ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

11月13日に、安嶋健太郎さんのリサイタルへ行ってきました。 

ちょっと前のことになりますが、

2県先のピアノの先生のお宅で、お知り合いとなりましたピアノ友さまと

久しぶりにピアノリサイタルへ行ってまいりました。

今年の春に、狂ったように(笑)演奏会を聴きに出歩いていた時以来、6か月ぶりです。
今回は、ピアノ友さまのピアノの先生でもいらっしゃる、安嶋健太郎氏のリサイタルです。
 DSCF1698.jpg


♪ ♪ ♪ ♪ ♪  プ ロ グ ラ ム  ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

○ショパン ・レント・コン・グラン・エスプレショーネ
      ・ノクターン op.9-1~3

○ラフマニノフ ・コレッリの主題による変奏曲 op.42


――――――――― 休 憩 ――――――――――

○ショパン ・ノクターン op.48-1~2

○ラフマニノフ ・ピアノソナタ第2番 op.36


○アンコール 
 ・ショパン マズルカ op.33-1
  ・ショパン ポロネーズ WN1

 

ショパンのop.9の3曲のノクターンは、

繊細かつ瑞々しい演奏で、ショパンの若い時のピュアな心が垣間見えるような感じ。

ノクターンop.48-1後半の、和音のオンパレードの部分ですが、

和音内のメロディと、他の音のバランスが難しく、騒々しい感じになりがちですが、

このバランスがとても見事で、メロディがきれいに響いておりました。

いろいろなかたの演奏で、この曲を聴いておりますが、ピカ一かも!

ラフマニノフは、とても華麗でかっこいい曲で、思わず聴きほれてしまいました。

思わず「弾いてみたい!」と思いましたが、私の技術じゃ間違いなく無理です…(^^;)


ピアニストでもあり、音楽大学の講師もなさっておられる安嶋健太郎氏は、男性にしたら小柄なかたですが、

ステージでは大きく見えますね。存在感ハンパないです。

リサイタル終了後、ホールに出て来てくださり、

教え子さん達に囲まれて、気さくに一緒に写真を撮ったりなさっていました。

安嶋健太郎さんのお友達もイケメン&美女ぞろい。

テレビで時々お姿をお見かけする米津真浩氏や、さらには作曲家の西澤健一氏のお姿も…!

イケメン勢ぞろいで、クラクラきます。オーラ凄すぎ!(笑)


その後、ピアノ友さまとちょっと早めのお食事会。
 2016111316580000.jpg ← まずはケーキセット♪

 2016111317510000.jpg 2016111317470000.jpg 2016111318230000.jpg 
 ↑ スパイシーなウィンナー  ↑ ポテトサラダ       ↑ ピザ(マルゲリータ)

音楽談議に花を咲かせました。とっても楽しいひと時を過ごさせていただきました。
 
ピアノ友さま、お忙しいところ、いつもチケットを取ってくださり、ありがとうございます。

またご一緒させて下さいね~m(__)m


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
来年、2月5日の高木竜馬さんの演奏会が気になります…(日程的に発表会直前というのが厳しいところですが…)
SK-EXの音が聴いてみたいです~(動機が不純!)


ピアノランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

2016/11/27 Sun. 20:17  edit

Category: この素晴らしき演奏家達

tb: --  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △