ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

先生方のピアノ演奏会に行ってきました。 

9月6日に、音楽教室の先生方の演奏会に行ってきました。

今回は2台のピアノのための演奏会でした。

最初から最後まで、全部2台のピアノのための作品です。(あたりまえだがな~笑)

ラフマニノフのCDだけ、TSUTAYAさんで借りることが出来たのですが、

結局、きちんと聴かないまま、当日を迎えてしまいました。(^^;)うひー!


演奏会に行くと、私が必ず行う儀式?があります。

舞台の前まで行って、何のピアノか確認することです(大したことじゃないでしょ?笑)

ピアノの脇にメーカーロゴがあれば、この儀式はやりませんが、まぁ、たいてい見に行ってますね。

今回も見に行ってきました。

舞台には2台のピアノが置かれています。

舞台向かって左側(奥)のピアノが「ヤマハ」、右側(手前)が「ベーゼンドルファー」でした。

右側の「ベーゼンドルファー」は、大屋根が取り外された状態で置かれます。

ちなみに、2台のピアノを同じ向きに並べて置いた場合は、手前のピアノの大屋根を取り外します。

これは、2台ピアノの演奏会での常識ですね~。

今回は「ヤマハ」に合わせたようで、「ベーゼンドルファー」も結構はっきりした音質でした。


今回の演奏会曲目は、私には初めて聴く曲ばかりでした。

いただいたプログラムに、曲の解説が簡単に書かれていましたが、またもや斜め読み…。

これは横着ではなくて、解説を読んだら、「そのように」聴いてしまうでしょ?

知っている曲なら事前にじっくり読みますが、そうでないときは聴き終えてからじっくり読んでます。(言い訳?)



1.ラフマニノフ 組曲第1番「幻想的絵画」op.15より ①舟歌 ②夜と愛と ④復活祭
  この曲は3番目に「涙」という曲があり、4曲で構成されています。(今回は「涙」は演奏されず)
  ①の「舟歌」は、絶え間なく流れる水のイメージが浮かびましたし、
  ④の出だしは鐘の音だ~と思いました。たくさんの鐘が響き渡っている印象を受けました。
 

2.ミヨー スカラムーシュ ①ヴィフ ②モデレ ③ブラジルの女 
  この組曲は③の「ブラジルの女」が印象に残りました。
  独特な激しいリズム感で、思わず踊りだしたくなりそうでした。
  この独特なリズムは解説によると、サンバのリズムだそうです。
  先生方が、お揃いの衣装で出てこられました。ステキ!


3.ラフマニノフ 組曲第2番 op.17 ①序奏 ②ワルツ ③ロマンス ④タランテラ
  この曲は④のタランテラが印象強かったです。
  ラフマニノフのピアノ協奏曲みたいなイメージです。オーケストラの曲みたい!
  これ、かっこいい曲だなぁ…。弾けないだろうけど、弾いてみたいなぁと思った曲です。
  


       ------ 休 憩 (15分間)------


あとで気が付いたことなのですが、私は多分、ここで大失敗をやらかしています。

この休憩時間に、おそらく前半に演奏をおこなった先生方がロビーに出ていらしたようなのです。

基本、休憩時間でもあまり席を立たない私は、

座席に座ったまま、この休憩時間を過ごしてしまったのです。

私の先生も、前半に演奏されたので、ロビーにいらしたとしたら、

ご挨拶もしない、恩知らずな生徒ということになります。

あぁ~!時の砂(byドラゴンクエスト)で時間を戻したい~!!(ノД`)・゜・。



4.ブラームス ハイドンの主題による変奏曲 op.56b
  変奏曲ということで、色とりどりの曲を聴かせていただいた感じです。
  先生方の衣装が色違いでデザイン一緒!女の子が憧れる、ふあふあドレスです。
  髪型まで合わせて、遠目で見ると、まるで双子のようでした。


5.・J.S.バッハ オルガン幻想曲とフーガ BWV542
  バッハにも2台用の曲があるんですねぇ(無知丸出しですが…(^^;))
  バッハは弾くには難しくて難儀してしまうけど、聴く側に回ると非常に魅力的な作曲家ですね。
  荘厳な気持ちになりながら聴いていました。

  ・サン=サーンス 死の舞踏 op.40
   解説を読んでみると、物語の曲のようですね。
  曲とは全然関係ないのですが、
  前の席に座っていらした小さな子どもさんが、この曲に合わせて指揮をしていました。
  「可愛いなぁ!」と思いながら隣を見ると、その子のお父様も小さく指揮をしておられました。
  ほほえましい!こういうのって凄くいいなぁ~。


6.アンダーソン&リー 「カルメンファンタジー」ビゼーの主題による2台のピアノのための幻想曲
  なじみのあるフレーズがぱらぱらと出て来て、とても楽しめた一曲。
  しっとり聴かせる部分があったのですが、その音の素晴らしいこと!聴きほれてしまいました。
  「カルメン」にインスパイアされた曲ですから、全体的に躍動感があふれています。
  曲に乗るときは、弾く時も聴く時も同じで、体が自然にリズムに合わせて揺れます。
  この曲を聴きながら、体が揺れっぱなしでしたが、まわりに迷惑にならない程度に抑えました(笑)
  5で書いた、指揮のまねをしていた子どもさんが、
  今度は曲を聴きながら、ピアノを弾くしぐさをしていました。
  それにつられたのか、その子のお隣に座っていた子どもさん(幼稚園くらい?)も真似し始めて…!
  もう子ども達が「かわいすぐる!!」


ということで、初めて聴いた曲ばかりでしたが、とても楽しく聴いてきました。

先生がたの本気演奏が聴くことが出来てとても良かったです。

とにかく弾き方がきれいだなぁ。腕の動きとか、とても滑らかです。


先生方は、普段は生徒たちにピアノを教えているわけですし、

空いた時間に練習といえども、2人で合わせる時間を捻出するのは大変だったろうな~と思ってしまいました。

この演奏会の前後に、生徒たちの発表会が、数日にわたって行われる予定です。

ご自分の教え子が出ている発表会以外は、先生も顔出しはしないと思われますが、

発表会準備やら、演奏会で弾く曲の練習やらで、大忙しだっただろうということは、容易に想像ができます。

それで、あれだけの高い完成度ですから、これはもう「さすが!」としか言いようがありません。

みなさま、音楽教室の先生にしておくにはもったいないです!

私の先生も凄く素敵でした!

5日のレッスン時のお話では、演奏会当日の午前中は、発表会に顔出しされていたようです。

はたして当日、練習する時間は取れたのでしょうか?

心配でしたが、そんな不安は全くの杞憂に終わりました。素晴らしい演奏でしたよ~!

いつだったか、レッスンの待ち時間に練習されていたと思われる曲も大体わかりました。

1回しか聴いたことないけれど、たぶんこの曲だなぁと確信できました。



9月5日のレッスンを簡単に書いておきます。

いつものように大屋根を開けて2曲とも弾きました。

op.10-9は、ちょっと左手を遠慮がちに弾いてしまったので、音抜けがいくつか出てしまいました。

もっと、遠慮しないで音を出して良いとのことです。

まぁ、右手より大きくしたら、さすがにマズイですけどね(笑)

ラストが、またまた左右の音が合わなかった。

家のピアノなら出来るのに、他のピアノでは出来ないというのはどういうことだろう?

「無事に弾き終えることができそうだ」と安心して、注意が散漫になっているのだろうか?

op.25-7は、時々ありえないミスをやらかすので、ちょっと怖くなってきました。

弾きなれてくると、全然違うことを考えながらでも弾けるので、それがマズイのかも。

もっと集中して練習しないといけないなぁ…。


発表会のプログラムがようやくできてきました。

「大人の発表会」です。午後に2部構成で、私は2部に参加します。

やはり女子が多いですね~。男子も数名ですが、ちゃんといらっしゃいます。

私の先生の生徒さんで「人前で弾くのが大好きという男のかた」がいらっしゃるらしいのですが、

その方の演奏を聴いてみたいなぁ…、となんとなく思っています。今回は出演されているのかな?

それから、ショパンの「木枯らし」のエチュード弾くかたは別の日みたいです。

次のレッスンの時に、「覚えていたら(笑)」お聞きしてみよう。(多分忘れます…笑)

しかし、全体的にレベル高いなぁ!

ベートーヴェン、シューベルト、ショパンらのソナタとか、普通にあります…(汗)

(時間制限がありますから、さすがに全楽章ではありませんが…)

このプログラムを見ていたら、やはり1部から聴いてみたくなりますね。

まぁ、当日は、間違いなくそんな悠長なことを言っている場合じゃないと思いますが…(^^;)

家での悪あがき練習で、全く集中できず、パニックに陥っていそうです(ありがちだね…笑) 


  
いつもダラダラ記事をお読みいただき、ありがとうございます。
発表会カウンタダウン間近です。(◎_◎;)


ピアノランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

2015/09/07 Mon. 02:53  edit

Category: この素晴らしき演奏家達

tb: --  |  cm: 2

top △

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2015/09/12 07:08 | edit

9月12日の7時8分にコメントをくださった鍵コメさまへ

お忙しいところ、コメントありがとうございます。m(__)m

地震は、こちらは震度3だったようですが、
それでも揺れで目が覚めました。
寝ている時の地震は、あまり気持ちの良いものではありませんね。
(寝ている時に限らず、地震自体、気持ちが良いものではありませんが…笑)。
震源地は東京湾のようですね。
鍵コメさまのお住まいのほうは、コメントの内容から察するに、相当揺れたご様子。
被害はありませんでしたでしょうか?

お仕事の関係上、大きな地震があると、朝からバタバタになってしまいますね。
本当にお疲れ様です。

kusu #- | URL | 2015/09/12 07:43 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △