ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

6月27日のレッスンは1時間で2曲。 

6月27日は、6月最後のレッスンでした。今年も半分終わってしまうんですねぇ~。早いものです。

今回はお休みした6月6日のレッスンの振替も含め、1時間のレッスンでした。

1時間あると、レッスンの内容が濃い!

発表会曲以外に、スケルツォも余裕でレッスンの中に組み入れていただけるかな?

もしかすると「バラ1も?」なんて思っておりましたら、なんと!エチュード2曲で1時間!

うーん、先生から見たら、まだまだなんだなぁ…。まぁ、下手なのは間違いないのですけど…。


○エチュード op.10-9

今回も、「なんでこんなところを?」と思うようなところをミスりました。

油断しているつもりはないのですが、「ここは大丈夫」という気持ちがどこかにあるのでしょうね。


1.中間部に入るところの、左手のアルペジオ伴奏系の音が結構高確率で違っている。
  えぇ?本人はちゃんと弾いていると思っているのですが?
  左手の最低音が動き出す部分でもあるので、ちょっと弾きにくい、というのはあります。
  それで、音がかすれがち(ちゃんと出ていないときもある)+音をはずすのでしょうね。

2.中間部、最高に盛り上げなきゃいけない部分の音量が弱い。
  指の力だけでは、もうどうにもならないので、体重をかけるしかないのだけれど、
  変に力が入ってしまうと、音が汚くなってしまいがち。さすがにそれは嫌だなぁ…。

3.2と同部分の左手はリズム練習もして、安定した弾き方を目指す。
  ベースの音を強調させなきゃならないこともあり、指が転びがち。
  中間部から、左手だけの練習。速く弾こうとすると音をはずしまくっている。大丈夫か?



○エチュード op.25-7

中間部の左手が忙しいところで、手がもつれてしまった。

ここは上手くいくときと、ダメダメな確率がほぼ半々。もっと安定して弾けるようにしないといけない。

さて、先生から見たら、問題はむしろこちらの曲のほうのようだ。


1.ところどころ、楽譜のスラーを無視して弾いてしまっているところがあるので、まずは楽譜に忠実に。

2.フレーズの終わらせかたをもっと丁寧に。
  フレーズの終わらせかたに焦りを感じるそうです。

3.装飾音の弾き方を見直すこと。(あいまいな弾き方になっている)
  左手のトリルが上手く決まらないので、何となく「うやむや」な感じで弾くことになってしまうのですが、
  ショパンの場合は装飾音もメロディの一部になっていることが多いので、うやむやはNG。
  その場でトリルの練習。うまく決まらない。ううう…(泣)
  帰宅後、トリル部分だけを取り出して練習しましたが、なかなかすぐには出来ないですね~。
  左手だけなら出来ても、両手にするとなぜか右手がコケる。やばいっす。(笑…っている場合ではない)

4.左手が超忙しい部分の導入部。右手と左手を合わせて弾くこと。必ずピアノから、クレシェンドすること。
  ここもトリルが曲者で、むちゃくちゃ指が転んでます。ゆっくり練習必須。


○2曲共通のご指導

1.ミスしても止まらない練習をすること。
  ミスしてショックなのは「自分だけ」。聴衆は、さほどミスは気にしていない。
  音楽というのは「時間芸術」なので、ミスよりも止まってしまうことのほうがNG。
2.「どういうふうに弾きたいのか?」を常に意識すること。
  これが出来ていれば、いかなる状態になっても、何とか弾けるらしいです。



先生が、発表会当日までに、練習会のようなものをしようという計画をお考えのようです。

音楽教室の受付の裏に小さなホールがあるので、そこでの開催となるかもしれません。

参加できるかたを募って、人前で弾く練習ですね~。考えただけでも緊張しそう~!(笑)

これくらいで緊張していたら、発表会当日は失神まちがいなし?(ヲイヲイ…爆笑)



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
今回は通常ならば1回分とする記事を、あえて分けてみました。


ピアノランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

2015/06/28 Sun. 03:51  edit

Category: ピアノレッスン

tb: --  |  cm: 14

top △

コメント

kusuさん、はじめまして♪

最近、ピアノをウン十年ぶりに再開したあ~やといいます。
ブログ拝見させていただいています。
プロフィールによると、kusuさんも再開されたかたなのですね。
でも、上級曲ですね~☆
私はいつになったら弾けるんだろう・・・( ;∀;)

私の先生も「間違ってもいいから止まらないで。弾き直しは音を止めてしまうことになるからよくない」と言います。

kusuさんの記事で「時間芸術」と書いてあるのを見て、すっごく納得できました!

「聴衆は、さほどミスは気にしていない」んですね~(*'▽')
そういうことなら、間違ってもごまかして弾き続けます(笑)

★あ~や★ #- | URL | 2015/06/28 22:34 | edit

★あ~や★さま、コメントありがとうございます。

自己満足満載のブログをいつも読みに来てくださり、
さらに、コメントまで…!
本当にありがとうございます。m(__)m

★あ~や★さまも、ピアノを再開されたかななのですね。
子ども時代に、10年習われていたとプロフィールにありますね。
ということは、相当弾ける方だと思っております。
何十年ぶりの再開とのことですが、子ども時代に習われていたかたは、
基礎がきちんとできているので、勘はすぐに戻ると思いますよ~。

私は再開後が長いので、先生から実力以上の曲を練習させていただいています。
とにかく、加齢な年齢(笑)なので、覚えも悪くて、弾きこなすまでが大変なんです。
さらに、なかなかミスタッチもなくならないんですね。
ミスっても何とかスルーして曲に戻れるときと、
完全に止まってしまう(曲に復帰出来ない)ときがあるので、困りものです。
どんな状態であろうが、指が勝手に動くくらい練習すればいいだけの話なのですが…(^^;)

仲間でフルートを習っているかたがいまして、発表会を見に行ったときのことです。
個人の音楽教室でしたので、ピアノ以外の楽器演奏や、声楽もありました。
ピアノを弾かれた大人のかたで、途中で完全に止まってしまったことがありまして、
聞いているこちらは、どうなることかとハラハラドキドキ。
そのかたは「最初から弾きなおします」と舞台上で宣言すると、もう一度弾き始めました。
失敗したことで、かえって肝が据わってしまわれたようで、
さほど大きなミスもなく弾き終えられまして、満場の拍手を浴びていました。
凄い精神力だな~と感心しました。
こういうのもありかな?(私には、とてもできなそうなことですが…)

kusu #- | URL | 2015/06/29 01:56 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2015/06/30 23:30 | edit

6月30日の23時30分にコメントをくださった鍵コメさまへ

何かと身辺が大変なところ、コメントをくださりありがとうございます。

どこかで体験したことのあるようなお話の数々…。
本当にお疲れさまです。
どこにでも、そういうことが展開されているのですね。
人間、人によって態度を変える方って最低ですよね。
計算高さがプンプン臭ってくるのも嫌ですし、
人の上に立つ人が、そんなことでどうする?という不満もあります。

愚痴はどんどん吐き出してしまって構わないですよ~。
ためておくと、メンタル的に良くないです。
上手くいくことを、心より願っております。
頑張ってください。

kusu #- | URL | 2015/07/01 01:33 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2015/07/01 19:40 | edit

7月1日の19時40分にコメントをくださった鍵コメさまへ

コメント、どうもありがとうございます。

最近、メンタル的にあまり良い状態ではありません。元気が全然出ないんです。
週末になると、疲れ切ってしまい、何時間寝ても疲れが取れない気がします。
レッスンには行っておりますが、
帰宅後は、「とにかく横になりたい」が「練習しなきゃ~!」を上回ってしまうのです。
発表会まで3か月を切ったというのに、こんな状態でよいのでしょうか?

社内メールで「健康に留意しましょう」みたいなものが来ました。
「メンタル・チェック」みたいなものが添付されていまして、
月末・月初の忙しさの合間にざっとやってみたら、ほとんど「うつ病」状態?
また「心療内科」に行ってみたほうが良いのか、悩んでます。
予約しても、診察が2週間後じゃねぇ?あまり意味ないですよね(笑)

それに対して、身体のほうが更年期末期の悪あがきをしているようで、
とにかく「ホットフラッシュ」が凄い!
体が「シャキッとせんかい!」とホルモンを放出してくれるのは良いのですが、
これも尋常ではない疲れの原因になっているのではないか?と思えてきます。
ただでさえ暑がりなのに、身体がカーッと暑くなり、のぼせそうになっています。
「私の身体、もうがんばらなくていいよ~」と、心の中で労わりたくなります。
ちなみに、その方とは全く関係がありませんよ~。念のため(笑)

ずっと発表会の曲ばかりレッスンしていただいているので、
本来練習している曲も弾かないと忘れちゃう~。
たまにはバラ1も弾いてみたい~とか思うわけですが、
余裕と言うよりは、能天気にちかいかも?(真剣みが足りませんね~笑)
練習会というのは初めての経験なので、ちょっと楽しみです。

暗譜が苦手な私ですが、
今日の練習で、楽譜を見ないで弾くということをやってみました。
ちょっと怪しいところはありますが、結構弾けるものですね。
鍵コメさまのアドバイス、私も試してみたいと思います。
それにしても、好きな曲なら大曲もOKとは!
やはり、私とのレベルの違いを感じてしまいました。

kusu #- | URL | 2015/07/02 00:11 | edit

人によって効果は異なると思うのですが、ノンペダルで練習されたら如何ですか? ノンペダルで弾くと、タッチの怪しいところがかなり改善するような気がします。バラ1を時々、ノンペダルで弾きますが、意外と効果的にタッチが改善する気がします。 あるいは電子ピアノで、電源を切って練習すると雑音だけが聞こえるので、雑音を小さく弾く練習になります。 これは音が綺麗になる気がします。

H.T #CHNHDx7M | URL | 2015/07/02 23:41 | edit

kusuさん、お返事をありがとうございます!

そうでしたか・・・、仕事って1日の大半を占めているし、仕事が関係してくると「人が変わる」人も多いですし、もともと性格が合わない人もいるしで、
大変ですよね・・・。お察し致します・・・。
それにもう若くはないから体調の方も不安がありますしね。
私はね、暑がりになりました。
これもホットフラッシュになるのかなぁ。
コーフンすると、カーッと暑くなって汗がじわーっと出ます。
kusuさんは毎年さくらんぼマラソンに参加しているから、それをライフワークにすれば健康の方は大丈夫そうかな?
ま、私よりは全然!大丈夫そうです。
…って全然運動していない私に言われてもね・・。

暗譜、けっこうイケるでしょ?
みんなさー「え~?暗譜?すっごーい、私全然出来な~い」とか言うんだけど、心の中で「ぶりっこしやがって」とか思います。
みんな楽譜依存症で暗譜はできないと決めつけているような気がします。
そこそこ練習をしていれば、けっこう指が覚えているもんですよ。
それに「絶対、ここははずせない」と言う箇所は、、指や鍵盤をガン見して楽譜なんか見てないと思うし。
kusuさんくらい練習している人なら絶対に出来ると思ってましたよ。
完全暗譜じゃなくてもいいから挑戦してみるといいと思います。
そんな私は、本番の時は楽譜を置いてます。
お守り代わりになって安心するので。
キンチョーは人を狂わせる。が自分の経験上の座右の銘なので。

そうそう、HTさんも勧めているノンペダルの練習はいいですよ。
友達のピアノの先生もレッスンでやっています。

ではまた。

ひさへ #- | URL | 2015/07/03 10:21 | edit

H.Tさま、アドバイス、いつもありがとうございます。

お返事が遅くなりまして、申し訳ありません。

良い練習方法を教えていただき、ありがとうございます。

さっそく、ノンペダルでの練習をしてみました。
いかに自分がペダル依存症であったか分かりました。
音があまりにもでこぼこなので、驚きを通り越して、笑ってしまったくらいです。
特にop.10-9のエチュードは、かなり問題がありそうです。
op.25-7のほうは、ペダルをかなり浅く使って、さらに頻繁に踏みかえて練習しているせいか、
ノンペダルで弾いても、あまり違和感はありませんでした。
(この曲は、ペダルを思い切り踏み込んで弾いたら、かなり音が濁って悲惨です)
ただ、トリルはかなりいい加減に弾いてきたことがまるわかりでした。(笑)
ノンペダルで弾く練習を、毎日の練習の中に取り入れていくつもりです。
タッチの安定・改善が出来るとかなり嬉しいです。

電子ピアノでの練習方法もあるのですね~。
ただ、音感が全くないので、音を完全に消すと、多分弾けないと思いますので?
音声最弱で試してみたいと思います。

最近はほとんど言われませんが、
「ペダルを付けないで弾く練習をしてきてください」という課題を良く頂いていました。
そういう意味合いがあったのですね。
当時、あまり真剣に練習しなかったのが悔やまれます。

いつも親身になってアドバイスしてくださり、とても感謝しております。

kusu #- | URL | 2015/07/03 23:05 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2015/07/03 23:34 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2015/07/03 23:44 | edit

ひさへさま、いつもコメント、ありがとうございます。

ひさへさまのブログの裏コメントで、つい愚痴ってしまって申し訳ありませんでした。m(__)m

勤務先の仲間は協調性があって(あるようにふるまって?)、大人だなぁ~と思います。
私が頑固すぎるんでしょうね。嫌いだと、つい逆らいたくなってしまうんですよね~。
いい年をして、やることはまるでお子様です(笑)

ホットフラッシュの症状が出始めるようになって、めっきり暑がりになりました。
しかも汗っかきです。顔に出ないのが面白いですが、ピアノの練習だけでも十分汗がかけます。
下手なスポーツより、ピアノを弾くほうが運動になっているかも?
話をもとに戻しますが、最初にそのホットフラッシュの症状が出たのは40歳代前半です。
座ってテレビを見ていたら、全力疾走でもしたかのように、突然身体がカァーっと熱くなって驚きました。
それ以降は、あまり気にならなかったのですが、
まわりの人が「寒い」と言っているのに、一人だけ「暑い!」と言っている不自然さから、
「これは、ホットフラッシュの症状なのでは?」と思うようになりました。
動いて何か作業をしているときに出るのではなく、普通に机に座って仕事をしているだけなのに、
突然、体の奥のほうから熱いものが上がってくる、という感じです。
でも、緊張すると出やすいかな?
営業さんがあれこれ言ってきて「うむむむ…」と言う心境の時によく出ている気もします。
メンタル的なことも絡んでいそうですね。

若い時は寒がりで、夏が来るとウキウキしてました。
今は逆転です。寒いほうが断然好きですね。
寒いのは服を着るなり対策がありますが、暑いのだけはどうしようもない。
お腹や背中についている、脂肪の衣を脱ぎ捨てたくてもできませんし…(;´∀`)

楽譜依存症…、私も間違いなくそれですね。楽譜があると安心します。
暗譜は思っているよりもできているようですが、
舞台とかに立ったら、緊張して記憶が飛びそうな気もします。
確かに「ここははずせない!」ところのほうが、普段から手を見て弾いてますね。
そういうところでも、楽譜を見ながら弾けるところもありますが、
概ね、テクニック的に困難なところのほうが、気合い入れて練習するせいなのか、暗譜が早いです。
簡単なところのほうが意外にも覚えられない。(笑)
覚えようという意識が希薄すぎますね。

H.Tさまのお返事コメントにも書きましたが、さっそくノンペダルでの練習をしてみました。
タッチの不揃いさが、嫌になるほど良くわかって、ちょっとショック!
オクターブのところは、手の大きさに余裕がないので、ぶつ切りになってしまうのは仕方ないとしても、
弾き方を変えたら、もう少しきれいに弾けるようになるかなぁ?
自分の出す音に満足出来ていないので、日々の練習に取り入れることにしました。
時間はかかるかもしれませんが、成果が出ると良いなぁと思っております。

ひさへさまも毎日大変なところ、コメントをくださり、ありがとうございます。

kusu #- | URL | 2015/07/03 23:48 | edit

7月3日の23時34分にコメントをくださった鍵コメさまへ

コメントありがとうございます。

私もガラケー利用者です。
スマホは持っているのですが、SIMカードを入れ替えなければならないのが面倒で、
使いなれているガラケーから乗りかえができません。
スマホを使わないから覚えられない、覚えられないので使わないというループにはまっています。
手軽なので、ガラケーからブログを拝見しに行ったりしますよ。
スマホやガラケーからだと訪問履歴は分からないようですね。
同じブログ会社を利用されているかただと、訪問してくださったこともわかるのですが、
他のブログ会社を使われているかただと、全く分からないです。

そのような大事なお話のご報告をいただき、ありがとうございます。
仕事で苦労するのも大変ですが、
(これはやりがいにもつながってきますから悪いことではないような気もします)
人間関係で苦労するのは、かなり嫌ですね。
長いこと今の会社で働いていますが、
嫌な気分で働くようになるとは思ってもいませんでした。
いずれは転勤していなくなる人だから…で我慢しています。

鍵コメさまの先生も、ノンペダルでの練習を推奨されていたのですね。
やはり、これは習慣にすべきだと思いました。
応援コメント、ありがとうございます。

鍵コメさまも、めげずに頑張っていただきたいです。
厳しい状況が、なんとか好転されると良いですね。

kusu #- | URL | 2015/07/04 00:17 | edit

7月3日の23時44分にコメントをくださった鍵コメさまへ

コメント、ありがとうございます。

笑わさせていただきました。
少し元気が出てきたようで?ちょっと安心しております。
鍵コメさま、ファイトいっぱーつ!ですよ~(リポDか?)
悪ノリ、失礼いたしました。(;´∀`)

kusu #- | URL | 2015/07/04 00:21 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △