ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

黒沼ユリ子さんのヴァイオリンリサイタルに行ってきました。 

さて、3連休のなか日である10日に、

去年、セカンドオピニオンレッスンでご一緒させていただきましたKさんと、

今年最初の演奏会に行ってまいりました。

今回は黒沼ユリ子さんのヴァイオリンリサイタルです~♪H28年1月10日演奏会プログラム

ヴァイオリンは、私がピアノ以外で弾いてみたいと思う楽器の筆頭ですが、

演奏会には行ったことがなかったのですね。なんと!今回が初めての生ヴァイオリンです。(オケは除く)

地元ホールでの開催でしたが、開場時間のかなり前から入場するための長ーい列が出来ておりました。

ちなみに、今回が黒沼さんにとって最後の演奏会だそうです。


出演者(敬称略):黒沼ユリ子(ヴァイオリン)
         ラファエル・ゲーラ(ピアノ)
         井口朝子(ヴァイオリン)
         上村理一(ヴィオラ)


○プログラム ・ベートーヴェン ソナタ第5番「春」(ヴァイオリンとピアノ)
           いわゆる「スプリングソナタ」有名な曲ですよね~。
           出だしの音から「うっとり」の世界でした。


         ・ドボルジャーク:ソナティナ 作品100 (ヴァイオリンとピアノ)
           ドボルジャークが、彼の子ども達にささげた曲だそうです。
           子どもたちのはしゃぐ声が聞こえてきそうな曲でした。


         ・ドボルジャーク:ユモレスク (ヴァイオリンとピアノ)

          * * *   休   憩   * * *

         ・エロルドゥイ:マズルカ イ短調 (ピアノ・ソロ)
           メキシコのショパンと呼ばれていた作曲家のひとりだそうです。
           「ショパンの曲です」と言われたら納得できてしまうくらい、
           ショパン節炸裂!な感じの曲でした。

 
         ・ポンセ:メキシコのバラード (ピアノ・ソロ)
           このかたも、メキシコのショパンと呼ばれていた作曲家のひとりだとか…。
           超絶技巧曲!私には何となーく、ショパン×ラフマニノフ÷2のような気がしました。


         ・マルティヌー:セレナーデ 第2番 (2台のヴァイオリンとヴィオラ)

         ・ショスタコーヴィチ:3つの二重奏曲 (2台のヴァイオリンとピアノ)
           黒沼さんは、あの東日本大震災に大変心を痛めておられて、
           この3つの二重奏曲に東日本大震災をなぞらえ、
           1曲目が鎮魂の曲、2曲目が失った人たちの想い出、3曲目が希望の曲と語っておられました。
           ちなみに本日使用しているヴァイオリンの魂柱は、震災後に1本だけ流されずに残った、
           「奇跡の一本松」で作られたのだそうです。

           (魂柱とは、ヴァイオリンの表板と裏板の間に垂直に立てられた棒状の木片のこと。
           魂柱は、ヴァイオリンの心臓部と言っても良いほど重要なパーツであるが、
           本体に接着しないので、f字孔から工具を入れて、取りつけや調整が出来るそうです)

         ・サラサーテ:ナヴァラ(2台のヴァイオリンとピアノ)
      
         ・スメタナ:「故郷」から全2曲(ヴァイオリンとピアノ)


休憩時間を挟んだ後半は、数台の弦楽器での演奏が多かったですが、

1挺でもヴァイオリンの音色は素敵なのに、これがデュエットになったり、ヴィオラが入ったりすると、

ハーモニーが出来て、とっても華やかな感じになりますね。

さらに、プログラムが進むにつれて、ヴァイオリンの音の輝きがどんどん増してきて、

その音の心地よさに、すっかり酔いしれてしまいました。



○アンコール ・タイス:瞑想曲
           この曲も超有名曲!ヴァイオリンの音の美しさを堪能できる曲ですね。
           この曲を聴いてあまりの美しさに泣きそうになりました。


       ・クライスラー:プレリュードとアレグロ
           「この曲、絶対に聴いたことがある!」最初の部分でそう思ったけれど、
           曲名について、黒沼さんご自身からお話がなかったので、
           「どうしても曲名が知りたい~!」と思い、
           受付のかたにお願いして、曲名を訊いていただきました。
           帰宅後、唯一持っているヴァイオリンのCD(演奏者:川井郁子さん)を見てみましたら、
           この曲がありました。(演奏者自身による編曲がなされているものでしたが)
           このCDで聴いていたんだな~。
           ちなみにクライスラーというと、浮かぶのは「愛の悲しみ」。この曲もワタクシ大好きです。


          
初めてのヴァイオリン演奏会でしたが、ピアノの演奏会とはまた違った次元の感動でした。

ヴァイオリンは肉声ですよね。演奏者の息遣い、思いがストレートに音になって現れる。

嬉しい・悲しい・郷愁・やりきれない想い・愛しさ・絶望・慟哭・何度でも立ち上がろうとする強さ…

たくさんのメッセージを、曲という媒体を介して受け止めた感じでした。

音楽は素敵です!音楽は神から与えられた、最高の贈り物のひとつだと思いました。


今回の演奏会を最後に、黒沼さんは演奏家から引退をするそうです。

スポーツ選手には、引退というものがありますが、音楽家にも引退年齢ってあるのでしょうか?

黒沼さんには、引退と言わずにまだまだ弾き続けてほしいなぁ、と心から思った演奏会でした。


演奏会後、Kさんと新年会。

私が女子会でいつも使うお店にご案内しました。

2016011017200000.jpg ←厚揚げ焼きと水餃子   2016011017490000.jpg ← 白身魚のサラダ(でも葉っぱがない?)

心も身体もお腹いっぱいな1日でした。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
来月は仲道郁代さんの演奏会に行きま~す。シューマン、復習しておかないと…


ピアノランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

2016/01/11 Mon. 02:44  edit

Category: この素晴らしき演奏家達

tb: --  |  cm: 6

top △

コメント

日曜日はお疲れさまでした。
年明け早々素晴らしい演奏会でスタートが切れ、
くすさまと共に感動を分かち合えることができて嬉しいです。

おっしゃる通り、ヴァイオリンは肉声ですね。
黒沼さんの75年半の人生を魂のこもったヴァイオリンの音色と曲とともに私も一緒に旅してたくさんのメッセージを受け取らせていただいたような気がします。

それにしてもこれで最後だなんて本当に残念ですが、
これからのご多幸とご健康をお祈りしたいと思います。

またお目にかかれますことを楽しみにしています。
ありがとうございました。

poro #- | URL | 2016/01/11 23:16 | edit

お誘いくださり、ありがとうございました。

poroさま、早速のコメントありがとうございます。

日曜日は、ヴァイオリンの美しい音色にすっかり魅了されてしまいましたね。
ピアノの音が大好きなので、そちらの演奏会ばかり聴きに行く私ですが、
今回の演奏会は、ピアノとはまた違う感動を味わいました。
ヴァイオリンの音色は、まさしく弾き手の声そのものですね。
黒沼さんの曲に対する想い、
ヴァイオリンはもちろん、音楽を愛する気持ちが、ひしひしと伝わってきました。
黒沼さんには、まだまだ演奏活動を続けて欲しいと、心から思いました。

年明け早々、素晴らしい演奏会にお誘いくださり、本当にありがとうございました。

翌日の練習会は楽しまれましたでしょうか?
(今回の会場は、羨ましいほどの環境ですね〜!)
いつもporoさまのピアノ愛と行動力には頭が下がります。

こちらこそ、またご一緒させていただけると嬉しいです。

お忙しいところ、コメントありがとうございました。

kusu #- | URL | 2016/01/12 19:45 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2016/01/20 18:09 | edit

1月20日の18時9分にコメントをくださった鍵コメさまへ

お久しぶりです。コメントありがとうございます。
ブログの更新サボりまくってます(^^;
少しブログをお休みしようかなぁ~。ネタもないし~みたいな感じになっています。

だいぶお忙しい日々を過ごしておられるようですね。
ご家庭のこととか、町内会のこととか、大変ですよね~。
ようやく冬らしい寒さになってきたこの頃ですが、
風邪やインフルエンザにかからないよう、ご注意くださいね。

ツェルニーの1番は、私も鍵コメさまくらいの速度で弾いてました。
メトロノームの目盛を5くらいずつ上げていきながら練習していましたが、
四分音符=90以上になると、左手の4-5指あたりが死んでました(^^;)
私の場合は、和音取るより、左手が言うことを聞かなくなってくるので
余り速い速度では弾けませんでした。
余りムキになって練習していると、左手の薬指辺りが痛くなってくるので、
無理すると指を壊しかねませんし…。
2番のアルペジオのほうが大変ですねぇ。
伴奏の和音の準備が遅れて、止まり止まり弾いてる感じ。
情けないったらありゃしない(T_T)な感じであります。

近況連絡ありがとうございます。
なんとなーくソナタのほうが難しい気がするのですが、どうなんでしょう?(^^;

kusu #- | URL | 2016/01/21 22:36 | edit

おお、kusuさん、いつものぞきに来ていました。
お元気そうで何よりです!

ブログの更新ってサボっちゃうとクセになるというか・・・。
でも、更新してたら何か良い事でもあるのか?とか、色々考えてしまいます。
私は半分意地で続けていますが、マンガ描いてUPしないと
みんなに見捨てられるかなぁとか、一人で焦ったりします。
たまにでもいいのでkusuさんの近況をブログでお知らせ頂ければ読み手としては嬉しいです。
では体調にお気を付けて。
返信は簡単でいいですからね。
Kusuさん、真面目だから。
真面目だからこそ心配だったりします。

ひさへ #- | URL | 2016/01/22 17:03 | edit

グダグダさに拍車がかかっています。

ひさへさま、コメントありがとうございます。

ここのところ、なかなかPCを立ち上げるのも億劫になってしまって、
何かネットで調べたいときとか、買い物するとき(ヲイヲイ…)くらいしか平日はPCも見ません。
ガラケーで、ひさへさまのブログにお邪魔してましたよ~。
色鉛筆の話とか、お嬢様の小さいころの可愛いおしゃべりのしかたとか、
「コメントしたい~!」と思いながら読んでました。
この辺りはブログネタにしましょうか(笑)

最近、ジェネリック医薬品に薬が変わったのですが、
ほぼ同じ成分と言われましたが、私の頭の中で
「安い薬=効かない」という公式でもあったのか?
ここ数日、結構不調でした。
ただでさえ、ローンをいくつも抱えて、家計が「火の車」なので、
お安いジェネリックは大歓迎なはずなのですが…?おかしいなぁ?
ということで、本日お医者様に相談して、もとの薬に戻していただきました。
さて、効き目はいかに?
って、高い薬なんだから、効いてもらわなきゃ困るのですが…(^^;)

いろいろなことが面倒になっているのも、私の病気の症状の一つではあるのですが、
ピアノの練習もちょっとグダグダになってます。
休日の生活態度もグダグダさに拍車がかかってます。
以前から夜行性で、グダグダでしたが、最近は違うレベルのグダグダさです。
世界中の主婦から殺されかねないレベルです…?(滝汗)
こんなことで良いのか~!と、結構真剣に?悩んでます。(ホントか~?爆)

kusu #- | URL | 2016/01/23 21:40 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △