ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

現在の私の怒りの沸点は、たぶん30℃くらいかも?(低すぎ…汗) 

9月18日の午後、書類がたまりきってしまい、仕事が全く先に進まなくなってしまったので

お偉いさんのハンコをいただきに本館へ行きました。

本館までは歩いて20分くらい。

ようやく涼しくなってくれて、歩いていくのも苦になりません。

……………………………………………………

ってゆーか、なんで車を運転できる奴が行かねーんだよ!(怒)

それにしても、年を重ねるごとに、怒りの沸点が下がってきたよなぁ…。

7月に本社から異動してきた同僚に、「kusuさんって怒ることあるんですかぁ~?」と訊かれました。

穏やかな性格だと思われているようですが、とんでもありません。結構、気が短いです。

そのときは、「年中怒っているよ~(;´∀`)」と答えましたが、

あまり表に出さないので(えっ?年中出してるでしょ?)

皆さん気づかないみたいですね?(いやいや、絶対気づいてるって!)

仕事中、眉間に縦ジワ寄せて、年中ぶつぶつ文句言ってます(;´∀`)

怒りの沸点が下がっていることで、去年マジに一度ブチ切れて、上司とバトルしちゃいましたが、

もう言うだけバカだと思って、それ以降は我慢してます。はぁ…、もうストレスたまる一方…。

この時のバトルは、まさに「怒りの珍百景」だったようです…… 一部の人の語り草です…(^^;)

「怒りの珍百景」といえば、最近「ナニコレ珍百景」も見てないなぁ…って、なぜにそこに行くか?(爆)


18日の話の続きですが、そこで、いつもの飲み仲間であり、旅行仲間でもあるNさんから、

「急なんだけど、明日飲み会やろうって話が出ているんだけど、どう?」とお誘いをいただきました。

で、仕事が終わってから、19日にお江戸に行ってきました。

あまりに急なお話だったので、「お江戸に行ったら、ヤマハ銀座店を冷やかし(営業妨害?)に行く」ことも出来ず。

集合場所のお店に行けたのも、19時半を完全に回っていました。

東京駅構内のお店で飲んだ、と言ったら良いでしょうか?

それにしても、東京駅はきれいになりましたね~。しかも広くてまさしく迷路です!うかつに歩くと迷子になります。

東京駅の改札を出て、迷わず行けるのは「東京おかしランド」だけかな?

……って、八重洲中央口出て目の前じゃん…(爆)

ここに行くと、カルビーのポテトチップスの巨大袋が

やたらと私に「どーだ?食べたいだろう?私を買え~!」と呼びかけるので困ります。

定価680円?だったかな?(ちょっと自信なし)いったい何グラム入っているんだろう?

とにかく袋がデカいんです。

さすがにポテトチップスで700円近い金額を使うのは、勇気が要ります。

しかも、買ってしまったら、際限なく食べてしまいそうなので…。

人間ドックを来月にひかえ、太りそうなお菓子を食べてばかりいたら、確実に豚です。



21日は実家に帰って、お墓参りに行ってきました。

両親のお墓があります。私は親不孝な娘なので、行くのは当り前です。

親が生きていたら、私の人生も全く違うものになっていたんだろうなぁ…。

どうも、昔から人の縁と言うものに恵まれていない気がする。

…両親と早くに死別したのもそのひとつ。

……いまだに○○○○○○なのもそのひとつ。

まぁ、これについては、私自身にも多少原因がある。

20歳台後半の時ですが、とても嫌なことを年上のかた(全くの赤の他人)に言われたことがあります。

人格否定というか、存在を否定されたに近いことを言われたわけですが、

「そんなこと、アンタに言われなくたって、私がいちばんよくわかってるよ!」そう思いました。

(注:親にそういうことを言われたわけじゃありませんよ。当時、既に両親ともに鬼籍に入っていましたから)

その言葉の意味していることは、分からなくもない。親ならそう思うことが当たり前かもしれない。

しかし、当時の私は「そうか、普通そう思うよな…」と半分諦め、半分意地になってしまったわけです。

そして、意地を張ったまま現在に至ります。後悔はしていませんが、時々むなしくなりますね。

生きていくことは結構大変。悟りの境地に入れれば、どんなに楽か…。



さて、暗い話はここまでにしておいて、

鬼が大笑いしてしまう来年の話ですが、ひとつ演奏会に行く予定を入れました。

今度はピアノソロではなくて、協奏曲です。

東京オペラシティホールの轍を踏まないよう?考えてチケットを取りましたが、

初めて行くホールなので、席の善し悪しはちょっと微妙…。行ってみなければ分かりません。

有名部分以外知らない曲もあるので、少し勉強してから行くことにします。

願わくば、ここにブラームスのコンチェルトも入れてほしかったなぁ(無理言うなって…笑)


コンチェルトは今回が初めての経験かな?と思っていたら、

昔、県内のホールへ聴きに行ったことがあるような気がしてきました。

ピアノを再開してから行った演奏会は、プログラムを残してあるので、

そういうものが一切手元にないことから、学生時代か、ピアノ再開前かもしれない?

ベートーヴェンのコンチェルトとシンフォニーを聴いたと思う。

コンチェルトは「皇帝」で、シンフォニーは「運命」だったかなぁ?…自信全くなしです…(;´∀`)

ピアニストがどなただったかも、全く記憶にないんですよ~。

高校時代の友人Sさん(秋葉原まで、よく一緒にレコード買いに行った友人です)と行ったことしか記憶にない。

もしかして、寝ていたのか~?夢でも見たのか~?(爆)


9月20日のレッスンについて、ちょっとだけ書きます。

前回のレッスンから、2週間あいだが開きました。

少し早目に帰宅できた日が結構あったので、自宅のグランドで1時間程度ですが、ほぼ毎日練習もできました。

家のピアノに慣れてきたせいもあるのですが、レッスン室のピアノで家と同じように弾くと……

ところどころ「音が出ない……(;´∀`)」

ピアニッシモの部分が多いので、鍵盤を指でぶつけないよう、そっと弾くように心がけたわけですが、

それが ちょっと裏目に出てしまったような…(-_-;)

先生から、弾きだしたときにピアノがどういう状態なのか判断して、

調整するように心がけてくださいと言われました。

ピアノと言う楽器は、持ち歩きできませんから、備え付けのピアノを使って弾かなければなりませんね。

ホールのピアノだからと言って、必ずしも状態が良いものばかりとは限りません。

鍵盤の重さや、タッチ感の違い、

そういうものを弾きだしたときに瞬時にとらえ、調整していかなければならないわけです。

なので、いつも家のピアノばかりでなく、いろいろなピアノを弾いてみることも勉強になるようです。



いつもダラダラ記事をお読みいただき、ありがとうございます。m(__)m
banner (1)
関連記事
スポンサーサイト

2014/09/23 Tue. 04:00  edit

Category: サラリーマンはつらいよ

tb: --  |  cm: 16

top △

コメント

kusuさんこんにちは!
お江戸に行かれたのですね~(^^)
飲み会は会社の近くではなくお江戸に遠征されるんですか?
私もたまに高校の同級生と会う時は都心まで出ますけど
完全におのぼりさん状態です。
東京駅、綺麗になりましたよね~!!
1回だけ行きました。カルビーと、なんか近くのお菓子の所^^;
ポテチ大量食いはちょっと怖いですよね。

怒りの沸点。
わかりますよー。
特に仕事に関する事は、遊びじゃないだけにカチンときますよね。
昔勤務してた会社ではもう忙し過ぎて
毎日がストレスで爆発しそうでした。。。爆発もしたかも
気持ちに余裕がないと沸点もどんどん下がっていきますね。

青春時代?のトラウマって残りますよね・・・。
私もいろいろ傷つく事ありました。。。
すごく悩んだりしてましたが、開き直って生きてます^^;

協奏曲何でしょう?
(聞いてもわからなかったりして)
楽しみですね♪

レッスンはピアノの違いに戸惑いますよね。
弾き出した時にピアノの癖を判断し調整をする・・・
高等テクニックですね!
頑張って下さいね!

ね~み♪ #- | URL | 2014/09/23 14:14 | edit

ね~み♪さま、いつもコメントありがとうございます。

私がお誘いを受ける「飲み会」には2種類ありまして、
まず「いつもの仲間との飲み会」。男女混合です。
こちらは、全員私がいる千葉の事務所にいたことがある方で構成されていますが、
男のかたはどうしても「異動」の対象になるわけで、
千葉から離れて他県にいるかたとか、定年を迎え、関連会社で働いているかたや、
それも終えて、週に数日アルバイトされているかたもいらっしゃいます。
男性軍が、比較的、都内周辺勤務のかたが多いことで、
中間地点であるお江戸で飲むことが、暗黙の了解みたいになっています。

それから、最近時々出てくる「女子会」
こちらは全員同じ事務所(本館・別館の違いはありますが)で働いているので、
事務所がある千葉市内で飲むこととなります。

以前はあまりイライラすることもなかったのですが、
最近凄いですね。年齢的なこともあるのかもしれませんが…?
更年期は精神が安定せず、怒りっぽくなったり、反対に鬱っぽくなったりしますが、
まさに今の私がこういう状態です。
怒りの沸点が低いとともに、鬱への壁も低くなってます。
ある意味、理性が吹っ飛んでます(;´∀`)
もしかしたら、今のこの状態が、素の自分なのか?と思うこともあります。
これが素の自分だとしたら……?自分で言うのもなんですが、かなり嫌なやつですね。(^^;)

若い時や子どもの頃のトラウマは、
本人気にしていないつもりでも、結構ずっと尾をひいていますね~。
そんなことでうじうじしてるなよと、自分自身に言いたいです(;´∀`)

コンチェルトは有名曲ですよ~。
ピアノソロ曲と比べて演奏時間も長いので、
たとえば1楽章が凄く有名でも、2楽章や3楽章が「どんな感じの曲だったっけ?」
と言うこともありうるわけで、今回の曲もまさにそれです。
ちなみに、行こうと思っている演奏会はこれです。
http://www.japanarts.co.jp/concert/concert_detail.php?id=257&lang=1
3度目の横山先生の演奏会です(;´∀`)
有名曲ばかりでしょ?(^^)

最近、すっかり横山先生に傾倒してしまっておりますが、これには一応理由があります。
去年の春、ピアノの先生から
「ゴールデンウィークは、どこかに行かれるのですか?」とお尋ねされた時に、
「横山幸雄さんの演奏会(「入魂のショパン2013」です)に行きます」と答えたら、
「え~?横山くん?懐かしい名前~!」と”くん”付けで呼ばれたので、むっちゃびっくりしました。
横山先生と、私のピアノの先生は、同じ先生に教えを受けた門下生のようです。
世間って広いようで結構狭い~。
たわいないきっかけではありますが、
いざ演奏会に行って演奏を拝聴したら、めちゃくちゃ凄いので、すっかりファンと化しております。

「弾き出した時にピアノの癖を判断し、調整するように心がけてください」という先生の言葉ですが、
「いまのkusuさんに、これを言うのは少し酷かもしれませんが…」という前置き付きで言われました。
これが私の場合、全然できていないので、そう言われたわけですが、
これからもピアノと向きあっていくのならば、頑張って出来るようにしたいと思っております。

応援コメント、いつもありがとうございます。
ね~み♪さまも、新しい曲、頑張ってくださいね~!

kusu #- | URL | 2014/09/23 23:33 | edit

私も最近、怒りの沸点が下がってきたなぁと自覚します・・・。
よく怒りっぽい高齢者がいるじゃないですか、その高齢者の方の心理が分かってきたような・・・、ヤバい。
裏に住んでいるご主人様なんか(推定年齢65歳くらい・無職)朝昼晩と毎日怒りまくってますね。
どーも、奥様の作るお食事に不満があるみたいで・・・。
夏場はお互い窓を開けているのでものすごい怒鳴り声が聞こえてきて、「ペシッ」という叩いているような音も・・・。暴力も・・・?
声がはっきり聞こえるので夏場は私もビクビクしています・・・。

上司とケンカするのも、我慢するのも「ストレス」ですね・・。
そう言う事をあまり気にしないブレない自分が必要なのかな。
ってそんな事出来たら苦労しませんよね・・・。
ストレス解消って良く言うけど、一瞬解消出来るかもしれないけど、その環境に戻ったら同じですよね。
解消と言うより「逃避」じゃないか?
その上司と仲良くなって初めてストレスが解消されると思いますが。
仕事やお給料が絡んでくると、人間変わりますからねー。

ふ~ん、kusu様イヤな思いをされましたね。
普通に歩いている時に突然上からモノが落ちてきたというか、アクシデントですね。
大体、当人に向かって人格否定をする人の人格もどうかと思うけど。
それに人間誰でも、どうしても合う人合わない人がいます。
敵もいるけど、味方もいますよ。
私も同じです。
それに、自分の事って自分が良~く知ってますよねー。
その自分の良くない部分をいつも意識していたらやってられないです。いつも忘れたフリして過ごしていますが・・・。

弾き始めの音や音量って難しいですよね・・・。
ピアノって一台一台違うし、ピアノの置いてある環境や空間でも違ってくるし・・・。
弾き出した時に、ピアノのクセを判断・・・うーん、難しい。
判断する以前に緊張して判断力が無くなってるし・・・。
自分のピアノを持ち歩きたいくらい・・・。
そういえば、昔習っていたピアノの先生が自分の結婚披露宴会場に
自分のグランド・ピアノを持ちこんでいました。
出席者が音大の人ばかりだったので、音楽会のような披露宴だったらしいです。

あ、ピアムシやっと購入出来ました。
北海道は発売日に発売されません・・・。
絶対2~3日遅れます。
CDは発売日にちゃんと並びますが、店によっては遅れる事も。
北海道、仲間外れにされてる感があります・・・。
「東京おかしランド」いいなー。
道産子は「東京」という言葉にとっても反応してしまいます。
でも千歳空港にカルビーのお店があって、レアな味の揚げたてのポテチが売ってるもーん。
でも、その「東京おかしランド」のカルビーにもあるかも・・・。
長々と失礼しました。
では、また。

ひさへ #- | URL | 2014/09/24 08:47 | edit

大変共感致しました。

kusuさまお久しぶりでございます。
「なまはげ」以来でございますね。

kusuさまの後半の記事が私にとって実にタイムリーでしたのでお邪魔させて頂きました。
ひさへさまのメールに書き込もうか・・・
裏からお邪魔しようか・・・・
と思いましたが、ひさへさまがいらっしゃたので恥を忍んで表から失礼致します。

先日息子のピアにレッスンに付き添いましたところ先生のお宅のピアノがメンテナンスから戻って参りました。
ハンマー交換と弦の張り替えだったような?
私の自宅のピアノもハンマー交換を考えておりまして先生のお宅のメンテナンス前と後の音が非常に気になり今練習中の曲を弾かせて頂きました。

自宅のピアノはうちにお越しになる方が皆さん口を揃えて「軽くて弾きやすい」と仰います。
私はいつも自宅のピアノばかりで練習しておりますので鍵盤が重たいピアノ(先生によるとノーマルな調整だそうです)だと音が鳴らないので余計な力が入ってしまいました。
いつも外のピアノで演奏しますと思うように弾けないと感じます。
息子は学校のピアノ(3種類ございます。)も積極的に弾いているようで・・・

「ピアノによって弾きかた変えなくちゃダメなんじゃない?」
と生意気なことをいうので怒りの沸点を感じます。

先生のお宅で自分の演奏動画を撮らせて頂きましたので自宅で見ながら音を聴いてみましたらもの凄くバランスの悪い演奏になっておりまして非常に凹んでおります(T_T)
慣れないピアノを鳴らすのにで「力み」が出てしまいました。
不意打ちとはいえ・・・・
脱力奏法を習得しにいらっしゃる方々に申し訳ない気持ちで一杯になりました。

kusuさまもご自宅のピアノの方が弾きやすいのですね。
こういったことはいろんなピアノを弾く機会を探して人前で弾く機会を増やしていくと克服して行けると思います。
kusuさまもどうぞ精進なさって下さいませ(汗)

家のピアノは息子が調律の方に自分のレパートリーが一番良く鳴るように調整をお願いしたようで次回は少し戻して調整して頂こうと思います。

お邪魔させて頂き胸のつかえが楽になりました。
ありがとうございました。

もちづきかず #- | URL | 2014/09/24 09:51 | edit

連投失礼します。

何度もすみません~。

かず様、こんにちは。
私の事はどうぞお気遣いなく~。

ところで、話しは前後しますが、つまらない事なんですけど、
こちらでは甘皮付きのピーナツを「南京豆」とは
呼びません。普通に「ピーナツ」です。
「南京豆、何?その豆」です。
南京豆という言葉自体がありません。
殻付きのは落花生ですが、殻を取ったピーナツは
全て「ピーナツ」です。
もしくは「バタピー」とか「味付きピーナツ」ですねー。
南京豆という呼び方にちょっとビックリしたもので。
本場はちがうんですね。
しかも、千葉産の落花生は高級品でお値が高い。
中国産がはびこってます。

大きな落花生、こちらでも販売してくれないかなぁ。

失礼しましたー、朝にコメント下と気に書こうと思ってたのに
忘れてしまったので。

では。

ひさへ #- | URL | 2014/09/24 18:08 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2014/09/24 19:48 | edit

ひさへさま、コメントありがとうございますm(__)m

怒りっぽい高齢者のかた、時々いらっしゃいますね~。
自分の体がだんだん自分の言うことをきかなくなってきて、
それにイラつくところもあるのかもしれませんね。(まだまだ若いと思いたいですし…)
その人が持っているもともとの気質が、年齢を重ねるごとにさらに顕著に現れてくるみたいな…。
年中怒りまくっている高齢者にはなりたくないですね。
それにしても、ご近所のそのご家庭、なんだか凄すぎて怖いくらいです。
よそのお宅の怒声は聞きたくないですよね~。
自分の身に降りかかってこない、とわかっていても、ドキドキしてしてくる…。
そこのご主人様の不満は食事限定なのでしょうか?
そのうち諦めて言わなくなるかも?
不満があるなら、ご自分が作ってみせればよろしいのに…とも思えてきます。

私の場合は会社限定、な感じもしますね。
ちょっとしたことでもムカッとするんですよ(;´∀`)拒絶反応か?と思ってしまいます。
喧嘩した上司とは根本的に合わない気がします。
なんでも自分がやることが一番だと思っているふしがあって、
周りのやることなすことが気に入らない。
自分の思い通りに部下が動かないと怒りまくってます。
その上司の言うことを「ハイハイ」ときいていれば、本人はご満悦なのかな?とも思います。
ご希望に沿うように努力しているので、以前よりあれこれ言って来なくなりましたが、それで十分です。
仲よくはなりたくないな~。
向こうも私のことを、言うことをきかないバカ女だと思っているはずですから…。
課内で時々、社外で飲み会をしますが、いつもパスしてます。
絶対に一緒に飲みたくないです…。って、私ってかなり頑固だな~(^^;)失礼しました~

そうそう、ちょっとした環境の変化でもピアノって変わってきますよね。
レッスンの日は午前中雨で、湿度が高かったせいもあるのかな?
鍵盤がいつもより重く感じたような気もしました。
いつも通りに弾いて音が出るときと、出ないときがあります。
本当に微妙な違いなのかもしれませんね。
「音が出ない~」と焦ると、今度はドーンと音をぶつけるし、散々なレッスンでした…(*_*;

こっちの「おかしらんど」はポテチをお店で揚げて、味付けしてくれる…が売りだったような?
あれ?ポテチじゃなくて、じゃがりこだったかな?(自信なし…笑)
店頭で食べているかたも結構いらっしゃいます。
ご当地じゃがりこも売られておりますよ。
しかし、どうしても、ポテチの大袋売り場に引き寄せられてしまって、
あまりお店の中を真剣に見てない…(;´∀`)
あと、森永のお店もあって「キョロちゃんのおやつ」というお菓子がお気に入りです。
不二家の「ペコちゃんのほっぺ」に非常に酷似していますが、
私的には「キョロちゃんのおやつ」のほうが好きです。
この「東京おかしランド」のおとなりにポップコーンのお店がありますが、
有名なお店らしくで、長蛇の列ができていたりします。
情報に踊らされているのか、誰かが並んでいると、つい並びたくなる日本人のDNAなのか?と
つい余計なことを考えてしまったりします。

いつもありがとうございます。またお越しくださいね~!

kusu #- | URL | 2014/09/25 03:11 | edit

共感いただき、ありがとうございます。

もちづきかずさま、お久しぶりでございます。
「なまはげ」事件の際は、大変失礼をいたしました。

もちづきさま、やはりピアノの先生でいらっしゃいましたか~。
ご子息のもっちー様が、ピアノ演奏動画を載せていらっしゃったのを拝聴いたしまして、
グランドピアノがあるご家庭ということは、
「お母様はピアノを教えていらっしゃるかたなのかな?」と、ずっと思っておりました。
かなり前のことですが、物理学者様からも、
もちづき様のお宅へピアノを弾きに行ったお話も伺っておりました。
確かスタインウェイのピアノを所有されていると伺っております。

重いピアノもそうですが、軽いピアノも慣れるのに時間がかかりますね。
私の家のピアノもかなり軽いタッチのものですが、
反面、繊細な音を出すのが結構大変だったりします。
変に力が入ろうものなら、きれいとは言い難い音になってしまったりしますね。
購入してようやく半年ですが、弱い音を出すときの加減が分かりつつあります。
ただ、鍵盤を撫でるようなタッチでも、音がかすれて出ないということが滅多にありませんので、
それで慣れてしまうと、今回のような「音が出ない」という失態を招くことになってしまいます。
ピアノ教室のピアノの鍵盤が重いわけではありませんが、(軽いほうだと思っております)
弱い音を弾く時の感覚が違うため、音が出ない箇所がいくつかありました。
脱力自体も、自分自身できているのか今一つ分からない状態ではありますが、
家のピアノとは違う弾き方をしなければいけないということは、今回分かりました。

我が家には別に電子ピアノがあります。
ヤマハのアバングランド系列(初期モデルと言っても良いです)で、
アクションの作りがグランドと同じです。(ハンマーのかわりに重しがついております。)
クラビノーバよりは、はるかにグランドに近いタッチ感です。(鍵盤も木でできていますし)
この電子ピアノも、グランドとはタッチ感が違うので(電子ピアノですから当り前ではありますが…)、
これを使っての練習も、結構有効ではないかと思っております。

いろいろなピアノを弾いてみることは勉強になると、私の先生からも言われました。
ご教示くださり、ありがとうございます。

コメントありがとうございました。
それにしてもご子息さま、将来が楽しみですね~。
相変わらずたいしたことは書けませんが。宜しかったらまたお越しください。m(__)m

kusu #- | URL | 2014/09/25 03:15 | edit

ひさへさま、連投歓迎で~す。

そちらでは「南京豆」って言わないんですか?
殻から剥いて、茶色の甘皮が付いている状態の豆を、こちらでは「南京豆」と呼んでいます。
親が良く言っていた言葉ですが、言い方が古臭いわぁ!と子どものころ、良く思っておりました。
戦争を乗り越えてきた世代でもありますから、仕方ないのかも?
他に、「ハンガー」を「えもんかけ」、「べスト(服のほうね)」を「チョッキ」、
「帽子」を「シャッポ」とか言ってました。
今どきの若者が聞いたら「何それ?」と言われそうな言葉群です。(;´∀`)

楽天市場で生落花生が売られているようです、アドレス貼っておきますね。
デカい落花生、多分この品種化とおもいます。
http://item.rakuten.co.jp/enpea/10001111/
同僚から「家で作っている落花生」だと聞いたので、
「売っている(商売している)の?」と聞いてみたら、
家族で食べる分くらいしか作っていないそうで、
家で食べたり、会社に持ってきて、おすそわけしたりして、
ほとんどなくなってしまったそうです。
来年、生の落花生を少し譲ってもらおうかな~と思っております。

コメントいつもありがとうございます!

kusu #- | URL | 2014/09/25 03:19 | edit

9月24日の19時48分にコメント下さった鍵コメさまへ

コメントありがとうございます。

鍵コメさまのご帰宅のピアノは鍵盤が重めなのでしょうか?
発表会で使うピアノは軽めに調整されていることが多いようですね。
まぁ、小さな子どもさんが弾いたりもしますし、
ある程度の軽めの調整でも仕方ないのかな?と思います。

あっ、試弾に行かれたのですか?
あのピアノはタッチがかなり軽いですよね。
あまりに軽くて気になるようでしたら、重めに調整していただくことは可能ではないかと思います。
昔の話ですが、
高校時代の友人のお宅では、アップライトに重りを付けて、鍵盤を重めに設定していましたよ。
最近は、アコースティックのアップライトピアノでも、電子ピアノっぽいタッチのものがあったりしますね。
試弾しにあちこちを回っていた時に、
中古のアップライトピアノを弾いてみて、
「このタッチはあまりにも軽すぎないか?」と、感じたことを思い出しました。

先生がおっしゃるようには、なかなかできないですね。
それができるようになったら、かなり凄いことだと思います。
鍵コメさま、ぜひ目指してくださいね~。

kusu #- | URL | 2014/09/25 03:23 | edit

再コメントです

横山さんのプログラム拝見しました。

超有名曲ばかりですね!!
かなり心惹かれる内容です・・・
とれるかどうかわからないけど行ってみようかしら!!

それにしても先生と意外な接点があったのですね~~
これもビックリです。
kusuさん、すごい方に教えていただいてるんですね♪
これはも~!自慢しちゃってください!

入魂のショパンの過去記事も読ませていただきましたが、
横山さんってすごいですねー。
全部暗譜・・・ですものね^^;
(何百という曲を!)
1曲も暗譜できない私からしたら神・・・!
その前にピアニストっていうことだけで神ですが^^;

ね~み♪ #- | URL | 2014/09/25 18:05 | edit

連投大歓迎ですよ~!

ね~み♪さま、再びのコメントありがとうございます。

コンチェルトの演奏会のことは、
「入魂のショパン2014」のプログラムに「おまけ」として付いてきたチラシで知りました。
「詳細は8月にお知らせ」とありましたが、
この時点で何の曲を弾かれるのか、書かれてありましたので、
「これは絶対に聞きに行く!」と決めておりました。
ラフマニノフの2番のコンチェルトが大好きなので、
生の演奏を聴きたいとずっと思っていたんですよ~!
次に好きなのがブラームスの2つあるピアノコンチェルトです。
ブラームスは高校生の時に、スコアまで買って、狂ったように聴いておりましたので、
これもいつか生の演奏を聴いてみたいです。
1日に4つのコンチェルトを聴くのも体力勝負ですね~。
演奏するほうは、もっと大変ですが…
ね~み♪さまもご都合がつくようでしたら、いかがでしょうか?

自己満足maxの、ちょっと恥ずかしい過去記事までお読みくださり、ありがとうございます。
全部暗譜で弾かれることがすごいですよね~。
読譜と暗譜が超苦手な私からしたら、
二百数十曲をすべて暗譜で弾くこと自体、人間技とは思えません。
まさしくネ申!(^◇^)

横山先生とうちの先生は、同じ門下生同志のようですが、
教えていただいていた生徒さんは、ほかにもたくさんいらっしゃると思いますよ。
レッスンが終わって、次の生徒さんとチェンジする間際の会話では
「もっと詳しく!」というわけにもいかず、ちょっと消化不良気味です…。

いつもコメントありがとうございます。またおこしくださいね~(^^♪

kusu #- | URL | 2014/09/26 01:45 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2014/09/26 20:32 | edit

お菓子ランド

こんばんは^^)
お菓子ランド、、東京駅の中にあったのは覚えていたのですが、
地図を見ていたら、銀の鈴の前のようですね。
お菓子ランド、、どれくらい前だったでしょうか? 一年前くらいに
ハッピーターンの限定品?だったと思います。それゲットするために
あの時も行列に並びましたよ(笑。

銀の鈴はあの近所でたまにパック物を買って、椅子が空くのを
待って、ぱくついています^^)。、、あの頃からだったでしょうか?
あ~ぁ、椅子付きリュックがあればなぁと、考え出したのは、。

お菓子ランドの横に、ポテチの店があったとは、そこも行列とは、

駅はそうですね、お昼時に行くと、大体どこでも並んでますよね。
ラーメン街道も、他のお店も。 あそこで迷子にならない方が
おかしいと思いますよ。地元の人もしょっちゅう行っている人で
ないと、わからないと言ってました。
しかし地元民も不明とは、ちょっと、おかしいランド?w。^^)。

ところで、
うちの会社は、最近「デング熱対策用の薬の配布がありました。
どこか水のたまりそうな場所に撒いてくださいとの事でしたが、
排水溝しかないので意味があるのか?・・・水はけはいいので、
そんな状況です^^)。

横山幸雄氏のコンサート、、超有名曲ばかりではありませんか。
日曜日かぁ、仕事抜け出していけないこともありませんが、
多分無理だろうなぁ。
でも先生と同門とはラッキーですね。そう言えば今日はレッスン
でしたね。 私は来週です。

酢~ #mQop/nM. | URL | 2014/09/27 18:09 | edit

9月26日の20時32分に、コメント下さった鍵コメさまへ

鍵コメさま、ご連絡ありがとうございました。
お返事が遅くなりまして、申し訳ございませんでした。
金曜日は、疲れ切ってバタンキューでした。
土曜日レッスンなので、少し練習しましたが、眠くて練習しながら寝てました(;´∀`)
起きていられず、仕事に行く日より早く寝てしまいました…。

そちらへもお伺いさせていただきました。
頑張って練習されている様子に頭が下がります。

右手小指がはねる癖があります。
4の指を使うときは、必ずと言って良いほど、小指がピンとはねてしまっています。
これも力が入っている証拠でしょうね…。
しかし、これを直そうとすると、他に変な力が入ってしまったりで、逆効果です。
手の矯正は難しいです…(^^;)

kusu #- | URL | 2014/09/28 00:22 | edit

酢~さま、いつもコメントありがとうございます。

ハッピーターンの限定品?
気になったので、ちょっとググってみましたら、去年のことだったのですね~。
ハッピーターンのあの味はやみつきになりますよね。
残業時に回覧で回ってくると嬉しいお菓子の一つです。
(注:お菓子を配りに歩くのが面倒なときに、
   お菓子の袋を回して、各自で取ってもらうことを「回覧する」と言ってます…笑)
あと、酢~さま、「おかしランド」お隣はポップコーン屋さんです…(^^;)
http://jp.garrettpopcorn.com/ ← このお店です。
でも、好きなのはプレーンな塩味のポップコーンかな?
スーパーでポップコーン用の元(乾燥トウモロコシっていうんですか?)が売られているので、
それを買って、自分で作って味付けするもヨシ!ですよね。
実家では一時期、家でポップコーンを作った際に、
お醤油を少したらした後、七味唐辛子をまぶして食べるのがブームだったときがあります。

ちょっとおかしいランド…またまたウケました!

東京駅の構内の居酒屋さんへは2回行っていますが(2回とも違うお店です)
もう一回そのお店に集合!となったら、行ける自信ないです(;´∀`)

デング熱は、これから毎年騒がれるようになるのでしょうか?
蚊のたまごにはウィルスが寄生しないようなので、
今生きている蚊がいなくなれば、感染の恐れはなくなると言っていますが、
あれだけ毎日、飛行機が世界中を飛び回っているわけですから、
またきっと、だれかが連れてくるのでは…?
デング熱患者がだいぶ出ましたから、神経質にならざるを得ないですね。

今、騒がれているもう一つ伝染病の、エボラ出血熱も怖いですね。
以前、エボラ出血熱を取り上げた「ホットゾーン」というドキュメント本を読みましたが、
読後、こんな危険なウィルスが日本に入ってきたらどうしよう!と思っていました。
当時は確か感染したら、ほぼ100%死亡みたいなことが書かれていたように記憶しておりますが、
先日の林修先生の番組では、致死率50%~60%くらいのようですね。
一番危険なのが狂犬病のウィルス。
日本では、飼い犬に対し、狂犬病の予防注射が義務付けられているため、
ここ何十年と国内の発病報告はないようですが、かかってしまったら、致死率100%だそうです。

> 横山幸雄氏のコンサート、、超有名曲ばかりではありませんか。
> 日曜日かぁ、仕事抜け出していけないこともありませんが、
> 多分無理だろうなぁ。
あらー、残念です。
お時間と、チケットが取れたらぜひ!と無茶を言うわたくしでした(;´∀`)

今週号の「漫画Times」ゲットしました!
巻頭カラーに惹かれてしまったので…(笑)

いつもコメントありがとうございます。

kusu #- | URL | 2014/09/28 01:44 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △