ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

音楽を聴きに行くのは良いですね。 

5月の3日から5日の3日間、東京国際フォーラムで

クラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2013」というのが開催されます。

毎年この時期に開催されていますね。今年はフランスとスペインの作曲家の演奏会のようです。

1公演45分間で、朝から晩までいろいろな演奏会が開催されます。

個人的には、もっとゆっくりじっくり聴きたいな、と思うところですが、

はしごして色々な演奏を聴けるというのがこの音楽祭の醍醐味のようです。

国際フォーラムは広くて、迷子になりそうな感じがいつもします。

有楽町駅側から入って通路の上を見上げると、はるか高いところにある天井がガラス張りで、

ここにいるときに、もし巨大地震が起きたら…と考えると相当怖い。だから、考えないようにしています。


音楽を聴きに行くのはいいですよね。

数は多くありませんが、私も何回か行っています。

一番最初に行ったのが、「ウィーン少年合唱団」ですね。それからオペラ「夕鶴」

この2つは高校の部活の一環で見に行ったものです。

千葉の田舎から、東京まで遠征したのですが、どこのホールで見たか全然覚えていません。

なんでもそうですが、「連れて行ってもらう」ってのは、あまり記憶に残らないですね。

自分でいろいろ調べたりして、楽しみを増幅させていくのが良いようです。


演奏会はこういうのを聴きに行きました。

・ダン・タイ・ソン … 1980年のショパンコンクールの優勝者で、ベトナム出身のピアニストです。

            そんな凄い人に、千葉に来ていただけるとは!と、当時かなり興奮しましたよ。

            ショパンのソナタ3番の第一楽章が終わったとき、客席から拍手が沸き起こって、

            困惑した表情で、お辞儀をされていたのが忘れられないです。

            この時に弾いたかどうかまでは覚えていないのですが、

            彼が弾くショパンプレリュードop.28の24(youtubeでも見られます)の

            最後の「D」音をげんこつで弾く(と言うのか?)のにしびれました。

            ここ、チョーかっこイイ!

            話は逸れますが、マンガ「ピアノの森」で一ノ瀬海くんがこれをやってます。
            
            作者パクっただろ?カッコいいからわかるけどなっ(笑)

            この曲は大好きなので、弾くことができたら(たぶん無理だけど)

            この弾き方を絶対!パクりたいwwなどと思っております。(笑)


・パスカル・ロジェ … フランスのピアニストです。

            昔すぎて記憶が定かではありませんが、

            ドビュッシーばかりのプログラムだったように思います。

            リサイタル後、彼のレコード(CDはまだない時代です)を買い、

            サイン貰って、握手もしてきました。←こっちしか覚えてないっていったい…


・安井 耕一 … 存知あげなかったのですが、国立音楽大学の教授をされている方なのですね。

         不思議なことに、チケットをどうやって入手したか全然記憶にないんです。

         プログラムが手元にありますが、主催が「千葉楽友協会」となっているので、

         姪のピアノの先生からチケットを購入したのかもしれません。

         こういう状態なので、演奏がどうだったかは覚えてな…ごめんなさいっ!ゆるして~!(汗)


・有森 博 … ピアノのレッスンに通っているヤマハ主催でチケット入手。

        当時中学生だった姪(お姉ちゃんのほう)と聴きに行きました。

        ラフマニノフのプレリュードop.23全曲を初めて聴いたのですが、

        いたく気に入ってしまいまして、すぐに楽譜+CDを購入して、一時期聴きまくってました。


・田崎 悦子 … こちらもヤマハ主催でチケット入手。

         シューベルト・バッハ・ドビュッシー・ショパン、という贅沢なプログラムでした。


・フジコ・ヘミング … 4年くらい前でしょうか。国際フォーラムまで知り合いと聴きに行きました。

            なんとなく「違う人と行く予定だったけど、その人が行けなくなってしまったので

            チケットあるけど行く?」という感じのチケット入手でしたが、

            微妙にラッキー?ですよね。

            やっぱり彼女の弾くリストは凄いです。まさに水を得た魚と言うべきか。

            他の作曲家の曲が、精彩を欠いたような感じに聴こえてきてしまうくらいでした。


・清水 和音 … ヤマハ主催でチケット入手。去年の1月に聴いてきました。いや~よかったッスよ。

         ムソルグスキーの展覧会の絵は、学校の音楽の授業にオーケストラので聴いたきり。

         ピアノバージョンは初めて聴きましたが、

         曲ごとにピアノの音色が変わって、まさに音のパレット状態でした。

         あまり馴染みのない曲ではありましたが、ドキドキしながら聴いてしまいました。

         あと、ショパンのスケルツォ4番が、ハートにズキューン!と来て、この曲の良さを再認識。

         アンコールで、客席からおじさまがステージに乱入して

         清水さんと握手+英雄ポロネーズをリクエストというサプライズがありました。


・番外編 … 姪のピアノの先生が加入している、

       いわゆる「偉い先生とそのお弟子さんの会」で開催される演奏会。(名称は伏せますが)

       簡単に言うと、ピアノの先生による発表会(お披露目会?)でしょうか。

       こちらは都内開催、4回行きました。

       ピアノの先生と言えども、舞台で弾くのはちょっと不得手、

       という感じの人もいらっしゃるようですね。

       でも、上手なかたというのは、最初の音からして違うのだとよく思いました。

       全くの部外者な私は、ちょっと居心地悪かったですが…。


番外編のお弟子さん先生の演奏会ですが、

自分が苦手なタイプの曲を練習していた時期に、聴きに行ったことがありました。

うまく弾けないことでちょっとピアノが嫌いになっていた時期で、練習もレッスンに行くのも嫌々でした。

その演奏会で、シューベルトの即興曲op.90全曲を弾かれた先生がいらっしゃって、

「私もこういうふうに、思いっきり歌いたいんだよぉ~!」と思った瞬間、涙腺がぶっ壊れました。

あの時の思いは、うまく言葉にできません。

でも、原点(初心)に立ち返らせてくれたシューベルトの即興曲op.90は、

私にとって、今でもちょっと特別な位置付けの曲となっています。

と言いながら、No3しか練習してないですが…(笑)
 
関連記事
スポンサーサイト

2013/03/18 Mon. 01:11  edit

Category: この素晴らしき演奏家達

tb: 0  |  cm: 2

top △

コメント

フォルジュネの話がでていますね。
去年はチケットが一枚空いたのでということで
同じ仕事仲間からお誘いがあったのですが
こちらは仕事、致し方なくお断り、その後TV
でもあるそうですよ、との事だったのでしっかり
後ほどNHK?でチェックだけしました。たしか
ロシア5人組がテーマでしたね。今年は暇
見つけて行っちゃおーかなぁー。(願望です)

酢~ #mQop/nM. | URL | 2013/03/19 20:49 | edit

Re: いつもコメントありがとうございます。

> フォルジュネの話がでていますね。
> 去年はチケットが一枚空いたのでということで
> 同じ仕事仲間からお誘いがあったのですが
> こちらは仕事、致し方なくお断り
あら~、ちょっともったいなかったですね。
仕事があると、なかなか思うように動けなかったりで、もどかしい時がありますね。

今年の開催は読売新聞の別刷りで知りました。
この音楽祭は、読売新聞社が特別協力でPRしているようです。
どうりで他紙には別刷りが入っていないわけですね。
2010年、ショパンがテーマだった時に、この音楽祭を初めて知ったのですが、
今年で9回目になるそうです。

>今年は暇見つけて行っちゃおーかなぁー。(願望です)
うまく仕事との調整ができるといいですね。
行かれたら、掲示板で感想を聴かせてくださいね。

私も、久しぶりに何か聴きに行きたいな~とネットで物色していましたら、
5月3日の横山幸雄氏のリサイタルを見つけまして、
あまり良い席ではないのですが、チケットが取れたので、そちらに行くことにしました。
東京オペラシティです。初めて行くホールなので、迷子にならないと良いのですが(笑)

kususan #- | URL | 2013/03/19 23:08 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://mugimiru.blog.fc2.com/tb.php/23-c70395ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △