ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

こんなにあって、どうするの!? 

2週間ぶりのご無沙汰です。

ここ1週間ほど、余り体調が良くありませんでした。

現在、2週間ごとに心療内科に通っていますが、前回から薬がジェネリックに変わりました。

効き目はほぼ同じと、先生からお聞きしていましたし、

金額的にも、以前の薬の7割弱位の金額で済むので、万々歳だったのですが…。

飲み始めてみると、どうも前の薬より効きが悪い?

イヤーな感じがちょっとぶり返して、精神的に落ち着かない感じでした。

「安い薬=効き目が弱い」という公式が、私の頭のどこかにあったのか?

ということで、本日心療内科に行ったときに、先生にご相談し、前の薬に戻していただきました。

人間、気の持ちよう、というのは確かにあるんですけどねぇ…。

最近の私は、余りいい方向に物事を考えられなくなっているので、困りものです。


さて、少し前ですが、

ブロ友のひさへさまのブログで、150色の色鉛筆を購入されたお話がアップされていましたね。

ワタクシ、子どもの頃は、音楽よりも、お絵かきが大好きでした。

物心つく前の話ですが、クレヨンとかを持たせると、壁とかガラス窓とか畳に落書きをするような

親からしたら、手の付けられない、しょうもない子どもだったそうです。

物心ついてからは、日曜日になると父親に「買い物行こうよ~」とおねだりして、

色とりどりのサインペンやクレヨン、色鉛筆、スケッチブックばかり買ってもらっていました。

まわりのお友達は、リカちゃん人形やカワイイぬいぐるみを買ってもらうのに、

私はお絵かき道具ばっかり。変な子ども…(^^;)


昔買ってもらった色鉛筆とか、みんな捨てずに残しております。

なので、凄い量なの!ここまでくると、「バカ」とか、「相当変な人」「狂人?」の領域ですよね~(^^;

新しい順に記載しますので、みなさま、どうか呆れてやってください(笑)

フェリシモ社から購入した500色の色鉛筆  ← 通販のフェリシモから20か月かけて購入した、500色の色鉛筆
何となく、あとさき考えずに購入してしまった色鉛筆ですが、さすがにこんなにあると持て余してしまいますね。
色鉛筆を入れておくケースも売られていましたが、購入しておけば良かったかな…。


お店で一目ぼれ!して、ついつい購入してしまった、カランダッシュの40色の色鉛筆 → カランダッシュ40色の色鉛筆
デパートでウィンドウショッピング中に見つけて、高価だったにもかかわらず、つい購入してしまいました。
いわゆる「呼ばれちゃいました!」状態でした。お気に入りなので、使えません…(なんで?)


ステッドラー24色の色鉛筆 ← 姪たちに買ってあげた時に、自分も欲しくなって購入したステッドラー24色の色鉛筆
自分が好きなので、ついつい姪たちにも色鉛筆を買ってあげたりしたのですが、
子どもって筆圧の調整がうまく出来ないので、芯が柔らかい色鉛筆で絵を描かせると、芯を折りまくってました。
「高い色鉛筆だったんだから、大事に使えよ~!」と、姪たちに叫びまくっていたワタクシです。(ケチくせぇ~)


ブルーチップ(知っているかな?)を貯めて引き換えた三菱ユニ60色の色鉛筆 → 三菱ユニ60色の色鉛筆
ブルーチップというものをご存知ない方もいらしゃるかな?今でいうポイントカードみたいなものですね。
昔、勤務先の近所にあったスーパーが、この「ブルーチップ加盟店」でして、(現在は違うお店になってます)
会社での飲み会のたびに、このスーパーでビールやおつまみを購入していました。
その時にスタンプをどっさりもらえたのですが、それをどういうわけか、みなさん私にくれるわけです。
色鉛筆以外にも、お弁当箱とか、お椀のセットとかと引き換えました。


中学時代に授業で使っていたクーピーペンシル ← 中学時代、授業で使っていたクーピーペンシル18色
クーピーペンシルが初めて発売された時、「全部が芯」ということに驚き、
「なんて画期的!」と思い、すぐに親にねだって買ってもらいました。
中学時代、地理の授業で地図を描いたりしたときに使用していました。


セットからばらけてしまったり、単独で購入した色鉛筆たち → セットからばらけた色鉛筆たち
色鉛筆って、良く使う色とあまり使わない色というのがありますよね。
ということで、良く使う色鉛筆を使い切った等で、セットからばらけた色鉛筆をまとめて袋に入れたものです。
三菱ユニの色鉛筆が欲しくて、単独購入したものも混じってます。

それにしても、こんなに色鉛筆があって、どうするんだ?

一応「大人の塗り絵」を2冊ほど持っておりますが、

実際に塗り絵をし始めるのは、会社リタイア後でしょうかねぇ?



久々のレッスン記事です

○ツェルニー50番の2番
 ・両手にアルペジオが出てくるが、片手練習は必ずすること。
  その場合、右手3:左手7の比重で練習。とにかく左手の練習をたくさんすること。
 ・アルペジオの昇りは、クレッシェンド、下りはデクレッシェンドで弾く癖をつける。
 ・手首だけでなく、腕も使って弾くこと。
 ・まずは両手奏をゆっくりで弾き、音の位置を覚え込むこと。それから速度を上げる。


○謎の曲A
 ・右手のメロディ部分(伴奏部分は弾かない)と左手を弾く。
  最後の2ページは、まだ音を探しているので、もう少しこのスタイルで練習する。
 ・次回は右手のみ。メロディと伴奏部分を弾き分けられるように。
なお、謎の曲Bは、Aがある程度弾けるようになるまで保留させていただくことにしました。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
この週末、今季最大の寒波が来ているそうですね。上空1500mの気温が氷点下6度だそうです。
「はい?」って感じしませんか?(私だけ?)北海道辺りでしたら、冬場の普通の気温という感じがしますし…?
みなさま、寒さ厳しき折、インフルエンザ、風邪にお気を付けくださいね。


ピアノランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

2016/01/24 Sun. 00:37  edit

Category: favorite things(オタ系注意)

tb: --  |  cm: 20

top △

コメント

わ~、スゴイ。
kusuさんも画材フェチですねー。
kusuさんがどんな絵を描いていたのか気になります。
でも、本当にちょっと他の子供とは違う面白いお子さんだったんですね。

500色の色鉛筆の存在、フェリシモであったような・・・と、
遠い記憶の中から思いだしました。
製造はどこなんでしょうね?
中国製とかだったら、発色とか良くなさそう・・・。
私も色んなメーカーの色鉛筆がバラでたくさんありますが、
100円ショップの色鉛筆は質が悪いです。
クーピーの登場は私もショックでした。
でも、なんか、発色が悪いというか、塗っていてイライラした思い出があります。今は改良されたのかな。

というか、UPされた写真を見ると色鉛筆、ほぼ手つかず状態じゃありませんか。
でも、将来の塗り絵が楽しみですね。

通院、お疲れ様です。
効き目は「ほぼ」同じ、の「ほぼ」が気になる所ですよね。
全く同じではないでしょうし。
ビミョーに合わないのかもしれませんね。
少しでも体調が良くなる事を祈っています。




ひさへ #- | URL | 2016/01/24 11:01 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2016/01/24 14:44 | edit

文房具系や、カラフルなものが好きなんですよね

ひさへさま、コメントありがとうございます。
ブログネタ、拝借しちゃいました。スミマセン(^^;

子どもの頃からのものなので、潜在的なものがあるのでしょうか?
色とりどりのものを見つけると、欲しくてたまらなくなってしまうんです。
色鉛筆を始め、カラフルな筆記具類は、私の物欲を満たしてくれるんでしょうね。
ちょっとマイブームが過ぎましたが、少し前まではボールペンでした。
仕事で使うような、黒・赤・青以外に、緑とか茶色とか紫色とか一緒に購入します。
黒・赤・青は勤務先に持って行って、ガンガン使いまくっているので問題ないですが、
「きれいな色~」と購入した他の色については、
現在10年日記付けてますので(今年で6年目)それを書くために使っています。
消せるボールペンの「フリクション」は、新聞に制裁されているパズルをするのに重宝してます。

ちなみに今回呆れるほど持っている色鉛筆は、
子どもの頃の延長線上で購入してしまうパターンです。
小学生の頃、塗り絵が好きでして、「きいちのぬりえ」(懐かしいでしょ?)とか良く買っていました。
あと、着せ替えぬりえというのがありました。
全ページ、いろいろな洋服を着た女の子のみ描かれていた細長い冊子なのですが、
塗り絵が完了したら、女の子の首とウエストラインに入っている切り取り線で切ると、
1ページが3枚にわかれて、各々のページをパタパタ入れ替えると
着せ替えが楽しめるという、1つで2度おいしいぬりえにハマってました。
500色の色鉛筆はおそらくmade in Japanではないと思います。
ひさへさまのご想像のとおりだと思われます。
クーピーは確かに画期的ではありましたが、使い勝手は良くなかったかもですね。
外国製の色鉛筆は発色良いです。
水でぬらすと水彩画のようになるタイプのものなので、芯自体が柔らかくできてますし描き良いです。
大人になってからは、色鉛筆を購入しても、塗り絵はしませんでしたし、宝の持ち腐れです。
買って満足してしまうという、私の悪い癖のひとつが、ここでも出ています。

それから、昔、面白いものがあったんですよ。
お絵描きノートに白いクレヨンが5本くらいセットになっていたものですが、
白いクレヨンに、色を示す紙(赤とか青とか)が巻かれていまして、
お絵描きノートに、その白いクレヨンで絵を描くと、色を示す紙のとおりに発色するんです。
今思うと、ノンカーボン紙の応用だと思うのですが、
子どもの頃は、白いクレヨンが発色することが不思議で仕方ありませんでした。

購入された150色の色鉛筆で、ひさへさまのブログもさらに楽しくカラフルなものになりそうですね。
ひさへ画伯さまの精緻なイラストや、楽しいマンガ、楽しみにしております。

体調はきっと、春になったら落ち着くかも?
冬は昼が短いこともあって、メンタル面に影響があるようです。
そういえば、前回心療内科にかかったのも冬だったし…。
お見舞い、ありがとうございます。
いつも気に留めてくださり、感謝しております。

kusu #- | URL | 2016/01/24 20:06 | edit

1月24日の14時44分にコメントをくださった鍵コメさまへ

コメントありがとうございます。

現在そのような状態だったのですね。
痛々しいです。さぞかし日常生活も不便で、おつらいことと案じております。
生活がありますから、何もしないわけにもいきませんし、きついですね。
こちらからもお邪魔いたします。

kusu #- | URL | 2016/01/24 20:18 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2016/01/25 09:20 | edit

きいちのぬりえ!懐かしい!
私もぬりえが大好きでした。
細長い冊子の着せ替えぬりえ!
懐かしい!思い出しました!私も持っていました!

kusuさん、水彩色鉛筆も持っているのね。フェチだわ。
私も持ってますが、水彩として使う事はあまりないですね。
柔らかい鉛筆なのでパステルの様に使ってます。

白いクレヨンのお絵かきノート。
当時、その様なすごいノートがあったんですね~。
やっぱり北海道、田舎だわ・・・。
似たようなもので、5~6年前に私の母からもらったのですが、水を含ませた筆で塗るだけで、発色する塗り絵ノートがありました。
海外のもので、絵がダサいのが玉にキズでしたね・・・。
最近カラフルな筆記用具が多くて、文房具のコーナーが楽しいですよね。
買ってしまうkusuさんの気持ち、わかります。
私もマンガを描くペンを物色して買う事がよくありますもの。
昔は製図用の高価なロットリングペンで描いていましたが、今じゃ、100円くらいで描きやすいペンがいっぱいで嬉しくなります。

冬期うつ病というのでしょうか。
北海道や東北の人に多いそうで、日照時間も関係しているとか。
冬は寒いし暗いし、とてもよくわかります。
私もこの時期はドンヨリする事が多くなります。
kusuさん、デリケートだから気候や自然に素直に反応してしまうのね。
そちらはあと1ヶ月もすれば春ですね。
もう少しの辛抱です。
お互いに「お大事に。」ですね・・・。


ひさへ #- | URL | 2016/01/25 09:57 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2016/01/26 00:09 | edit

1月18日の9時20分にコメントをくださった鍵コメさまへ

コメント、ありがとうございます。

やはり鍵コメさまもご存知でしたか。
それにしても、ひどいあしらいですね。
読ませていただいて「こいつは絶対や○だっ!」と思いました。
ぜひ、セカンド・サードオピニオンに行くべきです。

ということで、そちらへもお邪魔させていただきますね~。

kusu #- | URL | 2016/01/26 21:08 | edit

昔は(今も?)、探すと不思議なものがありましたね~。

ひさへさま、再びのコメント、ありがとうございます。

きいちのぬりえ、着せ替えぬりえ、ひさへさまもご存知で嬉しいです。
懐かしさのオンパレードですね。

水彩色鉛筆は、私も塗るだけ。水彩画にはしないですね。
姪たちに、この水彩色鉛筆を買ってあげたんですよ。
芯が柔らかいから、お絵描きしながら、ボキボキ芯を折りまくっていました。
子どもにはやはり普通の色鉛筆のほうが良かったですねぇ…(^^;)
水彩色鉛筆は、発色がきれいなので、お気に入りです。

水を含ませた筆で塗るだけで、発色する塗り絵ノート!
それもかなり不思議ですね~。
線の部分に水で溶けるインクが仕込んであって、
水を付けた筆でなぞるとインクが溶ける、子供向けの塗り絵なら知っていますが、
それとはちょっと違うような気がしますね。

製図の学校に行ったので、ロットリングも数本持っていましたし、
今の会社でも、アナログ時代(今はコンピュータ化されちゃいましたけど)に使ったりしてました。
完全な地図屋ではないのですが、以前、地図を使う仕事をしていたもので…。
私の地図オタクは、いわば「職業病」みたいなものなんです。

冬場は天気が悪い日だと、出かける時間になっても外が暗くて、
ついついどんよりしてしまいますね。
冬が終われば、花粉飛ぶ春、その次は熱帯地獄の夏…
早く秋が来てほしいわぁ…。
と、しょうもないことを考える毎日です。

kusu #- | URL | 2016/01/26 21:26 | edit

1月26日の0時9分にコメントをくださった鍵コメさまへ

コメント、いつもありがとうございます。

そちらも雪が降ったのですか?
私が住む千葉では本当に雪が降りません。
仮に降っても、すぐにみぞれになってしまうんです。
一昨年の1月に関東地方にも雪が降りましたが、
その時は千葉も積もりました。5cm位…(笑)
この週末は、暖かいと思われる九州に大雪が降りましたね~。
暖冬と言われつつも、各地で大雪に見舞われていますね。
鍵コメさまも雪かきしましたか?
お疲れさまです。

アルペジオ大変です。
指使いを守れば弾けるはずが、弾きにくい音型もありますね。
行きは弾けるのに、帰りは必ず外すとか、数か所あります。
うーん、なぜでしょうねぇ??(^^;

kusu #- | URL | 2016/01/26 21:39 | edit

こんばんは

謎の曲A,B。
何でしょう、気になって今晩眠れません(^^ゞ
ヒミツで教えてほしい~
(ダメですよね^m^)

色鉛筆に凝ったことはありませんでしたが、小中学校のころは足を良く書いていました。
あっ、足フェチではありませんよ~
足の筋肉がきれいにかけることにこだわっていました。
娘はなぜか目に凝って書いています。
これってなんなのでしょうね。

今週末も雪模様のようですね。
おからだ冷えは禁物です。
どうぞご自愛くださいね(^^♪

レディピアノ #hmP6g7cw | URL | 2016/01/26 22:00 | edit

嬉しいです!

わぁ~、kusuさまと色鉛筆のお話ができるとは☆とてもうれしいです^^。

実は…私も子供の頃(小学校4年生くらいかな?)から水彩画に目覚めて、
といっても図工とか美術の時間の中だけだったのですが、風景とか静物をスケッチしたりするのが好きでした。

色鉛筆はその延長線上で、大学生になった時にstabiloというところの(ご存知ですか?)
水彩色鉛筆を初めてのバイト代で買ったのが始まりで、すっかりはまりました。
他にも外国製の色鉛筆はいくつかあったのですが、どういうわけか私はこのstabiloの色鉛筆が大好きになってしまって、、、。
私の場合は水彩画を描く時、筆を入れらない細かいところにそのまま使ったり、絵の具代わりに塗った後、水をつけた筆でぼかしたり、とにかく12色の仏の色鉛筆には出せない色微妙な色合いが出せるところが気に入って、学生時代の実験のレポートなどにも使っていました。

初めて買ったのは24色入りだったのですが、使っているうちに短くなったものはバラで購入して補充していました。 最近店頭であまりみかけなくなってちょっと危機感を募らせています。まだあるのかな。。?

あと持っているのはトンボ鉛筆のirojitenの第1巻と第3巻です。これも微妙な色合いが気に入って購入しましたが、こちらは混ざらないので時々出しては眺めるにとどまっています^^。

ざっとこんな感じでkusuさまの足元にも及びませんが、500色の色鉛筆ってすごいですね!
またいつか実物見せてください^^。
今度色鉛筆談義できることを楽しみにしています♪

poro #- | URL | 2016/01/26 23:55 | edit

はじめまして

わたしは、色鉛筆ではダーマトグラフがお気に入りです。
イラストを描くときにも、柔らかなタッチですし、
なにより鉛筆の先をくるくるほどいていくところが好きです。
色鉛筆を見ると、わたしの身近にいる色盲くんにはこれがどのように映っているのか気になります。
多分、緑と橙は一緒。

PORTE #- | URL | 2016/01/27 22:41 | edit

レディピアノさま、こっそりと種明かしをさせていただきました。

コメント、ありがとうございます。

> 謎の曲A,B。
> 何でしょう、気になって今晩眠れません(^^ゞ
> ヒミツで教えてほしい~
ヒミツにするほどの曲ではないのですが、予定は未定ですし、
譜読みがあり得ないほど遅いので、
発表会に間に合わないかもしれないということもありまして、
めどがついたら公表しようかと考えております。
(手元を見ずに楽譜見ながら弾くことは、まあまあ出来るのですが、
先読みしながら弾くということが出来ないんです。なので、初見弾きは無茶苦茶苦手!)

ということで、レディピアノさまが寝不足になってしまうのは困りますので、
こっそりと?そちらへお邪魔して種明かしさせていただきました。
内緒にするほどの曲じゃ全然ないですよね~。
お恥ずかしい限りです。

> 色鉛筆に凝ったことはありませんでしたが、小中学校のころは足を良く書いていました。
足だけを描くのでしょうか?
友人とかとお気楽な電話をしながらの癖で、目を描きます。
必ず最初に目を描くんです。それから華、口、輪郭となるので、デッサン大狂いの絵が出来上がります(笑)
普通にマンガチックな絵を描く時は、顔の輪郭から描きますけど、
電話中はなぜか目から…。不思議ですねぇ(笑)

明日からそちらは雪でしょうか?
暖かくしてお過ごしくださいね~。

kusu #- | URL | 2016/01/28 22:49 | edit

poroさまも絵を描くのがお好きでしたか~!

コメント、ありがとうございます。

poroさまもですか!?なんだかうれしいですね~。
絵って、音楽と共通するところがありますね。
自分なりの感性で描いて、色塗りを工夫して、作品として完成させる。
ピアノも楽譜からいろいろ読み取ったうえで、自分なりの音色で曲を作り上げる。
音楽好き=絵描き好き でしょうか?

私はスケッチのほうが好きでしたね。
色塗りが下手なので、水彩画になると、ちょっと残念な感じになってしまうんです。
20歳代前半に(ピアノを再開する前です)
友人とカルチャーセンターで1年ほど、油絵を習っていた時期がありました。
まず最初に、生徒たちに一人ずつモデルになって、クロッキーをするのですが、
油絵の先生にいつも「独特な面白い絵だね~」と言われ、
先生から、あの「山下清」さんをもじって、「山下清子さん」と呼ばれていました。

stabiloの色鉛筆は持っていませんでしたが、名前は聞いたことありますよ。
今は色鉛筆より、カラフルなボールペンのほうが目に入りますね。
ネットで購入するという手もありそうですよ~。
あと、「irojiten」は1巻だけ持ってます!この存在を忘れていたわ~!
とにかくペールトーンが大好きなので(色味もきれいですし…)
色鉛筆もペールトーンのきれいさで魅かれて購入する傾向にあります。

500色もあると、色を探すのが大変そう…。
現在、クロゼットの肥やしと化しております(^^;
色鉛筆を入れておく、ペンスタンドみたいなものがほしいわ、と思っております。
あっ、無印良品の60色の色鉛筆も持っていたわ!どこにしまい込んでしまったのかしら?

本当に使いきれないほどの色鉛筆の量です。
どうしよう~!

kusu #- | URL | 2016/01/28 23:26 | edit

PORTEさま、ようこそいらっしゃいませ~

コメントありがとうございます。

PORTEさまのブログ、いつも読み逃げしてすみません…(^^;)
ワンちゃんが笑っているのがむっちゃ可愛いです!

ダーマトグラフ?と言うことでググってきました。
おぉ、私も赤色だけですが、学生の頃使っておりました!
これ、懐かしいですね!
赤色だけしかないかと思っておりましたが、
他にも色があったんですね~。これは知りませんでした。

> 多分、緑と橙は一緒。
どういうふうに見えているのでしょう?
全部緑に見えるのか、橙に見えるのか?もしくは全く違う色に見えてしまうのか?
でも、色が分からないと、日常生活ではいろいろと不便ですね。

kusu #- | URL | 2016/01/28 23:47 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2016/01/29 20:55 | edit

私もです^^

さすがkusuさま☆
結局のところ自己表現の一つの手段という意味では
絵も音楽も共通するところがあるかもしれません。
自分にとって何がどの手段が一番伝えやすいかということかもしれません。
音かもしれないし、絵かもしれないし、書や文章かもしれません。

私も絵に関してはスケッチというかクロッキーというのが得意でした。
小学校5年生の図工の先生がちょっと変わった方で、毎週クロッキーの宿題を出されました。 ひとつひとつはテーマは忘れてしまいましたが1年間で約40枚くらい描いたことになります。 
次の授業で見ていただき”ホームラン””三塁打”二塁打”ヒット”とハンコがもらえて、ホームラン欲しさに頑張った記憶があります。

”なんでも描けるようになったら一人前”と言われたことを今でも思い出します。

私も色をつけると残念だね、と言われていました、笑。
特に水彩画、乾かないうちに次から次へと重ねてしまうため色が濁って汚らしくなってしまっていました。。
そして私も昔カルチャーセンターで水彩画を1年ほど習いました(これも似てますね^^)
その時お世話になった先生から透明水彩と不透明水彩とアクリル水彩の3つの絵の具があることを教わり、私は重ねて塗っても色が濁らないアクリル水彩があってるのでは?
と言われました。 絵の具の乾くのが早いので重ねても濁ることなく、油絵のような質感にもなります。 

kusuさま先生に「山下清子さん」と言わしめるとはさすがですね。

「irojiten」もお持ちだったのですね! たしかに1巻は全体的にペールトーンですね。

素敵な建物とか風景を見るととっさに絵に衝動に駆られます。
今はカメラという便利なものがあるのですが、それも後日絵にするための仮の記録という意味合いが強いです。
今はなかなか時間がなくてスケッチブックに向かう時間はありませんが、
あたたかくなったら今度一緒にどこかにスケッチにでも出かけたいですね!

謎の曲、着々と進行中のご様子!また聴かせていただけるのを楽しみにしています。

poro #- | URL | 2016/01/29 23:58 | edit

1月29日の20時55分にコメントをくださった鍵コメさまへ

近況のご連絡、ありがとうございました。

少しは落ち着かれましたでしょうか?
鍵コメさまのお仕事ですと、周りからは苦情処理係と思われがちですね。
自己中なかたや、トラブルメーカー的なかたもおられるのでは?
常識では考えられないようなことをする方もいそうです。
そういう苦情の処理は本当に大変ですよね。
「頑張っています」という姿勢を示すには、
賢い立ち回りでもある「ふり」は大事です。
私のマンションでも、部屋で休憩がてら本を読んでいた、と言うことだけで、
上層部に仕事サボっている!と通報されたりしているようです。
やることやっているんだから、多少休憩しても良いような気がしますが、
住人の目って、時々怖いですよね~(´Д`)
お仕事、本当にお疲れさまです。

今まで、比較的高価な薬を処方していただいていました。
金銭的な面を先生が心配して下さり、
同じような効果があるジェネリックを薦められましたが、
体質に合わないのか?あまり効果が実感できませんでした。
ということで、元の薬に戻していただきましたが、
それでも気分的にすぐれない日もありましたので、
仕事の状況を見ながら、休暇を頂いたり、
安定剤を飲みながら仕事をしたりしています。
暖かくなれば多少は気分も上向くのかもしれませんね。
ご心配いただき、ありがとうございます。

鍵コメさまもおっしゃる通り、お互いに「プラス思考」で行きたいですね。
寒さが身に染みる毎日ですが、鍵コメさまもどうかご自愛ください。

kusu #- | URL | 2016/01/30 20:35 | edit

水彩画ですか~(^^♪

poroさま、再びのコメント、ありがとうございます。

poroさまは水彩画を習われたのですね。
水彩画は奥が深い感じがします。
油絵ってゴマカシが効くんですよ。
絵の具が乾いたことを見計らって、上から塗りつぶしてしまうことが可能ですから。
水彩画はなかなかそういうこともできませんよね。
私の場合、絵の具をぬればぬるほど残念さが増していくというか…(^^;)
中学時代に仲の良かった友達で、とても絵の具のぬり方が上手!な人がいました。
何となく日本画的な塗りかたで、絵の具もあまり絵筆につけず、
サラサラ~と描きました、という感じでした。
彼女の絵を見るたびに「素敵だなぁ…」と思い、まねしてみたりしたのですが、
私の場合、どうしても絵の具がベターッとした感じで、
残念な絵から抜け出せませんでした。
友人は絵を習っていたのかもしれませんね。
水彩画も塗り方にコツがありそうな気もしますし…?

油絵の先生も、「クロッキーは基本だよ」とおっしゃり、
授業の最初の30分ほど使って、毎回クロッキーを描かせ、指導をしてくださいました。
私が描くと、顔がマンガチックになってしまい(さすがに目に星は描きませんでしたけど…笑)
他の部分とギャップができてしまうので、それが先生には面白かったのかも?
最近はほとんどちゃんとした?絵を描いていないので、かなり下手になっているかもです。
芸術関係って、折を見て練習していないと、どんどん下手になりますね。
ピアノしかり、絵もしかり。カラオケも歌っていないと、どんどん音痴になるし…
ちなみに最近の歌、全然わかりません。

謎の曲、プロのporoさまに披露するのは躊躇してしまいそう…(≧◇≦)
過去に練習している曲とはいえ、100%忘れきっていますので
ほぼ新曲を練習しているのと同じなんですよ~。
ちゃんと弾けるようになるのかしら?
そろそろ両手で弾けるレベルにしておかないとやばいです。

kusu #- | URL | 2016/01/30 21:14 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。