ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

早くもビビりまくる…(*_*; 

2週間ぶりのレッスンは何だか進歩なし…。

発表会用の曲を模索していましたが、「あれがいいかな?これがいいかな?」といたずらに悩んでいただけ。

何とか弾ける3曲を、執拗なほどさらっていたのは認めるとして、

課題曲のスケルツォ2番もサボっていたわけではありません。

スケルツォ2番は譜読みよりも、両手弾きに重点をおいて練習していたので、

譜読みがおろそかになってしまっている。(譜読み嫌いなので、ある種の現実逃避ともいいますか?笑)

「両手で弾けるようになるのか~?」と危惧していた箇所の一つにようやく光が見えました。

光が見える=「出来そうもない」と思っていた箇所が、「弾けそうだ」の認識へ移行すること。

片手ずつでそこそこ弾けている場所でしたが、両手になると「ううう…」と、うめいていたところです。

前日まで出来なかったのに、本当にいきなり両手が合わせられるようになった。

楽譜通りに弾くのは、ここも大変  ← 何となく出来てきたのは、1段目の最後の小節からの部分です。

とはいえ、ようやくよちよち歩きが出来るようになった、赤ちゃんのようなたどたどしさですが…。

地道に練習をかさねていると、こういう現象が突然起きるときがあるので驚きます。


相変わらずここが弾けなくて困っています。思い切って練習方法を変えてみるか?
音取り難しい~
まったく、ここだけで何週間かかっているんだか…(*_*;

音がなかなか覚えられないので、拍子感とか全く吹っ飛んでしまっています。

ただ弾いているだけという、情けなーい有様です。

3拍子の感覚を持ちながら譜読みせねば…。

さて、そろそろ次の難所?………手の移動は大変だけど、同じ和音の繰り返しだなぁ…。

休符が全くないので、3連符から素早く和音orアルペジオをつかめるようにしないと、

マヌケなあいだが開いてしまう、いわゆるダメダメな弾き方になってしまいそうです。


発表会の曲を決めるために楽譜を大量に持って行きましたが、またもや時間切れ。


今回のレッスンで持って行った楽譜
1.ショパン:プレリュード(「雨だれ」あたりどうだろう?と思ったので…)
2.ショパン:エチュード(練習済みの2曲を再度見ていただきたかった、というのもある)
3.ショパン:バラード(唯一弾ける感じがする1番は、まぁ無理だろうで、ダメもと持参…笑)
4.シューベルト:即興曲+楽興の時(op.90-3がもう一度弾きたいなぁと思ったので…)
5.ラヴェル:ピアノ作品全集・第1集(亡き王女のためのパバーヌが載っている)

*ラヴェルのみ全音版の楽譜だけど、作曲家の三善晃氏が監修しているので、つい買ってしまいました。
これらにプラスで、課題曲であるスケルツォの楽譜の計6冊…重かった…(笑)


来週はちょっと時間があるので、来週の状況で決めましょう、ということになりました。

おそらく、私の後の生徒さんである「音楽一家」さんがレッスンお休みと思われます。

「音楽一家」さん=朝からクラシック音楽がBGMで流れる、優雅なご家庭のマダムさんのこと。

先生のお考えを訊いてみましたら、どうやら……?

ヤバ~い!怪しさ大爆発となっているあの曲を、きっちり練習していかなきゃ!

と、ここまで書くと勘のいい方ならお分かりでしょうね(^^;)

バラード1番になりそうな流れです。アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ ショパンバラードop.23 冒頭

この曲なら確かに譜読みに時間は取られないですね。

ゴマカシ部分(汗)の譜読み徹底くらいでしょうか?

でも、こういうところは間違えて覚えていたりすると、直すのがとても大変。

来週弾いてみて、発表会に間に合わなそうな感じならば、違う曲にしましょう、ということになりました。

なので、来週も弾きたい楽譜を持ってきてくださいと言われました。

一人当たりの持ち時間というのがあるのでは?とお尋ねしたところ、

ほかの生徒さんの時間を頂くことになるけれど、調整がきくので大丈夫らしい。

さぁ、大変なことになってきました…。大丈夫なんでしょうか?

この選曲が決定ではありませんが、はやくもビビりまくっているワタクシです。

願わくはトリだけは避けたい…。

緊張をずっと引きずるのは苦手なので、出来ることなら一番最初に弾かせてくれないかしら(小心者~笑)

私の先生が教えている生徒さんの中には、すごい曲を弾いているかたが何人かおられるようなので、、

落ち着いて、その方たちの演奏を聴きたい、ということもあります。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
木曜日の深夜に放映してるアニメ「四月は君の嘘」ですが、話の内容が深刻な状況になってきました。
ヴァイオリニストを目指している「かをりちゃん」はどうなってしまうんだろう?
身体がだんだん動かなくなってくる病気?
手が震えてヴァイオリンが持てない…。
歩いていると、突然足の力が抜け、その場に崩れ落ち、立ち上がれることが出来ない…。
彼女のお見舞いに行くたびに
病院のベッドにいる、かをりちゃんの姿に、亡くなった自分の母親の面影が重なる…
「大丈夫だよね?また、学校に行けるようになるよね?」心の中に澱のように溜まっていく有馬くんの不安…
たかがアニメですが、見ていると、とても切なくなってくるのです。


ピアノランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

2015/02/08 Sun. 01:22  edit

Category: ピアノレッスン

tb: --  |  cm: 10

top △

コメント

う~ん、選曲、難しいですね・・・。
1年後ならまだしも、半年後か・・・。
演奏以外にも色々とkusuさん本人の「思惑」もありますしね。
緊張を弾きづりたくないから、最初に弾きたい、とか。←コレ、よくわかります!
でもkusuさんのレベルだと絶対に最初の方にはならないですね、きっと。
後半だと思います。バラ1だったら本当に最後の方でトリも考えられますね。
でもね、大好きなバラ1を人前で弾けるという幸せもあると思うんですよ。
人前で弾く、という目標があれば、練習に向ける体制や気持ちも違ってくるでしょうし。
一度、人前に出すと演奏って変わりますよ。
人前での演奏一回で、レッスン100回分の意味があるらしいです。
大変かもしれませんが、楽しみですね!
私は、何だかワクワクしますが。

ひさへ #- | URL | 2015/02/08 11:13 | edit

kusuさま、こんにちは~
曲が決まりつつありますね!
最初に弾いちゃって後で他の方の演奏をゆっくり~
というお気持ち、ものすご~くわかります!!!
しかし、バラ1だとあっけなく、その夢は消え去りそうですね・・・(涙)
あ、でも、ひさへさんのコメで私もちょっと勇気をいただきました^^
人前での演奏、一度のレッスン100回ぶんですか!
お互い頑張りましょう(笑)

ふくうめ #- | URL | 2015/02/08 16:02 | edit

こんばんは^^)

何の曲になろうと、気負わずやって下さいね♪
要は自分が楽しむ事ですよね。

発表会・・・もし来れて、KUSUさんの演奏が終わったら
観客席から旗持って「ブラボ~~~♪♪♪」の歓声をあげますよおお~~^^)。
さて、旗とは、、? 日章旗? えっ?、、嘘ですよん^^)。

私の方は只今作曲の方は、そよ風のエチュードで思案中であります。
但し、完成しても 作品0.3-1、、、0.3ですよ(爆。

酢~ #mQop/nM. | URL | 2015/02/08 20:06 | edit

ひさへさま、いつもコメントありがとうございます。

今練習している曲を、そのまま発表会に仕上げていくのが理想なのかもしれませんが、
今練習している曲だと、完全に間に合わない…(^^;)
来年の発表会向け?となっております?
先生もそこのところは良くわかっていらっしゃるようで、
「新しい曲をやりましょう」というようなことはおっしゃいませんでした。
過去に練習した曲の中で…みたいな感じでした。
次のレッスンのときに先生に聴いていただいて決めますが、
前回レッスンで聴いていただいてから1年以上経過していますから、
変な癖が付いていないことを願うばかりです。(*_*;

やはりバラードだと最後のほうですかねぇ…(汗)
トリだけは勘弁してほしいなぁ…などと思っておりますが…?
長い時間かけて取り組んできた曲ですので、
時々「さすがに飽きた~」と思うこともありますが、
やはり自分が大好きな曲なので、
ここに戻ってきてしまうようなところはあります。

あと、最後の部分がなかなかきれいに弾けない。ミスタッチも多いし…。
それをどこまで聴けるレベルまで持って行けるか?という不安もあります。
でも、もっとしっかりと弾けるようになりたいという気持ちもとても強いんですよ。
せっかくそこそこ弾けるようになったのだから、もう一つ上のレベルに持って行きたい。

> 人前での演奏一回で、レッスン100回分の意味があるらしいです。
この言葉は、私も聞いたことがあります。
発表会に持って行くような曲は、相当な練習をして仕上げていくし、
人前で弾くということは、レッスンで教えていただく時と、弾く心構えが変わってきますよね。
レッスンでは弾けるようになったら、次の曲…となりますが、
人前で弾くには、それ以上のものを求められるわけですから。

> 一度、人前に出すと演奏って変わりますよ。
なるほど、確かにそうですね。
ひさへさまは、ピアノサークルでも弾いてこられたり、
演奏動画もブログ内で発表されていらっしゃいますし…。
ひさへさまの演奏が素敵なのは、
人前で弾く経験を多く積んできたからですね。

発表会の曲になるかどうかは、先生のご判断次第なので微妙ですが、
少なくとも1回はレッスンで取り上げていただける!と思うと、とても嬉しいです。
バラードに決まったら、超頑張ります!

kusu #- | URL | 2015/02/08 21:47 | edit

ふくうめさま、いつもコメントありがとうございます。

うちの先生のことなので、過去曲は発表会に持って行けないかな?と思っておりました。
過去曲をもう一度練習することは、とても良いことだけれど…?と
やんわりと断られたことがあるからです。
過去を振り返るのなら、さらに伸びるための曲を練習したほうが良いと思われるのは、
うちの先生に限らず、どの先生も同じですよね。

まぁ、バラードは、私の持っているテクニック(なんて、私にあるのかな?笑)を
大幅に上回る曲でしたので、過去にレッスンしていただいていた時から
あれこれと怪しい箇所がたくさんありました。
なので、「違う曲を練習してみて、テクニックがついたら、また弾いてみたら良いと思いますよ~」
と、打ち切られた曲でもあります。
その後も忘れない程度に自主練習していましたが、
相変わらず自己採点は、赤点すれすれです…(^^;)
なので、先生が「バラード弾いても良いんですよ~」とおっしゃったときは
正直「えっ?」みたいな感じでした。
大変なことになった、と思いながらも、嬉しいと思う自分もいたわけです。
なので、この土日の練習はとても気合いが入ってしまいました。
怪しげな個所をどこまでつぶしていけるか、はなはだ心もとない気持ちもありますが、
「バラードで行きましょう」と言われたらチャレンジしてみようかな?と思っています。
次のレッスンで弾いてみて、先生の判断にゆだねるしかないのですが…(^^;)

やはりバラードだと、最後のほうですかねぇ…。
今でこそ大人と子どもで発表会が別々の日ですが、
以前発表会に出たときは、大人と子どもの合同発表会だったので、
単純に年齢順で弾くことになっていたようです。
大人の生徒さんも数名いらっしゃいましたが、
年齢的に私がいちばん年上だったようで?トリになってしまいました。
大人の生徒さんは今ほどいらっしゃらなかったのか、
尻込みして発表会の場に出てこなかっただけなのか、今となっては定かではありません。
下手なのに「トリ」…。なんだか悲惨~(泣)と思いました。
年齢順だったら、私より年上のかたもいらっしゃいそう?なので大丈夫かな?
本当にものすごーく久しぶりの発表会なので、ドキドキです(今から?笑)
勇気出して、町の楽器店を冷やかしまくって度胸でもつけようかしら?

> あ、でも、ひさへさんのコメで私もちょっと勇気をいただきました^^
> 人前での演奏、一度のレッスン100回ぶんですか!
この言葉は私も聞いたことがあります。
まさしく発表会に出場する意義ですよね。
せっかく日々練習しているのだから、
ステップアップするために披露するのもとても良い経験ですよね。
他の生徒さんの演奏を聴くことも勉強になりますし…。

ふくうめさまはベートーヴェンソナタでしょうか?
後期ソナタを弾かれるなんて、凄い!
ふくうめさまも、頑張ってくださいね~。

kusu #- | URL | 2015/02/08 22:46 | edit

酢~さま、いつもコメントありがとうございます。

何の曲になるかは未定ではありますが、
一番近いところにあるのがバラード1番です。
怪しさ大爆発(笑)のこの曲が、どこまで聴くに堪えるものになるのか?
不安なところもありますが、ステップアップしたいという気持ちも強いんです。
大好きな曲ですからね~。もっと完成度を上げたいです。
ちなみに現在の自己採点は、赤点すれすれ31点くらいでしょうか?
これじゃ落第ッスね?(爆)

> 発表会・・・もし来れて、KUSUさんの演奏が終わったら
> 観客席から旗持って「ブラボ~~~♪♪♪」の歓声をあげますよおお~~^^)。
うひゃあ~!(爆笑)
ブラボーに応えられるだけの演奏をしなきゃいけませんねぇ…(;´∀`)
日章旗…、オリンピックになってしまいませんか~? ← イメージ貧困すぎですね(^^;)
ところで、酢~さま、今年は発表会に出場されるのでしょうか?(あらら、やぶへび?笑)

> 私の方は只今作曲の方は、そよ風のエチュードで思案中であります。
> 但し、完成しても 作品0.3-1、、、0.3ですよ(爆。
1/4人前じゃなくて、ちゃんと作品番号を付けられても良いのではないかと思いますよ~。
今まで作られた曲も完成度高いですもの。
「そよ風のエチュード」は、フラット6個の曲だそうですね。
こちらも完成を楽しみにしております。
ちなみに、私が今回発表会の候補曲に入れた、
シューベルト即興曲op.90-3も変ト長調ですよ~。
ピアノ版アヴェマリアのイメージだと勝手に思っておりますが、大好きな曲のひとつです。

kusu #- | URL | 2015/02/08 23:18 | edit

こんばんは

シューベルト、シューベルト。。。
シューベルトってよくわからなくなってきてしまいました。
このかた、何考えているのでしょうって、私がなにやっているんでしょう状態ですけど(^^ゞ
話を本題に持って行きまして。。。
候補曲がたくさ~ん、kusuさま素晴らしいです。
どれも良い曲ばかりですし、何を選んでも発表会には学ぶことができると思います。
kusuさまが楽しんで練習して、楽しんで発表会で弾かれ、実りある成果が得られますこと確信しております(^^♪

レディピアノ #hmP6g7cw | URL | 2015/02/08 23:33 | edit

レディピアノさま、コメントありがとうございます。m(__)m

最近シューベルトでお悩みのようですが、ソナタを練習されていらっしゃるのでしょうか?

「のだめカンタービレ」内の話になりますが、
のだめちゃんが、コンクールに出場するために、シューベルトのソナタを練習しているときに、
「シュベルトは気難しい人みたいで、がんばって話しかけても、なかなか仲良くなれません」
と千秋先輩にメールしています。
このメールに千秋先輩は
「シュベルトは本当に気難しい人なのか?楽譜と正面からきちんと向き合えよ」と返信しています。
私はシューベルトのソナタは聴いたことがないので何とも言えないのですが、
なんだかやたらに長くて、転調が大変らしい噂?は聞いたことがあります。
短い曲だと、そういうこともないようで、即興曲op.90の4曲は学生時代から良く聴いていました。
その流れでop.142も聴きましたが、こちらはソナタっぽい感じがしますね。
あと「さすらい人幻想曲」も大好きで~す。生まれ変わらなきゃ弾けなそうな難曲ですけど…(笑)
ちなみにこの曲も、転調のセオリーをブチ破っている箇所があるそうです。
徐々にではなく、いきなり一番遠い調に転調しているらしいです。(このへん詳しくないですが…汗)
なぜにこの音?みたいな感じですが、それがかえって新鮮に聴こえたりするので不思議です。

候補曲をたくさんあげましたが、早い話が自分が好きな曲を羅列してみました~という感じですね。
1月25日にあげた曲は、弾くには時間が足らなそうな曲、
今回は、何とかなるかも?という感じでしょうか?
好きな曲=弾ける曲でないところが情けないです。
ラヴェルは最近聴くようになりました。
「水の戯れ」も好きですね~。でもこの曲も弾けそうにない感じです。
この曲はリストの「エステ荘の噴水」から影響を受けているそうですね。
ドビュッシーの「水の反映」とともに、いつか弾けたらいいなぁ…と思う曲です。

次のレッスンで曲が確定する予定です。
(私の譜読みがいつも遅いので、さすがの先生も焦っていらっしゃいました…笑)
何の曲になることやら…?
一番近そうなのがバラード1番のようですけど…。(滝汗)
ちゃんと弾きこなせるのか、さすがに不安です。
この曲については、上達したい気持ちもかなり強いですが…。

応援コメント、ありがとうございました。
シューベルトの難問…?が、早くに解決できると良いですね。

kusu #- | URL | 2015/02/09 00:40 | edit

kusuさん、とうとう(ほぼ)決まったようですね~~☆

気持ちはもう「○○1」なのではないですか??(^^)
持ち時間の心配も無いようですし。
もう早く決めちゃって練習の方に邁進したいですよね。
あ、「トリ」の問題はこの曲だとかなりその可能性大きい
(ていうか免れない??)気がしますね…。
でも、生徒層が幅広い感じなので少し希望も?!
覚悟は必要な気がしますけどね(^^)
でもkusuさんなら大丈夫かと。
次のレッスンで完全に決まるのですね、楽しみだわ♪

ああ~、私も発表会聞きに行きたいな~~!

ね~み♪ #- | URL | 2015/02/10 08:31 | edit

ね~み♪さま、激励コメントありがとうございますm(__)m

100%決まったわけではないですが、本当に大丈夫なのかなぁ~?
と、ときどき弱気になりますね~。
普段の日に気合い入れて練習できないのは結構きついかなぁ?
まぁ、残した電子ピアノで練習すれば問題はないのですが…(^^;)
レッスンから外れて、何となーく弾いてきたので、
楽譜とじっくり向き合って弾いてみると、
いろいろ怪しいところが満載だということがわかってきました。
平気で指が転んでいたり、ごまかして弾いていたり…。
14日のレッスンでは、「楽譜通りに弾きなさーい!」と先生にダメ出しの嵐を食らいそうです。
キャー!怖いわぁ~(ノД`)・゜・。

「トリ」はやはり免れないかしら?
他の生徒さんが何の曲を弾きそうか、それとなく先生にさぐりを入れてみようかしらん?
先生の生徒さんの中で、大人の男性のかたがいらっしゃるそうで、
「僕は練習曲が嫌いなので、絶対に弾きません!」と堂々と先生に申告し
好きな曲を弾きまくっているかたがいるらしいのですが、
このかたに「トリ」をお願いしたいわ~(笑)だめかしら~(爆笑)
人前で弾くのが大好きなかたらしいので、びしっと締めていただけるのではないかと…?

> ああ~、私も発表会聞きに行きたいな~~!
ね~み♪さまのお住まいが、どちらなのか分かりませんが、
(関東圏だということは想像できますが…)
千葉の遠方?で宜しかったら?
まだ、日程とか全然決まっていないのですが、
追々ブログ内でちょこっとだけ?書くと思います。

本番で緊張しすぎて、ピアノまでたどり着けるかしら~(滝汗)
今から想像して緊張モードになってどうするよ?といった感じです。(^^;)
バラ1を人前で披露は、嬉しさ3割、怖さ7割ですね。
試弾の旅では、バラ1も人前で弾いてますけど、そもそもの人数が違いますしね~(;´∀`)
試弾は結構慣れたんだけどな~。
舞台で弾くには、経験値がまだまだ足りません。
ミスタッチが全く減りませんし…。あと20くらいレベル上げしないと…?
この曲に決まったとしたら、
ミスを減らせるように、最大限の努力はしていくつもりですが…。

kusu #- | URL | 2015/02/11 01:03 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △