ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

関所がいっぱい! 

試験を受ける羽目となったMOS試験「パワーポイント(プレゼンソフト)」の勉強をようやく始めました。

私が働いている会社は、他社と比べて10年はコンピュータ化が遅れているようなところなので、

受ける試験のヴァージョンも2003です。

ちなみに「マイクロソフト・オフィス(Excel・Word・Powerpoint・access・outlookとかの総称)」の

最新ヴァージョンは2013です。

なんだかなぁ、今さら2003受けてどうするの?という感じすらします。

せめて2007くらいにすればいいのにと思うのですが…。

現在、このブログを書いているのは昨年末に購入したwindows8マシンで、

「マイクロソフト・オフィス」も2010が入っています。

Windows8は、メニュー画面の見た目がまるっきりスマホ状態です。

(スマホは持っているんですが、なんだか慣れませんね。「パソコンのほうが便利じゃん」と思っちゃいます。)

XPライクな画面にも変更できるので、通常はこっちにして使っています。

以前使っていたXPパソコンには、Powerpoint2002が入っています。

ヴァージョンが1つ古いですが、テキストをなぞる程度であれば動いてくれるので、

しばらくは試験前の詰め込み、丸暗記でいこうかなと思っています。

年度末で、仕事が忙しくて手に負えなくなる前に、試験受けなきゃね…。



さて、「オーマイガ!」状態のバラード1番ですが、楽譜のページ数にして14ページ。

……長いです。

ピアニストが弾いて8分くらいの曲ですが、私はだいたい倍の遅さ(泣)で弾いてますから

最後まで弾けたとしても、単純に16分かかる計算……(´д⊂)ウウ…


レッスンでは、パデレフスキー版を使っています。

別に春秋社版も持っていますが、ページ割がパデレフスキー版と全く同じなので、

譜めくりを減らす意味で、譜面台に2冊並べて練習します。

春秋社版は弾き方が書いてあったりするので、助かります。

最初のほうは易しいので(あくまでも、「テクニック的に」ですよ!)割と苦労せずに弾けるようになりましたが、

2ページ目の後半くらいから俄然怪しくなってきます。弾けない部分がたくさん出てきます。

それはもう、関所のように弾けないところが点在していまして、

ここをひとつひとつクリアしていくのかと思うと、気が遠くなってきます。


関所を書き出してみました。楽譜を持っていらっさる方は参照してください。

48小節からの右手の黒鍵が、高確率で滑って(手にうるおいがないので)鍵盤から指が外れる。

56小節からのアルペジオで、音をはずしまくる。(上手く決まるのは、10回に1回くらい…)

110小節から123小節のオクターブの連続で、隣の鍵盤をひっかけて音が濁る。装飾音が適当。

126小節から、異様に加速度がつきだして、次の関所なる136小節目で盛大にこける。

138小節から144小節は、なんだかしっくりこなくて、いつも首をかしげる。

146小節からは、完全に曲とのバトルに突入。速く弾かなきゃいけないと思うと、手がつりそうになる。

166小節からの左手のアルペジオはだいぶ慣れたけど、音が大きすぎて、右手が負けてしまっている。

先生から「左手小さく!」といつも言われるところ。まだコントロールできず。

(でも、166小節から193小節のところは大好きなところなので頑張れる、かな?)

170小節目が出来ない。左手の音も飛んでいるため、弾きずらさMAX。

同音型の171・172小節は少しマシ程度。左手6個弾く間に右手5個弾くのは出来そうで出来ない。

179小節目のトリルがゴマカシ気味。そのあとの4連符のところがデコボコ。

208小節~241小節は…コマッタ!片手ずつで精いっぱい!

両手で合わせだしているのだけれど、なんとかできそうな感じがしてきたのは208~215小節まで。

それ以降はむにゃむにゃ…orz

255小節目、3度ずらしのト短調音階。弾いているうちに左手が置いてけぼりを食らっている。

出来ないところが、あまりにも多すぎじゃないですかっ?

まったく、基礎が全然できていないことを、嫌になるほど思い知らされます。

関連記事
スポンサーサイト

2013/02/20 Wed. 02:01  edit

Category: 練習している曲について

tb: 0  |  cm: 2

top △

コメント

こんばんは
試験、、2003ですか~?会社は何を考えてるのでしょうね。
まあ、とにかく頑張ってください。
 私の方は試験、、はありませんが、仕事の一環で伴奏が
あります。これがまた失敗できないので苦になりますね。

バラードワンは高校の時に平凡だか明星だか忘れましたが、
それに載っていた文通欄で知り合った方から教わり
それ以来好きな曲の一つになりました。いつかはチャレンジ
したい曲なのですが、、そうですねあの映画は私も見ました。
相手方の将校が聞き入る姿が印象に残ってます。それと
ノクターン20番もありましたね。この曲は昔習いました。
今でもたまに弾く好きな曲のひとつです。

酢~ #mQop/nM. | URL | 2013/02/21 23:40 | edit

Re: タイトルなし

> 試験、、2003ですか~?会社は何を考えてるのでしょうね。
そうなんです。
理由は単純で、会社で使っている個人用のパソコン内に
インストールされているソフトのヴァージョンが2003だからなのです。
去年の初めごろに、全社員のパソコンを取り替えているのですが、
うちの社はハードウェアに対する投資はしても、中身のソフトウェアの投資をケチっていますね。
せっかく新しいパソコンにしたのなら、ソフトウェアも最新ヴァージョンにしてほしいです。
仕事で使うシステムも、いくつかあるのですが、
お互いのシステムが関連性があるにも関わらず、
リンクされていないので、お客様から苦情がきたりします。
こういうところを改善するのに、予算を使えばいいのにと思います。
他企業と比べて、10年くらいコンピュータ化が遅れていると思うのはそういうわけなんです。

> 仕事の一環で伴奏があります。これがまた失敗できないので苦になりますね。
高校生のときに、簡単なものではありますが、伴奏を経験したことがあります。
当時、弾ける子が部内に何人もいたので、「この曲難しくないよー」とか言われたり…。
弾くほうは結構神経すり減らしますね。
伴奏、頑張ってください。

> バラードワンは高校の時に平凡だか明星だか忘れましたが、
> それに載っていた文通欄で知り合った方から教わり
> それ以来好きな曲の一つになりました。
平凡・明星…懐かしいですね。
月刊のほうですが、学生の時、歌本欲しさに、よく買っていましたよ。

> ノクターン20番もありましたね。この曲は昔習いました。
> 今でもたまに弾く好きな曲のひとつです。
戦場のピアニストの冒頭に、ノクターン20番を弾くシーンがありますが、
シュピルマン役の俳優さんが、本当に弾いているように私には見えるのですが、
やはり練習されたのでしょうか?かなり気になります。

コメント、ありがとうございました。
毎日の更新はなかなか難しいですね。
頑張ります。

kususan #NUmmVXFU | URL | 2013/02/22 01:15 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://mugimiru.blog.fc2.com/tb.php/5-a3a984cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △