ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

これは……指が届かねぇべ? 

9日に、7月最初のレッスンに行ってまいりました。

先生にとって、出来の悪い生徒の筆頭と思われるワタクシ、出来は、いつも通りの情けなさですわ.。(´;ω;`)



 ○ ツェルニー50番の3曲目

  4ページあるうちの半分(2ページ)まで両手で弾く。

  ・ミスる部分については、速度を落として数小節前から練習すること。
  ・引き続き、メトロノームを使っての練習を指示される。


   家で弾くと、そこそこ弾けるのに、

  レッスンではどうして「なんでここで、その音を弾く?」という感じになるのかねぇ?

  下りアルペジオの最後で、ものの見事にお隣の音を弾きまくり、先生に失笑される。
  
  アルペジオではない部分で、1か所なかなか弾けないところがある、いつもそこでもたつく。

  自信のないところに近づいてくると、

  「キタ━━━━(;゚Д゚)━━━━!!」と思ってしまうからなおさら弾けない。悪循環。
  
  ツェルニーは、丁寧に練習すれば、結果が付いてくるという話なので、頑張らないとね。

  この曲、今月中になんとかクリアしたいところなのですが、果たして…?



 ○ シューベルト 即興曲 op.142-1  DSCF1595-2.jpg

  まだまだ片手練習。

  ・指使いが定まっていないので、どのゆびで弾くか、決めて練習すること。
  ・ターンの音を覚えること(メロディが付点であることが分かる弾き方で!)


  この曲もゆっくり弾くと、「何の曲だかわからない」感じになってしまうので、

  ある程度の速度で弾けるようにならないとダメでしょうね。

  右手のターンの嵐部分がなかなか覚えられない+指が回らない!

  左手に至っては、最初の和音から「指が届きませーん」状態。

  じゃらーんと弾いて構わないところなんだけど、問題はFの音を3小節目まで保持しないといけないこと。

  この和音は、先生も完全には届かないようで、となりのG音をひっかけ気味に弾いていらした。

  あたしゃ完全に届かないッス! DSCF1598.jpg

  「ここはこう弾きましょう」と音を省かないためのアドバイスを伝授頂きました。

  伝授頂いたアドバイス通りに弾いてみたら、うぅっ!4と3の指が絡まりそう…!(そこは力を抜くんだ!)

  でも、きっとこの曲弾けたら自分でも超絶嬉しいと思うので、挫折しないよう頑張りたいですね~。

  楽譜をざっと見た感じでは、どうにもならなそうな感じの部分はなさそうに思えるのですが?

  弾いてみたら「ぬおおお~!(-"-)イラッ!」なんてことになりそうな気はします…(^^;)



7月10日、日曜日の練習も、ツェルニー後半重視。譜読み、苦労してます!

途中までは出だしと同じなので救われていますが、

この曲をそれなりの速度で弾けるようになるのは、なかなか厳しいものがありそう…。

とにかく、まずは止まらない、ミスらないで弾く練習だ~!で、気づいたら1時間経過。

シューベルトは、op.90-3ばっかり練習してますが、引っかかるところがいつも一緒。

ゆっくり弾けば出来るところなのですが、速度を上げるとアウトの確立高し。

録音を試みたが、変に気になってしまって、ただでさえヨレヨレな演奏が、さらにヨレヨレに…(@_@。

もっと自信がつくまで弾きこまないとダメそうです。

op.142-1の譜読みはもっと頑張る!

譜読みになるとテンションダダ下がりになってしまうのが困りものです。

最初の部分だけでも、片手ずつでそこそこ弾けるようになったら、両手練習してみようかな。(^^♪



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
練習中は除湿が必須ですが、ピアノ部屋から出ると、リビングのあまりの湿度の高さにクラーッときます。
ブログ記事書きながら、リビングも除湿入れようかな~と悩んでます。
日本の夏、もう少し湿度が下がってくれれば、きっと好きになれると思うんだけどな~。

ピアノランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

2016/07/10 Sun. 21:21  edit

Category: ピアノレッスン

tb: --  |  cm: 2

top △

コメント

おはようございます

シューベルトのこの曲、楽譜は持っていましたが一番は初めて見ました。
最初の左の和音、わたしは到底届かないので、左のラの音は右でとるか、一度アルペジオでとってからバスのファは無音で再度小指で押さえる、くらいしか思い付きませんでしたが、先生の秘策はどんな弾きかただったのでしよう?
この曲かなり難しそうですね。
シューベルトの嫌らしさばかりが気になっているこの頃でして(^_^ゞ
私は仲良くなれそうにありませんが、kusuさま、どうか仲良くなってわたしにも楽しさ?を分けてくださーい。

レディピアノ #hmP6g7cw | URL | 2016/07/17 11:40 | edit

指が回りません~(@_@。

レディピアノさま、いつもコメントありがとうございます。

> 一度アルペジオでとってからバスのファは無音で再度小指で押さえる、
>くらいしか思い付きませんでしたが、先生の秘策はどんな弾きかただったのでしよう?
似たような感じですよ。2小節目の最初のファの時に、一緒にバスのファもこっそり弾くという、
「なんだ、音切れてるじゃん」みたいな弾き方です。(^^)
言葉に偽りありでしょ?と言われそうですね。(^▽^;)
もう1cmでもいいから広がってくれないかな?と思いますが、
既に左手はほとんど余裕がないので無理ですけどね。

> この曲かなり難しそうですね。
既にテクニック的に「うわーっ」な感じになってます。
連続ターン部分の速度が、自分の出し得る最高速度とすると、
かなりゆっくりな演奏になってしまいそうな予感がビシバシしております。
中間部の延々と続く右手の分散和音…。
楽譜を見ながら、スタミナが続くかな~?とすでに弱気です。
シューベルトさまと仲良くなれると良いのですけれど、
楽典的なことがほとんど分からないワタクシですので、
「ここありえない…」とか思わない分、すっと馴染めたりしそうでもありますね?

kusu #- | URL | 2016/07/17 22:22 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。