ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

夏嫌いは身体からの警告? 

9月に入って、暑さが変わってきましたね。

天気が良い日だと気温も上がって、ちょっと暑いという感じになりますが、

真夏のジトーッとした暑さではなく、湿度低めのさらっとした感じになってきました。

こういう暑さなら、私も嫌ではないわけで、

暑さがダメというよりは、

あの異様な身体にまとわりつくような高湿度が嫌いだと言ってもいいかもしれません。


現在、しつこい五十肩に悩まされ、

だいたい週イチペースで整形外科に、マッサージ+リハビリに通っています。

五十肩はそれこそ、アラフォー時代から何度も罹っているのですが、

「痛い〜!」と騒いでいるうちに、知らないうちに治っていました。

しかし、今回はどうも様子が違う気がします。

過去の五十肩は「エセ五十肩」(そんなのあるか?)だったんじゃないのか?

こんなに痛さが続くはずがない!

なかなか腕が上がるようにならないのはおかしい!

(身体がかたい人が前屈しようとすると、ある程度から突っ張った感じがして、
先に曲がりませんよね。私の腕がちょうどそんな感じ)

リハビリの先生がおっしゃるには、肩や腕を動かす筋肉が何本かあるそうですが、

私の場合は、肩甲骨と繋がる筋肉がうまく動かない。→腕を動かすと、肩甲骨が一緒に上がってしまう。

上腕筋が拘縮していて、筋肉の伸びが悪い。

とまぁこんな感じで、普段の生活にしばしば支障をきたしております。

ただ、幸いなことに、ピアノを弾くには難儀していないのですが、

ピアノの先生がおっしゃるように、全身で指に体重をかけるような感じで弾くとなると、

(これが出来ないことが、私の最大の欠点のひとつです)

おそらく厳しいことになるのではないかと…?



ところで今回のタイトルについて少し書きます。

「夏が嫌いだ〜!」と、毎年のようにブログに書いておりますが、

単なるワタクシのわがままだけではないようです?

整形外科でのリハビリの前に、血圧を測るのですが、

猛暑が続いていた時の血圧が、ただごとではない数値を叩き出しておりました。

初めてのリハビリの日のことです。

土曜日に予約が取れたので、レッスンの帰りに整形外科に行きました。

その日は、天気も良く、気温も上がってまさしく真夏日。

血圧はちょっと動いたりするだけでも数値が変わってしまうので、

呼吸を整える+血圧を安定させる意味あいから、

少し休憩してから血圧を測ったのですが、(腕を肘まで入れて測る血圧計です)

通常なら1回測れば終わるところなのに、血圧計が再度腕を締め付け始めました。

これが痛いのなんのって!筋肉潰す気?と思うほど締め付けてきます。

「うおぉぉぉ〜!痛い〜!!!」呻きながら我慢。

叩き出した血圧数値は180を超えており、「ええええっ!?」

最近、血圧が若干?高めになってきたことは自覚していましたが、

こんなに高い数値になっていたのか?と愕然…。。・°°・(>_<)・°°・。

血圧計に、筋肉潰される!と思ったくらいなので、腕を抜いた時は、ジンジン痺れているし、

肘の内側は内出血で真っ青。腕から手首にかけて、ポツポツと内出血で水玉もようになっていたほどです。

次のリハビリを予約した日もジメジメと蒸し暑い日でした。

血圧数値は160台。若干下がったものの、まだまだ高すぎます。

お盆にかけて実家に帰った時、

兄が使っている血圧計を借り測ってみたところ、130台前半の数値。

ワタクシは、病院や白衣を見ると血圧が上がるチキンだったのか?

さて、若干涼しい風が吹き始め、気温も30度に届かなくなってきたら、

血圧が120〜130前半台に収まるようになってきました。

蒸し暑さがストレスで、イライラしてしまうことも原因なのでしょうが、

こうもストレートに血圧の数値に出るものなのかと、正直驚きました。

暑いのが嫌い=自分の身体への警告のようです。


いつもお読みいただきありがとうございます。
一年中秋が良いなぁと思う今日この頃です。


ピアノランキング
関連記事
スポンサーサイト

2017/09/10 Sun. 01:44  edit

Category: 年には勝てない老体のこと

tb: --  |  cm: 4

top △

コメント

こんばんは^^)

>9月に入って、暑さが変わってきましたね。
天気が良い日だと気温も上がって、ちょっと暑いという感じになりますが、
真夏のジトーッとした暑さではなく、湿度低めのさらっとした感じになってきました。
こういう暑さなら、私も嫌ではないわけで、
暑さがダメというよりは、
あの異様な身体にまとわりつくような高湿度が嫌いだと言ってもいいかもしれません。

高湿度、確かにそれは私も感じていました。ほんと毎日のジメジメと高温は
ストレス溜まりまくり~。
こちらも9月になってから少しはましですね。空調服を着る機会が大夫無くなって来ました。

>現在、しつこい五十肩に悩まされ、
だいたい週イチペースで整形外科に、マッサージ+リハビリに通っています。
五十肩はそれこそ、アラフォー時代から何度も罹っているのですが、
「痛い〜!」と騒いでいるうちに、知らないうちに治っていました。
しかし、今回はどうも様子が違う気がします。
過去の五十肩は「エセ五十肩」(そんなのあるか?)だったんじゃないのか?
こんなに痛さが続くはずがない!
なかなか腕が上がるようにならないのはおかしい!
(身体がかたい人が前屈しようとすると、ある程度から突っ張った感じがして、
先に曲がりませんよね。私の腕がちょうどそんな感じ)
リハビリの先生がおっしゃるには、肩や腕を動かす筋肉が何本かあるそうですが、
私の場合は、肩甲骨と繋がる筋肉がうまく動かない。→腕を動かすと、肩甲骨が一緒に上がってしまう。
上腕筋が拘縮していて、筋肉の伸びが悪い。
とまぁこんな感じで、普段の生活にしばしば支障をきたしております。
ただ、幸いなことに、ピアノを弾くには難儀していないのですが、
ピアノの先生がおっしゃるように、全身で指に体重をかけるような感じで弾くとなると、
(これが出来ないことが、私の最大の欠点のひとつです)
おそらく厳しいことになるのではないかと…?

私も40代の頃から腕が上がらない現象があります。
大抵は、寝る時に横になっている時に、無意識に腕に頭を乗せているので
その重みで、腕の筋肉が疲労したり、腕に頭を乗せてない時でも、
肩に負担がかかっているような気もします。
意識して負担を掛けないようにすると段々回復する時もあります。

>ところで今回のタイトルについて少し書きます。
「夏が嫌いだ〜!」と、毎年のようにブログに書いておりますが、
単なるワタクシのわがままだけではないようです?
整形外科でのリハビリの前に、血圧を測るのですが、
猛暑が続いていた時の血圧が、ただごとではない数値を叩き出しておりました。
初めてのリハビリの日のことです。
土曜日に予約が取れたので、レッスンの帰りに整形外科に行きました。
その日は、天気も良く、気温も上がってまさしく真夏日。
血圧はちょっと動いたりするだけでも数値が変わってしまうので、
呼吸を整える+血圧を安定させる意味あいから、
少し休憩してから血圧を測ったのですが、(腕を肘まで入れて測る血圧計です)
通常なら1回測れば終わるところなのに、血圧計が再度腕を締め付け始めました。
これが痛いのなんのって!筋肉潰す気?と思うほど締め付けてきます。
「うおぉぉぉ〜!痛い〜!!!」呻きながら我慢。
叩き出した血圧数値は180を超えており、「ええええっ!?」
最近、血圧が若干?高めになってきたことは自覚していましたが、
こんなに高い数値になっていたのか?と愕然…。。・°°・(>_<)・°°・。
血圧計に、筋肉潰される!と思ったくらいなので、腕を抜いた時は、ジンジン痺れているし、
肘の内側は内出血で真っ青。腕から手首にかけて、ポツポツと内出血で水玉もようになっていたほどです。
次のリハビリを予約した日もジメジメと蒸し暑い日でした。
血圧数値は160台。若干下がったものの、まだまだ高すぎます。
お盆にかけて実家に帰った時、
兄が使っている血圧計を借り測ってみたところ、130台前半の数値。
ワタクシは、病院や白衣を見ると血圧が上がるチキンだったのか?

血圧、、この夏の蒸し暑さはほんとものすごいストレスですよね。
毎日、まいにちダウン気味でした(今はほんの少しましですが)、
やはり血圧とストレスは関係あるのかも知れませんよね。
家の中でギャーギャー言いながら、ストレス発散する時も有るくらいです(笑。
 最近、血圧測ってないなぁ~、来月は会社の検診で大阪府立体育館まで
行ってきます。日程と時間を早めてもらいました、今回は。
と言うのが、胃の検診(バリウム)があるので、昼からのバリウムは
朝食抜きの為、昼過ぎまでお腹が持ちませんからね(爆。

>さて、若干涼しい風が吹き始め、気温も30度に届かなくなってきたら、
血圧が120〜130前半台に収まるようになってきました。

それは良かったですね。

>蒸し暑さがストレスで、イライラしてしまうことも原因なのでしょうが、
こうもストレートに血圧の数値に出るものなのかと、正直驚きました。
暑いのが嫌い=自分の身体への警告のようです。

なんか、蒸し暑さとストレスと、血圧上昇の関連性は、検討の余地が
ありそうですね。これからググってみます。

こんなのがありました。
http://www.karadakarute.jp/tanita/column/columndetail.do?columnId=458

やはり、冬同様夏も関係ありそうですね。KUSUさまのご自宅でのエアコンの
就寝時の使い方が少し気になってましたが、どんな具合だったでしょうか?
私の記憶違いかも知れませんが。m(__)m

ストレスと言えば、私の方は相変わらず、モンスター系の人との格闘です。
相当血圧も上がっているかも、、。今日もホンノちょっと息抜きに行くといえば
床屋と、100円ショップまで(それも仕事の買い物で)あ~ぁ、ホントの
息抜きに小旅行でもしたいス。
あ、そうだった来週の中日に一日有給を貰いましたので、前回の細幅鍵盤見に行く様に(結局ありませんでしたが)なにか目的見つけて、計画立てたいと思います。

では、お体にお気を付けて。

酢~ #mQop/nM. | URL | 2017/09/10 20:24 | edit

血圧は、気温の影響を受けるようですね。

酢〜さま、コメントいつもありがとうございます。
いつものことながら、
お返事が遅くなり、申し訳ありませんσ(^_^;)

今回の台風、雨風が凄かったですが、
酢〜さまのお住まいの方は、大丈夫でしたでしょうか?
台風の雨の振り方が、最近尋常じゃないと感じます。
毎回、洪水など大災害が起きていますね。
台風の勢力も、数値以上のものを感じるのは私だけでしょうか?

血圧はやはり気温の影響を受けるんですね〜。
今だから言えることですが、
私の場合は、それが極端過ぎて笑ってしまいます。
でも、血圧計が180以上の数値を示した時は
「私、死ぬかも…(O_O)」と、マジに思いました。
ちなみに先週のレッスン帰りに整形へリハビリに行った時は
血圧110台でした。
一体なんでしょうかねぇ?

我が家は、基本的にあまり夏場の冷房は使わないですね〜。
ピアノの練習時には冷房をかけますが…。
家中の窓という窓を開けはなすと、結構風が抜けるんです。
その代わり、風とともに入ってくる砂で、
テーブルがザラザラしてたりしますが…(^∇^)
寝室は北向きなので、リビングと比べると
気温が低く、我が家では「避暑地」と呼んでいたりします。
廊下と寝室の境に、のれんを下げているのですが、
これがあるだけで、暑さが全然違う感じですね〜。
熱い空気が多少遮断されている感じです。

kusu #- | URL | 2017/09/18 16:05 | edit

こんばんは^^)
お久しぶりです。今日は会社の健康診断でした。
血圧が何と、1回目146、そして信じられないことに
2回目が167と、、これって何?と思いましたよ。
 
普通、1回目が高くて、2回目が低くなる話はよく聞きますが、、。
寝不足で行ったからなのか?朝の2時半に目が覚めて、
電車に乗って検診会場へ行く出発時間は6時半頃と決めてたのですが、
一番に会場入りしてやろう(はやく終わりますからねえ)と思い、
5時半発の電車に乗り込んで、寝不足だったせいも?と勝手におもい
混んでますが、、。とは言っても昨夜は20時半には就寝(睡眠6時間は
とってるし)。

一応、血圧測ってくれた検診班の人に、家で血圧計があったら
データを採ってみてくださいと。(二回目が高いので、、、と)。ウッ。

ところで、こちら早朝5時半頃初の電車は、普通電車は結構空いてましたが、
途中で区間急行に乗り換えたら、5時40分頃初だったのですが、
席は既に8割がた埋まってました。みんな早いんですね、それと
和歌山市内から大阪市内まで行く人たちが乗り込む急行なので、
それもあるんでしょうねえ。

然し、何だかなあ~とちょっと古いギャグですが、二回目が高いとは、、
もしかしたら、このまま今の仕事がストレスが多すぎて死ぬんじゃなかろうか?
と、ついさっき、KUSUさんのブログ記事を改めて拝見してて一瞬そう
思いました(笑)。でもKUSUさんはお元気そうで何よりですね。

ここんとこ、独立法人化の話も浮上してるみたいだし、要するに管理組合が
管理委託を辞めて、住民さんで管理事務所に座って受付から何から一切合切
やるってな話ですが、、もしくはリプレイスですね(これは管理委託会社を変更
する事ですね)。委託会社の変更は、どうけちってもこれ以上はどの会社でも
経費は削れないところまで来てるのが普通と聞くので、となると自分たちで、
とこうなるんでしょうねえ。

築年数も古いし、殆どが年金暮らしの世帯が過半数とくれば、管理費や
修繕積立金の貯蓄も多くはないのが、どこのマンションでも現状なのです。

私のストレスの原因ですが、やはり個人情報の件が多いですね。
それと、窓口なので逆恨みされることもとても多いですねえ。(笑。
今日は、同期で入った人と検診で同じになったので、話ししてたら、あの
穏やかな○○さんが、とってもストレス溜まった感満載に変わってあったのを
みて、ビックリでした。私もそうなんだろうなと。

それにしても早く、年金もらいたいです。はい。同期の人たちは殆どが65歳
以上の人たちで、あ、そうそう自衛隊を定年退職されてはいられた同期もいて
然し、彼もまだ年金取れないって言ってましたね。コンバットは55歳で定年ですからね。後警察官もだったか、、。
そう言えば、ウチの亡くなった父は年金はダブルで、どういうことか?と言うと
船員保険(これ12年以上掛けると発生)それと後は企業年金の20年以上の
両方共クリアーしてたみたいで、

船員と言っても、船乗りだったわけではなく、昔の炭鉱で働いてたので、一種の
危険性の高い人に支払うのが、船員保険という名称で統一されてるみたいですね。
だから、ちょっと高めの被保険者だったみたいですが、父が死んでからは母が
遺族年金と自身の国保をもらってたのですが、今の国の財政状況のせいか?
途中で遺族年金の片方がカットされ、更に減額されたので、私達子供で加勢。

ホント、年金もらえる年になって、ホントに国は払ってくれるのか?
ますます不安一杯です。やっぱ宝くじしか方法はない?(笑。

酢~ #mQop/nM. | URL | 2017/10/06 19:09 | edit

お返事が遅くなり、申し訳ありません

酢〜さま、いつもコメントありがとうございます。
お返事が遅くなりまして、大変申し訳ございませんでした。

最近、ほとんどPCも立ち上げなくなっておりまして、
更新もめっちゃさぼりまくりです。😅

健康診断にいかれたようですね。
歳をとってくると血圧が高いと言うのは悩ましい問題ですね。
1回目を測った時、血圧が高めだと、看護師さんに深呼吸をするように言われますね。
そうすると、大抵1回目より低い数値が出るはずなのですが、
2回目の方が数値が高いのは、ちょっと緊張しちゃったのかな?
看護師さんが、かわいい方だったとか?(笑)
冗談はさておき、私も病院で血圧を測ると、結構高くなりますね。
特に初めての場合、平気なつもりでも「何されるのかな?ドキドキ…」
というように、なんとな〜く緊張してしまっているのでしょうね。
人間ドックでも、大抵「ちょっと高いわね〜。深呼吸何回かしてみて」と言われます。

年金、私も早くもらいたいです。
今のところに、65歳まで働けるかどうかも悩ましいところがありますね。
しかも、なんだか身体のあらゆるところにガタが来て、
65歳まで働けるのか、甚だ不安です。
若いつもりでいても、身体は正直だとシミジミ感じています。
定年は一応60歳ですが、その後、嘱託として働くとしても、
今と同じ週5日フルタイム勤務です。
おそらく今まで自分が担務していた仕事を、そのまま継続だと思うのですが、
正社員ではなくなることで、お給料がドーンと下がるわけで、
きっと「やってられないわ」と、どこかで聞いたことのある歌のセリフを呟きながら、
働くことになるのかなぁ?。・°°・(>_<)・°°・。

愚痴になってしまいました。ごめんなさい〜(汗)

kusu #- | URL | 2017/10/11 22:12 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △