ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

久しぶりにめちゃくちゃ焦った! 

11月20日(金)にサントリーホールでのユンディ・リさんのリサイタルに行ってきました。

最初の予定では、当日は休暇をいただいて、

いつものように早めに家を出て、どこかでピアノをレンタルして、ちょっと弾いてから行くつもりでした。

体調がすぐれないことで、数日休暇を頂いてしまったこともあって、休暇残数も少ないし、

仕事をしてから行くことに変更しました。

少し早めに退社させていただくつもりでしたが、こまごまとやることもあり、

結局、終業時間の10分前の退社となってしまいました。

しかも、帰り道の途中にあるポストに、郵便物を投函するというおまけ付き…(^^;)

持って出た郵便物は結構な量。

後納郵便を利用しているので、郵便局指定の袋に郵便物を入れ、

袋に入れた郵便物の明細書を添付してポストに投函するのですが、

あまりの量に、郵便物がポストの投函口に入らない。

ぎゅうぎゅうと力任せに押し込んでも、途中でつかえてしまう。

袋を開けて、中身(郵便物)を移動させて何度もトライするものの、どうしても入らない。

17時を回っているので、郵便局の窓口はもう閉まっている。さてどうする?

「郵便物を持ったまま、サントリーホールへ行くしかないのかぁ…」と出るのは溜息ばかり。

時計を見ると、乗るつもりだった電車の時間まで、10分を切ってしまった。次の電車で行くしかないか…。

駅まで行くには、ちょっと遠回りになってしまうが、

歩いて5分くらいなので、そのポストから一番近い郵便局までダメもとで行ってみることにした。

郵便局を覗いてみたが、案の定、窓口にはカーテンが引かれてしまっている。

でも、窓口の中に局員さんがいらっしゃるのは、カーテンのすき間から見えたので、

窓口のガラスをトントンと叩いてみた。局員のかたが気づいてドアを開けてくださったので、

「受け付けは終了しました」と言われる前に、「ポストに入らなかったので、お願いしますっ!」と

郵便物の入った袋をお見せしたら、受け取ってくださいました。助かるぅ~。ダメもと正解!

(でも、良い子のみなさんは、局員さんの迷惑になってしまうので、まねしないでね!)

さて、重たい郵便物を持って歩かなくて済んだのは良いのですが、

「この電車で行こう」と決めていた電車には乗れず、次の電車で行くことになりましたが、果たして間に合うのか?

「もしかすると、バラードは聴くことが出来ないかも?」行くまでの行程を思い浮かべて、途方に暮れる。

電車では途中の駅で「特急」の通過待ちがあったりして、気が気ではない。

JR東京駅では、猛ダッシュ。長いエスカレータを息を切らして駆けあがり、東京メトロに飛び乗る。乗りかえは2回。

(エスカレータの駆け上がりは危険なので、良い子のみなさんは、これもまねしちゃだめですよ!)


……サントリーホールの席に着いたのが、開演の2分前!ぎりぎりセーフ…。もう汗だく…。

良かったぁ~。大好きなバラードを聴き逃さずに済んだぁ~(;´Д`)

聴けなかったら、マジに泣いていたところです。
(ワタクシ「バラード超絶偏愛症候群」に罹患していますから…笑)

それにしても、こんなに焦ったのは久しぶりではなかろうか?

まさしくスリルとサスペンス
(サスペンスって…何が?笑)でありました。


公演プログラム

○ショパン バラード 全4曲
○ショパン 前奏曲全曲


アンコール
○ショパン ノクターン op.9-2
○リスト タランテラ
○ジョン・レノン イマジン



今回のユンディ・リさんの演奏会は、何だかいろいろ物議をかもしていたので、ちょっと不安でした。

バラード3番の後半、不吉な予感で始まるところ、

伴奏の細かな動きの間から、メロディがすっと前に出て来る。それが非常に自然な感じ。

「こういう弾き方いいなぁ…」と感心させられた。

ミスタッチで「ドキッ」とするところもありましたが、

プログラムが進行するに従って、彼の持ち味が出てきたように思えます。

このかたは、とにかく音が、特に弱音が美しいにつきますね。

ノクターンも、ため息ものの演奏でしたし、リストの「タランテラ」、今回の演奏も凄かった。

どう弾いたら、あんなにキラキラした弱音や、ダイナミックなフォルテが出せるのだろう?

「タランテラ」が素晴らしかったので、彼の弾くリストをもっと聴いてみたいと思ってしまった。

アンコールで、ちょっとしたサプライズがありましたが、あぁいうのは「あり」なのかなぁ?

以前、地元のホールで聴いた清水和音さんの演奏会の時にも、同様のサプライズがありましたけどね。

ただ、ペダルを踏む音が大きかったのが気になりました。

ホールの真ん中あたりに座っていた私ですらそう思うのですから、

前の席で聴かれているかたは、もっと気になったのでは?と、思ってしまいました。

サントリーホール前、カラヤン広場のクリスマスツリー。 2015112018540001.jpg これもきれい! 2015112018550000.jpg




いつもお読みいただき、ありがとうございます。
次は、来年の2月の仲道郁代さんのリサイタルに行きます。
それから、来年のゴールデンウィークですが、恒例の横山幸雄さんの「入魂のショパン」公演が決まりましたねぇ。
コンチェルトが2曲聴けるわ~♪エチュードもop.10とop.25の両方聴けるぅ~(^^♪
この2つのプログラムが特に楽しみです♪
来年は全日通し券を取って、半日(休憩時間を含め8時間)ショパンにまみれたいなぁ。(≧▽≦)


ピアノランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

2015/11/22 Sun. 23:53  edit

Category: この素晴らしき演奏家達

tb: --  |  cm: 16

top △

コメント

お待ちしておりました

kusuさまのご感想心待ちにしておりまして、物理学者さまのブログを何度も経由してしまいました(笑)
事前にいろいろな方から情報をいただきまして心の準備をしてみなとみらい公演を聴きに参りました。

自分ではバラードを1曲ずつ弾くことが多いですが・・・
繋げて弾いてみることも勉強になりますね。
昨日やってみて上手く繋がらなかったです(涙)
1曲ずつ弾くこと、繋げて弾くこと
調理方法が違うと思います。

そのうちに皆さんで分担して繋げて見ませんか?
その場合・・・
バラード2番、3番が私の担当になりそうですね。
楽しみでございますがkusuさまの足を引っ張らないように頑張ります!

調律後の音色が華やかなになり、ますます弾き籠もりになりますね。
3月にコンサートホールをお借りしての練習会を開催いたします。
遠方で大変申し訳ございませんが、お時間気にせず何曲でもお弾きになれますので是非ご参加下さいませ。

kusuさまの弱音のコントロールはいつも大変素晴らしく感動いたします。
私の方が沢山の事を学ばせて頂いております。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。




もちづきかず #- | URL | 2015/11/23 12:50 | edit

間違いなく、ワタクシが足を引っ張ってしまいますよ~(^^;)

もちづきかずさま、コメントありがとうございます。

> 自分ではバラードを1曲ずつ弾くことが多いですが・・・
> 繋げて弾いてみることも勉強になりますね。
> 昨日やってみて上手く繋がらなかったです(涙)
> そのうちに皆さんで分担して繋げて見ませんか?
> その場合・・・
> バラード2番、3番が私の担当になりそうですね。
> 楽しみでございますがkusuさまの足を引っ張らないように頑張ります!
1番ですら、演奏とも言えないようなヨレヨレぶりのワタクシから見て、
バラードを4曲とも弾きこなせるのが、とても羨ましく思います。
4曲を分担してつなげる試み、楽しそうですが、私が思いっきり足を引っ張ると思いますよ~?
せめて、止まらずに弾けるようになりたいですね。

仕事が終わってから、リサイタルを聴きに行くのは、どうしても時間との闘いになってしまいますね。
今回も、もう少し時間の余裕を持って行動を起こせばよかったのですが、
なかなか思ったように、ことが運びません。
開演時間ぴったりに演奏が始まるわけではないのですが、(数分の時間の余裕がありますね)
演奏が始まってしまえば、ホールの中に入ること自体が出来ませんから、結構焦りました。

練習会のお誘い、ありがとうございます。
3月ですと、年度末ですねぇ…。
日程的にかなり厳しいですが、仕事の工程次第では何とかなるかもしれません。
それまでに何とか弾ける曲が出来るといいのですが…(^^;)
その頃までには、発表会の曲の練習に入っているでしょうから、
その曲がなんとか(ここが難しいところです…汗)披露できればいいかなぁ?と思っております。

> kusuさまの弱音のコントロールはいつも大変素晴らしく感動いたします。
お褒めいただき、ありがとうございます。m(__)m
でも、相当弾きこまないと、音のコントロールまでたどり着かないんです。
それまで、結構ぶっきらぼうな弾き方をしています。
「フレーズがブチブチ切れてます」と、先生にも良く言われています。
曲としてまとめるのも、なかなか大変ですが、
あれこれ試してみて、自分なりに曲を作り上げていくのはとても楽しいです。

こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

kusu #- | URL | 2015/11/23 23:37 | edit

こんにちは

ワタシは最近コンサートいってないなぁ~。
余力がない(笑)
kusuさま、blogを拝見していても色々行動力有る方だなあと思っていました❗

ギリギリ間に合ってよかったですね🎵

ところで、発表会の曲はきまったのですか?

レディピアノ #hmP6g7cw | URL | 2015/11/24 12:42 | edit

ユンディ・リ、行こうか、行くまいか迷った末、行かなかったです。 ショパンコンクールの優勝者は、ショパン以外のレパートリーをどうやって、増やしてゆくのかが課題で、ユンディ・リも、それに苦労しているように見えます。 少し、スケジュールを空けて、レパートリーをじっくり増やしたら、と思いますが、中々、それができないのでしょうね。

バラードを4曲通して弾くのは大変だと思います。 プロの演奏でも、大きく崩れたり、弾き直しをしているのを目にしたこともあり、別の難しさがあるようですね。個人的には、まだ弾いたことがない2番を弾いてみたい気もします。

H.T. #- | URL | 2015/11/24 19:19 | edit

何だか癖になっています…?(笑)

レディピアノさま、いつもコメントありがとうございます。

振り返ってみると、今年も精力的に演奏会の類に出かけています。
なんと、今回のユンディ・リさんで今年6回目の演奏会…。(^^;)
ちょっと散財しすぎな気がしますが、
生の演奏を聴くのはとても楽しいですし、勉強になりますね。
だからと言って、まねできるほど、技術もないですけど…(;_;)

それから、一人で気ままに行っているからかもしれませんね。
演奏会の前後に、買い物をしようが、試弾に行こうが自由ですし、
出掛ける時間まで、家で練習していても良いわけですから。
誰かと聴きに行くのも楽しいですが、
そういうお気楽さが、出かけてみる原動力になっているのかも?
基本引きこもり体質なので、こういうことでもないと、
1年を通じて、休日にはどこへも出かけませんでした、ということになりかねません。

発表会の曲ですか~(^^;
候補曲が2曲あります。
1曲は20年くらい昔に練習した曲で、もう1曲は新しい曲です。
「両方練習してみてもよいのでは?」と先生にも言われましたが、
2曲とも譜読みからのスタートです。
過去に練習した曲でも、もうすっかり忘れきってます…。
公開はもう少し待ってくださーい。くじけるかもしれないので…(ヲイヲイ…笑)

kusu #- | URL | 2015/11/24 21:23 | edit

ショパンコンクール優勝者の呪縛?

H.Tさま、いつもコメントありがとうございます。

ユンディ・リ氏に限らず、
ショパンコンクールの優勝者は、ショパンを弾くことを求められる傾向がありますね。
ショパン弾きのレッテルが、なかなかはがせないようです。
特に、日本にはショパン好きが多いですから。
彼の場合も、これからどうやって新境地?を開拓していくか、でしょうか。
去年聴かせていただいた、ベートーヴェンやシューマンもとても良かったですし、
(シューマンは、もう一度聴きたいと思っています)
2年続けて弾かれたリストも素晴らしいと思いましたので、
この調子で、少しずつでも、ショパン以外のレパートリーを増やされたら良いのではないかと思います。

バラード4曲続けて弾くという演奏会には、数回行ったことがありますが、
弾くにも体力を使いますし、内面の表現的にも難しいですし、やはり弾くのは大変だと思いますね。
バラードは、弾ける子ならば、中学生くらいの子ども達が練習する曲のようです。
大体3番から取り掛かるパターンが多いようですね。(私の先生も中三で弾いたとおっしゃっていました)
生きているうちに、もう1曲くらい手掛けてみたいですが、弾くなら3番かな?
H.Tさまも、ぜひ2番も練習されて、練習会で全曲披露してみてはいかがでしょうか?
私も1番を止まらないで弾けるようになりたいものです。
全然脱力できなくて、苦労している箇所もたくさんあるので、
止まらずに弾けるようになるには、まだまだ時間がかかりそうです。

kusu #- | URL | 2015/11/24 22:19 | edit

バラード全曲

H.Tさまのショパン:バラード全曲通し演奏♪
私もたのしみでございます。
では・・・
私はスケルツォにさせていただきますね♪

もちづきかず #- | URL | 2015/11/24 23:36 | edit

2番のバラード、先生は、「一番弾きやすいから楽よ」と言うんですが、ちょっと譜読みしてみると、構造は単純なのだけど、あの音型を根気よくものにしないといけないので、「大変だなあ」と思ってしまいます。 プロの人は簡単に弾くようで、Rusbergerの本: Play it again http://alanrusbridger.com/playitagain/about/book に小川典子さんが出てきて、14歳のとき1番のバラードを2週間で弾けるようになった(仕上がったのは2カ月くらいあとらしいですが)とあります。因みにEmanuel Ax も Daniel Barenboimも14歳のときに弾いたそうです。 でもAxは「コーダはちゃんと弾けたことがない、プロでちゃんと弾いていたのはポリーニくらい」らしいです。 

H.T. #- | URL | 2015/11/25 20:08 | edit

凄いことになってきましたね(^^;

もちづきかずさま、再びのコメント、ありがとうございます。

H.Tさまがバラード全曲で、
もちづきさまがスケルツォ全曲ですか?
凄いことになってきましたね~。
練習会というよりは、リサイタルと言ってもよさそうです。
私はますます手も足も出なくなりそうです。

kusu #- | URL | 2015/11/25 23:12 | edit

H.Tさまでも苦労される?バラード2番…。

H.Tさま、またまたいらしゃいませ~m(__)m
再びのコメント、ありがとうございます。

私の先生も、次に練習するなら「バラード2番」とおっしゃったことがあります。
楽譜を先生にお見せしながら、
「最後の2ページ(コーダ)が大変じゃないですか?」とお尋ねしましたら、
「うーん……ここは、ちょっと難しいかな?」と余裕でおっしゃいました。
もちろん、ここは全然弾ける気がしないのですが、
バラード2曲も、完全暗譜でバリバリ弾けるH.Tさまが苦労されているのでしたら、
私が太刀打ちできるレベルではないですねぇ…(^^;)

プロでも「それらしく弾いている」ということでしょうか?
恐るべしバラード2番!という感じですねぇ…。

kusu #- | URL | 2015/11/25 23:55 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2015/11/26 21:12 | edit

発表会無事終わりました。

応援ありがとうございました(*^^)v。
上出来でした。

真由子 #- | URL | 2015/11/29 18:15 | edit

11月26日の21時12分にコメントをくださった鍵コメさまへ

コメントのお返事がめちゃくちゃ遅くなりまして、申し訳ありませんっ!(ひぃぃ~!滝汗)

月末は何かと仕事が忙しくて、PC自体を立ち上げる時間がなかったりします。
大変、失礼をいたしました。お許しくださいませ~m(__)m

コンサートは、以前はあまり行ってなかったですね。
地元ホールで「聴いてみたい!」と思う演奏会の情報があれば行っていた程度です。
都内のホールで…というのは、なぜか視野に入っていませんでした。なんでだろ?
ということで、あちこち足をのばして行きだしたのは、ここ数年です。
演奏会を聴きに行くのはいいですね~。
と、言うことで、今日も…(^^;)
これについてはブログに書きますね。

いつもありがとうございます。
時々?お返事がなかなか書けなかったりしますが、
これに懲りずに、またお越しくださると嬉しいです。

kusu #- | URL | 2015/11/29 20:44 | edit

発表会、お疲れさまでした。

真由子さま、コメントありがとうございます。

発表会、成功裏に終わったようですね。
お疲れさまでした。
発表会で、自分が満足するレベルで弾けたのは凄いことだと思います。
私の場合、「あの部分、家だともっと素敵に弾けたのにな~」とか、
「いつもは間違えないのに~」とか、ちょっと後悔が目白押しです。
発表会に自分のピークを持って行くのも結構大変。
気が付くとピークを越えて、下降線にはいってしまったりも…(^^;)
何はともあれ、日頃の練習のたまものですね。
次回の発表会の曲は「あれ」でしたね?(笑)
最高の演奏が出来るよう、頑張ってくださいね~。

ご連絡、ありがとうございました。

kusu #- | URL | 2015/11/29 21:00 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2015/12/03 21:53 | edit

12月3日の21時53分にコメントをくださった鍵コメさまへ

再びのコメント、ありがとうございます。

調律師さんからですか?
それはキツイ一言ですね~(^^;
次の調律のときに、ぜひ披露して、「どや?」とやってみては?(^^;
良い曲ですし、頑張りがいがありますよ。
応援していまーす。

kusu #- | URL | 2015/12/03 23:00 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △