ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

まぁ、こんなものっスかね?(^◇^;) 

2月11日、発表会に参加してきました。

前日までの練習も、なんとな〜く微妙な感じでしたが、

手が腱鞘炎ぽくてヤバめなので、あまり無理をしないようにしていました。

心臓がバクバクすることもなく、「私、思ったよりアガってないのかな〜?」

などと思いながら弾き始めましたが、自覚がなかっただけだったようです。

音楽教室で、ヒーターを用意してくれていましたが、舞台袖は底冷え状態。

手は緊張もあって(自覚ないけど…笑)ありえないほど冷たい。

「手が冷たいから、遅めに弾き始めよう」と思っていたにもかかわらず、

自分が普段練習しているよりも若干、速めに弾き始めてしまったようです。

数ヶ所トチリましたが、まぁこんなもんじゃね?な感じですかね〜?

それにしても、普段間違えないところをミスるって何でしょうか?

曲だけに没頭できたから、ミスタッチこそあったけど、まあ良かったのではないかと(^◇^;)

後悔が全くないと言えば、ウソになるけど、舞台で弾くことはいい経験だと思うので…。


それにしても、問題は手である。

去年の年末に、最初の違和感を感じたけど、大したことないと思ってましたが、

好転するどころか、むしろ悪化しているので、医者に診ていただこうと思います。

どういう状態かと言うと、右手の親指がコキコキしてます。

幸いなことに、ピアノを弾くにはさほど支障がなかったのですが、

朝起きた時、自力で親指が曲げることが厳しくなってきてしまいました。

身支度するのに、強制的に指を曲げざるをえないので、

使っているうちに自力で曲げられるようになってきます。

「バネ指」ってやつですかねぇ…?治療のための注射が、めっぽう痛いらしいですね(泣)

腱鞘炎になるほど、ピアノも練習していないんですけどねぇ?なぜでしょう?

女性は更年期以降、こういう症状が出ることが多いみたいですね。

ピアノを愛する女性の皆さま、お気をつけ下さいませ。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。

ピアノランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

2017/02/12 Sun. 21:18  edit

Category: ピアノのある日常

tb: --  |  cm: 2

top △

コメント

こんばんは(^O^)
プロフィールにショパンのバラードにはまっているような事が書いてありましたが
バラードの3番が特に好きですね。後半の盛り上がり方はほんとに
鳥肌が立ちます! 自身も大学生の頃練習したのですが、難しくて
なかなか上手には弾けなかったですが・・・
私も40歳超えてからピアノを再開。最近ブログを立ち上げました。
良かったら見て下さいね!
http://kunichan0129.blog.fc2.com/

国ちゃん #- | URL | 2017/02/13 02:49 | edit

国ちゃんさま、コメントありがとうございます😊

ピアノを幼少期から習っていらしたようですね。
40歳からの再開組ですか〜(^_^)
子どもの頃に習っておられた方は、基礎がすでに出来上がっているので、
再開しても、演奏のクオリティが我々よりも高い気がいたします。
ブログを拝見致しましたが、やはり安定感があって、羨ましく思いました。

ショパンのバラードは、中学3年生の時に初めて聴いて、
すっかり虜になってしまいました。
ショパンの曲というと、やはり一度はどこかで耳にしたような
「有名曲」から好きになる方が多いのではないかと思うのですが、
私の場合は、バラードからのめりこみました。
個人的には、4番が一番好きです。
弾けたらいいなぁと思うのですが、すごく深い世界を構築していて、
私など、容易に近づけない感じが致します。
1番だけ一通り先生からレッスンして頂きましたが、
最近サボっているせいで、すっかり弾けなってしまいました(/ _ ; )ショボーン
絶対、また弾けるようにしたいと考えています。

また遊びに行かせて頂きますね〜(^_^)

kusu #- | URL | 2017/02/13 21:11 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △