ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

三国志が好きなんです。 

数年前から、TSUTAYAからDVDを借りまくっています。(TSUTAYA DISCAS。ネットで借りるシステムです)

TVドラマ・音楽系の映画・たまにアニメとかも借ります。

最近は、数年前の日本のTVドラマのDVDを借りることが多いですね。

直近で見たのは、SMAPの中居正広さんが主演した「白い影」(渡辺淳一氏原作)。

中居くんも好演していましたが、「白い影」と言ったら、やはり田宮二郎さんですね。

このドラマ見ていたのは小学生の頃だったかな?ダンディでカッコイイ人でしたねぇ…。


今、DVDが出たら見たいのが「レ・ミゼラブル」。

小学校の時に本を読んでいますが、どんな話だったのか、全く覚えていません。

それと、20日からWOWOWで放映が始まった「項羽と劉邦」。(WOWOW加入していないので見れないッス)

http://www.wowow.co.jp/drama/kr/index.html

中国ドラマにハマっていた時期がありまして、違うタイトル(大漢風 項羽と劉邦)で一度見ていますが

こちらも見てみたい!劉邦役の陳道明(チェン・ダオミン)さん、なんとなくこのかた好きなんでね。
(陳さんが主演の「復讐の春秋 臥薪嘗胆(中国・春秋時代の話です)」この演技が凄かった!)

始皇帝役の于和偉(ユー・ホーウェイ)さんもイイ♡(…あら?このかた私より年下…うっそーん!汗)


中国ドラマで一番最初にDVDを借りて見たのが「レッドクリフ」と「同Ⅱ」の2本です。

実家に帰ったとき、リビングの棚に積みあがっている、兄所有のDVDの中にあったものを借りました。

(学生の頃から、三国志には興味があったので、図書館から本を借りて読んでみたこともあります。
でも、登場人物が多すぎて、わけわからなくなって…で、すぐ挫折。
「すぐ挫折」は、私にとってデフォルトなので、全然気にしない…って、ちょっとは気にしろよ!笑)

「レッドクリフ」ですが、そもそも、「三国志」の話自体が分からないので、

普通に娯楽映画として見ました。(趙雲役の「フー・ジュン」さん、マジに好みです♡←本当に娯楽だね)

「レッドクリフ」を見たことで、「三国志」への興味が高まりまして、

「三国志 Three kingdoms」をTSUTAYAで借り始めました。これ、95話もあったんですよ~。

長丁場の割に面白かったので、一度見た後、密林さんでDVDまでお買い上げ~。

さすがに勇気がいるお値段でしたが…。

「三国志 Three kingdoms」を見てから、もう一度「レッドクリフ」を見たら、凄くよくわかる!

「レッドクリフ」の展開で、話がわからないところがあったのですが、話がつながりました。

(曹操が皇帝に対して、なんであんなに偉そうな態度を取っていたのか→皇帝は曹操に窮地を救ってもらった恩があったことで、なかば曹操の傀儡と化していた。
蜀の軍師である孔明が、呉の孫権を説得中に、魯粛が一瞬「げっ!」というような表情をしたわけ→蜀への協力要請のため呉に赴いた孔明に対し、孫権には曹操が率いる軍の数を絶対に言わないよう、魯粛が口止めをしていた。それなのに、孔明が喋ってしまったので。)

去年の話になりますが、フジテレビで、この「三国志 Three kingdoms」放映権を買ったようで、

BSフジで吹き替え版を放映していました。

ちなみに、洋画全般、DVD見るときは、基本的に音声は原語、日本語の字幕付きで見ます。

言葉がわからなくても、役者さんがどういう感じでセリフ言っているのか、聞きたいじゃないですか?

そのあと、追いかけるようにして吉川英治氏の「三国志」を読み始めましたが

1冊500ページ×5冊よ~!4巻の途中でまたまた挫折しています。しょーがねーの!

酒見賢一氏著の、いわゆる酒見三国志「泣き虫弱虫 諸葛孔明」は、面白くてお気に入りです。

こちらは挫折なし。1巻なんて、もう何回読んだか分からないくらい…

別冊文芸春秋に連載中なので、まだ3巻までしか出版されていませんが、

(周瑜の憤死後、孔明が周瑜の弔問の席で泣きわめくところで3巻終わり。劇団劉備団員の渾身の演技か?)

登場人物の言葉が、若者語だったり、孫権をはじめとする呉国の人物が極道さん言葉みたいだったりして、

結構とっつきやすいかも。個人的におススメ…かな?


「三国志」のゲームと言えば、「三國無双」ですね。

ゲーム好きな私ですが、「三國無双」は、やったことないんです。

「三国志?絶対ここから入っただろ?」と思った方、期待させてごめんなさい。

でも、ちゃんとゲームの世界でも「三国志」は影響を及ぼしてますよ。

ウィザードリー系(ダンジョン探索系)のRPGで、エルミナージュというゲームがありますが、

キャラメイキングから自分でできるので、キャラクターの名前を三国志の人物の名前にしてます。

たいていこんな感じ(知らないかたはスルーでお願いします)
「チーム三国志」です。私のキャラの職業は、100%この形態です。
 ・君 主 … 劉備(劇団劉備団長。最初から君主作成は大変なので他職から転職)
 ・侍・1 … 関羽(この方はもうこれしかないでしょ?)
 ・侍・2 … 張飛(種族はなんとなくドワーフで決まり!)
 ・盗 賊 … 魯粛(趙雲にしたかったのですが、趙の字がないため、個人的に気に入ってるこの方で!)
 ・司 教 … 孔明(万能選手・魔術師と僧侶呪文両方が使えて、アイテム鑑定も出来る職業で)
 ・その他系 …紅一点で名前は任意(魔術師→僧侶と転職を繰り返して、最終的に錬金術師で落ち着かせる)

あらら、また最終的にゲームの話で終わってしまいました。


4月20日のレッスンについて簡単に。

コーダのところは相変わらず悲惨な有様。ここが本当に出来るようになるのか、全く自信なし。

次回は、5月11日。

ちょっと間があいてしまいますが、コーダの部分は、まだまだ先生に聴いていただくレベルではないので、

この部分をもう少しまともにしたいな、と思っております。

次回より通しの練習となりました。速度の乱れ(揺れ)についても、次回までの課題です。

練習方法について確認。弾きずらくて、ちょっとゆっくりになってしまうところに合わせて

速度調整をする方法で良いとのことでした。

走り出してしまう部分というのは、本人が弾いているつもりになっているだけで、

実際のところ、ちゃんと弾けていないことが多いようです。

弾けないのをごまかすために速くなるみたい。ゆっくり弾くと、意外に弾けないのはそのせいだな。


なのにですよ!そろそろ次の曲を考えてもいいですよ~みたいなことを匂わされまして…。
まだまだなのになぁ…

他の大人の生徒さんですが、ショパンの「舟歌」を目標にされている方がいらっしゃるとのことです。

おぉ~!スゲー!凄すぎる!

「自分のレベルに見合わなすぎる曲にトライ」は、かなりキツイということを思い知らされましたので、

次の曲は、もうちょっと謙虚に…ならないな、たぶん(笑)


いつもだらだら記事をお読みいただき、ありがとうございます。
banner (1)
関連記事
スポンサーサイト

2013/04/21 Sun. 04:50  edit

Category: favorite things(オタ系注意)

tb: 0  |  cm: 2

top △

コメント

こんばんは
 
 ビデオや最近はDVDはよく借りてます。
かつて、エアポートシリーズ(95とか2000とかの)店にある分
多い時で、5本も同時に借りたら、店員さんから「この人、今から
ハイジャックでもやるのでは?」みたいな顔された時が、笑。
 
 レッドクリフは去年か一昨年借りました。あの曲がいい♪と
聞かされて、実際よかったです。諸葛孔明も運を見方につける
ところとか、中々ですねえ。

 音楽系、ショパンとかリストとか探しても中々揃ってない店が
多いので残念です。

 一時期「イニシャルD」というアニメですが、凝ってましたね。
映画まで見に行ったり。 最近観た映画では調律師の映画では
「ピアノマニア」と高倉健さんの「あなたへ」しみじみとして、
よかったです。1000円の時を狙って、(^^。

酢~ #mQop/nM. | URL | 2013/04/21 21:42 | edit

こんばんわ
いつもコメントいただき、ありがとうございます。

近くにTSUTAYAがないので、もっぱら「TSUTAYA DISCAS」でネットレンタルしています。
(TSUTAYAは、一番近くの店舗でも歩いて20分強位。
車・自転車を持っていないので、たまに不便だなと思います。自転車くらい購入しようかしら)
結構DVDがそろっていますが、音楽物はなかなかありませんね。
「ピアノマニア」は掲示板にご紹介されていたので、借りてみましたよ。
映画だとばかり思っていたら、ドキュメンタリーだったのですね。
調律士って奥が深い!整音でピアノのハンマーのフェルトをちょっといじっただけで
音が変わってしまう(私の凡耳では違いが判りませんでしたが)ところは凄いですね。
繊細な技術と、ちょっとの違いを聴き分ける鋭い耳、豊富なアイディアの引き出しが必要なんですね。
プロ中のプロという気がしました。

ちょっとレンタル履歴を見てみました。
音楽関係のDVDでは、こういうのを借りています。
・アマデウス
・レッドヴァイオリン
・敬愛なるベートーヴェン
・オーケストラ
・奇跡のシンフォニー
・北京ヴァイオリン(ドラマ版を借りました。映画版は持ってますので。どちらも良かったですよ)
・ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路
・神童(これは原作-漫画ですが-のほうが良かったですね。話もずいぶん原作とは違っていました…)
・私のちいさなピアニスト
・僕のピアノコンチェルト
最後の2本は、幼い子どもが主人公の映画ですが、コンクール経験がある子を起用しているそうです。
上記のDVDは、実際にTSUTAYA DISCASで借りていますから、店頭にも置いてあると思いますよ。
見ていらっしゃるのもあるかと思いますが、ご参考までに。
さすがに、昔のものはないみたいです。残念ですねぇ。購入するしかないかな?

それ以外では、
・「ナニワ金融道」(こちらも原作はまんがですが、私的に結構勉強になったドラマでした)
・「100,000年後の安全」(原子力発電で出る放射性廃棄物をどうするかという問題がテーマのドキュメンタリー。福島原発事故後に借りたので、とても考えさせられた内容の1本でした)
あたりが記憶に残っていますね。

>レッドクリフは去年か一昨年借りました。あの曲がいい♪と
>聞かされて、実際よかったです。諸葛孔明も運を見方につける
>ところとか、中々ですねえ。
兄からDVDを借りたとき、三国志の話であるらしいことと、
魏・呉・蜀の国名、曹操、劉備、孔明の名前くらいしか知りませんでした。
横山光輝さんが漫画化していますが、それも読んでいませんでした。
三国志の予備知識は、ほとんどゼロに近い状態ですね。
なので、見終わった後も「劉備と孫権がタッグを組んで、曹操軍を火攻めにあわせて壊滅させたんだな。
ふーん、三国志ってこういう話なんだ…」くらいな認識でした。
「レッドクリフ」が「三国志」という連続ドラマの一部分だなんて、当時は夢にも思いませんでしたね。
知らないって怖すぎます…笑
GWに、購入したDVDを見返そうかなと思っています。さすがに95話全部は無理ですが(笑)

> 一時期「イニシャルD」というアニメですが、凝ってましたね。
このアニメは見ていないですが、声優の子安武人さんが出ていらっしゃいますね。
この方の声、大好きなんです。(このかた、顔立ちが土田晃之さんにちょっと似ていらっしゃいます)
アニメは「宇宙戦艦ヤマト」。学生の時に映画見に行ったりしていました。
VHS買ったくらい好きでしたね。
今月から「宇宙戦艦ヤマト2199」を放映していますね。毎週録画してます(笑)

ありがとうございました。よろしかったらまたお越しください。

kususan #- | URL | 2013/04/22 00:08 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://mugimiru.blog.fc2.com/tb.php/42-980bc51f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △