ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

ピアノの森23巻~♪ 

いい年こいて、漫画が大好きです。

学生の頃は自分でも「勉強するふりをして(笑)」超へったくそな漫画みたいなものを描いておりましたが、

最近は専ら読むほうに回っています。ピアノでもそうですが、絵も描いていないと下手になります。



いくつかお気に入りの漫画があります。でも、コミックスしか買いません。

続きが見たくて漫画を連載している雑誌を読む(実際にはしませんが)と、

お約束のように、いいところで「こんてにゅー」になりますね~。それが嫌…。(わがままなバァさんだ)



現在、こんな感じの漫画を読んでいます。(著者敬称略)

ガラスの仮面 美内すずえ著(超有名演劇マンガ。私が学生の頃から連載している…美内さん凄すぎ!)
ぼくオタリーマン よしたに著(著者の本職はSEさんですが、漫画家に転職?)
理系の人々 よしたに著(理系あるある、です)
もやしもん 石川雅之著(うんちく系菌漫画です。このかたの描く菌カワユス。好きなのは酵母菌…笑)
最遊記 峰倉かずや著(外伝とか、いろんなシリーズがあって、ちょっとした小宇宙を形成している…
            コミックスは全部持っております。好きなキャラは沙悟浄と光明三蔵)
聖☆おにいさん 中村光著(キリストとブッダの掛け合いがちょっとズレていて面白いです)
ピアノの森 一色まこと著(ピアノ界のジャパニーズドリームかな?)

現在も、雑誌等に連載中のものに限ってご紹介しました。


5月23日はピアノの森23巻が発売されました!即買いです!
ピアノの森23巻
ピアノの森wiki 興味がありましたら、こちらをどうぞ

ピアノの森は大好きな漫画でして、私の過去記事(3月18日付)にも出てきています。

主人公は一ノ瀨 海(カイ)くん。

父親がいない、いわゆる私生児として生を受けたカイ少年は、

幼いころより、森に打ち捨てられてあったピアノを友に育ちます。

この通称「森のピアノ」は彼しか弾けない(ほかの人が弾くと音が出ない)ものでした。

雨ざらしで、調律もしていないピアノが正しい音を出せていたとは思えないのですが、

カイ少年は、小学生にして、一度聴いた曲を一音も間違えずに再現して弾いてしまうほど、

完璧な絶対音感と、演奏技術を身に付けるに至ります。

事故によりピアニスト生命を絶たれ、音楽教師となった阿字野壮介にその才能を見いだされ、

枠にはまらない、いわゆる規格外の才能を開花させる―というような物語です。



いいな~絶対音感…。

多少でも絶対音感を持っている人は「なくても大丈夫」とか、「必要ない」とか言うようですが、

持っていない人から見たら、ピアノを弾くなら絶対必要な能力だと思いますよねぇ。ないものねだり…

曲聴くとみんな「ドレミ」に聞こえるとか、

雨の音とFAXの音が不協和音で気持ち悪い(By古畑任三郎)とまでの音感が欲しいとは言いませんが…



ここ数巻はショパンコンクールを舞台として話が進んでいますが、

これが実に音楽を感じる漫画なんですよ~。

ピアノを弾くシーンなどは、字は少なめなのに、一緒になって頭の中に音楽が流れるので、

読むのにおびただしい時間がかかったりします。ページがなかなかめくれない(笑)

23巻は演奏シーンは少なめ。次巻が楽しみなんですけど~。


ここに中身の一部を載せると著作権違反かな?(ちょっとヤバそうなので画像削除しました。)



この漫画、ピアノ好きなら絶対楽しめる内容だと思います。                     

しかし、こんなふうに弾けたらいいなぁ~と、いつも思いながら読んでます。



いつもありがとうございます。あるかどうかわからないですが、
来世は3歳くらいからピアノを習って、自由自在に弾けるようになりたいですね。

banner (1)
関連記事
スポンサーサイト

2013/05/24 Fri. 01:21  edit

Category: favorite things(オタ系注意)

tb: 0  |  cm: 4

top △

コメント

わーっ

またまた興味深い記事をありがとうございます!
kusuさんの文章、上手!面白い!文才あるなー。

しかし、カイ君大きくなったねー。すっかり大人だね。
森の中の雨ざらしのピアノを弾くって、ありえないシチュエーションが
ちょっと我慢できなくて読むのをやめましたが、また読んでみようかな。
もやしもんは深夜にアニメが放映されていて、娘がいつも見ていました。
なので興味がなかった私もついつい見ていました。
セイントおにーさんも娘が大ファンでヘンに宗教に詳しくなっている。
(ちなみに私は山岸涼子と高野文子とけらえいこのマンガが好きです。)
最近のマンガで夢中になったのは「のだめ」くらいかなー。
でもこのマンガ家さん、キャラクターが同じような顔で、誰が誰だかわかんなくなる時があって、イライラする時があるのは私だけか。
確かに演奏シーンは字が少ないのに頭の中で音楽が流れてしまって
なかなか次のページをめくれないっ。

私も勉強してるフリしてマンガ描いてたなー。
高校の時はマン研の副リーダーだったっけ。
描いてないとホントにヘタになっていくよねー。

ひさへ #- | URL | 2013/05/24 09:13 | edit

最近の私のバイブル的漫画ですね。

いつも嬉しいコメントをありがとうございます。

ひさへさんも「ピアノの森」の最初のほうを読まれていたんですね。
確かにこの物語自体が、かなりあり得ない展開で進んでいますが、
「漫画だし…」とあまり深く考えずに読んでいます。
物語ではまだ詳細は語られていませんが、カイ君は手の故障を抱えているようです。
この漫画はどうやって知ったのかな?
新聞の書評か、記事欄外の広告を見たかのどちらかだと思うのですが、不思議と記憶にありません。
当時、確か5巻まで発売されていたかと思いましたが、一気買いしてしまいました。

ちなみに「もやしもん」は新聞からの記事で知りました。アニメはDVDで見ましたよ!
あと、今回記事から外していますが、さそうあきら著の「神童」も結構良かったです。
こちらは映画にもなりましたから、ご覧になられたかも?松山ケンイチさんが出演されています。
私はDVDを借りて見ましたが、原作とは99%別物の話になっていました。
「のだめ」はドラマが面白かったので、DVDをBOX買いしたのですが、
原作はなぜか途中でストップしています。ドラマのインパクトが強すぎたのかも?
「けらえいこ」さんといえば、「あたしンち」はずっとコミックス買っているなぁ…。
新聞連載が終了してしまったので、読売新聞日曜版の楽しみが半減してしまいました。
山岸涼子さんは私が子どものころから漫画家さんですね。
小学生の頃、「アラベスク」を友達に借りて読みました。
「舞姫テレプシコーラ」は全巻持っています。なんか第2部は中途半端で終わってしまった感じ。
第3部の構想があるのかな?と、ちょっと気になります。

音楽まんがは第二弾考えています。まだ、何冊か読んでいますので…。

kusu #- | URL | 2013/05/25 01:20 | edit

たくさん幅広く読んでるんですねー!
kusuさんてピアノもマンガも詳しくて、すごいなー。

「神童」は映画もマンガも見てません。
気にはなっていましたが。読みたいな。
「テレプシコーラ」は中古本で売ってたら買おうと思ってます。
このマンガ、何か賞を取ったよね。だからカンペキな出来だと
思ってましたが中途半端みたいなラストなのね。
「あたしんち」は出版されたらすぐに買ってます。
けらえいこさんのマンガは「金田夫妻」の他は全部持ってるな~。

kusuさんおマンガ評論、第2弾が楽しみです。
参考にさせてもらって色々読んでみます。

ひさへ #- | URL | 2013/05/25 08:05 | edit

これでも最近は根性がなくなってきまして…

いつもお越しいただき、ありがとうございます~♪

昔と違って、今は大人が漫画を読んでいても、あまり気にならない時代ですね。
これが私が子どもの頃だったら、
「いい大人が漫画なんか読んで!」とか、
「漫画ばっかり読んでいると頭が悪くなる」とか言われる。

年の離れた兄が、少年マガジンとか毎週買っていたので、
それを読ませてもらったりで、物心ついたときから漫画を読んでいましたね。
漫画は漢字にルビがふられているので、言葉の意味は解らなくても、
この漢字はこう読むんだなーと自然に覚えていったようです。
悪い事ばかりじゃないのに、親からは「漫画ばっかり読んでないで勉強しろ!」と
実によく言われましたよ~!全然自慢にならないけど(笑)

最近は、ちょっと根性がなくなってきて、
文字が多かったり、ページ数の多いコミックスを買うと、一日で読み切れなかったりします。
昔は一気に読めたのになー。
絵に対して文字多めの「もやしもん」はこの傾向があります。
私はこういう、うんちく系漫画は嫌いじゃないので
数日かけて読んだりします。

kusu #- | URL | 2013/05/25 23:22 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://mugimiru.blog.fc2.com/tb.php/60-3a916cc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △