ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

「四月は君の嘘」最終回は、ただただ、せつない…… 

音楽アニメ「四月は君の嘘」が3月19日の深夜(3月20日早朝とも言いますね)で最終回を迎えました。

やはり想像していた通りの展開となりました。

いろいろ謎を残したというか、「もしかしたら続編でもあるの?」と思わせるような?ところもありました。
(まぁ、続編の有無については、作者様次第ですが…)

コンクールで「ショパン バラード1番」を弾いた、主人公の有馬公正くんですが、結果はどうだったのか?

良い成績が取れたら音楽高校に進学、ダメだったら留学という流れだったようだけど?

結局、そこは何も触れずにエンディング…。

それにしても、アニメでバラード1番がフルで一曲聴ける、ってある意味凄いと思う。

まぁ、曲を弾きながら、本人の独白が入っていたりするから、

演奏会のように、曲だけを没頭して聴けるわけじゃないんだけど…。


有馬くんが、ほのかな思いを寄せていた宮園かをりちゃんは、可哀想な運命をたどってしまった。

難しくて、とても危険な手術を「少しでも長く生きるために」受けるというストーリー展開だった。

さらに悲劇は続き、かをりちゃんの手術の日と、有馬くんのコンクールが同じ日。

彼女の願いだった「もう一度、舞台でヴァイオリンを弾きたい!」は、一応叶えられたのかな?

有馬くんが弾くバラード1番と一緒に、自ら幻と化してヴァイオリンを弾いたのだから…。

バラード1番の原曲に、効果音的に入ってくるヴァイオリンは凄く良かったなぁ…。

でも、曲の最後まで弾くことが出来ずに、彼女の幻は消え去ってしまう。

彼女が迎えた悲しい運命を悟り、泣きながら曲を弾き終える有馬くん……。ただただ、せつない……。



21日はお墓掃除+お墓参りのために実家に帰りました。

やはり、田舎なのでスギ花粉がたくさん飛んでいるようで、たちまち花粉症悪化(^^;)

花粉症特有の不快な症状が出て、くしゃみ連発。

なので、早めに家に戻ってきて(それでも18時)、ピアノを練習した。

「太田胃散」のテーマ曲と、エチュード2曲、バラード1番。

エチュードop.10-9は、最初に弾いたのが結構いい出来だった。

音ミスが3か所くらいあったけど、止まらずに最後まで弾ききれた。あぁ、録音しておけばよかった…。

バラードは、後半がなかなか悲惨…。

ラストのpresto con fuocoに至っては、「ギネスブックに挑戦?ミスタッチ・音抜け大会」と化している…(^^;)

発表会の候補曲として考えている曲は、

非常に久しぶりに弾くために、譜読みのやり直しとなってしまっているのですが、

これが遅々として、全く進まず…(^^;)やばーい!

ほかのかたのブログを読ませていただいていると、

1週間程度で、そこそこ長い曲も最後まで譜読みしているかたが多くて、

どうやったら、そんな超人的なことが出来るのか、不思議で仕方がないんですよね〜。

スケルツォの譜読みだって、「片手練習に、いったい何か月かかっているのよ?」な感じですからねぇ…(-_-;)

まぁ、私が根性無いせいなんですけど、譜読みが嫌いなせいで、長時間やっていると眠たくなってしまうんですわ。

これは どう考えても現実逃避でしょ?

はたして、この曲を両手で弾く日は来るのか?(この調子じゃ、10年後くらいかな?)


今日、22日はいよいよ演奏会当日です。

今回は、ピアノソロ曲じゃなくて、コンチェルトを聴きに行ってきます。

コンサートホールが都内ではないので、ちょっと?遠征になります。

少し早目に行って、スタインウェイの試弾をしてきますが、お店を貸し切りって、何だか怖い〜(^^;)

超絶下手なピアノを強制的に聴かせられる店員さん、すんまそん!もう今から謝っておくわ(爆)



いつもダラダラ+オタ系記事をお読みいただき、ありがとうございます。

ピアノランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

2015/03/22 Sun. 00:21  edit

Category: favorite things(オタ系注意)

tb: --  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △