ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

東北旅行2015・その3 

さて、東北旅行も最終日。楽しい時間はあっという間に過ぎますね~。

6月8日(月)
部屋から見た、早朝の日本海。今日も天気が良さそうだ。 2015060803ホテルの部屋から日本海を見る

2015060801朝のバイキング ホテルの朝食は定番バイキング。

普段、朝食は軽めの私ですが、旅行先では結構しっかり食べます。

バイキングでメニューにあれば必ず取るものがあります。

「納豆」「クロワッサン」「ヨーグルト」この御三家です。

納豆には当然「ごはん」が必要なので、パンとごはんを食べることになります。

…炭水化物摂り過ぎです(;´∀`)

ここのクロワッサンは美味しかったな~。

ちなみに、クロワッサンはパリッと系より、バターたっぷりのしっとり系が好きです。

食事の締めは、やっぱりコーヒーだな~。


さて、車に乗り込んで、鶴岡市内のある羽黒山に向かいました。
2015060806一昨年行った鳥海山がかすかに見える (道すがら、一昨年行った鳥海山がかすかに見えました。)

山頂にある「三神合祭殿(出羽三山神社)」に行くわけです。

ここに行くまでに、な、なんと、2,446段の石段を踏破しなければならないのです!

初日に鹽竈(しおがま)神社202段の階段で音をあげた私ですが、今度は桁が違います。

生きて帰れるのかしら~?(生きて帰ってきましたけど…爆笑)


羽黒山へ到着。

隋神門から入り、最初は下りの石段。あれ?上がり階段じゃないの?

国宝の羽黒山五重塔までは、「楽に行ける」という情報を得ていたのですが、下り階段なら確かに楽かな?

神橋(しんきょう)と須賀の滝。実にさわやかな光景です。 2015060809神橋、須賀の滝

途中に大きな杉の木が。天然記念物「爺杉(じじすぎ)」です。樹齢1,000年だとか。 2015060810爺杉

以前は「婆杉」もあったらしいのですが、1902年(明治35年)に台風で倒れて無くなってしまったそうです。

その爺杉から少し先に「国宝・羽黒山五重塔」がありました。 2015060811国宝・羽黒山五重塔  2015060814五重塔沿革・概要

これは凄い!りっぱな五重塔です。高さ29.9m。圧倒的なほどの威厳をもって我々に迫ってきます。

東北地方では最古の塔で、平安時代に平将門が建立したと伝えられているそうです。


さて、ここまでは単なる足慣らしに過ぎません。
2015060819ずっと階段JPG われわれを出迎えたのは、延々と続く石段…。

「なんじゃこりゃあ~!?」 

ドラマ「太陽にほえろ」で、松田優作さん演ずるジーパン刑事が、殉職シーンで叫んだ言葉がつい口に出る。

「上がっても上がっても上り階段…orz」

こう延々と階段が続くと、まっすぐ上がるとかなりしんどい。

石段(の勾配)に対して、斜めにジグザグに上がっていくと、比較的楽なことを聞いておりましたので、

周りに仲間以外の人がいないことを良いことに、この方法を実践。気のせいか楽な気もする?

何度も休憩して、持参してきた水を飲みながら、ようやく山頂へ。ゼエゼエ…。もう階段は結構ッス。

2015060822出羽三山案内図
 ↑我々はこの案内図の左側を上がってきたわけです。(隋神門~神橋~五重塔~一の坂~二の坂~三の坂)


石段には時々、こういう瓢箪の絵が彫り込まれていました。 2015060821階段に時々瓢箪の絵が描かれている

階段を上ることに必死になってしまって、なかなか石段の絵まで目に入らないのですが、

これは、山頂間近の石段に彫り込まれてあったものです。


こちらが重要文化財である三神合祭殿。 2015060823重要文化財・三神合祭殿 

月山・羽黒山・湯殿山の三神が祭られています。

月山(標高1,984m)と湯殿山(標高1,504m)は、冬になると積雪のため、登拝できなくなってしまうため、

標高が一番低い羽黒山(標高414m)に三神を祀ったそうです。

神社の階段って、1段が高くて急こう配ですよね。なんでだろ~?

今は建て替えてしまったけれど、実家の階段も1段が高くて急こう配でした。(階段の勾配60度くらい?)

(よくもまぁ、あんな急な階段を、小さい時から転がり落ちもせずに上がり下りしていたものだなぁ)

こういう神社の急な階段は割と平気です。

仲間が手すりをつかみながら一段一段をゆっくり下りている脇を、手すりも使わず軽やかに下りる。

ちょっとドヤ顔(ヲイヲイ…笑)


さて、帰りはほぼ延々と下り階段。

上るよりは下るほうが楽だけれど(でも膝にきますよね)

石段の奥行き(と言うのか?)が時々狭いところがあって、足を踏み外しそうになる。これが結構怖い。

五重塔まで下りたところで、慰安旅行と思しき男女3人の方に「ここから先は大変ですか?」と聞かれる。

3人のうちのおひとりが、バスの中でお酒をたしなんでおられたのか、めちゃくちゃご機嫌状態。

「階段あがるぞ~!」と気鋭を上げていましたが、

他の二人に「お酒飲んでるから無理!」とたしなめられていました。

行きに「最初は下り階段で楽~♪」と、のたまいていた石段が、帰りは当然上りなわけで、

最後の最後で、上り階段…。これがまた疲れ切った足にキツイ~!

上り階段もう要らないッス…(ノД`)・゜・。

隋神門に戻って、ちょうどお昼ご飯タイム。

何だか膝が笑ってる~。膝が笑うなんて経験も久しぶりだ。

近くの食堂に入って、麦切りと言うものを食べました。2015060831麦切りと言うものを食べてみました

どうやら細めのうどんのようです。こののど越しの滑らかさ!美味しーい!

締めはソフトクリーム。

2,446段×2(上がり下り)=4,892段で消費したカロリーは、これでチャラになってしまったかな~(^^;)

昼食で座っていたのは1時間弱くらいだったのに、もう足の筋肉が固まってる!

歩くのにちょっと苦労する。もちろん機敏な動きなんて出来ない。なんだかロボット歩き…(;´∀`)

今夜も、家のお風呂で足のマッサージしなきゃ。


さて、羽黒山を後にして、JR山形駅に向かいました。

道中、レンタカーの運転手役を引き受けてくださった、Nさんのだんな様、ありがとうございました。

帰りの新幹線は平日にも関わらず、満席でした。出張帰りのサラリーマン氏が多かったですね。

今年は天気に恵まれて、本当に楽しい旅行でした。


家に帰って、3日ぶりに指慣らし程度にピアノの練習。

明日からまた仕事かぁ~(;´Д`)あ~あ…。



いつもダラダラ記事をお読みいただき、ありがとうございます。

ピアノランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

2015/06/16 Tue. 00:23  edit

Category: Have a nice trip

tb: --  |  cm: 4

top △

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2015/06/16 11:14 | edit

お疲れさまでした

今回の記事を読んで、最も印象に残ったのが

ジーパン刑事

でした。
すいません、完全に本筋と離れていますが…
非常に懐かしいと思ってしまいましたが、今でも普通に「なんじゃこりゃあ〜」って使われますよね。それだけ名言と言うことでしょうか。

それにしても、ご飯にパンとは…随分たくさん食べますねぇ(仰る通り炭水化物摂り過ぎですよ)
締めにコーヒーと言うのは、我々研究者と同じですね。
クロワッサンの好みは別れますよね。ちなみに、私はkusu様とは逆です。

とても良い景色の写真をどうもありがとうございます。
天気が良くて、本当に良かったですね。

天然記念物の「爺杉」。初めに、ひらがなの方を読んだので「爺過ぎ」かと思いました(笑)
五重塔に、長い階段。
非常に行ってみたくなりました。

そうそう、上るよりはくだる方が楽と感じますが、膝にダメージが蓄積されますので、ご注意ください。

ソフトクリーム vs. カロリー?
運動してカロリーを消費するのはかなり大変ですよね。
思った以上に、消費できない。
でも、長い時間をかけて階段の上り下りをしたのであれば、結構消費できたはず。

新幹線は、平日でも想像以上に混み合っていることが多いですね。
出張などの仕事で移動するサラリーマンがどれほど多いことか!
我々学者も会議などでよく使うのでよくわかります。

やはり帰宅して、ピアノ弾いたんですね。
流石です。3日ぶりと言うことは、取り戻すのにどれくらいかかるでしょう?
お仕事にピアノに頑張って下さい。

XYZ #- | URL | 2015/06/16 12:35 | edit

6月16日の11時14分にコメント下さった鍵コメ様へ

コメントいつもありがとうございますm(__)m

まぁ!鋭いご指摘!
こんなところなど、毎回見ていないと思っていましたので、
気がつくかたはいらっしゃらないかと思っていましたが…(汗)
ちょうど、今年の6月が節目だったのです。
この事実を改めて考えると、愕然としてしまうのですよね(笑)
まだこんなレベルなのか?とね(笑)
さらに、それだけお婆ちゃんになってしまったということでもありますし…(泣)
気がつかなかったことにしていただけると嬉しいです?(ヲイヲイ…f(^_^;

kusu #- | URL | 2015/06/16 12:38 | edit

XYZさま、お忙しいところ、いつもありがとうございます。

XYZさまは、学者様でいらしたのですね~。
そうじゃないかなぁ?と、なんとなく感じておりました。
そう思う理由は特にありませんが?いわゆる「勘」と言うやつです(笑)
どちらの専攻でいらっしゃるのでしょうか?
ちょっと(かなり)気になります(笑)
日常的に、難しい研究をされていらっしゃるのでしょうね。
学者様と言うと、雲の上のかた、という気がしてしまいます。
お気を悪くされましたら、ごめんなさい。

「太陽にほえろ」は良く見ていましたよ。
Wikiで調べてみますと、1972年から1986年まで、テレビ放映していたのですね~。
殉職シーンは、シナリオがなくて、俳優さんが自分でどう演技するか考える、でしたよね。
ジーパン刑事の殉職シーンは結構インパクトが強かったです。
「なんじゃこりゃあ!?」と叫び、「死にたくないよぉ…」と呟きながら息を引き取るシーンとか…。
個人的には、露口茂さんの演ずる「山さん」が好きでしたねぇ…。
このドラマを見ていた時は、当然私も子どもでしたけど、何とも渋い好みだったものです(爆笑)

あの延々と続く階段を見て、「なんじゃこりゃあ!?」と本当に口について出てしまいました。
機会がありましたら、ぜひ行ってみてください。
スポーツ好きのかたなら、征服欲に燃えるかも?です(笑)

階段の数では負けますが、山形市にある山寺(正式名称 宝珠山立石寺)もおすすめです。
http://www.yamaderakankou.com/
ここへは2回行きました。ここでも階段で息が上がりますよ~。
初めて行ったときはきつかったですが、2回目に行ったときは、結構ひょいひょいと上がっていけました。
やっぱり慣れかもしれません?
あと、上った時の体重の違いも大きいです(;´∀`)
太っていると、心臓への負担が半端ないですから、良く身体を絞ってから、お出かけください。
でも、スポーツ好きのXYZさまなら、そのような心配は無用でしょうか?

淡水化物、大好きなんですよ~。ごはんもパンも麺類も大好きです。
特にクロワッサンは、9歳くらいの頃に、母親が買ってきてくれたのを食べてからのファンです。
その頃、ちょっといろいろあって、横浜に少しだけいたことがありまして、
偏食が過ぎる私に、「これなら食べるだろう」と、母が買ってきてくれたのです。
田舎育ちで、パンと言えば、食パンくらいしか家になかったので、
クロワッサンは、非常にハイカラ(死語…笑)なものに見えましたね。

> やはり帰宅して、ピアノ弾いたんですね。
> 流石です。3日ぶりと言うことは、取り戻すのにどれくらいかかるでしょう?
専門家ではありませんから、3日くらい弾かなくてもそんなに変わりませんよ。
もともと、習っている年月ほどには、バリバリに弾けるわけではありませんし、
ちょっとタッチが雑になるくらいでしょうか。
1日弾けば、勘は結構戻りますので、大丈夫です。

研究でお忙しいところ、いつもコメントありがとうございます。m(__)m

kusu #- | URL | 2015/06/17 00:02 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △