ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

早く決めろよ!相変わらず優柔不断で懲りない私…(^^;) 

2月28日は2月最後のレッスンでした。

先週がお休みでしたので、2週間ぶりのレッスンとなりましたが、

自分比で、ほとんど進歩がない感じでした…(T_T)


前回の記事で頂いたブロ友様からのコメントのお返事でも触れましたが、

早く帰宅出来た日に、いったい何分で弾けるのか、大体の時間を計ってみました。


・エチュード op.10-9 … 3分弱
・エチュード op.25-7 … 約7分


ピアニストの演奏だと、op.10-9は2分台、op.25-7だと5分台で弾かれることを考えると、

op.25-7のほうは、かなりゆっくりな演奏ですが、別に速く弾けばいいというものでもないですよね…?


レッスン前の家での練習は、発表会候補曲?を含め、3曲を中心に練習して行きました。

エチュードop.10-9は、ほぼ(注:自分比です…笑)大きな破綻もなく、最後まで弾ききれたりした。

この曲はそろそろ録音できるかな?

op.25-7は、相変わらず中間部が怪しすぎる…。指は転ぶは、音は抜かすは、結構悲惨…(^^;)

なにしろ時間配分が適当なもので、時間が足りなくなってしまって

課題曲であるスケルツォが、おざなり感たっぷりになってしまった…(;´∀`)ヤバーイ!


今日のレッスンは30分でした。まぁ、これがデフォですから…。

先生から「曲決まりましたか~」とお尋ねされましたので、

何とか弾くことが出来る2曲のエチュードを何分で弾けるか、時間を計ってみたお話をしたうえで、

エチュードのop.10-9ならば、もう1曲何か弾く。op.25-7ならこれ1曲で行くことを示唆しました。

これで決定ではないのですが、一番安定して弾けそうなのがこの2曲しかないと言うのも情けないところです。

もし、新しい曲を弾くのであれば、出来るだけ早く譜読みに入るように言われました。

ひととおり弾けても、馴染むまでに弾きこむには、やはりそれなりの時間がかかりますからね。

ということで、まだ悩んでいる私です。全くいつまで悩んでいるんだよ?という感じです。

まだまだ怪しさ満載ですが、いまのところop.25-7が第一候補かなぁ?

弾きたいなぁと思っているプレリュードop.45も少しずつ譜読みをしていますが、

曲の構成が、両手の橋渡し的弾き方がほとんどなので、片手練習が難しい…。

どうしても、いきなりの両手練習になってしまうわけで、相変わらずたらたらとやっております。


今回は、前回弾かなかったこともあり、スケルツォからのレッスンとなりました。

家での練習がおざなりだったこともあり、前回同様、「オーマイガッ!」(*_*; な結果となりました。

私って懲りないやつですね~。

それから、エチュードop.25-7を弾きましたが、最初からいきなりのNGです。

「イントロダクション」部分の弾き方が強すぎるようです。

自分の家のピアノなら可能なピアニシモが、音楽教室のピアノだと出来ない。

家で弾くのと同じようなタッチで弾くと、全く音が出ないわけです。

完全無音になる…。音楽教室のピアノの鍵盤が特に重いわけでもないのに…(*_*;

とにかく音が出ない弾き方ではどうしようもないので、

何とか音が出るように弾き方を変えることを試みましたが、

変に力が入ってしまうことから、必要以上に音量が上がってしまい、

どうしても音がキツイ感じになってしまいました。困った…。

タッチを変えて弾かなきゃいけない、というのは重々承知なのですが、なかなかできませんね~。

レンタル料金が高いですが、タッチの研究にためにも、

たまには音楽教室のピアノも弾いてみなきゃいけないかなぁ…?

自分の家のピアノだけ弾くのは、何だか怖い気がする。

それにしても、ピアニシモの弾き方は本当に難しいなぁ~!


op.25-7のご指摘事項
1.「イントロダクション」部分の弾き方が強すぎる。
  静寂の中から、かすかに音楽が立ち上がっていくイメージで!
  クレッシェンドが付いているが、大げさに盛り上げない。
  ここを静かな感じで弾くことにより、この後の(曲の本題というのか?)部分が引き立つ感じとなる。
  この部分で曲が決まってしまう感があるので、弾き方を考えること。

2.全体的に左手のメロディをもっと出すこと。


右手と左手でフレーズの切れ目が違うので、

基本的にこの曲はあまりペダルを使わずに、指で繋げて弾いたほうが良い曲ですが、

踏むなら細かく踏みかえるように、アドバイスを頂いています。

私が弾くと、右手の和音の刻みがボツボツと切れてしまって、全然きれいに弾けないため、

どうしてもペダルを使わざるを得ない状態になってしまいます。

しかし、ペダルを目いっぱい踏み込んでしまうと、音が響きすぎてしまうので、ほぼ最初から最後までハーフペダル。

わずかにダンパーが弦から離れた状態で細かく踏みかえます。

音楽教室では、弾くことばかりに必死になってしまって、

ペダルの踏み方まで神経が行きわたっているかは微妙ですが、

音の濁りは気にならないので、あるいは自然にできているのか?


前回、先生から「この曲なんてどうですか~?」と提案いただいたプレリュードop.28-7は、

先生自身がこの提案をすっかり忘れてしまっているようでした。あれれ?

何とか弾けそうな気がする?程度の、なんとも情けないレベルですので、

超絶下手な、演奏とも呼べないようなものをお聴かせしないで済んで少し安心?

この曲自体の総練習時間が2時間程度じゃ、まぁ、そんなものだろう。

しかし、せっかく譜読みしたのだから、発表会で弾く・弾かないは関係なく、

弾きこんでレパートリーにしておこう。



いつもダラダラ記事をお読みいただき、ありがとうございます。
現在、木曜日の深夜に放映している音楽アニメ「4月は君の嘘」のBlu-rayを購入?しました。
購入に?が付いているのは、お店のポイントを使って入手したからです。
コミックスは10巻まで発売されていますが、アニメがかなり原作に追いついてきていますね。
2月26日放映分はまだ見ていませんが、2月19日放映分はコミックスで言うと9巻あたりの内容のようです。
11巻が最終巻のようですが、どういう終わり方になるのか?
このコミックスは、5巻まで購入しましたが、断捨離時に売ってしまいました。なんだか惜しいことをした感じ。
さてと、6巻から買うかな~(えっ?1巻~5巻は?笑)


ピアノランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

2015/03/01 Sun. 03:33  edit

Category: ピアノレッスン

tb: --  |  cm: 2

top △

コメント

候補曲がある=レパートリーがたくさんある、という羨ましい状況ですね~。いいなー。
しかも、上級者でもあるという事ですよ。
さすがー、kusuさん。
あと6か月ちょっとですね。
弾き込めば充分大丈夫ですね。

自分のピアノ以外のピアノって、本当に弾きづらいですよねー。
バイオリンみたいに持って歩けたら、と切に思います。
(それでも緊張してしまったらどんなピアノでも弾きづらいけど・・・、あ、私の場合ね)
色んなピアノを弾いて慣れてみた所で、やっぱり絶対的に自宅のピアノでの練習が多いじゃないですか~。
発表会当日は、教室のとはまた違うピアノですしね。
でも、音が出てないようでも客席ではちゃんと聴こえてたりするので
あまり神経質にならなくてもいいのかも。
リハーサルで鍵盤のクセとか音の伝わり方とかチェックですね。

ひさへ #- | URL | 2015/03/01 14:38 | edit

ひさへさま、弾きたい曲ですよ~!でも、譜読みが…(^^;)

ひさへさま、いつもコメントありがとうございます。

ひさへさま~、弾きたい曲がたくさんあるということですよ~(^^;)
弾ける曲じゃないでーす。威張れることではないですが…(;´∀`)
譜読みが好きじゃなくてね。つい眠くなってしまうんです。もはや好き嫌い以前の問題(笑)
追いつめられないと、譜読みも真面目にやらないし…。
こういう性格なので、結局自分の首絞めることになるんですけどね。
あの曲もこの曲も、また弾けるようにしたい、と時々過去レッスン曲をさらっていますが、
思っているよりも忘れていて、愕然とします。
譜読み、最初からやり直しだし…(T_T)

> 自分のピアノ以外のピアノって、本当に弾きづらいですよねー。
> バイオリンみたいに持って歩けたら、と切に思います。
本当ですよね~。
同じピアノなのに、家のピアノでは出来て、教室のピアノじゃ出来ないなんて、
なんだか納得できないというか…。
ピアノに限らず、楽器には個体差があるから仕方ないんですけどね~。
マジにマイピアノを持ち歩きたいです。運搬費かかって大変ですけど…(^^;)
リハーサルとかやるのかな?
以前参加した発表会はぶっつけ本番でした。リハ無し…。
久しぶりの発表会なので、やり方が変わっているといいなぁ…。
音が出ていないようでも客席に聴こえているんですね。
ちょっと安心~。
でも、スッカスカな音を出さないよう、普段から気を付けようと思います。
いつもアドバイス、ありがとうございますm(__)m

kusu #- | URL | 2015/03/01 20:42 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △