ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

9月12日は、「音楽一家」さんとの合同レッスンでした。 

発表会まで、カウントダウンに入りました。

いまだに怪しいところがあったりして、「大丈夫かな~?」感満載です。

op.10-9と、op.25-7が発表会で弾く曲なので、毎日、数回(十数回?)弾いているのですが、

9月9日に、突然op.25-7中間部のトリルでコケるようになってしまいました。

このトリルでコケると、左手の忙しい部分に上手く入れず、止まってしまうのです。

トリルの最後で、なぜか次の14連符の音をひっかけるようになってしまったわけです。

うわぁぁぁぁぁぁぁぁ~!!!!どーしよー!!!

ここに来て急にできなくなって、焦りまくりです。


9月9日、何度さらっても出来ない。(゚Д゚;)
9月10日 しつこく、その部分ばかりをさらいましたが、相変わらず出来ない。(ノД`)・゜・。
9月11日 何となく直せるような気がしてきた…(^^;)
9月12日(レッスン当日)時々コケる程度まで回復?


余り気にしすぎるとトチるような気がします。


9月12日のレッスンです。

以前から、先生より、発表会の前に一度練習会みたいなことをしましょうか?というお話をいただいておりました。

自宅では、大概一人で練習ですし、普段のレッスンでは先生と二人。

ということで、人前で弾く練習を発表会前にしませんか?という、ありがたいお計らいです。

先週、先生にお聞きしたところ、私の次の次の生徒さんもご一緒するということでした。

何と!お相手は「音楽一家」さんでした。

(注:「音楽一家」さんとは、朝からリビングにクラシック音楽が流れる、ステキなお宅のマダムさんです。
私の次の生徒さんでしたが、
今年の5月から、彼女のお嬢さまがグループレッスンから個人レッスンへ編入されたため、
彼女は、私の次の次の生徒さんになったのでした。)

広いお部屋に移動してのレッスンです。

C3のグランドがあるお部屋で、ちょっとしたサロン演奏会が開ける広さです。

一昨年、ピアノを買おうかと考えていた時に、この部屋のピアノを弾かせていただきましたので、

私がこの部屋に入るのは2回目になります。

まず、発表会の曲を弾いてから、先生のレッスンです。

広い部屋は音響がいいわぁ~(^^♪

「音楽一家」さんも2曲弾かれました。

とてもしっとりと澄み切った音です。しかもとても丁寧に、曲を慈しむように弾かれるかたです。

ご自分の世界を持っていらっしゃる方ですと、先生もおっしゃっておられましたが、

拝聴して、激しく納得してしまいました。

それから私の番です。あれ?かすかだけど、自分の心臓の音が聞えるぞ…(^^;)

アガッているという自覚はなかったのですが、やはり環境が変わると、ちょっと緊張するのかなぁ。

ということで、普段ならトチらないところで凡ミスが…(゚Д゚;)

不思議と普段「苦手だぁ~」と思っているところは、

自分でも練習強化しているだけあって、トチってもなんとかスルーできますが、

普段、何気なく弾けているところほど、音をはずすと動揺しますね。

それから、ひとりずつ、先生のアドバイスをいただきました。



○op.10-9 ・ラスト部分の音がやはり大きくなってしまうので、
      「この部分はソフトペダルを使って弾いてみましょうか?」ということになりました。
       ソフトペダルはあまり使ったことがないので、踏むこと自体に意識が行ってしまい、
       この時期での導入はさすがにちょっと怖いけど、まぁ、慣れるしかない…。


○op.25-7 ・イントロダクション部分のさき、メロディがすぐに弱くなってしまう傾向があるので、
       もっと左手の音量を保って弾くこと。他の同じような箇所も同傾向なので、注意する。。
      ・中間部で左手の音をもっと出してほしい。      
       左手が忙しいところで、リズム感なしに走ってしまうので、楽譜通りに弾くこと。
       (14連符の先、32分音符4つ-4つ-6連符-6連符ですが、
       これが14連符の流れのままで、なだれ込んでしまっている)
       ・ラスト部分は、左手の音をもっとたっぷりと出すこと。右手の和音の音量は抑え気味に。


最後にもう一度通して弾いてみる。途中でトチって「アッ!」とか声出してしまうし…(^^;)ヲイヲイ…

トチっても、声に出さないようにしよう(レベル低ッ!笑)

いや~、ちょっと緊張したけど面白かった。こういうのもたまには良いよね。

広い部屋で弾くと、自分にはあまり音が響いてこない。

音が遠くに飛んで行っているみたいな、というわけでもなかったのだけれど???

どういう音で自分が弾いてるのか、聴こえているんだけど、聴こえてないみたいな?(どっちだよ?(◎_◎;))

「音楽一家」さんの演奏は、とても音が澄んでいて、うっとりするほど素敵な演奏でしたが、

自分の演奏は、なんだか乱暴に聴こえるなぁ?



(ここから下、オタ系注意です)
話は変わりますが、ちょっと前の新聞記事に、

あの映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で登場する、

車型タイムマシンでもある「デロリアン」を、県内N市で再現した、という記事が掲載されていました。

ということで、懐かしくなってしまい、金曜日の深夜に、この映画の1と2を続けて見てみました。

いつだったか、深夜帯のBS放送だったかな?

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」全3話を続けて放映していたことがありまして、

それを録画し、ブルーレイ・ディスクに焼き付けたものを見たわけです。

やはり、この映画、おもしろいな~。

Ⅱでは、1985年から30年後の未来…なんと今年!2015年にタイムスリップしますが、

当時の発想による30年後は、時代が進み過ぎてます。車はまだ空を飛んでませんし…。

それにしても「ジゴワット」の「ジゴ」って何?「ギガ」のことじゃないよねぇ?架空の単位?

この映画を見始めた1980年代からずっと気になっていたことばです。

個人的に、クリストファー・ロイド氏演ずる、ドク(エメット)・ブラウンが大好きでね~♪

この映画を夢中になってみていた時期は、ワタクシもまだまだ若かったのですが、やはり好みが渋すぎる!

小・中学生時代に、田宮二郎氏、露口茂氏(by太陽にほえろ)に夢中になっているというのは

どう考えても、我ながら渋すぎる好みとしか思えません。(笑)



いつもお読みいただきありがとうございます。
発表会までカウントダウンです!発表会が終わっても、すぐに練習会が控えております。
まだまだ気が抜けません。
近日中に、練習会前の弾き合い会に参加予定です。ハードスケジュールっす!


ピアノランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

2015/09/13 Sun. 02:51  edit

Category: ピアノレッスン

tb: --  |  cm: 14

top △

コメント

いつも弾けてたところが急に弾けなくなる経験、私もあります。
だんだん弾けるようになってきた~って思ってたら、急に下手になることもあります。
あれって、何ででしょうか~?

私は仕上げ撮影されてるときに
苦手なところを間違わずに弾いて「弾けた!」って意識が脳裏をかすめた瞬間に普段ミスしないところで転んでしまいます。
演奏中は余計なことを考えちゃいけないですね(≧▽≦)

★あ~や★ #8Y4d93Uo | URL | 2015/09/14 00:25 | edit

★あ〜や★さま、いつもコメントありがとうございます。

> いつも弾けてたところが急に弾けなくなる経験、私もあります。
そうそう、今まで弾けていたところが、突然出来なくなるんですよ〜(泣)
何かの拍子に間違えたことが、
瞬間的に指にインプットされてしまう、みたいな感じです。
焦っているせいか、何度弾いても、同じミスを繰り返してしまうんです。
最後は諦めて放置しておくと、また弾けるようになっていたりします。
いきなり弾けなくなるというのは、
いつも弾いている指使いではない指使いで弾いてしまったときかも?
指(脳)が混乱していますから…(笑)。

> だんだん弾けるようになってきた〜って思ってたら、急に下手になることもあります。
これも「ピアノあるある」です!実に不思議ですよね〜!

★あ〜や★さまもコメントされていらっしゃいますが、
まさしくその通りなんです。激しく同意です。
私も、「よし!何とか上手く弾けそうだ!」と思った次の瞬間、ほぼもれなくミスりますね。
最後まで、気を引き締めて弾かないといけないということですね。
レッスンで、演奏の撮影をなさっておられるのですね。
もう少し性能の良いデジカメを購入できたら、私も先生にお願いしてやってみたいなぁと思います。
後で見返して勉強になりそうですし、撮影中も、人前で弾いているような緊張感も味わえる…。
良いレッスンをうけられていらっしゃるのですね。
参考になります。

kusu #- | URL | 2015/09/14 02:37 | edit

こんばんは

以前から思っていたことなんですけど、「音楽一家さん」ってネーミングがなんとも良いです(^^♪

本番前のリハーサルができて良かったですね~
それもいっぱい緊張した状態のようですので、本番に向けてよかったのではないでしょうか~
緊張の練習も必須ですよね~(^^ゞ

レディピアノ #hmP6g7cw | URL | 2015/09/15 21:39 | edit

レディピアノさま、コメントありがとうございます。

ピアノを習いに来られているかたは、皆さま音楽がお好きですから、
みなさま「音楽一家」さんなんですけどね(^^;)

ちなみに私の前の生徒さんは、お父様がヴァイオリン(オケ経験者)を
お母様がピアノを弾き、お二人のお子様(お兄ちゃまにお嬢ちゃま)にピアノを習わせ、
さらに、お嬢ちゃまはクリスチャン系の幼稚園に通っていたとのことで、
小学生なのに、英語がペラペラなのだそうです。うっひゃー!(^▽^;)
私の前の生徒さんは、この優秀なお嬢ちゃまです。
今の子って恵まれているわね~。
私の子ども時代とは雲泥の差です(*_*;

私が「音楽一家」さんと呼んでいるかたも、音楽好きのご一家ですが、
何となく彼女には雅びな雰囲気を感じます。

> 本番前のリハーサルができて良かったですね~
発表会の当日は、残念ながら、リハーサルなしなので、
どんなピアノなのか、自分の番になって弾いてみるまでわかりません。
本当は、ちょっとくらい触ってみたいんですけどね~。
触ってみるまでのお楽しみ?
いつもは6畳強くらいのレッスン室で弾いているので、広い部屋で弾くと、何となく落ちつきませんね。
発表会の前に、もう一回練習会の予行練習みたいなものに参加します。
何人、お教室に集まるのか分かりませんが、また雰囲気が変わって、緊張感が倍増かも?
発表会当日の緊張感は、こんなものじゃないんでしょうけど(^^;)

相変わらず中間部が転びまくる怪しさです。上手くスルーできると良いなぁと思っています。

kusu #- | URL | 2015/09/15 23:31 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2015/09/16 01:06 | edit

9月16日の1時6分にコメントをくださった鍵コメさまへ

日付変更線を超えてのご訪問、ありがとうございます。
コメントいただき、ありがとうございます。m(__)m

そうそう!こればかりは、
いきなりくるので、油断も隙もあったものじゃありませんね~(笑)
メンタル的なことから来るのでしょうか?
私もメンタルよわよわですから…(自慢にもなりませんが…笑)

ちょっと広い部屋でも、自分が弾いているときの音と、
席で演奏を聴かせていただいているときの音が違いましたから、
ホールだと、なおさらかも~。
力むと自滅しそうなので、気にしないようにしたいと思いますが、
果たしてどうなることやら…(^^;)
応援コメント、ありがとうございます~!

kusu #- | URL | 2015/09/16 23:15 | edit

合同レッスン、見学するには素敵ですけど、生徒としてはかなり緊張しそうですね。メンタル弱い私には無理だ~

「音楽一家」さんってほんとにいいネーミングです。
曲をいつくしむようにていねいに弾かれるかたなんですね!私も目標にしたいです!
でもKUSUさんもいつも謙遜してらっしゃいますが、めっちゃお上手なんだから~(*^^)v
そんな上級者さんでも、本番前に急にスランプになることありますよね?もしかして今も、そのそういう状態なのかな?

>途中でトチって「アッ!」とか声出してしまうし…(^^;)ヲイヲイ…
わかります!ありますあります!そういうこと。
声出さなければミスが周りにの人にはバレなかったのに、というケースも結構あるようですから、お互い直したいですね、この悪い癖。

私はタワシ #5eVrhZok | URL | 2015/09/18 09:23 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2015/09/18 19:53 | edit

タワシさま、コメントありがとうございます。

合同レッスン受けましたが、先生を入れて4人(お一人は「音楽一家」さんの お嬢様です)ですから、
普段のレッスンとさほど変わらないのでは?とも思えるのですが、
部屋がだだっ広いだけで、なんだか緊張してしまったみたいです。
時々ねじ込む試弾でも、広い売り場で人の目(耳?)を気にしながら弾いてますけど
こちらは、どちらかというと「お遊び」より。
間違っても「まぁ、いっか!」ですから、お気楽この上なしです(笑)
偉い先生に教えていただく公開レッスンは、さすがに受けたことないですが、
こちらは発表会なみに緊張しそうです。

今週はなんだか仕事が忙しくて、あまりピアノの練習もできませんでした。
遅い時間に電子ピアノで練習していると、
なんだか日を追うごとに下手になっていくような気がしてきて、焦りました。
18日は少し早く家に帰れましたので、普通にピアノで練習しましたが、
不思議なことに、電子ピアノでミスりまくっていたところが、
さほど気にならない程度にまで回復していたので、ちょっとびっくり!
久しぶりに普通のピアノが弾けて、うれしかったからかな?

「あっ!」と声を出すだけでなく、百面相してしまうので、これも心配。
「まちがえちゃった…でへへ…」とか、「ぬぉぉぉ~(怒)なぜ、こんなところを間違えるっ?」
というのが、顔に出てしまうんです。
笑われないように気を付けます。
緊張して能面になっているかもしれないですけど…(爆笑)

ところで、タワシさまは、演奏するのを楽しんでいらっしゃるイメージがあります。
そんなたわしさまでも、「あっ!」とか、つい口走ってしまうことがあるのですね。
ちょっと安心しました…(笑)

kusu #- | URL | 2015/09/19 01:21 | edit

9月18日の19時53分にコメントをくださった鍵コメさまへ

コメントありがとうございます。

何だか本当にお仕事が大変そうですね。
せっかくとれた休日も、仕事になってしまっていますねぇ。
お疲れさまです。
ご連絡いただきました件、了解いたしました。
お気持ち、大変うれしいです。いつもありがとうございます。

ピアノは再開できるめども、まだ立たないようですが、
はやく時間的な余裕ができて、レッスンに行けるようになると良いですね。
それにしても、いろいろな仕事をこなしていらっしゃるのですね。
まさしく、仕事に追いかけられているような毎日…。
身体を壊さないよう、気を付けてくださいね~。

いつもお心遣い、ありがとうございます。

kusu #- | URL | 2015/09/19 01:48 | edit

スランプの原因は、いろいろあると思うのですが、ハノンを一日5分やるだけで効果があるのではないかと思います。 特に三度の音階を弾くと、指がしっかりすると思います。

H.T. #- | URL | 2015/09/19 08:05 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2015/09/20 22:25 | edit

H.Tさま、コメントのお返事が遅くなりまして申し訳ございません。

いつも、私にとって的確なアドバイス、ありがとうございます。

ハノンの音階だけでも、全調弾けるように出来ると良いとよくききます。
いくつかの調は、時々取り出して弾いておりますが、
すっかり弾けなくなっていまして、
一つの調を弾けるようにするのに結構時間がかかってしまい、
課題に追われて、なかなかできないのが現実です。
3度の音階というと、53番でしょうか。
とにかく指が 均一に鍛えられていませんので、
速いパッセージではよく指が転んでいます。
3度はもれなく苦手です…(^^;)
……頑張ります!

kusu #- | URL | 2015/09/20 23:05 | edit

9月20日の22時25分にコメントをくださった鍵コメさまへ

お忙しいところ、コメント、ありがとうございます。

終わりました~。
詳細はブログに書きますが(今日は更新できないかもしれませんが…)
演奏ではないところで、気になることがありまして、
なんというか、あれはアクシデントではないのか?
大したことではないのですが、「ピアノあるある」の落とし穴に、はまってしまった感じです。
それが気になって、曲に入り込むことが出来ませんでした。
みなさんは、この問題をどうして解決していらっしゃるんだろう?
ミスタッチだけなら、「まぁしかたないか。私の実力ってこんなもの」
と諦めもつきますが、ちょっと違う意味での後悔なので、とっても悔しいというか…。
お呼びしていなくて良かったです(泣)

大人再会組のかたは1部に多かったですね。
2部は、「子どものころから、ずっと習ってます!」みたいな人ばかりで
レベルが全然違いました。わたし、2部の中で一番下手だったんじゃないかしら?

10月に練習会に誘われてます。
今度こそリベンジします!あぁぁぁ~悔しいぃぃっ!

kusu #- | URL | 2015/09/20 23:21 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △