ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

2月7日に仲道郁代さんのリサイタルに行ってきました。 

今日の東京は良い天気。絶好のサントリーホール日和です。(なんだそれ?笑) サントリーホール日和
サントリーホール2 

仲道さんのリサイタルは今回で2回目です。(前回は一昨年に行っています)

恒例のサントリーホールですが、いつもは東京駅から、東京メトロ丸の内線に乗るのですが、

今回は東京駅で下車せず、新橋駅から、東京メトロ銀座線に乗る行き方に変えてみました。

この行き方のほうが、乗りかえ回数が少ないため、効率的だと気づいたので…。ていうか、早く気づけよ、ですね(^^;


仲道さんのリサイタルでは、抽選で会場内の50名のかたにプレゼントが当たる、というファンサービス?があります。

今回のプレゼントは、仲道さんのポートレートが印刷された、缶入り(自信なし?)キャンディでした。

前回、このプレゼントに当たったワタクシですが、今回は当たりませんでした~ (^^; ザ゙ンネーン!

そのかわり?発売されたばかりのショパンワルツのCDを購入して、サイン色紙いただきました。 CD買いますた
サイン会で頂いたものではなくて、ワルツのCD購入者に、仲道さんの直筆色紙を付けてくれるというサービスです。

ちなみに、このショパンのワルツは、1842年製のプレイエル(ショパン様が生きていらした時代のピアノ!)と、

2013年製のスタインウェイの両方で弾かれた2枚組です。

じっくり聴き比べてみたいと思います。「1842年製のプレイエル」の文字に負けてしまったワタクシです。(^^;)


さて、サントリーホールは満員御礼。

今回も演奏前にきちんと儀式?をしてきましたよ~!

今日のピアノは「ヤマハCFX」でした。スタインウェイじゃないんだ~。

(儀式とは…:演奏開始前にステージ前まで行ってみて、何のピアノを弾かれるか確認しに行くこと)

今回のプログラムです。  2016年仲道さんリサイタルプログラム

○バッハ パルティータ第1番 BWV825
  バッハは聴くと素敵!弾くと大変!というイメージがあります。
  この1番のパルティータは1曲目の「プレリュード」は知っていますが、他が「???」な状態(^^;イツモノコト
  でも、「いつか弾いてみたい」と思わせる曲でした。


○シューマン ピアノソナタ第1番 op.11
  シューマンのソナタは学生時代に夢中になって聴いていた曲です。
  非常に体力を必要とする曲だなぁ…と、仲道さんが演奏される姿を見て思いました。
  まさに渾身の演奏です。
  シューマンが若い時の作品ですが、憤懣ややるせない思いが曲間から湧き上がってくるような感じ。
  それが曲が進むにつれて、祈り-希望-立ち上がる力へつながっていくように思えました。
 
 
     * * * * * * *  休   憩  * * * * * *

○ショパン ワルツ第1番~第8番
  ショパンが生前出版した曲は全部で8曲ですが、
  作品番号が若い作品は、パリの社交界を意識し、本当に舞踏用に作られた曲と感じます。
  1番のop.18のワルツを聴きながら、
  宮殿内の広間で踊っている、紳士・淑女の姿が見えるような感じがして、ハッとしてしまいました。
  2番のop.34-1で、なんと私の先生が時々おっしゃることが起きました。(何かは企業秘密です)
  3番はop.34-2は、ワルツという形を取ったショパンの内面を表した曲。
  非常にショパンらしい曲という感じがするのですが…?
  晩年に作曲されたop.64の3曲ですが、華やかな中に一抹の寂しさを感じたのは気のせいかしら?
  特にop.64-3を聴いて、彼の孤独な心に触れたような気がして、とても切なくなってしまいました。
  この曲を作ったころは、自分に余り時間が残されていないことに、彼はきっと気づいていたのでしょうね。
  指の間から、砂のようにさらさらとこぼれ落ちるのは、過ぎさった幸せな時間?
  それとも、懐かしく愛しい人達への切ない思い?
  私もかつて練習した曲でもありますが、あまり何も考えずに弾いていたので、
  それを思い出して、ちょっと恥ずかしくなってしまいました。
  (教訓:ワルツもそうだが、タイトルに縛られてはいけない。特にショパンは)

   
○ショパン ポロネーズ第6番「英雄」
  私が思うところの「綱渡り曲」のひとつ。
  もちろん、不安定なところなど微塵もなく、非常に勇壮に力強く、そして美しく弾かれました。
  弾き終えた後の拍手が半端ありませんでした。


○アンコール
 ・ショパン ノクターン「Lent con gran espressione」
 ・エルガー 愛のあいさつ



サントリーホールを出て、次に向かったのは銀座です。

東京に出て来ているのに、銀座に行かない手はありませんよね~。

行きと同じルートで地下鉄を乗り継ぎ、「新橋駅」で外に出ました。

最近の銀座は、中国人と思しき方が多いですね~。たまに日本語の会話が聞えてくるとホッとします。

「ヤマハ銀座店」さんは楽譜売り場を冷やかしたのみ。時間もあまりないので、試弾しには行きませんでした。

「木村家」さんのパンに呼ばれて
(腹減ってたの~!笑)いくつか購入。(ここのパン、美味いっすよ!) 木村屋のパン

「山野楽器銀座本店」さんへ行って、前から欲しかった楽譜をようやく買いました。

絶対に弾けない曲なので、ミニチュア楽譜にしました。

エキエル版の「ショパン ピアノ協奏曲1番」のピアノソロ・バージョンです。
私が唯一持っている、エキエル版のバラード(普通版)と大きさを比べてみてください。
 エキエル版大きさ比べ


エキエル版のピアノ協奏曲のミニチュア楽譜には、このピアノソロ版以外にも

オーケストラのフルスコア版と、2台ピアノ版が別にあります。3種類きちっとあるのが凄い!

普通、協奏曲のピアノ譜は2台ピアノ版が主流ですものね。

うふふ…、このソロ譜で、5月の予習をするんだ~♪
(本当にするのか?…もしかしてするする詐欺?笑)


新装開店した、大好きな巨大文房具店?の「伊東屋」さんに寄りたかったが、

すっかり日が暮れてしまったので、後ろ髪を引かれる思いでお店の前を通過。

(ここに来ると、時間を忘れて見て回ってしまうため、私にとっていろいろな意味で危険なお店なのです)

最後に、最終目的地である「有楽町Loft」さんへ。

実は、私の「オタ心」をくすぐるものが、ここに売られているのです。

地元の千葉にも「Loft」はあるのですが、まずは首都圏店舗で発売ということで、千葉には売られていないんです。

それは……
これでーす!クリアファイル!(笑)丸の内クリアフォルダー ← 丸の内 表参道クリアフォルダー ← 表参道


住宅地図でおなじみの「ゼンリン」さんが、

女性にも地図に親しんでもらおうというコンセプトで開発したという「matimati」シリーズです。

他に、ノートパッド・ブックマーク・マスキングテープ・小物入れ箱がありましたが、

クリアファイルだけ購入しました。

素晴らしいピアノも聴けたし、自分用にお酒入りチョコや、美味しいパンや、欲しかった楽譜も買ったし、

さらにはオタ心まで満たされて、今日は大満足な一日でありました…。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
朝日新聞の土曜版に赤の「be」がありまして、そこにパズルコーナーがあります。
数か月に一度、迷路が掲載されるのですが、久しぶりに2月6日に掲載されますた!
お気に入りのパズル

ピアノランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

2016/02/08 Mon. 01:57  edit

Category: この素晴らしき演奏家達

tb: --  |  cm: 20

top △

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2016/02/08 14:46 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2016/02/09 19:48 | edit

こんにちは

仲道郁代さんの演奏会、盛りだくさんで楽しめたようですね(*^_^*)
ところで、また今晩眠れそうにありません。。。
ワルツで起こった出来事ってなんだろう~
5月の予習ってなんだろう~
って(悩)
知りたいな~ ^m^

レディピアノ #hmP6g7cw | URL | 2016/02/10 17:06 | edit

2月8日の14時46分にコメントをくださった鍵コメさまへ

さっそくのコメントありがとうございます。m(__)m

プレイエルで奏されたワルツを聴きながらお返事を書いております。
とても軽やかなワルツに仕上がっています。
音色はレトロ~!という言葉がまさにピッタリ。
まさしく昔の映画で使われているようなピアノの音色です。しかも凄く繊細な感じ。
現代のピアノのように弾いたら、音楽が台無しになってしまうような感じ。
ノンペダルで弾いているような感じにも聴こえます。
2010年のショパン生誕150周年にちなんだドキュメンタリーに、仲道さんが出演していたのですが、
ショパンの楽譜を見ると、「どうしてここでペダル上げるの?」と思える箇所があるのですが、
このピアノで作曲したのなら納得できると、仲道さんもおっしゃっていました。

今のグランドピアノはダブル・エスケープメント(押したキーが上がりきらないうちに再びキーを押しても音が出せる)
このプレイエルは、シングル・エスケープメントだそうです。
押したキーが完全に元の位置に戻らないと音が出せないわけですね。
ちなみにこのプレイエルは、仲道さんご自身が所有しているピアノだそうですよ~!
いろいろな意味で凄いですね~!
ビンボー庶民のワタクシは、つい「このピアノ、おいくらだったのかしら?」とつい、
いやらしーいことを考えてしまいました。

春まであと少し?ですね。
冬は朝、お布団から出るのが非常につらいですよね。分かります!
布団背負って仕事に行きたいくらいです。(やどかり?想像すると笑えます)

kusu #- | URL | 2016/02/10 21:30 | edit

2月9日の19時48分にコメントをくださった鍵コメさまへ

コメント、いつもありがとうございます。

久しぶりのお江戸を満喫いたしました。
前回、おのぼりさんをしたのは、11月-ユンディ・リさんのリサイタル―でしたから、
久しぶり、と言うほどではないのですが、
11月は、トンボ帰りでしたから、フラフラと歩いたのは久しぶりなんです。
最近、「いつもの仲間と飲み会」もお江戸で開催しなくなってしまいましたので、
(行きつけのお店のオーナーさんが変わってしまって、融通が利かなくなってしまったんです)
さらに遠ざかってしまっています。

それにしても、中国あたりのかたが、どこに行ってもいらっしゃいますね~。
千葉の繁華街にも、観光バスでしばしばおいでくださいますが、
何を見るんだろう?買い物するところも、観光するところもないのになぁ?
楽しむなら、ディズニーランドが良いと思うんだけど?と良く思います。
まぁ、夢の国は、間違いなく観光コースに入っていると思いますけど…(笑)

近況も合わせてお知らせくださり、ありがとうございます。
やはり、お仕事が大変そうですね~。
しなければならないことが、どんどん出てくる感じがします。
それにしても、そちらもいろいろなことが起きますね。
こちらは、廊下にベビーカーを置いてあるお宅がありますが、
子どもさんはすぐ大きくなってしまいますから、
そう長い期間使うものでもないということで、黙認されている感じですね。
角部屋のかたなので、他のかたに余り迷惑もかからないみたいですし?
あとは生協の箱が、たまに置いてあるくらいでしょうか?
かつては、廊下に自転車を停めていたお宅も結構ありましたが、
東日本大震災後、「災害時に危険なので、廊下に置かないように」の通達を守ってくださってますね。
あと自転車ならぬ、オートバイを廊下に置いているかたが、かつていらっしゃいました。
大事なオートバイが、雨ざらしになるのが嫌だったと思われますが、
そのお宅が管理組合の役員をされたときに、他の役員さんにあれこれ言われたのでしょうね。
それをきっかけに、外に置いてくれるようになりました。
役員は嫌だろうけど、住人のかたは、一度はやってみるべきだと思いますね。
何が良くて、何がダメであることが、良くわかると思います。

我がマンションも海に比較的近いですから、
大地震が来たら、高台に向かって逃げたほうが良いのですが、
でも「高台ってどこよ?」みたいな感じです。(^^;)
ほんと、地震だけはきてほしくないですね~。

ピアノを弾く時間も取れるようで、忙しいながらも気分転換も出来て良かったですね。
鍵コメさまには、ぜひともピアノを続けていただきたいなぁと思っております。

kusu #- | URL | 2016/02/10 22:10 | edit

レディピアノさま、今夜も眠れませんか~?

コメント、いつもありがとうございます。

仲道さんのリサイタル、とっても良かったですよ~。
しっとりと聴かせるという感じで、まさに情景が目の前に浮かぶ感じがしました。
華やかな社交界に参加させていただいた感じです。
今回聴いた「シューマンの1番のソナタ」は、
仲道さんが高校1年生の時に、発表会で引かれた曲だそうですよ~(^^♪
すごく難しそう~と思いながら、聴いておりました。
バッハは聴いていて「弾いてみたい!」と思いました。
「私にも弾けるんでないかい?」と錯覚してしまいそうに、軽やかに弾かれるんですよ。
「プレリュード」だけでもぜひチャレンジしてみたいです。
(インベンションをよれよれで弾く私ですが、大丈夫…です…かねぇ?(*_*;)

5月の予習は、全然大したことじゃないですよ( *´艸`)
間違っても私が弾くことではありませんので、ご安心ください?
答え(ヒント?)は、私の過去記事にちゃんと書いてありますが、
「過去記事をご覧ください」と書くと、
レディピアノさまが、徹夜してブログ内をさまよわれてしまいそうなので
ここでネタ晴らししてしまいましょう。

毎年5月のゴールデンウィークといえば………
恒例の横山幸雄さんの「入魂のショパン」です。
今年もチケット取りました。
そこで、今年はピアノ協奏曲1番と2番のソロバージョンを弾かれるのです。
で、ソロバージョンの楽譜があるということを、ブロ友さまから教えていただきましたので、
比較的聴く機会が多い1番の協奏曲だけですが、その楽譜を購入してみたわけです。
(エキエル版は、ミニチュア楽譜でも高価ですので、2冊も買えませんっ!(@_@。)
オケ付きの協奏曲を聴きながら、楽譜を追ってみたかったわけなんです。
で、この作業?が「予習」というわけです。

もう一つのほうは…秘密です。
ということで、そちらへお邪魔いたします。

kusu #- | URL | 2016/02/10 22:38 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2016/02/11 11:57 | edit

2月11日の11時57分にコメントをくださった鍵コメさまへ

お忙しいところ、コメント下さり、ありがとうございます。
せっかくの休日も、雑用で振り回されてしまうのですね。
いつもお疲れさまです。

ホント、新しい仕事って大変ですよね。
仕事の内容を覚えて、軌道に乗せるまでが一苦労。
ストレスばかり溜まってしまいがちですが、
ピアノで上手くストレス発散してくださいね。

kusu #- | URL | 2016/02/11 22:03 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2016/02/12 19:23 | edit

2月12日の19時23分にコメントを下さった鍵コメさまへ

再びのコメント、ありがとうございます。m(__)m

プレイエルでの録音、
鍵コメさまがおっしゃる通り、大変だったのでは?と、私も思いました。
現代のピアノのように、頑丈な作りではないでしょうし、
古い楽器ですから、
弾いているうちに音が狂ってくる…ということもありそうですね。
まさに調律しながらの録音だったのではないかと、私も思いました。

お値段が国産ピアノとは一桁違いますから、購入は無理ですが、
外国の有名どころのピアノは、やはりあこがれますよね〜。
さらに、ピアノ自体のお値段もさることながら、
維持費もお高いのでは?
専門の調律師さんでないと、メンテナンス出来ないでしょうしね。
古い楽器なら、なおさら!
調律師さん自身が、見てビビってしまいそうですものね(笑)

でも、そういう楽器が持てるのは、羨ましいですね〜。

kusu #- | URL | 2016/02/14 07:41 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2016/02/14 12:48 | edit

2月14日の12時48分にコメントをくださった鍵コメさまへ

近況のご連絡、並びにコメント、ありがとうございます。
お返事が大変遅くなってしまい、申し若ございません。m(__)m

ピアノ好きでよく弾かれることじたいは、大変ステキなことではありますが、
その状況では、ちょっと問題ありな感じですね?
ご近所から苦情等が出ていなければ良いのですが…。
世の中には、本当にいろいろな考えのかたがいらっしゃいますから、
訳アリということで「仕方ない」と思われているのか?
ちょっと心配になってしまいました。

ということで、そちらへもお邪魔させていただきますね。

kusu #- | URL | 2016/02/16 19:09 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2016/02/16 19:44 | edit

2月16日の19時44分にコメントをくださった鍵コメさまへ

コメント、いつもありがとうございます。m(__)m

ウィンドウズ10って、オフィスソフトもネットからダウンロードですか?
確かに使わない人からしたら、これらのソフトは無用の長物でしかありませんから
「なくても良い」ものかもしれませんが、
最近のソフトウェアは、取説もネットからダウンロードだったりして、
面倒くさいこと、この上ないと思うときがあります。
便利なのか、そうでないのか、よくわからない時代になってきましたね。
ワタクシのような、お年寄りにはだんだん(すでに?笑)ついていけない時代に
変わりつつあるのかしらん?
と、言いながら、私のPCはネットと、演奏録音(最近録音活動していないわ!)
写真画像の保存くらいしか使っていませんが…^m^

ちなみに、面倒くさくて(笑)まだOSが、ウィンドウズ8.1のままです。
10へのアップロード、スルーしちゃってます。(;´∀`)
セキュリティソフトだけは、一応更新しましたが…。
ウイルスとか情報の漏えい、怖いですからね~(*_*;

kusu #- | URL | 2016/02/16 20:46 | edit

初コメントです。
シューマンのソナタ第1番私も大好きです。仲道さん高校1年生の時に、発表会で弾いたのですね・・・。さすがですね~。

g-clef #- | URL | 2016/02/16 23:14 | edit

g-clefさま、コメントありがとうございます。

g-clefさま、何かとお忙しいところコメント下さり、ありがとうございます。

「ピアニストはおもしろい」という、仲道さんの著書に、
「高校1年の発表会で、シューマンのソナタ1番を弾く」と、写真付きで書かれてありました。
何でも、デビュー30周年だそうで、
シューマンのソナタは、思い出の曲のひとつとして、チョイスされたのかな?とも思えますね。
それにしても、あんなに難しい曲を高校1年生で弾かれるなんて凄いですよね~。
今回の仲道さんの演奏も、まさに全身で弾かれている感じがしました。

リサイタル中にトークを挟むのが、最近の傾向でしょうか?
弾くだけでも緊張しそうなのに、トークを交えたりしたら、
緊張にさらに拍車がかかるような気がしますが、そこは慣れなのでしょうか?
私など、発表会でちょこっと弾くだけでも緊張するのに、
そこはやはり、さすが!というべきでしょうか。

kusu #- | URL | 2016/02/16 23:56 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2016/02/17 19:04 | edit

2月17日の19時4分にコメントをくださった鍵コメさまへ

いつもコメントありがとうございます。
お返事が大変遅くなってしまい、申し訳ございません。

今年最初の女子会に参加してきました。
愚痴を社内でこぼすと、「○○さんがこんなことを言っていた」と
言いふらす人がいるらしく、みなさんストレスがたまりまくっている状況です。
「言いふらす」なんて、子どもじゃないんだから~?と思いますね。
生活がかかっているし、年齢が年齢だけに、迂闊な行動も取れません。
社内全体が、ギスギスしている感じです。昔はそんなことなかったのにな~(泣)
職場環境がよろしくないのは、実に問題ですね~。

鍵コメ様のところも実に大変ですね~。
それにしても逆ギレする人のなんと多いこと!
苦労、お察しいたします。

kusu #- | URL | 2016/02/21 04:08 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2016/02/21 11:11 | edit

2月21日の11時11分にコメントをくださった鍵コメさまへ

コメントいつもありがとうございます。

今日はお仕事お休みでしょうか?
毎日お仕事が大変そうですね。お疲れさまです。

2か月ぶりの女子会でした。
最近、プレゼント交換会?にもなっています。
自分が食べておいしかったものとか、使ってみて重宝した、と思われるものを
おのおの持ち寄るようになっています。
女子会会場に来る前に、「買い物に行ったら、なんかおいしそうだから買ってみた」的なノリで、
おすそわけしてもらったのが始まりですが、
たいていそういう「気の利いた」ことをする方が決まっていて、
「いつも頂いてばかりじゃ悪いから…」で、
いつの間にか、全員が持ち寄るのが暗黙の了解になってきました。
良いんだか、悪いんだか…?(^^;)

会社内では吐き出せないことを、女子会で言いまくるので、ストレス発散会とも言えますね。

鍵コメさまもストレスとの戦いのご様子。
体調管理には、十分ご留意くださいね。

kusu #- | URL | 2016/02/21 21:20 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △