26 10:22 | edit

こんばんは

今日コンビニにいったら、間取りの本を見つけ、Kusuさまが読んでいた本はこれかな?と思いました。
白黒印刷の間取りの後に、最後の方はカラーで海外の変わった家を載せてありましt。

ラグなどについては、毛足が長い方がよいって言われたような記憶があります (^^♪

レディピアノ #hmP6g7cw | URL | 2014/06/26 21:48 | edit

お大事にしてくださいね~

ひさへさま コメントありがとうございます。

先生という職業は責任重大ですね~。
まさにその人の生き方(大げさかな?)を左右しかねませんね。
自分はどう弾いているんだ?と改めて考えてみると意外にわからなかったりしますね。
オクターブは「なんとか隣の音をひっかけないように弾かなくては!」が、
意識の半分を占めていそうな気がする…(笑)
お世辞にも良い弾き方とは言えません(汗)

それにしても、何もしてなくても関節がずれて、左手でコキッと治すなんて、
もう想像しただけでも痛々しい…。
ググって手の画像を見てみましたが、
かなり高齢のかたで、こういう手のかたをしばしば見かけますね。
女性に多いということなので、気を付けたいと思います。
ひさへさまも、どうかお大事になさってくださいね~。

またもや気の合わない上司とひともんちゃくありましたが、
まぁ、言っていることは概ね正論なので、仕方がない。、
同じこと言うのでも、言い方ってものがあるじゃないですか?
普通に言えばいいのに、ひたすらヒステリックな責め口調(に聞こえる…笑)でまくしたてます。
言うだけだったら、誰だってできますって。その先の行動が大変だというのに!
で、現在負のオーラ満載な状況です。
このままいったら、マジに精神やられそうです。
仕事を変えてほしいと申請は出していますが、後任がいないと変われないし、
文句言いやすいから?意地でも動かしてやるものかとか思っているかも?(性格悪っ!)

調音パネル高いんですよ~。
本当に5,000円くらいだったらいいなぁ~と思います。
以前、4枚お試しでお借りしていますが、それくらいは必要なのかなぁ?
置く場合の目安みたいのものがないので困ります。
(畳1枚に調音パネル1枚が目安です、みたいな…?でも、5枚も6枚も買えない~泣)

置き場所でピアノの音って変わりますよね~。
ヤマハさんの楽器店に試弾に行ったとき、
隣にピアノがあるか無いかだけでも音の感じが変わったし、
店舗の中央と端っこのピアノでも響きが違ったりしました。
カワイさんに試弾に行った時も、売り場と防音室内のピアノの響きは全然違いました。
グランドって、やはり広い部屋に置くことで良さが発揮されるのかなぁ?
そんなことを思ったりしました。
レディピアノさまのアドバイスですと、毛足の長いラグを下に敷くと良いみたいですね~。
ピアノの椅子の下に敷いてあるものが近いですが(フローリング床を傷つけないために敷いてます)
ピアノの下に敷くには、ちょっと小さいかな~?

今の家を買うときには、ピアノを置くなんて全く考えていなかったので
(電子ピアノで十分!なんて思っていました)
将来的に、ちゃんとしたものを購入前提で考えていれば、
もう少し広い家にしたかも?
今住んでいるとことは2LDKですが、いっそ3LDKにして、
一部屋を物置代わりに使えばよかったかな~というのが唯一の後悔ポイントです。

手が不自由なのに、長いコメントをくださってありがとうございました。

kusu #- | URL | 2014/06/27 02:25 | edit

間取り本、同じ本でしょうか?

レディピアノさま、コメントありがとうございます。

コンビニで見つけられたのは同じ本でしょうか?
私が購入したのは、サイズA5で、厚さ1.5cm位の本です。
ほとんどが間取りですが、
ところどころ、国内外の妙な家の写真が挟まっています。
外国の家の間取りも掲載されていますが、
外国の物件ってスケールが違いすぎる!
車が3台入るガレージとか、日本じゃあまりみませんね。
畳の部屋が基本的にないので、どのくらいの広さの家なのか分かりませんが、
何だか無駄に広いというか…(ウサギ小屋ばかりの日本人のひがみ?笑)

> ラグなどについては、毛足が長い方がよいって言われたような記憶があります (^^♪
情報ありがとうございます!
表面積?が広いほうが効果的なのですね。
ラグではありませんが、毛足の長いものも持っております。
とにかくいろんなものを敷いてみて、
響きがどう変わるか、遊んでみても良いかもしれませんね。

いつもいろいろアドバイスをいただき、ありがとうございます~♪

kusu #- | URL | 2014/06/27 02:39 | edit

https://www.youtube.com/watch?v=oEceochSV4Q

このピアノ演奏動画、是非kusu様に見て頂きたいのですが。
いったい何をコンセプトにして作られたのか?
何だか、見ていて恥ずかしいというか、こ、困っちゃう。
笑えるのは私だけでしょうかっ!?

ひさへ #- | URL | 2014/06/28 11:43 | edit

プロモーションビデオ?

ひさへさま コメントありがとうございます。

この動画、拝見しました。
若い音楽家さんですね~(姪と同い年!)
日本ではまだ知られていない方のようで、ググると英語のサイトばかりです。
ウィキペディアによると、ピアニスト、作曲家とありますね。

初めは、新しいピアノの紹介ビデオか?と思いました。
ハンマーの動きや、弦の振動の様子などが、それは執拗なくらい何度も出てくるので…。
この部分は、私もちょっと興味持って食い入るように見てしまいました。

後半はこのピアニスト氏中心のカメラアングルで、
ひょっとして、プロモーションビデオ?(笑)
なんて思ってしまいました。
なんとなくミュージシャンのノリ?ですよね~。
○○シスト全開?な感じもするんですけど?(爆笑)
若いからできることかなぁ?
自分じゃ出来ないッス(爆笑)

また、「こ、これは…!」っと思うような動画がありましたら、ご紹介いただけると嬉しいです。

kusu #- | URL | 2014/06/28 22:57 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △