ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

ピアノを習い始めるも、渡るピアノの世界は苦難だらけ 

13日の朝刊の別刷りに公立高校の入試問題が掲載されていました。

現役から離れて何年よ?もう昔すぎて10本の指じゃ数えられない!

ちょっと興味をそそられたので見てみます。

まずは国語…………老眼のせいで、問題の字が見えねぇ~(泣)国語はやめておこう。

次は理科。最初の問題は解った。次は……ま、次行こう、次!

社会なんて地元問題なんてあるの~。さっぱりわかんないや…あはは… ┐(´―`;)┌

地図見るのが大好きな私、地図問題はわかりそうなんだけど…

そもそも問題の最初にある駅ってどこだよ!?眉間にシワ寄せて探すこと10秒…、あったあった…

細かすぎて、地図判読に時間がかかりすぎる…orz

数学は最初の計算問題で点を稼いだっけ。…なんでルート計算なんてあるの?因数分解って何だっけ?

英語はやる気なし!(試験ではシャレにならないぞ)

ガク━━( ̄- ̄)━━(-_-)━━(_ _)━━━リ

今だったら、間違いなく中学浪人だわ!っていうか、そろそろ老眼鏡買わなきゃだめかしら?



昔、私が持っていた子ども用の百科事典のなかに、音楽関係の本がありました。

EPレコード(CDなんてない時代でした)が付いていて、その解説本、

それから、りっぱな装丁の歌集が付いていたように記憶しています。

クラシック音楽なんて、それまで全然興味がなかったので、その本の存在すら忘れていたほどだったのですが、

本を開いてみたら、「エリーゼのために」のピアノ譜がまるまる掲載されていたのに気付きました。

嬉々として五線譜ノートを買ってきて「エリーゼのために」を写譜すると、独学で練習を始めました。

有名な曲ですから、当時の私でもさわりの部分位は知っていました。

しかし、いざ練習をしてみると、

左手「ミミミ」(空白)右手「ミミ」(空白)左手「ミミ」(空白)右手「ミミ」……orz
(最初の部分の「ミ」の音のみで低音部から上がってくるところ。リズム通りに弾けるときれいなところです)

手が変わるところで微妙な間ができて、すんごく変!

中間部の速いところはリズム適当、音も合っているんだかいないんだか、さっぱりわからず。

とにかく左右の音のバランスなんか関係ない。両手とも元気いっぱい!力いっぱい!

リズムもグダグダで、ちょっと弾いては止まるありさま…。

弾ける人が聴いたら、絶対「何じゃこりゃ?」と言われてしまうような感じでした。


それまでピアノに触ったこともなかったので、

とにかく譜面を見て弾くことが出来ない。音読みに異常に時間がかかる。(これは今もそうですが…)

いつまでもたどたどしい状態から抜け出せない。

幼なじみの友人Nさん(彼女はヤマハの幼児科に通っていた経験があります)も

モーツァルトのトルコ行進曲に果敢にトライしていましたが、

音がぶつ切り状態で、オクターブ部分以降は完全にお手上げ状態。

そこで、家にピアノがないにも関わらず、Nさんと一緒に中学3年から習い始めました。


もちろん最初はバイエルです。

当時、高価なピアノなど買ってもらえるはずもなく、(一番安いアップライトでも30万円しました)

部活が終わってからと、日曜日に学校に行って練習するしかありませんでした。

何とかなると思っていたんですね。世間知らずにも程があります。

バイエルの初めのほうは曲も短いし、その程度の練習時間でもなんとか弾けるようになりましたが、

だんだん難しくなってくると、1週間で弾けるようにするのが困難になってきます。

レッスンで目も当てられない状況におちいるのは時間の問題でした。

先生も全然弾けない生徒相手に困っただろうなと、容易に推察できます。

to be continued …

ps : 昨日来ていただいた皆様、大変失礼いたしました。
我ながら飛ばしすぎました。ちょっと冷静になろうと思います。(でも、たぶん無理)
よろしかったら、またお越しください。
関連記事
スポンサーサイト

2013/02/14 Thu. 01:46  edit

Category: ピアノの思い出

tb: 0  |  cm: 4

top △

コメント

こんばんは^^
エリーゼ、、高校の時、一番最初に覚えたピアノ曲です。
友人に(楽譜読めなかったので)ひとつづつ教えてもらいました。
 若い時、幼稚園でバイト経験があるのですが、逃亡園児と呼ばれる子
を相手にたまに体育館に置いてあるピアノでこの曲やを弾くと、私の顔見ながら
「え、嘘やろ、ほんとに弾けるの」ですと。 初めて習ってよかった
と思える瞬間でした。 もとい、この曲を弾いていると何故か
キッスは目にして♪ のメロディーに演奏途中から変わってしまいます。笑。

酢~ #mQop/nM. | URL | 2013/02/14 23:06 | edit

恐縮でございます o(_ _)o ペコッ♪

お越しいただき、ありがとうございました。
正直なところ、もう来ていただけないかな?とちょっと思っておりましたので、凄く嬉しいです。
ありがとうございます。

> エリーゼ、、高校の時、一番最初に覚えたピアノ曲です。
> 友人に(楽譜読めなかったので)ひとつづつ教えてもらいました。
私は、使わなくなった中学1年の音楽の教科書に音名を書き込んで覚えました。
中学くらいの教科書になると、歌の伴奏譜も載っていますから、
ヘ音記号で「ド」は、ト音記号の「ラ」の位置、というのだけ頭に叩き込んで、
チマチマと書き込んでいきました。
中学と高校の音楽の教科書を、今でも処分せずに持っていますが、
汚い字で音名が書かれていたり、黒鍵の音に〇が付いていたりして、
当時の自分の必死感がうかがえます。
記事では「エリーゼのために」を掲載しましたが、一番最初に弾けるようになったのは
中学2年の音楽の教科書に載っていた「ドナウ川のさざなみ」です。
歌の譜に簡単な左手の伴奏が(最初から最後まで、ズンチャッチャの音型だけ)付いただけの曲でしたが記念すべき最初のマスター曲でした。

>  若い時、幼稚園でバイト経験があるのですが、逃亡園児と呼ばれる子
> を相手にたまに体育館に置いてあるピアノでこの曲やを弾くと、私の顔見ながら
> 「え、嘘やろ、ほんとに弾けるの」ですと。 初めて習ってよかった
> と思える瞬間でした。 もとい、この曲を弾いていると何故か
> キッスは目にして♪ のメロディーに演奏途中から変わってしまいます。笑。
子どもにピアノを弾いてみせると、「すごーい!」と絶賛してくれたりして、正直照れます。
ちなみは私は登園拒否児でした。行きたくなくて、途中にある駐車場のトイレに隠れたり…。
後ろからついてきていた母親に、よく引きずり出されて大泣きしながら幼稚園に行った記憶があります。
私の幼いころは黒歴史満載です(笑)
それにしても幼稚園のバイトをなさったり、料理が得意だったり
いろいろなことを経験されているのですね。凄いです。

あと、「掲示板」にわたくしめのブログもご紹介いただき、恐縮です。
(少しは現在のことも書かねばなりませんね。)
ありがとうございました。またお越しください。

kususan #- | URL | 2013/02/15 00:14 | edit

因数分解って言葉がなつかしいですねー

こんばんは!

入試問題にチャレンジするなんてすばらしいですね!
私は新聞を見たら
「今日のコボちゃんは、っと・・・」
ですよ!
もう40年以上生きているのに、いまだにコボちゃんですからね。
あとTV番組表ですね。
子供も中学生なのですが、
勉強を教えるのが非常に困難になっちゃいました。

ピアノを練習するために学校へ行く、とか
その姿勢が非常にすばらしいと思います。
私は学生の頃、何にも打ち込まない無気力な人間でした。
その頃に戻ってkusuさまに叱られたいです。

前の記事について、正直なところ
どこがまずかったのか、わかっていない私がここにいます(´∀`)
でもkusuさまの中で納得いっていない部分があったものと思っています。
あまり気になさらずに
書きたい事を書いて良いのではないかな、と思いますよ( ´ ▽ ` )

また伺わせていただきます!
お邪魔いたしました!

akimerman #- | URL | 2013/02/15 22:02 | edit

Re: 因数分解って言葉がなつかしいですねー

お越しいただき、ありがとうございました。

いつもやたらに長い記事で、すみません。

> 入試問題にチャレンジするなんてすばらしいですね!
今の中学生って、難しい問題解いているんですね。
自分の入試の時は、もっと問題が易しかったような気がします。
まぁ、ちょっと見ただけで、撃沈ですから(笑)

> 私は新聞を見たら
> 「今日のコボちゃんは、っと・・・」
> ですよ!
> もう40年以上生きているのに、いまだにコボちゃんですからね。
アッ!読売新聞ですね。私も今は読売取ってます。
コボちゃん可愛いですよね。大好きです。
妹ができて、とてもいいお兄ちゃんになったなと、いつも思って読んでます。

> 子供も中学生なのですが、
> 勉強を教えるのが非常に困難になっちゃいました。
昔と教え方が違うって思うことありませんか?
昔、姪に勉強を教えてと言われたとき、
「そういうふうに教わってない」とか言われてしまったことがあります。
因数分解って何だっけ?と思い、ググってみたのですが、説明読んでもやっぱり分かりませんでした。
中学に戻って、やり直したほうがいいかもしれませんね(笑)

> ピアノを練習するために学校へ行く、とか
> その姿勢が非常にすばらしいと思います。
> 私は学生の頃、何にも打ち込まない無気力な人間でした。
> その頃に戻ってkusuさまに叱られたいです。
なぜ、あのときあんなに情熱があったんでしょうね~。これが、若さってものなのでしょうね。
今ではなかなか行動に移せません。アーッめんどくさい!ま、いっか~で終わりです。

> 前の記事について、正直なところ
> どこがまずかったのか、わかっていない私がここにいます(´∀`)
> でもkusuさまの中で納得いっていない部分があったものと思っています。
> あまり気になさらずに
> 書きたい事を書いて良いのではないかな、と思いますよ( ´ ▽ ` )
あの記事は、あっさりと流す程度でよかったのかもしれません。
ただ、自分の中にある、一番根底の部分を書いてしまったので、
時間が経つにつれて、ものすごく恥ずかしくなってきてしまいまして…。
相手がこのブログを目にすることはないとは思いましたが、
けなしているわけではなくても、知らないうちに自分のことをあんなに書かれていたら嫌だろうなと、思ったことも事実です。
もうちょっと自重することとします。(でも懲りないでまたやらかしそうですが…)

> また伺わせていただきます!
> お邪魔いたしました!
アドバイスを含め、ありがとうございました。
ぜひ、またいらしてください。

kususan #- | URL | 2013/02/16 00:31 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://mugimiru.blog.fc2.com/tb.php/2-91dab933
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △