ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

平成26年度?は皆勤賞(別に何かをもらえるわけではありません…笑) 

10月のショパンコンクールに出場される方の名前が発表されました。

詳細はこちらをご覧ください。日本人は12名の出場が決まりました。
10月のショパンコンクール通過者
(XYZさま、早々の情報、ありがとうございましたm(__)m)


4月最後のレッスンに行ってまいりました。

私が通っている音楽教室では、年度始まりは、なぜか5月からです。

平成26年5月から平成27年4月までの1年間は皆勤賞で―す(笑)で、恒例の?証拠写真です。(笑)
皆勤賞(笑)レッスンに出席すると、カードにシールを貼るのが、何とも幼稚園チック…(;´∀`)

子どもさんならともかく、大人の場合はもう少し何とかならないものでしょうかねぇ。


今日は30分レッスンでした。これがデフォなんです。

私の次の生徒さんである「音楽一家」さん、今日はお嬢さまと一緒にレッスンのようです。

お嬢さまは、今までグループレッスンを受けられていたようですが、

5月から個人のレッスンに変更かな?(今日は体験レッスンかも?)

「音楽一家」さんは、30分レッスンではないのかもしれないので、

(彼女がレッスンをお休みされると、最大1時間半のレッスンを享受できるわけです。)

「音楽一家」さんご本人とお嬢さまで、30分ずつのレッスンになるのかも?

…ということは、もうレッスン延長は無いかな?(T_T)

少し先の話だけれど、今あるローンが完済できたら、レッスンを30分から1時間にしてもらおうかなぁ。

健康でありさえすれば、絶対にピアノを続けていると思うし…。うん、そうしよう!!(≧▽≦)楽しみ~♪

それにしても、私もあれくらいの年齢に戻ってピアノを練習しなおしたいわ~。

もう少しまともな展開になったかもしれないし…と詮無いことを言っても仕方ない。

時間を遡ることは決して出来ないのだから…。


今日のレッスンはエチュードop.25-7

いつもなら弾けているところをトチるって何ごと!?

やはり家のピアノなら出せる超弱音が、音楽教室のピアノでは出せない。

タッチの微妙な差なんだけど、音が出ないわけです。情けない…(-_-;)

「ゲゲッ!」と思って弾きなおすと、今度は音がボーンと出過ぎる。焦るからなおさら悪循環。

それに何だか曲の感じが平坦な気がする?

我ながら「つまらない演奏しているなぁ…」と実感できてしまう。(ノД`)・゜・。

あぁ、まだまだ道のりははるかに険しい…。


今回のご指摘事項
1.二重メロディの曲だが、今日は右手のメロディがあまり聴こえてこなかった。
  左手と右手では、6:4の割合で弾く感じで良いが、現時点ではまだ右手が弱すぎるので
  右手を意識して、もう少し音を表に出すように。
2.ラスト部分、右手和音の最上音をもっと出す。(画像最下段です)→Chopin Etude 25-7 Last
  (でも、ここは和音つかむので精一杯なので、わかっていても出来ないところなんです。
   ここ、絶対に指摘されるだろうなぁと思っていましたが、やはり。 ←わかっていたなら直せよ!な感じですが…(笑)
3.中間部の左手が忙しいところは、あまり焦らずに、左手と右手の和音を合わせるよう努力したこともあり、
  だいぶ良くなってきている。
 Chopin Etude 25-7 25-27小節まだつっかえずには弾けないところなので、取り出しての練習。焦って弾かないように。


次回のレッスンは5月9日です。少しスケルツォを何とかしたい…。

と思いながら、帰宅後気合い入れて練習したのはバラードだったりする。(思うこととやることが違いませんか?)

今日は大屋根を少しだけあけて弾いてみた。音の響きが変わって、とても楽しく練習できた。

楽しく練習できても、目に見える進歩がないのがなんとも情けないです。


グランドピアノのかのんちゃんですが、

前回調律してからまだ3か月弱ですが、4月29日に調律をお願いしました。

音感マイナスレベルなので、単音で弾く分には音の狂いが分からないのですが、

オクターブで弾くと微妙に音が濁って気持ち悪い…。

「変?」と思われる音を、電子ピアノと一緒に弾いてみると、やはり微妙に音がおかしい。

今回は、せめて半年は持つように調律を依頼しますが、暑い夏か来るのよねぇ…。

去年のように湿度にやられて、ピアノが大狂いしないとも限らない…。
amazonさんに注文していた「アルゲリッチ、私こそ音楽」のBlu-rayが届いた。アルゲリッチ、私こそ音楽

DVDでも良かったのだけれど、私が大好きなピアニストの一人であるアルゲリッチさんの演奏を

良い画像+いい音で聴きたかったので奮発してしまった。今夜(4月26日)見ようっと。



いつもダラダラ記事をお読みいただきありがとうございます。
そういえば、4月22日は骨折記念日(忘れもしない2011年4月22日)でした。
あれから4年経ちましたが、いまだに指を酷使すると、じんわりと痛くなりますね。
疲労骨折は避けたいので気を付けねば…。


ピアノランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

2015/04/26 Sun. 02:34  edit

Category: ピアノレッスン

tb: --  |  cm: 10

top △

コメント

竹田理琴乃さん

ショパンコンクールの一次予選、一部しか見ていないのですが、竹田理琴乃さんの演奏が気に入りました。フレージングが長めで、スケール感があって、言いたいことが伝わる良い演奏だと思います。ただ少しミスタッチが多いので、ちょっと心配です:https://www.youtube.com/watch?v=YCKFM8BzIso とは言え、1985年のブーニンの演奏もミスタッチが多かったのですが。 身体と手が大きくて、鍵盤に手を接近させて弾く人は、ポジションを予めセットしながら弾いているので、ミスタッチは少ないのですが。多分、竹田さんは、身体の小さな人なんだと思います。

H.T #CHNHDx7M | URL | 2015/04/26 09:52 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2015/04/26 14:34 | edit

H.Tさま、コメントありがとうございます。

ショパンコンクールの予備予選の通過者が発表されましたね。

私も結局、十数人のかたの演奏しか聴いていませんが、
日本人参加者だけに限ると、、
何となく男性よりも女性のほうが安定して弾かれている傾向だなぁ…と思っていました。
審査通過者、全員女性…。もっと頑張れ男子!と思ってしまいました(笑)。

> ショパンコンクールの一次予選、一部しか見ていないのですが、竹田理琴乃さんの演奏が気に入りました。
竹田理琴乃さんの演奏、たっぷり歌って弾いておられて、私も好感を持ちました。
確かにミスタッチはありますけど、私は全然気になりませんでした。
私が好印象を持った小野田有紗さんは、非常に安定して弾いておられて、
自分の世界というか、表現したいものを持っていらっしゃり、
さらに、弾くことを楽しんでおられるような印象を持ちました。

1985年の優勝者であるブーニンは、日本でも大いに取り上げられていましたね。
当時、CDも購入して彼の演奏を聴きましたが、
私は彼のショパンはあまり好きになれませんでした。
数年後に彼がレコーディングした、
ドビュッシーの「ベルガマスク組曲」と「ピアノのために」のCDを購入しましたが、
良い意味で変な力が抜けた感じがして、とても好感を持ちました。

コンクールでは、スタインウェイとヤマハのピアノが使われていましたが、
改めて聴き比べてみると、ヤマハのピアノはやはり「キラキラ系」ですね。

kusu #- | URL | 2015/04/26 22:38 | edit

 4月26日の14時34分にコメントをくださった鍵コメさまへ

お忙しいところ、コメント下さりありがとうございます。

ちょっとPCでググってみたのですが、
お知らせした内容については、今一つ不確定で申しわけありません。
コンピュータ用語って、なんだか難しくてよくわからない~(泣)
優しく説明しているらしいサイトも見つけたのですが、やはり「???」でした。
これは、私が頭悪すぎなだけですが…(^^;)
こういう傾向かなぁ?と言った感じでとらえていただけると嬉しいです。
最近傾向が変わってきて、ちょっと戸惑い気味です。
コピペ、ありがとうございました。
「へぇ~」と思いながら読ませていただきました。
結構じっくり読まれているんだなぁ…という印象を受けました。

レッスンカードは、レッスンに行った日にシールを貼るなんて、
まるで幼稚園の出席ノートみたいな感じで、ちょっと恥ずかしいですよね~。
かといって、検印みたいなものでも味気ない?
教室でもシールを用意しているようですが、生徒さんからの寄付シールも多いようです。
私も、たまに使わないシールを先生に差し上げたりしていますよ。

kusu #- | URL | 2015/04/26 23:28 | edit

ピアノのアクション

ヤマハのピアノはキラキラ系とのことですが、確かにヤマハのピアノは発音がはっきりしています。  個人的な感想では、コンサートグランドだと、ヤマハとスタインウェイは音の違いは、ほとんどないのですが、タッチがかなり違っていて、ヤマハはアクションに粘りがあって、音量のコントロールが易しい気がします。 一方、スタインウェイは、アクションがフェザータッチで、軽いのですが、コントロールは独特という感じです。 時々、外でスタインウェイを弾くと、ヤマハより音が大きく出て戸惑うことがあります(家のピアノはヤマハのS400Bという25年も前のピアノで、音の柔らかいピアノですが、音量が大きいピアノで、このピアノもキーは重めでアクションに粘りがあります)。 カワイのアクションはヤマハに近い気がしますが、SK2,SK3を弾いた感じでは、SKシリーズのアクションはすごく軽い気がします。

ショパンコンクールでヤマハを選んでいる人の中には、日頃、弾き慣れたタッチで選んでいる場合もあると思います。

H.T. #CHNHDx7M | URL | 2015/04/27 00:49 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2015/04/28 00:11 | edit

H.T.さま、いつもコメントありがとうございます。

ヤマハのピアノは、音がくっきりしている感じがするのですが、
それゆえなのか、他のメーカーのピアノを弾いた後に弾くと、金属音的に聴こえるときがあります。
ショパンコンクールの予備予選で使われたヤマハのピアノは、
高音が良く響いて、きれいな音ではありましたが、スタインウェイより音が硬質な印象でした。
カワイのSKは確かにタッチが軽いです。
グリッサンドも楽に弾けるという話ですし…。
レッスン記事にも書きましたが、
これで慣れてしまうと、他のピアノを弾いた時に、
同じタッチで音を出そうとすると音が出ないという現象が起きます。
ピアノによって弾き方を変えればいいだけの話なのですが、出来れば苦労しないわけで…(^^;)


コンサートグランド、弾かれたことあるんですね。
ご自宅のピアノもS400B…。良いピアノをお持ちですね。
あれだけの難曲を弾きこなすことから、
ピアノは子ども時代から習われていらっしゃるのでしょうね。
学者さまでありながら、演奏活動とかもなさっていらっしゃるのでしょうか?

今のピアノは、全体的にタッチが軽めのものが多い感じがしますね。
アップライトピアノにしても、昔はもっとタッチがしっかりしていたような気がします。

kusu #- | URL | 2015/04/28 01:39 | edit

4月28日の0時11分に、コメント下さった鍵コメさまへ

コメント、ありがとうございます。
すっかりお元気になられたようで、安心しました。

先生のお宅のピアノはシゲルさんなのですね(・∀・)
低音が響くピアノだと思いませんか?
タッチが軽いので、弱い音を出すのが難しいんですよね~。
我が家でも意識せずに弾くと、左手の音が、右手の音を平気でかき消してくれたりします。

発表会ですか~!
鍵コメさまは神童様がお好きなのですね。それと○○の父も…(笑)
私の場合、神童様は弾くより聴くほうが好きかな(笑)
がんばってくださーい!

ショパンは難しい曲もたくさんある反面、弾きやすい曲も結構ありますよ。
ピアノを弾きながら作曲した方なので、練習しても弾けない、という曲はあまりないそうです。
まぁ、ピアノの先生がおっしゃることなので、
もともとのレベルが我々と違うかもしれませんが…(^^;)
なので、身の程知らずでもなんでもありません。
私はピアノを再開してから1年半ほどで、ショパンのワルツを練習しましたよ。
ソナチネ卒業後、いきなりショパンでした。
そのあまりのギャップに、無茶苦茶萌え燃えました。(笑)

kusu #- | URL | 2015/04/28 02:01 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2015/04/28 13:37 | edit

4月28日の13時37分に、コメントをくださった鍵コメさまへ

再びのコメントありがとうございます。

はい、無茶苦茶燃えましたよ~!
ショパンは好きな作曲家ですから、もちろん萌えもしましたけど(笑)
でも、最初は楽譜を追いかけるので精一杯でした。
ショパンの曲って、やたらにシャープとかフラットが多いですが、
これも「慣れ」なので大丈夫です。
数曲弾いているうちに、結構平気になります。
ソナチネ卒業して、最初に練習した曲が、ワルツop.69-2でしたが、
中間部がシャープ5個で、正直ビビりました(笑)が、
現在では、シャープ・フラット3個の曲が苦手です。
「白鍵弾くのか、黒鍵弾くのか、どちらかに統一しろー!」と、つい叫びたくなります。


そのノクターン、ステキな曲ですよね~。
私もショパンのノクターンの「好きランキング」1位・2位を争うくらい大好きな曲です。
でも、なぜか「ノクターンって難しい~」という苦手意識が私の中にありますね。
1曲、どうしても弾きこなせなくて挫折してしまった曲があるからかもしれませんが…。
でも、この曲は練習してみたいです。
左手が始終、同じ音型の繰り返しですから、弾くコツがありそうですね。


レッスンでシゲルさんですか~。
何かいいですねぇ…。
タッチがそのまま音に反映してくる感じがしませんか?
アルベルティ・バスは、上手に弾ける自信ないです(^^;)
ドタバタ弾いている、という感じになるので…。
基礎がいかにいい加減なのが、まるわかりです(;´∀`)

kusu #- | URL | 2015/04/29 02:33 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △