ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

またピアノはお預けか〜(泣) 

本日、勤務先から休暇を頂いて整形外科へ行ってきました。

休暇がないって言うのに、「どうすんだよ、オマエはっ⁉️」

それにしても、整形外科への受診は2度目でありますが、

今回は自宅に近いクリニックを選びました。一年半前くらいに開業した新しいクリニックです。

新しいクリニックのほうが、最新機器が導入されていたりして、良さげですよねー(笑)

家を出る前に、そのクリニックのホームページを覗いてみましたら、

おや?院長先生のお名前に見覚えが?

経歴を拝見したところ、数年前に義姉の人口股関節の手術をして下さった先生ではないかと?

これについては、後日、義姉に訊いてみようと思います。


それにしても、整形外科の平均年齢の高さは、どこも同じですね〜(^_^)

将来的には、今以上にお世話になるところかなぁと思います。
(お世話にならないに越したことはありませんが…)

レントゲンを撮って頂き、骨には異常はないとのこと。

気になったのは、約5年前にやらかした骨折の「その後」

ピアノを弾いていて、全く支障はないので、ちゃんと骨は付いているだろうと思いましたが、

その時は、「ようやく骨が付いてきたようですね〜」というところで

整形外科を卒業(って言うのか?)してしまったので、その後どうなったのか、非常に気になっていました。

そしたら、まぁ「跡形もなく」キレイになっているではありませんか?(人間の体の再生力って凄い)

話題が外れてきてしまいましたが、結果は腱鞘炎と言うことで、

親指のコキコキ感は腱鞘炎から来ているのだそうです。

「注射をすると楽になりますよ」と先生から言われ「やはり来たか?注射〜〜(泣)」

腱鞘炎の注射は痛いと聞いていましたが、思っていたよりも平気でした。

「注射後は、しばらく指の感覚がなくなりますが、時間が経てば治ります」と言われていたのですが、

やはり、痺れて指先の感覚がなくなると、びっくりしますね。

今夜は、手の痛さより、注射の跡が痛いです。

しばらく、ピアノは弾かないほうが良いみたいですが、

ピアノの先生には、また左手だけのレッスンをしていただこうかな、と思っています。


うーん…それにしても、コレ、治るんかいな?

腱鞘炎は再発しやすいみたいですね〜(泣)気をつけようっと。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。

ピアノランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

2017/02/13 Mon. 22:33  edit

Category: 年には勝てない老体のこと

tb: --  |  cm: 10

top △

コメント

ぉおお、腱鞘炎でしたか( ;´Д`)
何か有効な治療法や予防策が見つかると良いですね。。
回復後、何かウォーミングアップ的な方法で再発を防げるのが理想的ですかね。

モル作 #- | URL | 2017/02/14 00:27 | edit

どうもこんばんは(^O^)
国ちゃんです!

ピアノを練習しすぎると腱鞘炎になるとよく聞きますが
自分自身は、腱鞘炎と呼べる痛さというものは
経験したことが無いですね~

思うに、練習間隔が空いた後に、長時間ピアノを練習すると
なりやすいのではないでしょうかね?

1時間弾いたら休憩をして、指に負担をなるべくかけないように
すると改善するような気がしますね!

それと、私のブログへコメントありがとうございました!
小犬のワルツの動画は何回か撮り直ししています(笑)

この曲は去年の11月この動画を撮る少し前に初めて練習して
弾けるようになりました。その後、小学6年の息子に
教えています。スピードはまだゆっくりの段階ですが、
なんとなく弾けるようにはなってきています。

ヤマハのクラビノーヴァという電子ピアノなので
平日の夜はヘッドフォンをつけて、周りを気にせず
練習できるので、そこで練習して、週末の休みの時に
普通に弾くという感じですかね~ 

シューマンの子供の情景「異国から」という曲を
練習し始めた所です。週末に動画撮ろうかなと。
その時はまた見てくださいね!

国ちゃん #- | URL | 2017/02/14 02:13 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2017/02/14 18:01 | edit

だいぶ良くなってきました。

モル作さま、お見舞いコメント、ありがとうございます。

お医者さまから注射をしていただいた後、2日ほど痛みがありましたが、
今は、ほぼ痛みはありません。
先生にはいえませんが、こっそりとピアノも練習し始めています(笑)
痛みが出そうな感じになったら、練習もやめるようにしています。
以前の方が、結構無茶な練習の仕方をしていたのに、
どうして今頃、このような症状が出て来たのか、理解に苦しみます。

再発しないように気を付けます。
ご心配くださり、ありがとうございました。

kusu #- | URL | 2017/02/16 21:23 | edit

ご心配くださり、ありがとうございます。

国ちゃんさま、コメントありがとうございます。

私も、腱鞘炎になったのは今回初めてのことです。
最近は、以前と比べてピアノの練習時間もだいぶ少なくなっているのですが、
そういう状況で腱鞘炎を発症、というのが何とも不思議です。
シューベルトの即興曲を発表会で弾きましたが、
弾き方というか、練習の仕方があまり良くなかったのかもしれません。
本人は脱力して弾いているつもりでしたが、
どこかに無理な力が入っていたかも?
今度のレッスンで、私の弾き方の問題点についてお聞きしてみようと思っています。
時々、「手が痛くなったら、休憩して下さいね〜」と言われるので 、
無理な弾き方をしているのではないかと思われます。
体も老体に向かっていますので、無理をするな、という警告だと捉えるようにします。

kusu #- | URL | 2017/02/16 21:40 | edit

2月14日の18時1分にコメントを下さった鍵コメさまへ

お見舞いコメントありがとうございます。
生きる、死ぬの病気というわけではないので、
腱鞘炎くらい、大丈夫だろう、そのうち治るだろうと考えて、放置しがちですが、
治療は早ければ早いほど、治りが早いようです。
朝起きた時に、親指をなかなか曲げることが出来ないのが、怖かったですねー。
一回、曲げることができれば、あとはそれなりに動くようになるので、
生活に支障をきたす、ということはありませんでした。
ただ、発表会が終わるまでは何とか!と放置していたら、
だんだん症状が重くなって来て、痛みも出るようになってきたので、
こじらせないうちにお医者さまに診て頂きました。
だいぶ、症状が軽くなってきたような気がします。
まだ、親指のコキコキ感は若干残っているので、
再発させないよう、気をつけたいと思います。

原因は何でしょう?
ちょっと手を痛めそうな弾き方で練習していたかもしれません。
右手は腱鞘炎、左は五十肩で、八方ふさがりな感がある今日この頃です。
たぶん、早い話が老体になってきたということでしょうか?
無理をするなという警告だと思うようにします。

ちなみに、30分程度ですが、先生には内緒で(笑)ピアノも練習してますよー。
のど元過ぎれば何とやら、ですね(笑)

ご心配下さり、ありがとうございます。
鍵コメさまも、お気をつけくださいね〜。

kusu #- | URL | 2017/02/16 22:03 | edit

こんばんは(^O^)v
リンク貼らせて頂きました!
よろしければ相互リンクお願いします!

先日の予告通り、シューマンの「異国から」の
動画アップし、ブログ更新しました!
時間がある時に見て下さいね~♪

http://kunichan0129.blog.fc2.com/

国ちゃん #- | URL | 2017/02/19 20:12 | edit

こちらこそよろしくお願いします。

国ちゃんさま、ご連絡ありがとうございます。
こちらからもリンクを貼らせていただきますね。
そちらへもお伺いしまーす。

kusu #- | URL | 2017/02/19 20:27 | edit

kusuさま、こんばんは♪
お久しぶりです!

腱鞘炎なんですね。
経験がないのでわからないのですが、痛いのですか?
お大事にされてくださいね(^^♪

★あ~や★ #8Y4d93Uo | URL | 2017/02/19 21:12 | edit

★あ〜や★さま、お久しぶりです。

久しぶりのコメントありがとうございます。

お医者さまに診て頂いてから、一週間が過ぎました。
去年末から、起床時の親指のコキコキ感が気になっていたのですが、
それ以外は、ほとんど不便を感じなかったのです。
ピアノも普通に弾けましたし、練習中に手が痛くなるということもありませんでした。
しかし、放置しておいても治らないらしいということと、
だんだん、朝の症状が悪化してきている感じがしましたので、
お医者さまに診て頂きました。手の使いすぎと言われました。
でも、以前のほうがはるかにムチャな練習をしていましたし、ここにきて「なぜ?」という感じです。
ただ、女性はホルモンのバランスの関係で、年を重ねるとともに、罹りやすくなるそうです。
★あ〜や★さまも、くれぐれもお気をつけくださいね〜!

kusu #- | URL | 2017/02/19 21:53 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △