ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

弾けなかったところが突然できるようになる不思議さ 

大変遅くなりましたが、テレビ朝日さまに、まずはお礼を!

以前のブログ記事で


「テレビ朝日さま、相棒season11の第11話『アリス』を再放送してくださーい!」

と書いた記憶がありますが、4月17日に放映して下さり、ありがとうございました。

「スペシャル放送分(多分お正月の特番の再放送かも?)」であったことから(放映時間、2時間半)

なかなか、録画したものの視ることが出来なかったのですが、

ようやく、5月15日に視ることが出来ました。(どんだけ放置してるんだ?という感じですよね~)

57年前の華族令嬢の神隠し事件と、それに絡んだとみられるホテル焼失事件を追った物語ですが、

過去の物語を回想するシーン(何となくセピア色)がドラマ中に出てくることから、

何となく他の「相棒」シリーズよりファンタジー色が濃いような気がいたします。

まぁ、内容は金品をめぐる話や、警察の暗黒歴史の隠滅とかで、かなりドロドロなんですけどね(笑)

杉下右京演ずる水谷豊さんが、こっそりと?57年前の回想シーンで、もう一役演じられております。

(ラストのテロップにも出てこないくらいチョイ役?)

ドラマは、57年前の回想シーンから始まるのですが、

ここで、令嬢お二人が何に対して熱い視線を注いでいたのだろう?というのが、ラストで判明します。

ロビーのピアノで、ショパンの遺作のノクターンを弾く、とても素敵な紳士を水谷さんが演じられていたのです。

令嬢のおひとりが、この紳士にほのかな想いを寄せており、

ピアノを弾く彼の姿を、「写真を撮ってください」と、同じくロビーにいる写真屋に依頼します。

この紳士は、ホテル火災の際に、この令嬢を助けた代わりに、

燃え落ちた柱?の下敷きとなり、命を落としてしまうのですが、

こんな方が現実にいらしたら、マジで惚れそうです!^m^ ウフフ…


ねっ?私が「再放送してください!」と熱望した訳が分かりましたでしょ?

水谷さんがピアノを弾くシーンが出てくるのは、このseason11の第11話と、season3の第15話だけかな?

ちなみにseason3の第15話は、調律師さんが殺人を犯してしまうというお話です。



さて、久しぶりのレッスン記録です。

○ツェルニー50番の3曲目。

相変わらず譜読みが遅いワタクシです。(笑…うところではありませんね…笑)

左手が、曲全体にわたって、ズンチャのリズムなのですが、

「ズン」はともかく、「チャ」の音が強すぎ。ここはあくまでも軽く、重くならないように。

両手で弾けるように練習をし始めていますが、

左手がポンポン飛ぶので、なかなかミスタッチなしで弾けないんですね~。情けないですね~(;_;)

じっくり頑張ります!



○シューベルト 即興曲op.90-3

両手で通して弾く。

右手のメロディと伴奏部の弾き分けが難しいです。

メロディと伴奏の比率は、7:3くらいと思っていますが、

これが気を抜くと、すぐに5:5になってしまったりするんですね~。

どういうふうに弾きたいのか、という自分なりのイメージはあるので、

そのイメージを音に出来るよう、目指して行けばいいのですが、これがなかなか難しい…(^^;

中間部の右手が、ちょっとごちゃごちゃしている+左手が長ーいトリルという部分が、

片手練習でもなかなか上手く弾けなかったので、しつこく片手練習。でも、なかなか出来ない…(;_;)

(片手でも上手く弾けないので、むりやり両手で弾くと、1拍ごとに止まってしまう有様…)

これが、レッスンの3日前に、両手でするっと弾けるようになりました。練習している本人もびっくり!

ピアノを弾いていると、前日までできなかったことが急に出来るようになるという、

面白い現象が時々起きます。実に不思議です?

先生からよく言われる言葉 「片手で弾けないところは、両手でも弾けません!」

片手練習、大事ですね。



レッスンの間の世間話です。

先生の教え子さんで60歳代の女性のかたが、電子ピアノを買われたそうです。

「今の電子ピアノって結構高いんですね。ちゃんと木の鍵盤を使ってあるものもありますし…」と、先生。

その生徒さんは、アップライトピアノという選択肢も考えておられたそうですが、

ご自宅の床の強度に不安があることと、

年齢的に、もうそんなに長い時間ピアノに費やすことが出来ないだろうということで、

電子ピアノという選択をされたそうです。

そのお話を先生からお聞きして、

「それを言われたら、私だってそうですよ~」と、つい口に出してしまいました。

まぁ、あと20年くらいはなんとか!と考えていますが、こればかりは分かりませんからねぇ…。

とにかく、まずは健康でなければ、ピアノは弾けませんから。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
2035年までは生きていたいですね。その理由は…?さすがに300%ババアになっております。


ピアノランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

2016/05/16 Mon. 21:49  edit

Category: ピアノレッスン

tb: --  |  cm: 6

top △

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2016/05/23 00:49 | edit

5月23日の0時49分にコメントをくださった鍵コメさまへ

コメントありがとうございます。

その後、体調のほうはいかがですか?
役員とか、あれこれお忙しいなか、
精力的に練習なさっておられて、尊敬に値します。
それにしても、ピアノ練習中に繰り出される
ご両親の「合いの手?」が大変ですね~(^^;
(そんな生易しいものじゃないの~!と、鍵コメさまに言われそう…(^▽^;)

私は、ピアノを練習途中に良く居眠りしてます…( *´艸`)
「ツェルニー弾けない~。まぁ、次行くか…。」
ちょっと休憩……… ZZZZZZZZZZZ… ←ピアノの椅子に座ったまま10分くらい、ちょい寝(ヲイヲイ…笑)
「さて、シューベルト練習するか~」
こんな調子では、上達もしませんわね。

kusu #- | URL | 2016/05/24 22:45 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2016/05/28 21:08 | edit

5月28日の21時8分にコメントをくださった鍵コメさまへ

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

ピアノを弾く水谷さん、かっこいいですよね~。
ショパンのノクターンは弾いている手こそ映されていませんでしたが、
十分すぎるほど、弾いているという雰囲気を醸し出していましたね。

相変わらずのお忙しさですね。
それにしても、何でも聞いてもらえると思っている人たちのなんて多いこと!
当事者からしたら、頭の痛いことですね。

ブログの更新サボってますが(^^;
そちらへもお伺いいたします。

kusu #- | URL | 2016/05/29 23:45 | edit

ごぶさたしております

知ってマス、「アリス」の回。
私も相棒の中で記憶に残っている回のひとつですよ。
その失踪する前に、2人の少女が写真を撮ってもらうシーンもよく覚えてます。
実は結構、相棒フェチで、あと、現・花の里の女将、幸子さんと、MEGUMIさんが出て来る「ついている女」「つきすぎている女」の回が大好きです。

実は私もブログに書いてしばらくしてから、昔の番組が再放送されるケースが何度かありました。テレビ局の方が私達のブログをごらんくださってるんでしょうかね?(笑)

しばらく色々あってブログをお休みしていましたが、やっと復活しました^^
またよろしくお願いします^^

マナサビイ #- | URL | 2016/06/09 15:26 | edit

マナサビイさま、お久しぶりです!

コメントありがとうございます。

> 知ってマス、「アリス」の回。
> 私も相棒の中で記憶に残っている回のひとつですよ。
あ~!嬉しいです!
私は比較的、相棒大好き歴が短いですが、ドラマは初回から、ずっとDVD借りて見ました。
以前も「こういう話の回、再放送してくださーい!」とブログに書きましたら、
比較的早い時期に、まとめて見たい回ばかり再放送して下さったことがありました。
2話リクエストしたのですが、1週間のうちに2話とも再放送して下さり、
驚いたことを覚えております。
今回でリクエスト2回目ですが、何だか嬉しいですね~。
テレビ朝日関係者のかたが、私の駄ブログを読んでくださっているのかしら?
偶然なのかもしれませんが、そう思いたくなってしまいますね(笑)
早くもseason15が楽しみでなりません。

ブログ拝見いたしました。
「なかよし」は小学5年生くらいから、2年ほど読んでいましたが、
「りぼん」のほうが愛読歴が遥かに長いです。
「キャンディ・キャンディ」は、高校時代の友人にコミックスを借りて読みましたよ~。

kusu #- | URL | 2016/06/09 23:44 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △